rinriのいちばん並んだ日-完堕-

2001.01.02


さくさくと仕度をして原宿に。目的はもちろんジャニショですよー。14時の整理券をもらったにもかかわらず、入れたのは15時。1時間も並んじゃったよ。10年振り(!!)のジャニショはすっかり変わっておりましたがな。当時は入場規制なんてなかったし、もっと広かった気がする。もっともオープンしたての話なんで、変わるのも当たり前だよね。

並んだのはジャニショだけじゃないの。横浜アリーナでも並んだの。16時30分開場だったから17時に行けば楽勝だったはずなのに、開場すらしてなかった。もちろん即入場なんてことにはなるわけがなく、横アリをぐるーっと回って回って回ってやっと入ったわ。

感想はレポに譲るとして、ここには一言だけ残しておく。




私、森田剛に堕ちました。




あはー。

今日の私

2001.01.02


12:00 原宿駅到着。
12:05 14時の整理券をもらう。
12:15 デニーズでお茶。
14:00 満を持してジャニショに。しかし入れず。
15:00 やっと入場。
16:50 新横浜駅到着。
18:00 30分遅れでVコンスタート。

ジャニショの混みっぷりにはびっくりしたよー。

V6/Winter Concert 2001 Very best(2001.01.02-01.08)

2001.01.02


横浜アリーナ
 1月2日(火) 17:30
 1月3日(水) 14:00 17:30
 1月4日(木) 14:00 17:30

大阪城ホール
 1月6日(土) 17:30
 1月7日(日) 14:00 17:30
 1月8日(月) 12:00 15:30

V6/Winter Concert 2001 "Very best"

2001.01.02


OVERTURE
自由であるために
太陽のあたる場所
EASY SHOW TIME
Can do!Can go!
MADE IN JAPAN
CHANGE THE WORLD
MUSIC FOR THE PEOPLE
MC(ってほど長くないな)
Theme of Coming Century
Theme of 20th Century
Wild Style/Coming Century
GOAL/20th Century
MISS YOU TONIGHT/Coming Century
Error
WHAT'S COOL?/Coming Century
Theme of Coming Century
Theme of 20th Century
silver bells/Coming Century
WAになって踊ろう
BOXER'S ROAD/森田
Born to be wild/井ノ原・三宅
Let's get it over 2001
上弦の月
MC
かくし芸大会
君に会えた12月/岡田
かくし芸・対決!
Stranger than paradise/長野
コバルトブルー(English Version)/坂本
Happy New Years Train
寒がりなHeart beat/20th Century
僕の告白/Coming Century
MIRACLE STARTER
MISS YOU TONIGHT/Coming Century
コバルトブルー
SUPER FLY/三宅
BEAT YOUR HEART
MASSIVE BOMB
逃亡者
愛なんだ
Encore/TAKE ME HIGHER
Encore/Believe Your Smile

V6/Winter Concert 2001 "Very best"

2001.01.02 横浜アリーナ スタンド東ブロック 10列

2001.01.02


初Vコン、初カミとなったV6冬コン初日。
席はスタンドの中で一番悪い東ブロック、しかも最後列の10列ってどうよ。横アリの星どころか星くずになったよ。
手を振り上げてもペンライトをくるくる回しても(って回さないけど)誰にも迷惑かけないよ。
ステージは8の字型で、中央にメインステージ(さらに中央がせり上がる)、
南ブロック(正面)と北ブロックにサブステージ。東西花道脇にクレーン。天井に4面のスクリーン。
私位置からは、ライトがモロにスクリーンの前にあったので、あんまりよく見えず。


OVERTURE
ステージに点々と置いてある白い布がかかった円錐状物体。
ジュニアがその布をはぎ取って出てきたのは太鼓。
一斉にガンガン叩いて最高潮に上がりきったそのとき、南ブロックからギターをかき鳴らした井ノ原登場!!


自由であるために
最近のシングルの中で一番好きなこれを一発目に持ってこられたもんだから、
ボルテージが最高レベルにまで達してしまい、もうどうにでもなれ状態。
大騒ぎできるのって最後列唯一の特権かもね。
東ブロッククレーンに最初に乗ったのは健ちゃん。
間近で見る健ちゃんは本当に本当に、しつこいけど本当にかわいかった。


太陽のあたる場所


EASY SHOW TIME


Can do!Can go!


MADE IN JAPAN
どこで歌ってるかは見つけられず。ちっ。


CHANGE THE WORLD


MUSIC FOR THE PEOPLE
年末の「MステSP」バージョン。このリミックス好き。
それまで走り回っていた6人がメインステージ中央に集まると同時にせり上がり揃って台宙。


MC
岡田が「もっと!!」「もっと!!」とあおるあおる。「ああ、Vコンに来てるのね」と実感した。
まずは開演が30分も遅れたことに対しての謝罪から。
「今日は遅れてすみませんでした。その分、遅くまでやるぜ!」と言う井ノ原に、
「だめなんだ、井ノ原。今日は帰らなくちゃいけないんだ」とひとり淋しく突っ込みを入れる。
このあと6人それぞれ挨拶。覚えてるのは坂本くんのみ。
「あけおめ~ことよろ~」だったわ。簡単だったから覚えてたっていうね。
「僕はこの曲が歌いたかったんです」という坂本くんの言葉でさっさと終了。
そして聴こえてきたイントロは!!


Theme of Coming Century
来た、来た、来た、来た、来たーーーっっっ。これ大好きーーーっっっ。
21世紀になったんだから絶対にやってくれるだろうって思ってたけど、実際に聴けるとなると嬉しさ当社比100倍。


Theme of 20th Century
そして、こっちも!! の「20th Century!!」「Yeah!!」。楽しいーーーっっっ。


Wild Style/Coming Century
希望としては「Born to run」だったんだけど、これはこれでかっこよかった。


GOAL/20th Century
こっちは希望通り。トニコンで聴けなかったからすごく嬉しい。


MISS YOU TONIGHT/Coming Century
のはずが、なぜか健ちゃんの代わりに坂本くんが入ってる。
しかも森田さんのラップ部分を横取りし、森田さんのマネまでして熱唱っつーか熱ラップ。
多人数はこういうことができるからいいんだよね。


Error
ということは、坂本くんの代わりに健ちゃんがいると。
トニコンではおなじみだというマイクスタンド技も何とかこなしてた。


WHAT'S COOL?/Coming Century


Theme of Coming Century


Theme of 20th Century


silver bells/Coming Century


WAになって踊ろう


BOXER'S ROAD/森田
北ブロックからフードコートに身を包み、ボクサーパンツをはいた森田さん登場。
何を歌ってるのか全然わからなかったけど、ボクシングな歌だったことは間違いない。
ジュニアがメインステにロープをはりめぐらせてリングを作り、
その中でシャドーボクシングをしながら歌う森田さんは本当にかっこよかった。もう、だめだ。


Born to be wild/井ノ原・三宅
ロクボルトかと思ったら、違ってちょっとがっくり。
ジュニアとのダンスはめちゃくちゃかっこよかったんだけど、何せ長すぎた。
もう少し短くてもいいと思う。


Let's get it over 2001
SMAPでいうところの「FIVE TRUE LOVE」。
歌詞は代わる代わる歌ってて、オマケにラップ調なんでほとんど聴き取れなかったよ。
坂本=30歳、森田=Let's Go、三宅=伊東家健ちゃん、岡田=青年オカダ
これしかわからなかった(実際は4小節くらいある)。もっと聴きたいよ。


上弦の月


MC
昨日の1時間越えとはえらい違いだったMC。
めっちゃくちゃ短い。ブイシックスっていつもこうなのかな。こういうこと、追々と知っていきたいな。

○MC時の衣装は「Very best」のジャケ写で使われてるペンキが塗ったくられた黒スーツ。
○「ジャケットで使ったジャケットです」とブチかます坂本くん。
○会場の冷ややかな空気を察知すると、即座に「な、寒いだろ」と自分をフォロー。
○このスーツ、本当にペンキが塗ってあるのでニオイがすごいんだって。
○しかも長野くんはペンキで縮んでるから「パツパツ」らしい。
○森田さんに「おしり切れてるよ」と言われ「本当?」と見せてた。
○実はパーマをかけたという井ノ原。
○でも、誰も気づいてくれなくて「4人だけだよ、気づいてくれたの」とブチブチ。
○「森田さん、どうしたんですか? その髪型」と矛先を森田さんに向ける井ノ原。
○もちろん、森田さんは「うるせーよ!」と反論。

 「評判悪いんだよ!!」(私は好きだけどね)
 「わかっただろ?髪型ころころ変えると、いろいろ言われるの」
 「自分とゴウを一緒にするなよ!!」
 「そうだよ」(一触即発)
 「まーまー」
 「お前が割って入るなよ」
 「そうだよ、髪型変えてみろよ」
 「初めて会った12年前と同じなんだよ!!」

○長野くん散々。
○ちなみに井ノ原のパーマを最初に気づいてくれたのは森田さん。
○「愛を感じた」らしい。
○カミ曲「MISS YOU TONIGHT」をなぜか歌った坂本くん。
○当然メンバーに突っ込まれる。

 「そんなにカミセンに入りたいのかよ!!」
 「俺の取るなよ!!」
 「ちゃんとお前の真似したじゃん、こうさー」

○坂本くん、似てるんだけど、開き直ってどうする。
○元日に放送された「SUPER LIVE」。
○衣装は、坂本=黄緑、長野=紫、井ノ原=水色、森田=赤、三宅=オレンジ、岡田=黄色。
○「あれ、座ると熱いんだよね」と暴露する井ノ原。
○坂本くんの黄緑が納得いかなかった長野くん。

 「オバさんみたい」
 「最近つっかかるよね」

○井ノ原と岡田が「準備が…」と言って退場。
○4人でトークを続けることに。
○2年越しの「仲蔵狂乱」がやっと放送されました。

 「見た人ーーーっっっ」

○ぽつぽつとしか手が上がらない会場(笑)
○メンバーに聞いてみる坂本くん。

 「井ノ原のドラマ見て、あ、坂本くんの2日前だったって思い出した」
 「何だよー。まっ、お前らは見てくれたよな」
 「見てないっ!!」(見事なまでにきっぱり)
 「あのちょんまげのヤツでしょ」

○どうやら誰もまともに見てない模様。


かくし芸大会
ここで「癒されたいかーい」というおなじみのフレーズが。
「癒されたいのかーい」で登場するはもちろんジャンボリー&ペンション兄弟。

 「井ノ原と岡田だろ?」
 「違うよっ」
 「う、うん」

このあと4人は引っ込み、癒し兄弟の独壇場に。まずはこれからの「癒し系の歌」をみんなで合唱。
そして「今日はお正月。俺たちの親戚が来てくれました!!」ということで、
坂本=ひげジョリー兄ちゃん、長野=もち肌兄ちゃん、森田=ほくろ兄ちゃん、
三宅=イゴール・ケンチャンチン兄ちゃん(格闘家の名前をヒネってるらしい。会場?状態)が登場。
オーバーオールは必須アイテムなんだね。
6人で楽器(井ノ原&岡田がギター、健がシンバル。あと覚えてないわ)を持ち、
「癒し系のディナーはどう?」とかっていう新曲を披露したあと、
井ノ原の「これからかくし芸大会をやりまーす」が合図とばかりにジュニアが出てくる。
か、かくし芸?


かくし芸・ジュニア紹介
司会はジャンボリーかと思ったら、何と井ノ原一族の風間くん。
坂本くんに「井ノ原、お前、井ノ原だろ」と言われ今日もオロオロ。
そんな風間くんをフォローするはもちろん井ノ原。
「お前の道は俺が切り開いてるんだからな」はフォローと言うより脅しかも。
6人がハケたあと、キンキのときと同じジュニア紹介。
そのあと、パンサーマスク(井ノ原)&セコンド(長野)、博士(坂本)&助手(岡田)、
伊東家の健ちゃん(三宅)が登場。健ちゃんは裏技・いちごのヘタを上手に取る方法を紹介。


かくし芸・読めた!!
風間くんが「僕の先輩を紹介します!」って言うのを聞いても
「先輩って誰のことだろう?」と全然気づかなかった(笑)。
北ブロックサブステに現れた森田さんを見て「もしかして!!」とテンションが上がる。

 「こ…こ…こえだ…?」

そしてガッツポーズ!! 私もガッツポーズ!! 横アリ大歓声!! 私も大歓声!!

 「読めた…読めたぁ…」

井ノ原に「お前、芸が細かいね」とホメられていた風間くん、右手に目薬を持っていた。偉い。


かくし芸・君に会えた12月/岡田
元日コンサートでも言っていたキンキ剛作詞作曲の岡田ソロ。
ピアノの弾き語りで「あ、剛だな」って一発でわかるような曲。「十二月」に似たような感じかな。


かくし芸・対決!!
無事にを終えた岡田のもとへ走ってきたのは長老・サカモト。

 「20世紀は負けっぱなしだった! 今日こそ決着つけてやる!!」

と岡田にジャグリング対決を申し込む。もちろん、受ける岡田。
まずは坂本くん、ボールを3つ使ったジャグリング。う、上手い。
それを見ていた岡田は玉を用意させ「俺はこれに乗ってやる!!」と言うやいなや、
ひょいっと玉に乗り鮮やかにボールを操る。
ここで負けては20世紀の二の舞な坂本くん、得意の一輪車を用意し、
「リハーサルでやってないんだ。ぶっつけ本番なんだ!!」と悲痛に叫びながらも見事乗りこなす。
最後、転んだけどね。
お互い無事に成功し、和解する2人にしのびよる集団。
いきなり拉致ったのは剛健を従えた悪魔のような長野くん!!


かくし芸・Stranger than paradise/長野
妖しげな長野くんたち御一行は、これまた妖しげなダンスを繰り広げるんだけど、
いったいそれが何なのか全然わからず。
意図がつかめなかった。しかも演出と歌が微妙に合ってないんだよな。
妖しげな長野くんは激かっこよかったんだけどね。

コバルトブルー(English Version)/坂本
「コバルトブルー」だよーーーっっっ。冬には持ってこいの「コバルトブルー」だよーーーっっっ。
しかも英語バージョンだよーーーっっっ。いいね、いいね、いいね!


Happy New Years Train
東ブロック外周、つまり私の真ん前に立ちはだかったのは森田剛。
満面の笑顔で歌う姿にとうとうノックアウツ。
宣言しよう。私は森田剛が好きだーーーっっっ。


寒がりなHeart beat/20th Century


僕の告白/Coming Century


MIRACLE STARTER


MISS YOU TONIGHT/Coming Century


コバルトブルー
またもやの「コバルトブルー」。ところが、出だしを失敗してしまったのねん。
歌えなくなってしまった坂本くん、「えー、今日は本当にありがとうございました」とつなぎにかかり、
しまいには「I LOVE YOU」ときたもんだ。
坂本くんがこういうこと言うとは思わなかったから、単純にびっくりした。


SUPER FLY/三宅
ミニアルバム「SUPER HEROES」の中で1、2を争うくらい好きな曲。
健ちゃんの独特な声にマッチしてるからね。


BEAT YOUR HEART


MASSIVE BOMB
ここのストライクは坂本くんの英語。発音はどうあれ(失礼)かっこいいのさ。
このとき、クレーンに乗ってくれたのは井ノ原。
井ノ原がこんなにかっこいいということを今日ほど実感した日はないわ。
ここでの衣装はもこもこした色違いスーツ。そう、長野くんが「オバさん」と評した例のあれ。
坂本くん、本当に似合ってなかった。そしてオバさんだった。


逃亡者


愛なんだ
しっとりとした曲調から、一転してシングルバージョンに。


Encore/TAKE ME HIGHER
ブイシックスナンバーワンソング。イントロを聴いただけで鳥肌が立った。
そして、この曲に一番ふさわしい男=長野くんがクレーンに。
だまされてもいいわ!! とまで思わせる長野スマイルを間近で見たらおかしくなる。
しかし、私がおかしくなろうがなかろうが、
そんなこたぁ知ったこっちゃないブイシックスはドンドンたたみかけてくる。
クレーンの長野くんに心を奪われているところへ、今度は花道を坂本くんが走ってきたもんだから、さあ大変!!
私の状態を一言で表すとしたら「狂喜乱舞」というところか。


Encore/Belive Your Smile
「これで終わるんだな」とひしひし感じた。
最後の最後に健がクレーンに(ラスト近くでクレーンを使うのもめずらしいよね)。
結局、坂本くん、森田さん、岡田はこっちのクレーンには乗ってくれなかったな。
って言うか、坂本くんってクレーン使ったんだろうか。西側、見てないんでわからないや。
それでも森田さんは花道と外周によくきてくれたんだけど、ほとんど見なかったのは岡田。
最後くらい走ってきてほしかった。


めまぐるしい。
久し振りに多人数のコンサートに行ったんで、追いかけ方を思い出すのに時間がかかったわ。
とにかく、踊る!! 踊る!! 踊る!! につきるね。
加えてバック転はもちろん、台宙を6人揃ってやるんだから本当にすごい。
「かくし芸」でダレたのはいただけなかったけど、
あとは休むヒマなく責めてくる流れはストレス発散に持ってこいだわ。
これからよろしく!! ブイシックス!!!!!!




Recent Entries