不思議な一日

2007.12.31


ゆったりしてるような、そうでないようなすごく不思議な大晦日の今日は、隙あらばHDD@岡田くんの整理をしたわ。V、トニ、キンキ、光ちゃん関係はレート変換したんであとは焼くだけ(根性で国産maxell見つけた。頑張ったな。私な←2007年ラストまで自画自賛)。問題はカミなんだよね。結局、森田さん@メレンゲ、健ちゃん@大相撲ダイジェスト(笑)、岡田IQサプリは年越しだよ(涙)。

川合のブロックは何年経っても完璧、の「ジャンクSPORTS大晦日SP・浜田のハダカ祭り」と嵐や滝翼のカウコンスポットが流れた「1億分の1の男」を基本にちらちらと「第58回紅白歌合戦」をチェック。と言ってもタイミングが悪くてTOKIOもスマも見てないんだけどさ。

そして年越しはもちろんこれ、「超豪華年越し生放送10周年だよ!見なきゃソンSONGジャニーズカウントダウン歌合戦」ですよ。シャッフルユニットにテンションがブチ上がっためずらしい生物@姉を見つけた弟がデジカメで撮ってたよ(笑)。終わってから見せてもらったんだけど、私ってこんななのか。怖いよー(笑)。番組の感想は別エントリーで。レッツ羅列するぜー。

というわけで、今年一年「ぴーちな感じ。」を訪れていただきありがとうございました。今年はいろいろとあったけど、Vは本当に激震だったけど、それもひっくるめていい一年だったと思うし、勉強になった一年でもありました。来年もこんな調子で行きたいと思っていますので、よろしかったらおつきあいください。

では、東京ドームに行ってきまーす!!

よいお年を

2007.12.31


今年一年、本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

よいお年を。

rinriの2007年

2007.12.30


年末というか12月30日恒例の「今年を振り返る」をやりまーす。


1月-3月:冬の滝翼魂
仙台、新潟1部2部に参加。とにかく楽しかったなー。こういうコンサートが好きなんだって再確認したよ。


4月-6月:春の喰いタン
理工学部卒、警察にお世話になった過去ありという設定はどこへ行ってしまったんだろうってくらい、涼介@森田さんのおばか具合がupしていて、それはそれでかわいかったかなと(←結局それなんだ)。トリオ・ザ・シャキーン結成、CD発売、歌番組出演はもちろん、ブイシックスナポリタンというおまけまでついて、「喰いタン」には足を向けて眠れません。


7月-9月:夏の電撃結婚
あのカオス@代々木第一体育館は一生忘れないと思うな。盛り上がるはずの後半に会場のテンションがガタ落ちなんてことは二度と経験することはないと思うし経験したくない(笑)。これがなければキンキ10周年なんだけどね。キンキ10周年かー。こっちもいろいろありましたわな。


10月-12月:秋のVコン
Vコンに参加するようになって7年、初めてアリーナを踏まなかった。何だかんだ言って毎年1回は座ってたんだよね。ああ、銀テープ(私は銀テープコレクター)。ちなみに「なかった」シリーズはあと2つあって、ひとつは11年振りにホテルに泊まらなかったのと、もうひとつは9年振りに横浜でコンサートを見なかった、でした。今年は東京か仙台だったんだな(笑)。


ついでに今年のジャニ活動。

01月=キンキコン
02月=SHOCK、滝翼魂×3
03月=殺人者
04月=なし
05月=なし
06月=NO MAN'Z LAND
07月=キンキ10周年イベント
08月=携帯芝居「イノなき」
09月=Vコン
10月=Vコン
11月=Vコン×3
12月=ALL SHOOK UP

ほとんど月イチだったんだなー。とりあえず1月、2月も決まってるんで8か月NON STOP RIDER。そのわりに去年より回数減ってるって言うね。ジャニ以外だと、かなり風邪をひいてはいたけど、病院の世話にならなかったのが嬉しい。去年、アホのように行ってたからさ。

モーリタニアなんて国があるんだ(笑)

2007.12.30


午前中はお寺に行き、午後は切符の手配をした。そんな今日は隙あらばHDD@岡田くんの整理×整理。やっと全部揃ったんで、がっつがっつとまとめたわ。ほんとは一気に焼きたかったんだけど、円盤がさー(毎年恒例)。今まで使ってたやつの国産がなくなっちゃったんだよね。海外のはちょっと使いたくないしさ。うーん、どうしよう。

めるこさんのお友達にキンキコングッズのキーホルダーを買ってもらいました。あきらめてただけに本当に嬉しいです。ありがとうございました(ここ見てないけど)。

掃除×掃除

2007.12.29


窓は暖かくなったらやるわ(笑)。

始まる5分前まですっかりと忘れていた「関ジャニ∞の代打屋」。思い出してよかったー。ほんとにおもしろかった。さすがにVはもうこの手の企画は無理だよね。淋しいけど。なかなかのエスコートっぷりを見せた錦戸くんや、積雪の札幌大通り公園を着ぐるみで走る丸山くんと安田くんもよかったんだけど、何と言っても"見切れの合計視聴率100パーセントを目指せ"。こういうの好きだわー。とくに山下公園でお天気カメラに向かってジャンプしまくった渋谷と安田くんが抜群によかった。

そして思い出したのは数年前の森田さん@TBSジャック。牛乳瓶底眼鏡+学ランでいろんな番組に出てたよね。朝の5時だったかにTBSの屋上で「学校へ行こう!MAX」の旗を振り回したり、岡田が出た「はなまるマーケット」に勝手に出たりさ。当時、それほどファンでもなかったんだけど、意地で全部録ったんだよなー。こうなる予兆だったのかも(笑)。

何やらすてきな風がびゅーびゅーと吹いてきたみたいだね。自分の目でたしかめるか日程が出るまでは話半分だけど(何のことか丸わかり)準備だけはしておこうかと。ふふふ。

仕事納め

2007.12.28


16時からやっきと課内を掃除しました。明日、右腕が上がらないかも(笑)。

今年のカウコン(ジャニカンが定着しなくて本当によかった)の司会は嵐なんだね。誰かが仕切らないと、みんなでCMを見る、みたいなことになるもんね(@2006)。全員でうたう歌とやらも楽しみ。

ところで、今年は「地獄のチケ取り第○ラウンド」のフレーズがなかったわけだけど、それもそのはずカウコンには不参加なのです。チケが取れなかったからではなく、最初から不参加と決めてました。そもそも決めたのは明けたばかりの東京ドーム。楽しいっちゃ楽しいんだけど、後半のぐだぐだがどうにもねー。終わった瞬間、「次はないな」って思ったの。もちろんその気持ちに揺らぎが生じたこともあったよ。そう。トリオ・ザ・シャキーンの結成。ヒガシと森田さん、そして健ちゃん(なぜか決めつけ)のこれを生で見ないわけにはいかない!! と思ったの。ところが、Vコンで見れてしまったわけさ(健ちゃんの健太は見てないけどね)。というわけで、今年は7年振りに自宅で年越しします。

滝翼魂@新潟、1部2部ともに取れたわ。よっしゃ。今年みたいなミラクルは望まないから、1階でお願いしたい。頼むよ。

悲願のナポリタン

2007.12.27


来たーーーっっっ。来たーーーっっっ。来たーーーっっっ。




2008年2月13日

「V6 LIVE TOUR 2007 Voyager-僕と僕らのあしたへ-」 発売!!





【初回限定盤】
 ○DISC 1・2=本編DVD(2007.11.18 at 国立代々木競技上第一体育館)
 ○DISC 3・4=特典DVD(ドキュメントムービー/厳選全国MCコレクション
                「愛しのナポリタン」全組み合わせ/マルチアングル等収録予定

【通常盤】
 ○DISC 1・2=本編DVD(2007.11.18 at 国立代々木競技上第一体育館)
 ○豪華28ページブックレット
 ○マルチアングル収録(初回限定盤とは別楽曲)

ドキュメントムービー! 厳選全国MC!! そしてそしてナポリタン全組み合わせ!!! だめだ、もう泣けて仕方ない(笑)。ナポリタン全組み合わせかー。健ちゃんの健太見れるんだ。坂本くんの健太も見れるんだ。井ノ原の健太も見れるんだ。岡田のヒガシも見れるんだ。うひひ。うひひ。うひひのひ。MCは、仙台の坂本くん大反省会と、大阪の健ちゃん@おっぱっぴーをぜひとも入れてほしい。マルチアングルは「Over Drive」「ROCK THE HOUSE」「Gram-8」がいいな。とにかく本気で楽しみー。きゃおー。

中居、似てる(笑)

2007.12.26


しかも上手い。

伸ばし伸ばしにしてた雑誌感想に行くぜー。

まずは「ザ・テレビジョンお正月超特大号」。キンキは剛の「僕は光一を守り、ファンを守っていきたい」で決まり。剛からこういう言葉を聞けるのが嬉しいね。いろいろな経験をして強くなったんだな。年賀状は、やっぱり光ちゃんのねずみは豆に手足がついてる感じ(笑)。何つーか、かわゆす。

Vは対談形式。私の心をがっつりとつかんだのはもちろんこれ。坂本くんの、




俺はカミセンのコンサートのバックで踊る!




ですよ。いいんだよね? 期待していいんだよね? Vコンでも「トニセン、カミセン」ってはっきり言葉にしてたしさ。森田さんによると、カミコンには25歳までという年齢制限があるそうで、井ノ原に「ゴウもだめじゃん」と言われてたけど、健ちゃんと岡田もだめだよね(笑)。

とーーーにーーーかーーーくーーー、

カミコンやって! カミコンやって!! カミコンやって!!!

年賀状は、森田さんのねずみがねずみらしくなってる(笑)。耳についてる「V」「6」の文字がアンバランスなのがいいな。坂本くんは上手すぎ。

次、「TV LIFEお正月スーパー特大号」。"V6:Six Synchro Stars"は健ちゃんと岡田の下2人。「(健ちゃんは)いい人だから仲良くしてあげてね」だなんて、岡田は健ちゃんが自分より1歳上なんて思ってないんじゃないかな(笑)。2人の対談なのに2/3が長野くん話。「すべてを受け止められる人に出会ってほしい」と嫁の心配までしてるよ。あんたら、どんだけ長野くんが好きなのかと。

次、「TV STATION・V6の主張@vol.206/坂本昌行」。足なげー。坂本くん、足なげー。私も森田さんの「IZO」すんごい楽しみよー。

ラストは「oricon style/V6」。ぺらっとめくって初回限定盤Bのジャケがどーーーん!! おー、こうして見るとかっけー。返す返すも森田さんのヒゲが憎たらしいわな。

「way of life」関連記事ではこれが一番おもしろかった。健ちゃんが歌う前に「テンション下げて」ってかましたのはオーラスだったね。「盛り上がって行こうぜ!!」が常套句のコンサでート「テンション下げて」なんて一生いわれることないだろうな(笑)。たしかにこれを20歳前後が歌っても説得力ないわ。「よみがえる幼き記憶」って、ついこの間だろ!! みたいなさ。年月が経てば経つほど、重みというか深みがでる歌だと思うな。

「V6が守りたいもの」もよかったんだよね。森田さんの地球は置いといて(笑)健ちゃんの素直さ。これはねー、守ってほしいよね。ずっと健ちゃんは健ちゃんのままでいてほしいな。そして何と言っても坂本くんの




5人のメンバーを守っていきたい




お父さん来たーーーっっっ。来たーーーっっっ。来たーーーっっっ。すっごく嬉しくて泣きそうになったわ。あはは。坂本くんが守ってくれるならブイシックスは大丈夫よね。ついでに私のことも守って(笑)。

読者質問はトニカミ分け。ほらー、こうやって分けられるから期待するんじゃないかー。頼むよ、ほんと。カミはクリスマスの過ごし方。

作詞=岡田
作曲=森田
歌=三宅

のクリスマスソングをぜひ私たちに聞かせてちょうだい!! 久し振りに「GET SET…GO!」が聞きたくなったわ。うひひ。トニは三宅犬を飼うコツ。井ノ原、里親だったのか(笑)。

24時にケーキを食べる女

2007.12.25


「ザ・テレビジョンお正月超特大号」「TV LIFEお正月スーパー特大号」「TV STATION」「oricon style」の感想を書こうと思ってたんだけど、太一と嵐の「2007史上最大スポーツ大感謝フェスティバル」すら見れなかったよ。よよよ。

私は自他ともに認めるおよそグッズに張り切らない女なんだけど、今回はめずらしくほしいものがある。でもなー。きっと残ってないだろうなー。うん。

例年通り

2007.12.24


今年も私が夕食(=お好み焼き)を作りました。この日のためにホットプレートを新調したんだよね。非常に焼きやすくていい感じ。

本気で楽しみにしてたんだけどなー、の「ネプ大リーグ・メールキング/長野博・井ノ原快彦」。クイズに出るんだとばかり思ってたよ。ちょっと、いやかなりがっかり。超人気女優の部分はがっつりと切らさせていただくわ(どうしても苦手な人がいるのですー)。そこを抜かせばなかなかおもしろかった。どっちもすぐわかったよ<書いたメール。井ノ原、雪マーク好きだね。

HDD@岡田くん絶賛整理中

2007.12.23


光ちゃんの「ヘルメット見てときめいた」にオタク気質を垣間見た「新堂本兄弟/愛内里菜」。それが小学生のときだっていうんだからびっくりだ(笑)。剛が「いっぱい友達作ってはる」と言ってた光ちゃんがやってるゲームって何だろ。ほんと疎くなったなー。

姉弟の明暗

2007.12.22


末弟が彼女とディズニーシーに行ったというのに、私は風邪(37.2度)、4つ下の弟はインフル(38.5度)とまったくさえない姉と兄である。何てこったい。本当はジーンズを買いに行きたかったんだけど、さすがに無理だったんで家でおとなしく「MステSP」の編集をしてました。ジャニだけ残したらちょうど1時間だったよ。「FNS」「ベストアーティスト」そしてこれで1枚にしたかったんだけど、2時間越えるんで「FNS」と「MステSP」で焼いたわ。

こういう企画はロンブーに任せておけばいいんじゃない? の「さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマスSP 2007」。申し訳ないけど、3分でやめたわ。私には無理。

健ちゃんは永遠の17歳ではなく16歳と判明した「V6 NEXT GENERATION」。それは井ノ原の「三宅がいて心強い」がきっかけでした。

○「(井ノ原は健ちゃんの)調教師だから」とここだけ切り取るととんでも発言をする長野くん。
○「ニンジン片手にね」と乗る井ノ原。
○健ちゃん、馬だったの? 犬じゃないの?
○↑これもどうかと思うが(笑)。
○「僕も助かってます」としみじみ言う坂本くん。
○私は健ちゃんに振り回される坂本くんが異常に好きです。
○「あいつら(カミ)若いよな」とこれまたしみじみと言う坂本くん。
○「でも実際、岡田が27歳、健は16歳だけど、ゴウももうすぐ30歳でしょ」
 とリアルに語り出す坂本くん。
○「大野なんておじいちゃんって言われてるのに、健より下だからね」
 と大野を引き合いに出す井ノ原。
○「ゴウは長瀬、光一と同い年なんだよな」とすてきにくくってくれた坂本くん。
○来たーーーっっっ。私悲願の3人組。
○「後輩にはカミセンってどう見えるんだろうね」とそこが気になる坂本くん。
○うん、私も気になる。
○「カミセンはなかなか会う機会がないから話しづらいかも」と言い出す井ノ原。
○あー、横山と村上も似たようなこと言ってたよね。
○「後輩と話してるとき、間ができるのが怖いんだよね」と弱気な坂本くん。
○「カミセンは自分たちの空気持ってるからね」とさすがわかってる坂本くん。
○その空気を私たちに味あわせてちょうだい!!
○平成たちに「効いてくださいよ、岡田くんに会いました」と自慢された井ノ原(笑)。

久し振りにトニからカミの話聞いた気がする。楽しかったなー。

「疫病神なのか?」と聞かれ「うん」と答える人間はいないよなー、の「SP・警護四係に合流せよ」。やっぱり黒幕は西島理事官@トシちゃん(初めて見たとき、なぜか田原のトシちゃんに似てるなーと思い、それ以来ずっとそう呼んでいる。本名はたったさっき知りました)だったか。問題は尾形@堤真一が誰に電話したか、なのよね。タメ口だったから上司ではないし。じゃ誰っていうさ。うーむ。

TOKIO LIVE TOUR 2008決定

2007.12.21


行きたかったなー。東名阪じゃ無理だ。

出演者の1/4がジャニだった「MUSIC STATION SP・SUPER LIVE 2007」。例年通り、だだだっと書いていくぜー。


Johnny's entry No.1 Hey!Say!JUMP/Ultra Music Power
クリスマス仕様の衣装がかわいいねー。この年代ならではだし、若さってほんと武器だよなーとつくづく思う。そして13センチ伸びてもなお「でも小っちゃいんです」と笑う知念くんの何とかわいいことよ。いや、まだ推しじゃないよ(笑)。ところでこの曲の冒頭「J Johnny's」が「Hey!ジャニー」に聞こえる同士はいないだろうか。聞くたび、ジャニーさんが頭をよぎるんだな(笑)。


Johnny's entry No.2 関ジャニ∞/ズッコケ男道
この衣装、前も着てたよね。作ってもらえなかったのかな(余計なお世話ですよ)。29日にやるという初の冠番組、こっちではやらないだろうなと思いつつ一応「ザ・テレビジョンお正月超特大号」を見たら、うぉ!! やるんだ!! よし、録ることにしよう。エイトは本当に自分たちの色を持ってるね。この曲はエイトしか歌えないと思う。


Johnny's entry No.3 タッキー&翼/SAMURAI
翼、歌い方変わったね。歯を食いしばってる感じがする。滝沢は見るたびに髪型が違う(笑)。いつまで経ってもジュニアワールドに疎い私なのでバックがキスマイなのか自信がないんだけど、きっちりと踊っていてとてもいいねー。


Johnny's entry No.4 TOKIO/青春
忘年会の写真来たーーーっっっ。楽しそうでいいねー。Vもやればいいのに。とこのときは思っていたのよ。ふふふ。可愛げのない値段ってすんごいんだろうな。庶民には想像もつかないわ。長瀬の髪型はいただけなかったけど、歌はすんごくよかった。こういうパンチが効いてるの合ってるよね。


Johnny's entry No.5 V6/way of life
11月30日にTOKIOが放ったパスが1か月の時間を超えてVに届いたわ。

TOKIOを見習って新年会ですよーーーっっっ。

きゃー。きゃー。開催は圧力団体(=ブイシックス)の青山観劇日が有力かな。今まで忘年会も新年会もやったことがないらしく、坂本くん、井ノ原、健ちゃんが「ないです」とそれはそれは元気に答え、長野くんが首を振り、岡田が「ない」と口を動かす中、あの森田さんまでもが「ないです」ですよ。年末年始の音楽番組において「あ」も「い」も「う」もない森田さんが「ないです」ですよ。小脇に抱えたマイクが拾っただけなんだけどさ(笑)。それでも成長ではないの。ふふふ。とにかくタモさんにも「かならずやるように」って念押しされたんだし、幹事(=長野くん)も会計支払い(=坂本くん)も決まったんだから(笑)やってね。

おっと、歌の前に。衣装は「ベストアーティスト」や「うたばん」で来ていたものに赤を挿し入れたのかと思ったんだけど、岡田が着膨れしてないし、森田さんがうっすらと涼介なんでちょっと違うのかもね。これに関してはもう心配しなくてもいいような気がしてきた。何て幸せ。

で、歌。ポップアップ口が5つしかないんでひとりどうするのかと思ったら、森田さんと健ちゃんが一緒に出てきた。何つーか萌えた(笑)。いや、萌えてる場合ではなかった。あの坂本くんがフラットしたんで本気でびっくりしたわ。めずらしいねー。カメラワークは「Mステ」なんでね。うん。


Johnny's entry No.6 SMAP/Christmas Night・弾丸ファイター
21時前。それはスマの時間。プリンス持ちで思い出したんだけど、ジャニーズには木村持ちというマイクの持ち方があって誰でもそこを通るんだってさ。で、森田さんと健ちゃんは通り過ぎ、長野くんは立ち止まってるらしい(笑)。歌は「弾丸ファイター」がよかった。鳴り続けるベースドラムが好きなのだ。


Johnny's entry No.7 嵐/Love so sweet
ダッフルレンジャー参上。どの色もかわいいなー。今年はこの曲で始まり、この曲で終わるって感じ。


Johnny's entry No.8 KAT-TUN/喜びの歌・Keep the faith
ここまで派手な衣装を着こなすってすごい。たしかに、坂本くんがここに入ったらぼろぼろになって帰ってきそうだわ(笑)。


Johnny's entry No.9 NEWS/Weeeek
今年の「MステSP」大賞はNEWS。何となく盛り上がりに欠ける会場を一瞬にしてぎゅっとつかんでた。沸騰させてたわ。楽曲のパワーにNEWSがくらいついてるところもいい。本当にいい曲もらったね。


Johnny's entry No.10 KinKi Kids/永遠に
出だしの剛が気持ち危なかったかなってくらいで、あとはもう安定の極み。


城島のタモさんが今年もいなかった(号泣)。メントレブロックが外れたから今年こそあると思ったのにー。楽屋の隅でこっそりと変身するところを井ノ原に見せてやりたかったよ(笑)。

「IZO」チケ到着

2007.12.20


後ろから数えた方が早いけど、この日が取れただけでもキセキなんでね。ふふふ。

レポーターの弾丸ジャッキーは大阪の御堂筋線(だったかな?)近くの土手で卓袱台を投げ飛ばしてる人たちだと思ったら違った(長いですよ)、の「channel-a」。「avex許すまじ」と紅蓮の炎を燃やすことも(多々→)あるけど、この番組があるから「今すぐにでも移籍しろ」とは思わないんだよね。しかも今年はナイスな企画満載だしさ。今回はWAになってPVの撮影風景ですよー。初球からド真ん中ですよー。

「カッサカサだな」
「そんなことねーよ」
「すっげーしわしわ」
「いい具合だよ」

と言いながらも手を離さない剛健ですよー。森田=上、三宅=下でつないだものの「こっちだ」と言って逆にする健ちゃん(なのに本番では森田=上、三宅=下だった)、手をつなぐことに「意外としっくりきた」森田さんに萌えたわ(笑)。とにかく、この設定を考えた監督が熱かった。その熱さと一発撮りという緊張に感染して、何度も見てるのに雨の中で熱唱するブイシックスに感動しちゃったよ。

撮影の合間は弾丸ジャッキーの陣中見舞い。差し入れの、変わったようかんや巨大肉まんをためらいなく食べた長野くんが男前だったわ。最後のジャッキーポーズは森田さんと健ちゃんが非常に楽しそうでよかった。

ところで今更すぎてなんだけども、ナレーションどうにかならないかな。波平父さんは好きなんだけどさー。軽くいらっとするんだよね。

いきなり「way of life」で始まった「とくばん/V6:way of life」。20時から同時放送だと思ってたのに完全別編集だったね。そんな手間をかけるとは。うむ。1時間組のタイムスケジュールは、

20:00 V6/way of life
20:03 V6/ジャニーズの掟
20:19 AQUA5/TIME TO LOVE
20:22 SMAP/女子アスリートSP
20:45 SMAP/弾丸ファイター
20:49 V6/MUSIC FOR THE PEOPLE@大階段

男子プロ弾丸ゴルフはまるっとカットでございます。

では、レッツ羅列。

○ジャニーズ現役と宝塚現役という夢のコラボレーション。
○お付き合いをすすめられ、苦笑するブイシックス&ヅカ姉さん。
○「ジャニーズもそうだよな!」とわりと爆弾発言をかます中居。
○「言わなきゃいいんだよな!!」と追い討ちをかける中居。
○「はいっ」と元気良く肯定する健ちゃん。
○「はい」とこっそり言ってる森田さん。
○「結構ばれるけど」と一瞬真顔になる中居。
○「意外とね」と認める井ノ原。
○その瞬間浮かんだのはしゃぶしゃぶでした(笑)。ごめんなさい。
○「木更津」のときははしゃいでるのにと責められる岡田。
○「SP」って言ってるのは貴さんだよね。
○岡田から「(坂本くんは)昔すごく怖かった」が入りました。
○健ちゃんから「セカンドバッグを持ってるのは怖かった」が入りました。
○このネタ大好きだな。あんたらな。
○笑ってる中居に「あんた笑えないでしょ。仲間でしょ」と釘をさす坂本くん。
○そうですね(笑)。
○ジャニーズの掟・その1=Uのシューズは残せ!
○出ました、鉄板ネタ。
○これと「中居のお下がり服は余る」は双璧かもしれない(笑)。
○ジャニーズの掟・その2=富士山登山をしたグループはブレイクする。
○知らなかったわー。
○登った記憶がない中居(笑)。
○健ちゃんが登ったのは2年前の誕生日。
○「あいつブレイクしたいんだな」と言う井ノ原はミリオンの向こう側が見たい人。
○みんなで寄せ書きしてあげてたじゃん。

中居「ひとりブレイクしたかった?」
三宅「はいっ」(超笑顔)

○すげーかわいい。
○富士山登山にまったく乗り気でない坂本くん。
○「平地なのに高山病」と言った中居は坂本くんの1歳下。
○そんなに変わりないじゃない(笑)。
○すぱっと飛んで大階段でございます。
○おっかなびっくり下りるのかと思ったら、さっくりだったブイシックスのみなさん。
○坂本くんだけジャケットないのか。
○「うたばん」はデビュー曲を踊らせるのが好きだな。
○貴さんの「落ちたらブレイクする」に「なるほど」とあっさり納得する井ノ原。
○どたばたと移動するブイシックスのみなさん。
○森田さん、踏み外してるし!!
○健ちゃん、滑ってるし!!
○後半、完璧な動きを見せる坂本くん@最上段は広スペース。
○35歳に手を引かれて階段に戻される36歳がかわいい。
○「階段使えよ!」と28歳に言われる36歳がかわいい。
○「一番広いところだろ、そこは!!」と28歳に怒鳴られる36歳がかわいい。
○「だって俺の立ち位置だもん」と言い訳をする36歳がかわいい。

ヅカ姉さんの紹介VTRを抜いて(申し訳ない)約17分でした。「MUSIC FOR THE PEOPLE」も見れたし、先週分帳消し(←キャッッッシュ)。

総集編のお楽しみ=未公開映像がなかった「VVV6・東京VシュランⅡ/2007視聴率ランキング」。なので、ヒゲのない森田さん@5位がすてきだった、とだけ書いて終わりにするわ。

ジャニーズCDデビュー組ソート

2007.12.20


いつもお邪魔しているブログさんで「ジャニーズCDデビュー組ソート」なるものをやっていらしたのでトライしてみた。これが結果。

01位=森田剛
01位=三宅健
03位=堂本光一
03位=坂本昌行
03位=木村拓哉
06位=岡田准一
07位=長野博
08位=井ノ原快彦
09位=中居正広
10位=山下智久
10位=滝沢秀明
10位=今井翼
10位=相葉雅紀
10位=長瀬智也
10位=松岡昌宏
10位=山口達也

すごいね。これぞ心の鏡(笑)。若干、「ええ?そこ?」な人もいるけれども納得の順位だわ。ちなみに健ちゃんの名前は一回しか出てきませんでした。てへへ。

Channel-a@新潟

2007.12.20


V、来たーーーっっっ。PV撮影風景来たーーーっっっ。

感想は明日にでも。風邪ひいちゃったんだよねー。

「とくばん」依頼完了

2007.12.19


出ると知ったその瞬間から楽しみにしていた「はねるのトびら・短縮鉄道の夜/長野博・井ノ原快彦」。数あるゲームの中でこの短縮が一番好きだから、そりゃもう雪だるま式に期待がふくらんだわけよ。「キムタク」って出たら、井ノ原は「木村拓哉くん」もしくは「木村拓哉さん」だろうけど、長野くんは「木村拓哉」と呼び捨てにするのかしらーとかさ。なかったけども。

あまりにもストライクだったんで羅列するぜー。うきっ。

○衣装で登場。相変わらず井ノ原のがぶかぶか。
○セットに感動し、勢い釣り革をたたく長野くん。
○「短鉄大好き」と言い切る長野くん&井ノ原。
○「6人で呼ばれちゃかなわない」とこれまた言い切る井ノ原。
○何言ってんのよ!! 6人でも来てちょうだい!!
○短鉄好きだけど、メインは告知(笑)。
○しかし、やいやいと責められ「(告知は)ないです」と寝返る(笑)長野くん。
○「舞台って何ですか?」とまで言う。
○「タイミングを計る」と井ノ原を丸め込む。
○トニセンOK。
○カミセンOK。
○「自分たちのグループ間違えるバカどこにいるんですか」とめちゃくちゃ早口な長野くん。
○LESSON-3になってもまだまだ余裕が見える長野くんと井ノ原。
○が、ついに「DVD」で詰まってしまう井ノ原。
○平成たちの回をしっかり見ていたいのっち先生。
○私も見てたが、うっかり焼いたが、それは忘れてた(笑)。
○DS短鉄の告知に怒る井ノ原。
○それを持って前に出る長野くん。最高すぎて。
○難しっくす。使ってみようかな(笑)。
○LESSON-5・6と立て続けに間違えてしまい、冷却ガスをお見舞いされる長野くん。
○来ました、圧力かけまくり、そして井ノ原道連れの土下座でございます。
○井ノ原は「ジャニーズ初」と言ってたけど、中居がやったような気がする。
○「味いちもんめ」では確実にやってたけども。
○土下座中、くりくりと床に頭をつける長野くんがかわいい。
○とばっちり土下座を責める井ノ原を見て笑う長野くんがすてきだ。
○「ケーワイ」がわからなかった長野くん、健ちゃんに何か言われそう(笑)。
○長野くん@二度目の土下座来たーーーっっっ。
○LESSON-8問題に耳を傾ける長野くんがすんごいかっこいい。
○今更ですが、長野くんフェスティバル開催中です。
○書かねばなるまい。ジャックコナーって誰?(笑)
○キンコン西野(だと思う)「舞踏会みたい」を受けて「仮面舞踏会」と言う条件反射の長野くん。
○井ノ原のサンタ眉はキセキだと思う。
○KYはわからなかったのにJKは知っていた長野くん。
○しかし「超昭和だもん」と井ノ原に暴露される。
○Vは超昭和が2人もいるのか(笑)。
○最後は告知させてくれ土下座。

いやー、本当におもしろかったわ。上にも書いたけど、今度は6人で出てほしいな。

天然級王者

2007.12.18


rinri一族の別所哲也こと母方の伯父から恒例のお歳暮=ハムが届いた。母親がお礼の電話を入れたら「りっちゃんが好きだからね」と言ったそうだ。相変わらず身内に「は」モテる私である。うひひ。

そんな私がぐーすかぴーこと寝ている頃、長野くんと健ちゃんが「朝ズバッ」に出ていた。朝の6時半から超絶完璧だな。ほんと朝だろうが昼だろうが夜だろうがブレがないわ。とブレっぱなしの女がつぶやいてみる(笑)。

健ちゃんに貼り付く小学生がうらやましかった(本音炸裂)「学校へ行こう!MAX・今年の顔全員集合SP」。今日はもうボクシング、公開スパーリングにつきるわけですよ。見てるこっちが3分を長く感じたんだから、やってた健ちゃんは相当なんだろうな。とにかく、

かっこよかった。
たまらんかった。
萌えに萌えた。
すてきすぎた。

それらを並べてもまだ足りない。そして健ちゃんを見る小窓ブイシックスもよかったんだよね<とくに祈るように手を組む坂本くん、くちびるを噛む森田さん。本当に全部がよかった。ありがとう、チャンプ。相手に指名してくれて。

Vラッシュ

2007.12.17


18日=学校へ行こう!MAX SP、R30(井ノ原)、百識(井ノ原)
19日=はねるのトびら(長野・井ノ原)、Channel-a
20日=とくばん、VVV6
21日=MステSP
22日=SP(岡田)
24日=ネプ大リーグ(長野・井ノ原)
31日=カウコン

今週なんて出ずっぱりじゃないか。うひょ。とにかく見る、さっくり切り取る、がっつり焼くの精神で乗り切りたい。そんな風に僕は思うんだけど、今日は「SMAP×SMAP」さえリアルタイムで見れなかった。いよいよHDD@岡田くんも自転車操業の予感。

13枚の内訳

2007.12.16


集合=3枚
 ○スタジオ
 ○タイの駅構内
 ○タイの電話ボックス前

トニ=1枚
 ○Gram-8@Vコン

カミ=1枚
 ○タイの高速道路

混合=2枚
 ○抱き合う井ノ原と健ちゃん、見守る長野くん
 ○ズッコケトリオ・ザ・シャキーン

森田=1枚
 ○白のカッターシャツ

三宅=4枚
 ○黒フード
 ○RCOK THE HOUCE@Vコン
 ○健太@Vコン
 ○夕暮れオレンジ@Vコン

岡田=1枚
 ○RCOK THE HOUCE@Vコン

森田さんが1枚なのは「様々なヒゲを取り揃えました」状態だから(涙)。もちろんこの1枚もヒゲなんだけど、何とも優しげな表情がよくてさ。脳内修正液を使うことにしました。ふふふ。ブイシックスのズッコケトリオ(井ノ原・森田・三宅)による「愛しのナポリタン」はちょうど「頼れるパートナー 三ツ星バランス~♪」のところなんだけど、頼れるパートナーであるはずの井ノ原が超絶変顔をしていて歌詞とまったく合ってないのがいい。

最高なのは抱き合う井ノ原と健ちゃん、見守る長野くん。がっしりと抱き合う健ちゃんと井ノ原ではなく、泣いてる井ノ原を受け止めてる泣き笑いの健ちゃん、その健ちゃんと目を合わせてる長野くんの笑顔がすんごくいいんだよね。

雨は夜更け過ぎに

2007.12.16


雪へと変わりました。おかげで電車が遅れたよ。せっかくのデーティングなのにーーーっっっ。

というわけで、今日も上京いたしました。JRもマイル制を導入するといいよ!! すんごいためる自信があるよ!!

今年の初め「HONEY BEAT」にブチはまりして、それ1曲で新潟-東京間を往復した私ですが、今日は「way of life@Coming Century ver.」ですべてをこなしたわ。飽きない。ぜーーーんぜん飽きない。これを1曲目にしたカミコンやっちゃいなよ!! レーザー光線が飛び交う中、黒のマント+右目だけ隠れる白の仮面@Vコン2004つけて、ポップアップ口からすーっと現れてよ!!

さて(切り替え早すぎ)。14時にいつもの場所でめるこさんと落ち合い、すぐに渋谷に。向かったのはスペイン坂にあるTOKYO FMのサテライト。そう、2時間ちょっと前に健ちゃんと長野くんがいた場所よ。何の形跡もなかったけど、いいのよいいの。誰かいたみたいでわんさかわんさーとギャラリーが増えていく中、証拠写真を1枚撮ってそこを後にし、次に向かったのは超久し振りのジャニショ。途中、代々木第一体育館の敷地内を通ったら(ルートまるわかり)ずらりと人が並んでた。いつもと違うカラーに、ホーム(笑)にもかかわらずアウェイな気持ちになったわ。調べたら「Rhythm Nation 2007」だったんだね。同じレコード会社なのにこんなにも色が違うのか(笑)。

めるこさんが15時半の整理券をもらってくれてたんで、並び待ちすることなくすんなりとジャニショに。いつものごとくVエリアには人がそんなにいなかったんで(淋しい…)めるこさんに説明やら感想を言いながら(迷惑な話だ)Vコンを中心に13枚、光ちゃん1枚、滝翼1枚、翼1枚、計16枚を購入。Vの内訳はいいよね。ま、予想されてる通りなんですけども(笑)。というか、写真の感想を別エントリーしようと思ってるの。やりすぎかな(笑)。会計のとき、ふと横を見たら「V6の在庫は地下1階」という張り紙があった。「地下か…」とちょっとおセンチになっていたら健ちゃんソロ(←来たよ)がなくて地下に行かれ、その間完全放置されたわ。うひょ。

この戦利品とめるこさんが持ってきてくれた翼@ステージフォト集を堪能するため、いつものアジアンカフェに。ほんとはスマショップやファミクラもーなんて言ってたんだけど、18時までがっつりと長居をしてしまったわ(笑)。そのくらい、いろいろと話したのよねー。またそれが楽しかったんだな。

18時すぎ、原宿駅前でめるこさんとお別れして東京駅に。来てくれた録画隊にブツをもらい、18時52分発の新幹線で帰りました。超絶楽しかったぜー。

光ちゃんの「ごめんなさーい」が地平線の果てまでかわいかった「新堂本兄弟/柳原可奈子」。キンキから「つきあって」なんて言われ、しかもやっかまれない女子もそういないよね。ころころしててかわいい。テーマが決まらなかったのか、今回の"ベストヒットタカミー"はゲストの年表に沿った形式。ゲストだけでなくレギ陣の思い出も入れられるから、この方がいいと思うな。

way of life@CD

2007.12.14


初回限定盤B→通常盤の順で聞いたんで、アレンジ違えど「way of life」9連発はさすがにちょっと(笑)。

まずはカップリング(リスク/Liar/You Know?)から行きますか。この中で一番なのは通常盤の「You Know?」だな。こういう曲調、大好きなんだよね。「Liar」はコンサートで化けそう。ぜひとも黒のボルサリーノ+赤のサテンシャツ(もちろんがっつりと開襟)+黒のラメパンツで、手には赤いバラ、もしくはカスタネッツでお願いしたいわ(発想が貧困)。「リスク」は生で見るまでは死ねん!! と思ってる「NO DAMAGE」を手がけた渡辺さんの作品なんで、天井知らずに期待したし、十分応えてもらったデキなんだけど、いかんせん「You Know?」がよすぎたわ。これを聞いて思い出したのは手下(森田と三宅)を従え黒マントをひるがえす(いやマントはなかったかもしれん)長野くんでした。懐かしの横アリですよ。

終わっても終わってもふと気がついてしまう「way of life」攻撃は「ファイナルファンタジー」の古城あたりで流れるようなカミバージョンがストライク。トニのは上手すぎて、危うさが消えちゃった気がするんだよね。

さて。新潟では金曜深夜に「NEXT!」なるローカル番組をやっている。私の中では「R30」を火曜深夜に追いやった番組としてインプットされてるんだけど、そこにブイシックスがコメントを寄せた。びびびびっくり。が、私、明日おでかけっこなのでHDD@岡田くんに任せたわ。

というわけで、明日は「ご期待ください!!」の坂本くん舞台です。ネタバレ一切踏まずに挑んでくるよん。

では、青劇に行ってきまーーーす!!

着々と準備

2007.12.13


指定も買っちゃった。

ついに歌だけとなってしまった「うたばん/V6」。そうなると、数々の微妙企画すらありがたいと思ってしまうわけで。まあ、「とくばん」に出るからいいけど。って新潟は1時間短縮なんだけど!! その時間に出てこられたら困るんだけど!! あとで録画隊に依頼文書を提出しておくわ。ちなみに前日提出が基本ですが、今週は勘違いしてたんで火曜日の夜に出しました(笑)。

「ベストアーティスト」と同じ衣装だった「way of life」。井ノ原の「歩いてく~♪」の「あ」が気になったくらいかなー。大好きな光射ダンス(勝手に命名)はまたも見られなかったけど、森田さんのアップだったからねー。うひひ。

ゆうこりん、ぶっちゃけすぎ、の「VVVV6・東京VシュランⅡ/激辛ラーメン:長野・竹山隆範 vs 岡田・小倉優子」。ゆうこりんが何歳なのかまったくわからなかったんでwikiで調べたら、もう24歳なのか。そりゃこりん星について考えもするわな(笑)。そんなこりん星に足を踏み入れたおかだりん(笑)、最後の超激辛にふるふると首を振って「無理…」とつぶやいたのが超絶かっこよかった。岡田の血圧も上がったようだけど、私のそれも上昇したぜ。一方の長野くん。黒&すとんと下りてる髪型がすんごくよかった。長野くんは加工しない方がいいと思うの。と「フォーティンブラス」あたり(茶髪のふわふわ)が好きな私が書いてみる(笑)。

今日のJohnny's web/way of life site(森田)

2007.12.12


「Voyager」のときはきっちりと30文字でまとめてきた森田さん、今回は8文字増えて38文字ですよ。「めちゃくちゃしっとり」ってトリートメントじゃないんだからさ(笑)。やっぱり森田さんは最高だ。

ごっちゃごちゃ

2007.12.12


昨日の夜からずっと今日は木曜日だと思っていた。口では「えーと水曜日だから」と言ってるのに頭の中では木曜日。気づいたのは今朝「うたばん」の予約をしようと番組一覧表を出したときだったわ(笑)。

滝沢の「スタジオパークからこんにちは」は年賀状を印刷しながら見たので、あまり頭に入ってきてなかったりして。あとでちゃんと見ようっと。

エントリー完了

2007.12.11


さっくりとつながったんで、さっくりと外れることでしょう。ちなみに一般の成績は2001年のイープラス1回だけ<よく当たったもんだ。

「way of life」をフラゲして帰ったらすでにV@ベストアーティストの出演が終わってたんで、安心して見た「学校へ行こう!MAX」。まずは健ちゃんのコンサート明けボイスに萌えた"世界チャンプ内藤大助が初帰省・実家、母校めぐり"。今までひとりでロケしたことなんてあったっけ。記憶ないなー。井上アナがいたんで進行してくれるんだとばかり思ったら、健ちゃんが。健ちゃんが回してましたよ。きゃー。なかなかいい感じだったわ。とにかく内藤母のありあまるパワーにみんな笑ってたね<とくに坂本くんと長野くん@小窓族。そりゃ健ちゃんも母側に回りますよ(笑)。ボクシング対決は来週に持ち越しか。ちょっと残念。

次は剛健来たーーーっっっ、の"最年少日本記録ホルダー天才釣り少女"。何が最高って、11歳の女の子に怒鳴られる剛健ですよ。

たもを持てばおろおろ。

釣り糸を手繰らせればおたおた。

怒鳴られるわけだ(笑)。めずらしくダウンした森田さんは本当にサメが好きだね。釣りに行くたび、サメだシャークだと口にしてる。釣り上げる日は来るのかな(笑)。健ちゃんはその森田さんがダウンしたと知らされたときの「わかった」がえれーかっこよかった。健ちゃん、たまに(たまにかよ)おどろくほど冷静なときがあるよね。素直に従う剛健が本気でおもしかったんで、これからもびしびしと指導してくれる人のところに放り投げてほしい。うひひ。

来週のすぺさるはまた偏っちゃうのかー。一緒にラララライ!! やってる健ちゃんが激しくかわいかったんで許すけども(笑)。

終了後、化粧を落としながら「ベストアーティスト」を追っかけずに見る。一緒に出てきたTOKIOとキンキに「Vを外すなーーーっっっ」と思わず言っちゃったよ。J-FRIENDSは永遠です。というわけで、「1億3000万人が選ぶ!べストアーティスト2007」。V、早っ。大人の事情があるにせよ、早っ。開始7分で出てくるとは思わなかったよ。思わなかったことがもうひとつ。衣装ですよ、衣装。また違うではないの。コンサートのを入れたら4パターンもあるだなんて。これでカウコンは安泰だな(トラウマすぎて)。好きなのは坂本くんか健ちゃんだな。岡田はちょっと着膨れしちゃった感じがする。そして森田さんは今日も「白いやつするの?」と聞いたのかな(笑)。

トークはね、今年はこれメインだと思ってるんでね。うん。今ちゃんに「結婚って楽しい?」と聞かれ、あはあはしてる井ノ原の顔をのぞき込みながら肩をとんとんとたたく健ちゃん、にまにましてる森田さんの何とかわいいことよ。そして坂本くん。去年も思ったんだけど、坂本くんは年末になるといつもにも増してかっこよくなるねー。ふふふ。

明日発売ということもあり、こっちも絶品バラードの「way of life」。照明もいいし、カメラワークもいいなーなんて思った次の瞬間、最初のポイント「光が刺し~♪」直前で健ちゃんが画面から消えた(号泣)。そこは引きでお願いしたかったよ。よよよ。あとはこれまた健ちゃんの「伝えたい~♪」が殊の外大きくてびっくりしたくらいかな。

次は嵐とKAT-TUN。亀梨にぴたりと貼りつくニノにこちらもびっくり。仲いいんだね(事情知らず)。いつもぱりっとした衣装を着ている嵐はカラフルレザージャケット。戦隊レンジャーみたいだと思ったけど、ここは戦隊じゃなくてヤッターマンだったね。その櫻井の衣装が岡田@way of life・PVにちょっと似てた。

ド真ん中の時間帯に出てきたのは滝翼。翼の短髪っぷりに「もんちっちみたいだ」とおどろいてる場合ではなかったわ。真のびっくりどっきりメカ(ヤッターマンはここじゃありませんよ)はそこではなかった。翼、その眉毛はどうだろう。ちょっと加工しすぎだと思うんだけど。予想外の翼インパクトに、滝沢を見た記憶があまりないっていうね(笑)。

ほとんど最後に登場したのがTOKIOとキンキ。長瀬、そのバンダナはどうだろう(どうだろう2回目)。TOKIOはここと相性がいいのかな。去年の「宙船」もここが一番よかったし「青春」もそう。

一緒に登場したものの何の絡みもなかったキンキ。そのハトはどうだろう(どうだろう3回目)。何でハト? 昔懐かし「Be Yourself!」のPVを思い出しちゃったよ(笑)。光ちゃん、ちょっと調子悪そうな感じがしたなー。剛は眼鏡で決まり。似合う似合う。すんごくいい。

2番組でしか捕獲できなかったのに10分もあった岡田の「陰日向に咲く」完成披露試写会。岡田は本当にずーみんが好きだねー(笑)。頼まれてもないのに使命感にめらめらと燃えてるんだもの。しかも「見逃さないでください」レベルを超越してたわ。岡田はもちろん、楽しそうな宮崎あおい、笑ってる三浦友和に和んだよ。「SP」のおかげか、こちらも長かった「めざましテレビ」。私、軽部アナがこんなにもV(の一員である岡田)をほめてるところ見たことない。「プロデューサーズ」の会見では司会もしたっていうし、さよなら都市伝説って感じなのかな。

謎は全然解けない

2007.12.11


「M-ON!」でようやく「way of life」のPVを捕獲。ここは羅列で行く。

○最初から手をつないでる!!
○最初から回ってる!!
○みんな真剣な顔。
○そして口を動かすだけ。
○坂本くんが昭和の刑事に見える(笑)。
○長野くんはホスト。
○井ノ原、森田さん、健ちゃん、岡田はなんだろ。
○フィルムのせいもあるんだろうけど、長野くんの顔色が悪い。
○岡田の睫毛の長さにびっくり。
○雨がぽつぽつと降り出すのと同時に、少しずつ動き始めるブイシックスのみなさん。
○かすかに見上げる森田さんがいい。
○一瞬目を閉じ、息を吸い込む健ちゃんもいい。
○坂本くんソロから手が自由になると、挙げ挙げで熱唱するブイシックスのみなさん。
○坂本→長野→森田→三宅→井ノ原→岡田の順で輪から離れ歩き出すと雨が止む。
○服が乾いていくように見える。
○どうして手をつなぐのか、どうして手を離すのか、なーーーんにもわからないまま終了。

私、このPVすんごい好きだ(笑)。

滝翼魂振込完了

2007.12.10


その帰り、夏に予約したミラコレと秋に予約したアイシャドウを購入。着々と観劇準備をすすめておりまする。うひひ。

もしかして未公開があるかもしれないと一応録った「HEY!HEY!HEY!2007年末特別企画RANK-INベスト100 SP!!」。なかったね。がっくり。ここ3日間、ヒロミゴーを拝んでるんだけど、今日の企画はうらやましかった。あれいいねー。坂本くんの「桜坂」が聞いてみたい。

アホのように書いた

2007.12.09


や、ほんとにアホだ。

来週おでかけっこなんで(バレバレ)、私、両親、母方の叔母用の年賀状を作って印刷した。残り(まだあるだよ)は水曜日までにやる予定は未定。

「メントレG」のあと、そのまま「プレミアA」を見たんだけど、「兄弟」を見にきた母親に「中居くん見た?」と聞かれたので「見てない。何で?」と返したら、森田さんの名前(正確にはオリタゴウ)を連呼したんだってね。ううう、見たかったわー。

とても52歳には見えないよね、の「新堂本兄弟/郷ひろみ」。お父さんを天然と評してたけど、本人も十分それじゃないのかなと。光ちゃんや剛はもちろん他レギ陣も楽しそうにしてて、改めてヒロミゴーはすごいなと思った。何か新庄と系統が似てる気がする。今日の収穫はニセおっぱっぴーでしょう。光ちゃんが本物を知る日はいつなんだろう。「ベストヒットアーティスト」に「MUSIC STATION SP」、そしてカウコンと会う機会がかなりある健ちゃん(Vコン大阪でやりまくり)が教えたらいいのに(笑)。

AIP

2007.12.08


「ALL SHOOK UP」「IZO」「PRODUCERS」をまとめてみました(まとめんでよし)。

「THE PRODUCERS」「ALL SHOOK UP」ともに金曜会見だったんで「ズムサタ」「めざど」で捕獲。あれ、何だったかなー。サトエリが出てから「とんかつロック」か(ちなみに私、これ未見)。それの会見のとき、各局サトエリのコメントばかり流してさ。「こういうときはインパクトのあることを言わないとだめなんだわ」と思ったことがあるんだよね。でも、インパクトがあると、逆にそれ一色になるという諸刃の剣になるわけか。うむ。

まずは「THE PRODUCERS」。インパクトワードは長野くんの「井ノ原と坂本でやると言われなくてほんとよかった」。「ほんとよかった」の部分、実感こもってたなー。もちろん自虐もあるんだろうけども。「行けばよかった!!」と地団駄を踏みたくなるような再演になるといいな。

次はお父さん、腰振りすぎですわよ、の「ALL SHOOK UP」会見。こっちのインパクトワードは「(クリスマスの予定は?)発表します。ロケです」。「VVV6」かな。坂本くん、「恋のマジックにかかりたい」みたいなことを言ってたけど、これはどう受け取ったらいいんだろう(笑)。

森田さんが表紙の「LOOK at STAR」。坂本くんに光ちゃん、相葉くんまであって大変お買い得な1冊ですわね。るるる。

トップバッターは森田さん。「荒神」が光なら、「IZO」は闇。本当に真逆だと思うし、どちらも見ることができてファンとしては幸せだなと思う。岡田以蔵としてしゃべり、岡田以蔵として動く森田さんが早く見たいわ。対談はいのうえさんに全部預けてオッケーーーイ(一度書いてみたかった)。ジャニーズという特殊ジャンルを理解してる人が作るんだから間違いないよね。うん。

次は光ちゃん。演劇雑誌で森田さん→光ちゃんと続けざまに見れる日が来るとはね(感涙)。もう、こちらはね。なーーーんの心配もしてませんがな(除:チケット)。あ、キャストは気になってるけどね。どうなるんだろうね。

めくってもめくっても坂本くんが出てこないんで、見間違えたかと思ったら一番最後だったのか。うわー、109ページすごくいいね。何かつるつるしてる(微妙に変態)。代々木で聞くまで、坂本くんがプレスリーをやるんだと思ってた。後半はもみ上げかも……みたいなさ(笑)。保守的な町に青年がやってきたことで全体が変わっていく、という設定は「フットルース」と同じだけど、あっちは16歳だったからな(笑)。って、こっちはいくつなんだろ。対談ラストの尾藤イサオさんの「海を見るとおふくろを思い出すんです。生みの親」がどストライクだった女なので、本作はきっとげらげら笑うと思うな。ほんとに楽しみ。

代わりまして、坂本くんが表紙の「Top Stage」。こっちも森田さんに光ちゃん、坂本くん、そして秀さん。ええーーーっっっ。滝沢、連載持ってたのーーーっっっ。知らなかった。本当に知らなかったわ。

こっちの坂本くんには、お前が言うなとわかっているけど「ちゃんと食べてね」と言いたい。今回は「way of life」の露出+特番のトリプルコンボだもんな。千秋楽の翌日はもうカウコンだしさ。

こっちの光ちゃんにももちろん心配はないわけで。気になったのは「新作」という文字が踊ってたことかな。光ちゃんの中で「SHOCK」が終わらない限り、新作はないような気が少しだけした。

はーい、森田さんでーーーす。うっすらヒゲでーーーす。でも、やればできる男でーーーす。こちらはもうひとりのゴウ、脚本を担当した青木さんとの対談。「荒神」は森田さんにとって転機の作品だったんだね。舞台に目覚めてくれて本当によかったよ。




Recent Entries