rinriの2017年

2017.12.30


12月30日恒例、今年を振り返りまーーーす。


1月-3月:不惑の冬
何と言っても「TTT」。これから先ずっと続くだろうプロジェクトが嬉しくもあり、うらやましくもあり。次の「TTT」はトニコンかな(言霊)。このターン恒例の「SHOCK」は大好きだと毎年思うので、来年も確認させてください!!(チケ未確保)


4月-6月:充実の春
去年地獄を見たので対策を練りに練って挑み、この手でつかんだ「滝沢歌舞伎」フォーエバー。キスマイコン、坂本くん舞台、初めてのback numberライブ、9年振りの新感線、そして実はもうひとつ行ってるんだけど、確実に身バレするので隠させていただいて、とにかく盛りだくさんでした。


7月-9月:始動の夏
待ちに待ったVコンスタート!! 7年振りに初日に行かず、これまた7年振りに仙台に行きました。つまりは、READY?


10月-12月:暴風の秋
結構な勢力の台風に見舞われたVコンオーラス、そしてフライングイブ報告と吹き荒れましたな。Vコンはとにかく楽しかった。会場問題とかわかるけど、わかるけど、2年に一度とか言わないで来年もやろう!!


今年のジャニ活動は、

01月=戸惑いの惑星
02月=戸惑いの惑星
03月=SHOCK
04月=滝沢歌舞伎×2
05月=キスマイコン
06月=君が人生の時
07月=なし
08月=なし
09月=Vコン
10月=Vコン×6
11月=すべての四月のために
12月=なし

計15。ちょっと少ないかなー。20くらいが理想なのよねん。

ジャニ以外だと、とにかく仕事が忙しくて忙しくて毎日が後手後手という恐ろしさだったんだけど、来年早々にめでたく増員となるので落ち着くし、休みやすくなるはず。はふー。

rinriの2016年

2016.12.30


12月30日恒例、今年を振り返りまーーーす。


1月-3月:安堵の冬
私の「SHOCK」があの日で止まってるわけではなかったけど、でもやっぱりその場面では祈るような思いで見ていた自分がいたし、無事に終わってほっとしたんだよね。チケが取れてほっとしたのが坂本くん初のソロコン。またやってほしいな。初めて見たWESTコンはめっちゃくちゃ楽しかった。来年のツアー、新潟がないのが残念で仕方ないわ。


4月-6月:地獄の春
健ちゃん舞台、長野くん舞台、坂本くん舞台があり、FCで当たったのが坂本くんだけだったっていう地獄。それでも長野くんのは一般で何とかもぎ取り、健ちゃんはV友さんが譲ってくれました。ほんとにほんとにありがとうございます。滝沢歌舞伎に関しては何かあるかわからないので、対策を立てておこうと思ってます。


7月-9月:感謝の夏
これまたFCで外れた森田さん舞台。こちらはキスマイファンの悦ちゃんが当ててくれました。ありがとう!! ほんとにありがとう!! ここに書いちゃうけど、これがきっかけでそうなるとは夢にも思わず(いや、そうなったらいいのにーと思ったけど、まあ無理だわなって)ヒント写真が出たときは小踊りしたよね。


10月-12月:歓喜の秋
もうここはドリフェスですね。誘ってくれたちぇるなさんには足を向けて眠れません。ほんとにありがとうございます。私のジャニ活は周囲のみなさんの優しさで成り立ってます……。1年振りの生Vはブッちぎりにかっこよかったなー。フェスでVコンを見せる心意気もね。改めて、好きになってよかった、ついてきてよかったと思いました。


今年のジャニ活動は、

01月=なし
02月=坂本ソロコン
03月=SHOCK・WESTコン@新潟
04月=滝沢歌舞伎
05月=Forever Plaid 2016
06月=Murder for Two
07月=なし
08月=ビニールの城
09月=なし
10月=ドリフェス
11月=なし
12月=カウコン

計9。すっっっくねーーー!! Vコンないととたんにこれだもの。来年こそはツアーを!! そしてチケを!!

ジャニ以外だと、なかなか激動でしてね。引き止められてここにいるって感じー(笑)。それと人生初の始末書を書きました。TOKIOに一歩近づいた気がする(笑)。あとはもちろん、うちのかわいい∞おちびですわ。そろそろ歩くんじゃないかってところまで来てますわよ。伯母ちゃん、たんたん買ってやっから!!

rinriの2015年

2015.12.30


12月30日恒例、今年を振り返りまーーーす。


1月-3月:衝撃の冬
いつもは「SHOCK」のタイトルそのままの意味とか「SHOCK」しか見てないとかそういう衝撃なんだけど、今年はやっぱり事故になってしまう。ただ私の「SHOCK」はあの日で止まってるわけではなく、翌日の再開とともに動き出してるのでね。あの日のことは一生忘れないと思うし、それでいいと思ってる。


4月-6月:待機の春
めちゃくちゃ早く日程が発表になったにも関わらず、なかなか振り込め用紙が届かなくてじりじりと過ごしてたな。


7月-9月:感謝の夏
初日とオーラスを外してしまい、「明日のことは考えなくていい!!中居もそう歌ってるし!!」とやさぐれた毎日だったけど、女神様降臨のおかげで入ることができました。この場を借りてもう一度、本当にありがとうございました。


10月-12月:幸せの秋
ありがとう20周年。


今年のジャニ活動は、

01月=なし
02月=なし
03月=SHOCK
04月=なし
05月=なし
06月=なし
07月=なし
08月=光一ソロコン、Vコン
09月=Vコン×2
10月=Vコン×3
11月=Vコン
12月=なし

計9。いい機会だからここに書いちゃうけど、今年のVコンチケ事情は誰も予想できなかったと思う。とくに私はすでに兆候が見えていたらしい(V友さんに聞くまでまったくわからなかった)2013年もするっと取れてたのでね。次はどうなるんだろう。落ち着いてるのかな……。

ジャニ以外だと、おちびたん誕生です。いやもうすべてがひっくり返ったって感じ。全力でかわいいです。ふふふ。

rinriの2014年

2014.12.30


12月30日恒例、今年を振り返りまーーーす。


1月-3月:衝撃の冬
いつもこの時期の常連だった森田さんが春になってしまったので「SHOCK」しか見てないっていうね。これこそが真の衝撃(そうかな?)。それを補うかのように「軍師官兵衛」がスタート。つまりは一年間、毎週日曜日に岡田が見れる幸せ、贅沢がスタート。


4月-6月:揺れる春
森田さんが15歳に挑戦した「夜中に犬に起こった奇妙な事件」とは別のところで揺れたわー。私にとって「撮られた」ことは単なるトリガー。


7月-9月:大活躍の夏
砂漠に誕生日、舞台に昼ドラと健ちゃん大活躍の巻。


10月-12月:決意の秋
「担当」という言葉が好きではないので使いたくないんだけど、簡潔に表せるのでね。つまりは「担替え」したわけです。まだ誰かは書いてないけど、バレバレだと思うので敢えては(笑)。なんてことは置いといて、最後の青劇となってしまったトニミュで最前が来て打ち震えたり、初めての新国で森田さんの背中に泣きたくなったり、感情の振れ幅が超絶大きかったな。


今年のジャニ活動は、

01月=なし
02月=なし
03月=SHOCK
04月=夜中に犬に起こった奇妙な事件×2
05月=なし
06月=なし
07月=なし
08月=炎立つ
09月=トキコン@新潟
10月=ON THE TOWN
11月=なし
12月=ブエノスアイレス午前零時

計7。少な!! 少な!! ツアーがないと途端にこれだよ。来年は20周年なので無理するよー(笑)。

ジャニ以外だと、車の運転を始めたことがトップチェッカーかな。ほんとに間が空いてたので車学(新潟でしか通用しないんだっけ。自動車学校です)のペーパードライバー講習に通ったのよー。初心者ならではのことも順調にやってる……(涙)。来年はもう少し遠出できるようになれたらいいな。

rinriの2013年

2013.12.30


12月30日恒例、今年を振り返りまーーーす。


1月-3月:安定の冬
毎年恒例の冬舞台は、森田さん「祈りと怪物」光ちゃん「SHOCK」のrinri@ツートップ。まさか森田さんがこのあとまた舞台に上がることになるとは思いもしなかったわ。光ちゃんのは初めて帝劇枠で見たんだよね。枠の威力を思い知りました。


4月-6月:弾け飛んだ春
2年振りのVコンはほんとにほんとにほんとに楽しかった!!


7月-9月:何もない夏
何もなかった。まったく何もなかった。代わりに振り込み、振り込み、時々電話な日々でした(笑)。


10月-12月:怒涛の秋
坂本くん、長野くん、森田さん、健ちゃんの4人が舞台に立ったという前代未聞の秋。事務所から見込まれたよね。私たちね。正確に言えば、私たちの「財布」ね。長野くん→健ちゃん→森田さん→坂本くんという、内容がどんどん暗くなっていく流れはわりときつかったです。


今年のジャニ活動は、

01月=祈りと怪物-ウィルヴィルの三姉妹-
02月=祈りと怪物-ウィルヴィルの三姉妹-、SHOCK
03月=Vコン×2
04月=Vコン×4
05月=Vコン×2
06月=シルバースプーンに映る月
07月=なし
08月=なし
09月=なし
10月=Forever Plaid
11月=鉈切り丸×2、Some Girl(s)、フランケンシュタイン
12月=フランケンシュタイン

計18。妥当。来年もこのくらい行けたらいいんだけど。

ジャニ以外だと、秋に異動にしたんだよね。おかげで、勤務地、勤務体系、勤務内容すべてががらっと変わってしまってかなり忙しかった。そこに舞台が4つ(6本)が当たったもんだからさ。推して知るべしだよね。ようやくリズムがつかめてきたので、来年はもう少しのんびりできるんじゃないかと思ってるし、そうなりたいです。

2012秋ドラ総括

2013.01.13


MONSTERS
これまでの刑事ドラマ要素を取り入れた結果、散漫になったって感じかな。平塚@慎吾はちょっと変わってるだけで、タイトルのモンスターとは思えなかったし、山下がそのあとを引き継いだとも思えなかった。もったいない。


PRICELESS~あるわけねえだろ、んなもん!~
久し振りの月9完走。最後の最後までファンタジーだったけど、リアルを感じさせてくれたのは見事。木村と香里奈のラブも夢オチで二重マル。


遅咲きのヒマワリ
ひりひりしたものは見続けることができないと教えてくれました。2話脱落。


レジデント~5人の研修医
始まった瞬間から透けて見える予定調和がむずがゆくて1話脱落。


大奥~誕生[有功・家光篇]
堺雅人と多部未華子の年令差がどうしても気になって身が入らなかった。


平清盛
伏線を完璧に回収。一年間見続けた甲斐があったな。


 *2012ドラマベスト3*


1位=リーガル・ハイ(2012年4月17日-2012年6月26日/堺雅人、新垣結衣)
2位=平清盛(2012年1月8日-12月23日/松山ケンイチ、玉木宏)
3位=PRICELESS~あるわけねえだろ、んなもん!~
          (2012年10月22日-12月24日/木村拓哉、中井貴一)

とにかく「リーガル」。とにかく「リーガル・ハイ」。視聴率が揮わなかったのが実にもったいないわ。第2シリーズ待ってる!!

rinriの2012年

2012.12.30


12月30日恒例、今年を振り返りまーーーす。毎年、この書き出しでーーーす。もはやテンプレでーーーす。


1月-3月:冬の舞台
これまた毎年恒例の冬の舞台ですよ。森田さん「金閣寺」、光ちゃん「SHOCK」、坂本くん「MY ONE AND ONLY」とこれまた恒例のメンツですよ。森田さんのはやっぱりひたすら悩み、光ちゃんのはアドリブについて考え、坂本くんのはただただ大笑いしたわ。


4月-6月:春のお暇
もう何年振りかもわからないくらい久し振りに1回もジャニ活動がなかったんだよね。毎日毎日、Vコン決定の報を待っていたのもこの頃。


7月-9月:夏の東京ドーム
3年振りの東京ドーム。滝翼がいかに後輩を大事に育ててきたかよーーーくわかった10周年一発目でした。初めての試み「ライブシネマ TOKIO LIVE TOUR 1718」もいい思い出です。


10月-12月:秋の横浜
光ちゃんのソロコンはファンにはドS、自分にはドMでした(笑)。


今年のジャニ活動は、

01月=なし
02月=金閣寺
03月=SHOCK、MY ONE AND ONLY
04月=なし
05月=なし
06月=なし
07月=なし
08月=なし
09月=滝翼魂×2
10月=光一ソロコン
11月=なし
12月=なし

計6。6て!! 6て!! 私、お茶の間に戻れるんじゃないかな(笑)。

ジャニ以外だと、とにかく忙しかった。とくに夏からこっちは帰ってきたら何もする気が起こらないくらいだった。ここもまとめて1週間どころか10日、ひどいときには2週間分一気に更新だったもんね。来年はなるべくためないで書いていきたいと思います。

2012夏ドラ総括

2012.09.30


サマーレスキュー~天空の診療所~
「ハングリー!」っておもしろかったんだな。と確認させてもらうとは思わなんだ。主役のキャラがあまりにもブレすぎ。向井くんPVと割り切れるほどでもなかったし。残念の一言。


リッチマン、プアウーマン
脱落しちゃったのよねー。


警視庁捜査一課9係
安定。


ビギナーズ!
ヒロインが苦手以前の問題だったわ。


黒の女教師
有り得ない設定だったけど、なかなかおもしろかった。北斗くん、いい役もらったね。

2012春ドラ総括

2012.06.30


三毛猫ホームズの推理
設定がファンタジーなのに内容が結構シリアスで、バランスが悪かったなーと。


ATARU
最終回の感想をもう一度。正直なことを書けば、ちょこちょことはさまれた未詳小ネタがちょっと……と思ったけど(身内ネタすぎるのは好きじゃない)最後まで中居が中居ではなく、蛯名家の件もちゃんと回収してていい終わり方だったな。そして公式アカウントの難しさをこの「ATARU」で知りました。


鍵のかかった部屋
坂本くんを出してくれてありがとう、しかも犯人でありがとう。大野が的確に変人榎本を表現してたね。


リーガル・ハイ
今期ナンバーワン。膨大なセリフが心地よかった。


37歳で医者になった僕
ちょっとどころか、がっつりとひりひりした空気が漂ってたなー。「リーガル・ハイ」のあとで損した感もある。


パパドル!
遥@優香がアイドルという立場を捨ててでも手に入れたい女性に見えなかったのが最大の誤算

2012冬ドラ総括

2012.04.10


理想の息子
属性=マザコン、特技=オーストラリアに行きたいあまりコアラパンチを繰り出す。初回、うち(うち?)の涼介に何してくれる!! と思わないでもなかったけど、いいの? 事務所!! いいの? 涼介だよ!? と思わないでもなかったけど、想像のはるか斜め上を行く野島脚本に次第にはまりました(笑)。三船先輩@藤ヶ谷くんもすてきだったけど、私は内山先輩@武田航平ラブでーーーす(笑)。


平清盛
まったくストレスなし。あっという間に右隅に「終」が出るくらい。


早海さんと呼ばれる日
コメディーなのかと思ったら結構なシリアス展開で、日9にはキツかったかなと。井ノ原のパジャマ姿が唯一の癒しでしたわ。


ラッキーセブン
月9特有のおしゃれの押し付けが前面に出てきたので、ながら見→瑛太と一緒にアウトしました。キャスティングはよかったんだけどね。


ハングリー!
レストランものの王道というか、意外性がまったくなかったというか。主役の英介が魅力的に見えなかったので向井くんのPVと割り切ったものの、後半はそれでもだめだったので「今日も畑かな?」「制服着てるかしら」と勝利くん目当てで見ました。


最高の人生の終り方-エンディングプランナー-
最後までブレっぱなし。葬儀屋さんのお話なのに、ラストは謎解きメインなんだもの。


13歳のハローワーク
「松岡ドラマにハズレなし」健在。今期ナンバーワン。現在の鉄平@松岡と未来の鉄平@松岡の間で「やれやれ」する過去の鉄平@田中偉登というラストがよかったなー。


カーネーション
朝ドラ史上最高傑作。終戦を迎えても、子供たちが大きくなっても、糸子が尾野真千子から夏木マリにチェンジしても、まったく失速することなくラストを迎えたのは本当にすばらしかった。

rinriの2011年

2011.12.30


12月30日恒例、今年を振り返りまーーーす。毎年、この書き出しでーーーす。


1月-3月:冬の舞台
毎年、このターンは舞台ですなー。森田さん「金閣寺」、坂本くん「ZORRO」、光ちゃん「SHOCK」、向井くん「ザ・シェイプ・オブ・シングス-モノノカタチ-」と4作品、5公演観劇。森田さんのはひたすらに悩み、坂本くんのは全力で笑い、光ちゃんのはやっぱり泣き、向井くんのは超絶後味が悪かったわ。


4月-6月:春の横浜
震災後初のジャニコンとなった滝翼魂で楽しめる幸せを、翌日の井ノ原「芝浦ブラウザー」では笑うことの大切さを実感しました。


7月-9月:夏の聖地
3年振りとなった夏のVコン@代々木。やっぱり代々木は夏がよく似合う(カミコンとなると冬がよく似合う)。まったく期待せずに見た「美男ですね」でうっかりキスマイに目覚めたことも残しておかないとね(笑)。


10月-12月:秋の横浜
岡田の体育座りを超絶至近距離のド正面で見れたことは一生の思い出です(笑)。カップリング曲中心だった今年のVコンは7回見てもまったく飽きず、Vコン=ハイクオリティの方程式を改めて確認したわ。そしてこのターンでこれまたうっかりセクゾンに目覚めたっていうね。手を拡げてる場合じゃないんだけど(笑)。


今年のジャニ活動は、

01月=金閣寺、ZORRO THE MUSICAL
02月=SHOCK、金閣寺
03月=なし
04月=滝翼魂、芝浦ブラウザー
05月=なし
06月=なし
07月=なし
08月=Vコン
09月=Vコン
10月=Vコン×5
11月=ラブリーベイベー
12月=なし

計14。ここ10年で一番少ない現場数だわ。そして今年も東京ドームに行かなかった。そろそろあの空間に行きたいな。

2011秋ドラ総括

2011.12.29


妖怪人間ベム
最後の最後まで原作の世界観を壊すことなく突き進んだのは見事だった。映画化、続編もない潔さも二重マル。ベム@亀梨、ベラ@杏、ベロ@福くんはこれ以上ない抜群のトライアングルだったな。


南極物語
ワールドカップバレーに心血注いでしまったので、ちゃんと見たのは初回と最終回だけ。それで十分かな。うん。


謎解きはディナーのあとで
今期一番気楽に見れたわ。


家政婦のミタ
おもしろい作品を作れば、視聴率がついてくるという見本を示したね。毎回、予想の斜め上を行く展開がおもしろかった。


ランナウェイ-愛する君のために
上田くん、いい役もらったねー。まだ見ていないラスト3回は来年に持ち越しです(笑)。


11人もいる!
ワールドカップに心血注いでしまったので5回あたりで離脱。おもしろかったんだけどねー。


江-姫たちの戦国-
向井くんのため、ただそれだけのために見た。以上です。


 *2011ドラマベスト3*


1位=仮面ライダーオーズ(2010年9月5日-2011年8月28日/渡部秀、三浦涼介)
2位=デカワンコ(2011年1月15日-3月26日/多部未華子、手越祐也)
3位=妖怪人間ベム(2011年10月22日-12月24日/亀梨和也、杏、鈴木福)

2年連続で「仮面ライダー」が1位ってどうなのさと思うけど、おもしろかったんだから仕方ない。人外になりかけた人間が人間の体を取り戻し、人間に憧れた人外が人間の心を宿して消えていった「オーズ」は特撮史上屈指の名作。

2011夏ドラ総括

2011.10.05


華和家の四姉妹
破天荒な二女に振り回される姉妹の話だと思ってたら、とても仕事ができるようには見えない長女、恋愛厨の三女、才能があると思い込んでる四女のフォローをする二女のそれだったわ。コメディーというには重いし、シリアスというには要素が足りない。加藤くん含めてもったいなかったな。


花ざかりの君たちへ-イケメン☆パラダイス-2011
残念。


全開ガール
相性の悪い月9、苦手なラブコメだったのでスルーの予定だったんだけど、たまたま見たらおもしろかったので完走。可愛げゼロな新垣結衣が二重マルだった。


新警視庁捜査一課9係
磐石。


ブルドクター
江角マキコ×石原さとみがよかったなー。続編希望。


それでも、生きてゆく
大竹しのぶ×風間くんのシーンは後世に語り継がれるレベル。実はまだ途中なんだけど、気軽に見れないんだよね。


美男ですね
まずはチェックだった「美男」。まさか「残しておけばよかった」と思うようになるとは(笑)。それもこれも廉さん@玉森くんのせいです。新たなドアを開けちゃったかもしれない。わー。


勇者ヨシヒコと魔王の城
今期ナンバーワン。「予算が少なくてありがとう」と思ったドラマはこれが初めてです(笑)。


おひさま
和成@高良健吾が戦地から帰ってきたあたりから失速しちゃったなー。陽子@井上真央が教師を辞めた理由も?だったし、百白花に移る経緯も都合よすぎだったし。ううむ。収穫は永山絢斗。満島ひかりは私の中で電波決定。

2011春ドラ総括

2011.07.02


高校生レストラン
吹石一恵がお茶ばかり煎れてたなーと。松岡はほとんど受けの演技だったので、あっちゃこっちゃと駈けずり回る伊藤英明とのシーンが一番生き生きしてたかも。さすがにもう学生モノは…だったんだけど(原因は前期の月9)まだまだ大丈夫と確認できたドラマでした。


JIN-仁-
極上のラブストーリー。咲さんは顔も名前も思い出せない先生を一生想い、先生は咲さんの子孫である未来さんと一生を共にするのだとしたら、先生と咲さんは間接的に結ばれたことになるのかもしれないと思わせてくれたラストがほんとによかった。


幸せになろうよ
というタイトルとは裏腹に軽くホラーだった<とくに仲里依紗。なんて書いてるけど、チラ見の脱落組。


BOSS
申し訳ないけど、長谷川京子に戸田恵梨香の代わりは無理だった。期待の絵里子@天海祐希×野立@竹野内豊は申し分なし。


生まれる。
初回と最終回だけ見た。それで正解だったというのが正直な感想。

2011冬ドラ総括

2011.04.19


デカワンコ
多部未華子はやってくれた。期待以上にやってくれた。桐島@手越がヤサ男ではなく(女装はあったものの→)13係に何ら違和感がなかったのもよかった。総監@伊東四朗とガラさん@佐野史郎でホームズエージェンシーを開くみたいだし、スペシャルで「喰いタン」とコラボなんてしてもらえると私が嬉しいです(笑)。ワンコも久し振りにファイヤーできて嬉しいと思うの(それはGM)。「踊る大捜査線」からこっち、リアル志向になった刑事ドラマから思いっきりはみ出た潔さ、多部未華子のゆるぎないワンコっぷり、とにかくすべてが満点。今期ナンバーワンでした。


江-姫たちの戦国-
あまりのファンタジーっぷりに脱落寸前でございます。まだ10歳やそこらなのに、歴史の中心人物に影響与えまくりっていうのはさすがにねー。早く向井くん出ないかなー。


冬のサクラ
完走しました。恋愛ドラマが苦手、お相手が苦手というダブルパンチをものともせずに完走いたしました。佑@ツヨシがここまでホレるほど、萌奈美@今井美樹に魅力があったかどうかは疑問だけど、こういう押さえつけられた中でおとなしく頑張る私、っていう役は今井美樹の真骨頂だよね。最後まで見れたのは肇@佐藤健と安奈@加藤ローサのおかげでありんす。支えるローサがほんとによかった。


大切なことはすべて君が教えてくれた
1話で半脱落、フィリップ@菅田将暉のために頑張って見たけど、3話だったか4話だったかで完全脱落。戸田恵梨香の無駄遣いとか、三浦春馬が大学生にしか見えなかったとか、武井咲にはまだ重すぎたとかいろいろあるけど、一番引っ掛かったのは高校生たちが全力で先生を信じていたこと。先生が聖人君子ではないってことくらい、遅くても中学生にもなれば気づくよね。


CONTROL-犯罪心理捜査-
1話が一番よかった。


美咲ナンバーワン
途中からドラマではなくCM目当てになっていたことをここに残しておくわ。香里奈はバレちゃったなーという感じ。


LADY-最後の犯罪プロファイル-
ユースケがかっこよかった。3話で犯人だった大東くんがかっこよかった。以上。申し訳ないけど、北川景子とは距離を置かせていただくわ。


バーテンダー
相葉くんははっちゃけキャラよりちょっと暗めのが似合うな。2話にゲスト出演した城島が言う通り、バーには物語がたくさんあって、それぞれいい形でエンドを迎えてたのがよかった。

rinriの2010年

2010.12.30


12月30日恒例、今年を振り返りまーーーす。今年もこの書き出しでーーーす。


1月-3月:冬の舞台
初めてのアングラだった森田さんの「血は立ったまま眠っている」は慣れるまで時間がかかったけど、その分すごく頭に残ってる。今思えば、良はあの世界の光だったんじゃないかな。健ちゃんの「ULTRA PURE!」は嘘でも何でもなく、観劇後のフロアが「健ちゃんかわいかった」であふれ返ってた。あそこまで「かわいい」が飛び交うのってなかなかないと思う。さすが三宅健。


4月-6月:春のREADY?
アジアのセットリストにアルバムを突っ込んだにもかかわらず、バラバラどころか完全体になってたのはすごかった。踊るVが好きだと再確認したよ。Vにとっても思い出深いツアーになったんじゃないかな。


7月-9月:夏の舞台
初めて「寒いから中に入りたい」ではなく「暑いから中に入りたい」と思った帝劇。今年の衝撃は何と言っても「あのジャパネスクがハッピーエンドで終わることを知った」ですよ。あれ、あんなことがなくてもハッピーには終われないよね。坂本くんの「アリバイのない天使」はスーツ萌えの真面目萌え。坂本くんのストレート好きなので、定期的にやってほしいな。


10月-12月:秋の横浜
4年振りの横アリ、4年振りのソロコン、3年振りの滝翼魂、初めてのテアトル、初めての外部舞台とキーワード満載。やっぱり光ちゃん@ソロコンだなー。レフトからだったので(帰ってきたレフトの女王)DVD出してほしいな。正面から見たいの。


今年のジャニ活動は、

01月=血は立ったまま眠っている
02月=血は立ったまま眠っている
03月=ULTRA PURE!
04月=Vコン
05月=Vコン×3
06月=Vコン×3
07月=SHOCK、アリバイのない天使
08月=なし
09月=なし
10月=Pal Joey、光一ソロコン
11月=りんご、滝翼魂、七人の侍
12月=なし

計17。去年と一緒。スマ@VIVA AMIGOS以来、年に1回入っていた東京ドーム記録がついに途絶えました。一時期、ホームだったのにね。

ジャニ以外だと、忙しい月とそうでない月の落差が激しかった。一番忙しかった9月なんて、正直ほとんど記憶がない(笑)。来年は平均的な一年にしたいです。

2010秋ドラ総括

2010.12.24


Q10
Q10@前田敦子が無理なくロボットだったことと、飾りのないセリフが散りばめられていたので違和感がまったくなかった。平太@佐藤健とQ10はもちろん、平太と久保くん@池松壮亮、教授@薬師丸ひろ子と小川先生@田中裕二もよかったんだけど、藤丘@柄本時生と校長@小野武彦の会話がよかったなー。ただ、すごくおもしろかったのに、なぜか長く感じたんだよね。ひどいときなんて5分も経ってなくてびっくりしたもん。


獣医ドリトル
「ドリトル先生の不思議な学校」っていう本が好きだったなー。と思いながら見てたんだけど、途中で「ドリトル先生」ではなく「そばかす先生」だということに気づきました(笑)。フィリップ@順平@菅田将暉が動物に対して「お前の罪を数えろ」状態だったのは簡単に予想できたけど、配線まで切ってるとは思わなかったよ。カッティングは長男@笠原秀幸だと思ってた(こういうのをミスリードというのかしら)。小栗くんは人間には冷たいけど、動物には優しいドリトルにぴったりだった。あすか@井上真央との距離もいい感じだったし、続編があればいいな。


フリーター、家を買う
かならずどこかには救いがあるんだけど、気軽には見れなかったなー。実はまだ途中です。


ギルティ-悪魔と契約した女-
気づいたときに見てたって感じ。芽衣子@菅野美穂はその道で食べていけるんじゃないのってくらいのプロっぷり。真島@玉木宏は何だか残念だった。


医龍
1話脱落。


SPEC-警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿-
結局、どこに着地をしたのかわからなかったけど、それでもいいと思わせる力があった。おもしろかったなー。ほんとにおもしろかった。当麻@戸田恵梨香と瀬文@加瀬亮の間は絶妙。そこに係長@竜雷太が加わると最強。映画化はしないそうだけど(笑)もしやるなら絶対に見に行くよ。


 *2010ドラマベスト3*


1位=仮面ライダーW(2009年9月6日~2010年8月29日/桐山漣、菅田将暉)
2位=ゲゲゲの女房 (2010年3月29日v9月25日/松下奈緒、向井理)
3位=SPEC-警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿-
         (2010年10月8日~12月17日(戸田絵里香/加瀬亮)

「SPEC」か「コード・ブルー」かで悩んで「SPEC」にした。私、どんだけ戸田絵里香が好きなのかと(笑)。「ゲゲゲ」が2位なのは私の中で後半失速したから。「W」は伏線を全部回収したし、終わり方もこれ以上ないってくらい綺麗だったのでね。ちなみに実況大賞は「SPEC」です。

2010夏ドラ総括

2010.10.17


ハンマーセッション!
ラスト3話見てないんだよね。志田未来はこういうはねっかえり役は合わないね。無理してるオーラがバリバリ出てたわ。


GM-踊れドクター
おもしろかった。ほんとにおもしろかった。病気に関してはしっかりと作られてるから、その他がめちゃくちゃでも(笑)ちゃんと医療ドラマになってた。ヒガシの完璧ターーーンと大倉くんの「ファイヤーーーッッッ」はいい思い出です。


夏の恋は虹色に輝く
私には虹色には見えなかった。1話脱落。


ジョーカー・許されざる捜査官
黒幕の組織が巨大すぎたのがもったいなかったわ。もう少し小さい方が真実味が出たんじゃないかな。課長@鹿賀丈史がこっちの世界(ジョーカー)に来て終わりだったのはよかった。続編やりそうだね。


新警視庁捜査一課9係
安定株。


ホタルノヒカリ2
蛍@綾瀬はるかが干物を通り越して…な娘になってたけど、部長@藤木直人との掛け合いはすごくよかった。お目当ての向井くんは満点のデキ。きゃー。


GOLD
ものの5分で脱落。やっぱり野島先生とは合わないんだわ。うむ。


うぬぼれ刑事
「マニア受けするタイプかも」と夏ドラ予想で書いた通りだった。視聴率はふるわなかったけど、最後までブレなかったのは見事。今期のるるくでした。

2010春ドラ総括

2010.07.01


怪物くん
「アイシテル~海容~」のあとにこれを選んだ稲森いずみのフットワークの軽さの脱帽。かっこいい悪役の松岡もよかった。怪物くん@大野とお供たち@八嶋智人、上島竜兵、チェ・ホンマンはこれ以上ないってくらい息の合いっぷり。その4人と絡むヒロシ@濱田龍臣がほんとに楽しそうで微笑ましかったな。


新参者
最終回放送時に書いたものをコピペ(笑)→→→加賀@阿部寛に指摘される嘘が優しいものばかりだったので中盤ちょっと気持ちが離れそうになったんだけど、そんなときに限って弘毅@向井理がメインになるので、結局完走したわ。


月の恋人-Moon Lovers-
2話で完全脱落。木村ドラマで脱落なんて何年振りだろ。何だかんだ言って「エンジン」「プライド」「空から降る一億の星」は見てたし。内容も……だったけど、女子チーム=真絵美@篠原涼子、シュウメイ@リン・チーリン、柚月@北川景子が苦手だったからなー。脱落もするわな。


素直になれなくて
最終回に超メインアイテム=ツイッターが出てこなかったって言うね。リンダ@玉山鉄二のためだけに見てた。

2010冬ドラ総括

2010.04.12


今期はゲスト出演のバッティングが多かったなー。たとえば、「特上カバチ!!」で大野@中村雅俊の娘・杏@菊里ひかりと結婚した高校生、その翌日放送された「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 2nd season」で末期がんの母親を見舞う高校生をやった太賀とかね。レギでは白石新垣結衣のお父さん@中原丈雄ですよ。「コード・ブルー」「エンゼルバンク」「ブラッディ・マンデイ2」「泣かないと決めた日」「不毛地帯」と5本出てたよ。すげー。


ブラッディ・マンデイ2
最終回を見てないその1。中盤ですでにしっちゃかめっちゃか。みーーーんなスパイに見える。こっちも広げすぎだよな。


左目探偵EYE
正しく土9だったんだけど、広げすぎてとっちらかっちゃった。視聴者が一番知りたい「どうして映像が見えるのか」がナゾのままっていうのもマイナスだと思う。


龍馬伝
見てるよ見てる。残してるよ残してる。以蔵視点の武市先生はとても人格者なのに、龍馬視点だとどうしてこんなに小物なんだろ。それだけ龍馬がすごいってことか。


特上カバチ!!
最終回を見てないその2。正直に書けば「カバチタレ!」の続編ということで(私の中の→)ハードルを上げすぎたなと。クイズと生電話がなー。気が散っちゃうんだよなー。田村@櫻井 vs 美寿々@堀北真希がよかっただけにもったいなかった。


コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 2nd season
がっちりと握手どころか、がっちりとハグですよ(迷惑なお話)。何だかんだで義理人情に厚い藍沢@山下はもちろんのこと、成長した白石@新垣結衣がすごくよかった。藍沢と白石がブレないから、緋山@戸田恵梨香の迷いが浮き立ったんだよね。


ヤマトナデシコ七変化
最終回を見てないその3。スナコ。をプロデュース、または噂の刑事・スナコとキョウヘイ、もしくは子ども店長ンチの男子だったけど、嫌いじゃなかった。

rinriの2009年

2009.12.30


12月30日恒例、今年を振り返りまーーーす。毎年、同じ書き出しでーーーす(笑)。


1月-3月:冬の舞台
元日から"青春の小箱"ですよ。内容は???なところがかなりあったけど、こういうジャニーワールドが大好きなんだよね。久し振りに自分名義で取れた「SHOCK」は通路脇席だったおかげで、光ちゃんが作り出した風を感じることができました。うひひ。


4月-6月:春のトニコン
「トニコン」と書いて「楽しい」と読む。ほんとに楽しかったなー。約アラフォー(笑)による「LOOKIN' FOR MY DREAM」と「僕の告白」は貴重中の貴重。Vコンがなかったので、唯一6人が揃ったところを見れたのもここ。見れてほんとによかったよ。一年一度はブイシックス。


7月-9月:夏のカミコン
「カミコン」と書いて「幸せ」と読む。この6年、待って待って待ち続けた甲斐があった最高のコンサだった。またいつかやってくれたらいいな。絶対に絶対に行くよ。


10月-12月:秋の大運動会
光ちゃんソロコンに参加できなかったので、活動はこれのみ。こっちもまたやってくれたらいいな。今度は、30歳以上 VS 30歳以下でよろしく。


続いて今年のジャニ活動。

01月=新春滝沢革命
02月=トニコン
03月=SHOCK
04月=滝沢演舞城
05月=トニコン×2
06月=なし
07月=カミコン
08月=カミコン×7
09月=カミコン×2
10月=なし
11月=なし
12月=大運動会

計17。トニコン、カミコンがあったわりに少ないのは母体のVコンがなかったからだよね。そして今年は、Vファンになって初めてVメンバーの舞台を見なかった。その反動か、来年はしっかりと控えてますけれども。ふふふ。

ジャニ以外だと、初めて広島に行ったとか、6年振りに飛行機に乗ったとか、専門学校の修学旅行以来に北海道に行ったとかいろいろあったんだけど、やっぱり救急車で搬送された、だわね。体調管理は本当に大切だと思い知った一年でした。

2009秋ドラ総括

2009.12.28


東京DOGS
申し訳ないけど、初回の後半からながら見。正直、ねらいすぎたかなと。とくに高倉@小栗旬と母・京子@田中好子の会話ね。吉高は苦手なまま終わりました。


不毛地帯
ラブはいらんぞ、ラブは!! キンキ vs TOKIO、いやさ近畿商事 vs 東京商事、近畿商事内部抗争重視でお願いしたいのよ。


マイガール
現在、第5話まで視聴完了。正宗くん@相葉くんの甘さとコハルちゃん@石井萌々果の物分かりの良さが気になるっちゃ気になるけど、2人でいるシーンがかわいいので最後まで見る予定。


 *2009年ドラマベスト3*


1位=ザ・クイズショウ(2009年4月18日~6月20日/櫻井翔、横山裕)
2位=MR. BRAIN(2009年5月23日~7月11日/木村拓哉)
3位=任侠ヘルパー(2009年7月9日~9月17日/草剛、薮宏太)

あー、「MR. BRAIN」の最終回見てないや(笑)。今期の実況ドラマ大賞が年間1位となりました。すべてをきっちりと終わらせててほんとにおもしろかったなー。実況も楽しかったしね。うひひ。

2009夏ドラ総括

2009.11.01


こちら葛飾区亀有公園前派出所
吾郎が出た回だけ見た(初回判定じゃなかったのかと)。今期はとにかく週末に出かけてたんでね。ちょっとどたばたすぎたかな。


華麗なるスパイ
途中まで録ってたんだけどね。HDD@滝沢くんがいっぱいになってしまったんであきらめたの。


ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~
北川景子の演技と相武紗季の開きっぱなしの目で途中挫折したものの、あまりにも予想通りに進む展開に復帰、最後まで見たわ。相武紗季、よくこの役引き受けたなー。これから数年間はこのイメージがつくというのに。


救命病棟24時
まだ最終回を見てないっていう。見ても感想は変わらないだろうな。期待しすぎました。


恋して悪魔
保留のまま終わりました。


新・警視庁捜査一課9係
前回はそれぞれが持つエピ(しかもそのどれもが不幸)が前面に押し出されちゃって、正直面倒だったんだよね。"新"がついたおかげで、かなりクリアになってよかったよ。


任侠ヘルパー
こども店長かわいすぎ。草剛かっこよすぎ。


オルトロスの犬
録りっぱ。まさかの録りっぱ。なんせ、金曜夜は荷造りしてたもので(笑)。あとで見たいと思ってはいるんだけど、年内は無理だな。

2009春ドラ総括

2009.07.17


MR. BRAIN
今期の"るるく"はこれでした。トリックは安易だなーと思ったけど(申し訳ない)キャストが絶妙だった。


ザ・クイズショウ
今期の実況ドラマ大賞。毎回「イニシアチブ俺来たーーーっっっ」と書き込んでたわ(笑)。ラストの一発勝負撮り、櫻井、横山ともに現時点での最高演技を残せてよかったと思う。


魔女裁判
警察は何をやってたんでしょうね。娘のアリバイくらい調書しておけって。後味が悪いんじゃなく、何ひとつ解決しなくてぽかーんって感じ。


婚カツ!
タイトル完全無視!! なラストにびびびびっくり。幼なじみとくっつくとはね。というか、年の離れた幼なじみってどうよ。そこからして納得できなかったんだから、はまるわけがないわな。うん。


アタシんちの男子
坂本くんが裏番組に出たとき、あっさりと脱落いたしました。6兄弟だけではつなぎとめられなかったってことね。せっかく(?)なので、ジャニで6兄弟を考えてきた。
長男=香取/次男=松岡/三男=光一/四男=相葉/五男=三宅/六男=森本弟
あたりでどうだろう。健ちゃん、相葉くんより3歳上だけど(衝撃)世間は同い年くらいに見えるっしょ。うひひ。


BOSS
これが今期ナンバーワン。とにかくおもしろかった。天海祐希は本当に男前だわ。


必殺仕事人2009
どんどん冷徹になっていく渡辺さん@ヒガシの何とすてきだったことよ。続編あるといいなー。


スマイル
常々、岡田惠和脚本とは相性が悪いと書いてる私ですが、それでも「バンビーノ!」は完走したのよ。マツジュンドラマで脱落したの、これが初めて。「婚カツ!」にも言えることだけど、エピがありすぎなんだよね。もっと絞った方がよかったんじゃないかな。

2009冬ドラ総括

2009.04.07


RESCUE
何となれば、唯一完走したのがこれ。中丸の熱い演技がこの作品にはぴたりと合ってた。前回の冬ドラ予想で「まっすーの身に何かが起きそうな気が早くもしてるんだけれども」と書いたのは、天に召されてしまうのではないかと思ったのよね。しかし横浜。たまげるほど大事件が起き、そのたびごとに二酸化炭素が放出されてた気がする。


ヴォイス 命なき者の声
申し訳ないけど、ながら見。「きらきらひかる」の偉大さを思い知りました。


トライアングル
初回脱落するも最終回を見る。当たり前だけど、ぜーーーんぜんわからなかった。何となく、すべてを小日向さんに被せたって感じがしたわ。


神の雫
目覚めよ、バッカス!! 母親がめちゃくちゃはまってたけど、娘はあまり。


キイナ-不可能犯罪捜査官-
見たり見なかったりだったけど、なかなかどうしておもしろかった。年齢的に菅野美穂の不思議キャラはこれが最後になるだろうな。

必殺仕事人2009
いいねー。とくにヒガシの涼やかな一刀両断が好きだ。


歌のおにいさん
前半15分「VVV6」と被ってて、その部分を見ない回がほとんどだった。私、スネオ(性格が素直ではないという意味)な大野は所望ではないらしい。弾け飛びまくった片瀬那奈がよかっただけに残念。

rinriの2008年

2008.12.30


12月30日恒例、今年を振り返りまーーーす。


1月-3月:冬の舞台
とにかく「IZO」は泣いたなー。泣いて泣いて泣きまくった。森田さんが岡田以蔵にシンクロしすぎたから、29歳になったときはほんとに嬉しかったよ。「SHOCK」は西の女神さまたちのおかげで初めて千秋楽が見れました。こんな奇跡は二度とないだろうな。


4月-6月:春のツンデレ
5年振りのトニコンは相変わらずおバカで、相変わらず最高に楽しかった。セフトンな健ちゃんは超ツンデレ。タバコを吸うシーンにどきどきしたわ。うふふ。


7月-9月:夏のコンサ
12年振りにVコンが、そして初めてキンキコンが地元・新潟で開催されましたことよ!! チケ代以下の交通費で初めてカミと光ちゃんを見たよ(感涙)。来年もやってくれるといいな。


10月-12月:秋のソロコン
まさかまさかのソロコンですよ。そう言えば去年の10月、森田さんが「TV STATION」で「2008年はGoイヤーになるよ」って言ってたんだよね。まさにその通りだった。トニ舞台は井ノ原と長野くんのを観劇。どちらもナンバーワン舞台となりました。


続いて今年のジャニ活動。

01月=キンキコン、IZO
02月=IZO、SHOCK
03月=なし
04月=トニコン
05月=トニコン、第17捕虜収容所
06月=なし
07月=なし
08月=Vコン×7
09月=キンキコン×2
10月=Would's Wing・ソロコン×2
11月=昭和島ウォーカー・ソロコン×2
12月=フライパンと拳銃

計23。増えた(笑)。今のところ1月3月が決まってて、2月が取れたら8か月NON STOP RIDER(すべて丸わかり)。来年もこんな感じで参加したいと思ってます。特筆すべきはコンサート事務局から電話が来たこと。電話なのに土下座したよ(あろうことか、公演コード書き忘れたのねん)。

ジャニ以外だと、仕事がわりと忙しくなったことかな。それによるストレスで精密検査になったんだと思う。

2008秋ドラ総括

2008.12.29


ブラッディ・マンデイ
霧島@吉沢悠の婚約者が感染したところまでしか見てないんだけども、とにかく三浦春馬がいいので時間がかかっても全部見るつもり。


スクラップ・ティーチャー
1回だけちらっと見たんだけど、交通機関を使わずに原稿を届けるという荒業を見て「忍者か?」と思ったよ(笑)。ニンともカンとも。


流星の絆
おもしろかったなー。中だるみせず、最後まで初回のペースのまま走り切ったって感じ。ニノ、錦戸くん、戸田恵梨香の3兄妹はもちろん、齋藤隆成、嘉数一星、熊田聖亜のちび3兄妹が上手かった。


 *2008ドラマベスト3*


1位=SP(2007年11月3日~2008年1月26日放送/岡田准一)
2位=流星の絆(2008年10月17日~2月19日/二宮和也・錦戸亮)
3位=コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-(2008年7月3日~9月11日/山下智久)

最終回が今年の1月だったので「SP」も対象にしました。たまにふと見たくなるくらい好きなんだな。

2008夏ドラ総括

2008.10.06


ヤスコとケンジ
まさか、こんなにも萌えドラマになろうとは誰が想像しただろうか(笑)。嶋田さん@長野くん、おすてきだったわー。うひひ。ケンジ@松岡の一本気なところも好きよ。これ最初と最後しか見てないんだよね。どうしようかな。


33分探偵
とにかくゆるい。撮影が大変だったことが見えないくらいゆるい。構えることなくのんびりと見れておもしろかった。唯一テンションが上がったのは六郎@剛の「ジッちゃんの名にかけて」だわね。


コード・ブルー
心配していたラブ路線がなくて本当によかった。藍沢@山下は愛や夢、思い出さえ持たないフェニックス一輝タイプかと思ってたんだけど、なかなか情があって、でもそれを見せるのが下手というあたりが二重マル。スペシャルが楽しみだわ。


魔王
こちらは心配していたラブ路線爆発でちょっと残念。揺れ動かない魔王成瀬@大野 vs 振り回される芹沢@斗真で突き進んでほしかったなと。寄り添って死んでいたラストシーンは本当にびっくりしたわ。

2008春ドラ総括

2008.06.30


ごくせん
4話あたりで脱落。とにかく既視感だった。パート1、パート2でやりつくしちゃったんだと思うな。


CHANGE
継続中。残してるくらい好き。


おせん
ちらっと見た。


警視庁捜査一課9係
主要メンバー全員が何かしら背負ってて、ちょっと面倒だったかな。浅輪@井ノ原と矢沢@田口浩正のはなくてもよか(略)。というか、兄貴@豊原功補は設定ミスだったと思うよ。うん。視聴率もよかったし、season 4もあるでしょう。これがある限り、いや浅輪が生きている限り、春に新曲が発売されるのね。うひひ。


週刊真木よう子
新潟ではまだ放送中なんだけど、ためながらもしっかりと見てる。話の振り幅が大きいのと比例するかのように、当たり外れも大きい。秀逸だったのは整形の回(蝶々のままで)。


ラスト・フレンズ
録りっぱなしのまま最終回だけ見て、そのままHDDからすべて消した。
 ○宗佑@錦戸くんを放っといて部屋を出る美知留@長澤まさみ。
 ○炊飯器を開けて「うっ」となる美知留。
 ○バイクで事故、しかも相手はダンプなのに掠り傷程度の瑠可@上野樹里とタケル@瑛太。
  (思い出したのは「嘘でもいいから」と「眠れる森」)
 ○3人で育てようと言い出す瑠可、同意するタケル、乗っかる美知留
  (思い出したのは「29歳のクリスマス」)。
 ○死亡フラグ立ちまくりなのに、あっさりと生む美知留。
 ○3人の名前から共通してる1字を取って生まれてきた娘に命名
  (思い出したのは「素顔のままで」)。
最終回が一番いいデキになる確率はきわめて低いけど、それにしてもあんまりだったわ。

2008冬ドラ総括

2008.04.13


「薔薇のない花屋」は一度も見ず、「佐々木夫婦の仁義なき戦い」「ハチミツとクローバー」「貧乏男子」は1話脱落。「佐々木夫婦」は見たいファクターを蹴散らすくらい合わなかった。というわけで、継続の「SP」「3年B組金八先生」しか見なかったよ。その「金八先生」にしても真剣に見てたわけではないしね。こんなにドラマから離れたクールもめずらしいわ。





 * Recent Entries