rinriのいちばん完全燃焼した日-腑抜け-

2001.12.06


カミコン@ワイドショーチェックのため早起き。期待していたそれぞれのソロ映像はなし(涙)。私に「SMF」を!!(そっち?)気分転換に昨日ろくに見れなかった「エクスプレス」を見る。6時40分台の天気予報のナイスさといったらどうだろう。天気図@海のところをくり抜いて顔を出すときたもんだ。なのに気泡予報士の真壁さんがいっさいふれてくれないから「真壁っ、真壁っ!!天気もいいけど、おいっ!!」とぶつぶつ言ってるのがド真ん中だった。おまけに生出演では、ちびたちに「遊んでくれるからかっこいい」と言われながら「お仕事だから遊んでくれるのー」と言われうひゃうひゃ笑ってたのがね。ええ、ほれ直したわ(ぽっ)。

今回は4日がダブってたんで6日と交換かけてたんだけど、結局だめで会場勝負か被ろうと決めてたの。そしたらみわちゃんの同僚・いとうさんが6日を余らせ、なおかつ4日が欲しがってると言うではないか。見事に需要と供給が合致し、めでたく交換。というわけで、ついにカミコン3連投。

今日でハードだった私のカミコンが終わってしまったわ。腑抜け。淋しいったらない。3日連続で見たら明日も見れるような気がして仕方ないんだな。次の生森田さんは取れたらカウントダウン。「VVV6」の先行外しました(涙)。

Coming Century/Tour '01 Around Asia

2001.12.06 国立代々木競技場第一体育館 スタンド南Eブロック 2階16列

2001.12.06


代々木最終日にして、私の最終日。
申し込み時点での回数と同じなんだけど(仙台外した)3連投になるなんて思いもしなかった。
席は昨日と同じEブロの10列下がってしかも2階。
最後の最後に全体を見渡せる席だったので、それはそれでよかったかもしれない。
ただ左花道がまったく見えなかったので、誰が来てるのかわからなかった。


OVERTURE
うむ。カミングセンチメートルっぷりが身に染みたよ。


Ash to Ash


Kick off!


Born to run


LOOKIN' FOR MY DREAM
昨日は崩れ落ちたカミセンシーソー。
今日は何とか大丈夫だったものの、森田さんは組み方(組体操みたいだ)が悪かったらしく
「かみんぐせんちゅりーです…」と小声。そして「痛い…っ」とかわいらしく言ってた(←出た)。


タイトル不明
昨日の健ちゃん+岡田+坂本くん+長野くん=MCのとき、坂本くんの
「バスケの映像あるじゃん。あれ、ゴウがトラベリングしてるんだよな」が気になって仕方なかった。
本当にトラベリングしてる(私は元バスケ部員)。


WHAT'S COOL?


SUPER FLY
今日のソファー技は代々木ラストでハイになってたのか、婦女子には書けない代物。
2桁の数字ってことで許して。


OVER DRIVE


MISS YOU TONIGHT
右花道からセンターステに向かう途中の健ちゃん、歌詞フッ飛びました。
やばいって顔した健ちゃんがかわいくてかわいくてね。
結局、改善してくれなかったペンライトダンスは、
センターステじゃなくてバクステ使った方がよかったと思うんだけどなー。
森田さんソロがメインステだから、バック→メインの構成は好ましくなったのかな。もったいない。


最後の言い訳(徳永英明)/森田
これで見納めの森田さんソロ。もはやここまでくると何もかもがストライク。


I CAN/岡田
上に同じ。


Wild Style
今回のカミコン収穫曲。こんなにかっこいいとは思わなかった。


SHODO


MC

「100万ドルの夜景を3人で見た」(岡田)
「日記、途中まで真剣に書いた」(森田さん)

な写真集ウラ話や、

「ワンピース全部読み終わりました」(健ちゃん)、
「やっと居場所が見つかった気がします」(森田さん)
「カミセンは? ブイシックスは?」(岡田)

なタリモデビュー話があったMC。昨日とは違い、まったりムード。


MC-1 誕生日おめでとう!!
3日連続でこのネタ。
3日目になってようやく自分から誕生日ネタを振ることがおかしいと気づく岡田。

 「普通(森田さんか健ちゃんが)言ってくれるんちゃうの?」
 「しっかりしてるから、自分から言うと思って」

いや、そういう問題じゃなかろうて。昨日は2kgだったケーキ、今日は10kgになってたわ。

 「いいんだよ、少しくらい大げさになっても!」

全然、少しじゃありません。


MC-2 デコパ誕生

どうしても下の名前で呼んでほしい岡田。わかった、私が呼んでやるよ。

 「もうそろそろな、呼んでもいいと思うんよ」
 「またそれかよ」
 「何でそんなに名前で呼ばれたいの?」

と、つれない剛健。ここで、健ちゃんが突如ひらめいてしまった。

 「デコパでいーじゃん」(森田さん大笑い)
 「何や、それ」
 「デコパ、かわいいじゃん。ねぇ?」
 「かーわーいーいー」
 「ほらー、今日はさ、デコパでいけよ」

嫌がる岡田に対して、さらに追い討ちをかける2人。

 「デコパってキャラクターみたい」
 「岡田がかっこつけててもデコパって呼ばれんの」(オプション:うひゃひゃ)

最後は、「デコパ、今日だけにして」と観念したようすの岡田。一番大人だ。


MC-3 ドラマやります!/岡田
「忠臣蔵1/47」と「木更津キャッツアイ」を告知する岡田。
「忠臣蔵」のとき「本物の鎖帷子着た」って言ってたな。
ちなみに森田さんは「鎖帷子?」って表情だった。一方の「木更津キャッツアイ」。

 「主題歌、僕が歌います!!」
 「えーっ!!」(どよめく代々木)
 「レオタードでやります!!」
 「えー!!」(再びどよめく代々木)
 「嘘です」
 「わかってるよ」

実際はまだ決まってないらしい。


MC-4 ドラマやります! その2/森田
2月19日から始まる森田さんの「君を見上げて」告知。

 「僕鍵屋なんですよ。あ、金庫屋だ」
 「どんな話?」
 「金庫屋さんが女と…あーもーいいや。調子わりー」

一度たりともまともな告知を聞かずに終わったな。
ここでのストライクは「女と…」っていう言い方。何かこうぐっときた(末期)。

 「(健ちゃんに向かって)見てください」
 「2月19日、森田さんの誕生日の前の日だね」

に会場沸騰。どうしてそんな状態になったのか不思議そうな健ちゃんが印象的だった。


GET SET…GO!/ミミセン


燃えろ!紅ショウガ/ミミセン
歌い終わったあと、

 「自分のところ三宅!!って言ってた」
 「大丈夫。俺も森田!!って言ったことあるから」

と暴露。


ナニガナンデモ/ミミセン
気がつくと健ちゃんがいない。あれ? どこに行ったの?
動揺したのか森田さんが「マブイ娘」だの「トッポイ娘」だのと死語を連発。
そんな昔の言い方、よく知ってんね。
数分後、「ごめんごめん」と入ってきた健ちゃん。ベースの弦が切れたんだそうだ。

 「お前の弦待ちだったんだよ!!」
 「あ、そうなの?ごめーん」(カワイコぶりっこ←これも死語)

開き直ったな、三宅健。



僕の告白(パンクバージョン)/ミミセン・Encore
恒例の「カミセンさんのバックとして…」挨拶に会場ブーイング。
それを収めたのが森田さんの「今度はタップダンサーとして頑張ります」だった。
森田剛の思考回路はほんと想像がつかないよ。
今日の健ちゃん@一言は「ハチ公口で待ってる」。


SPEEDER'S HIGH


silver bells


SEXY MOTHER FUCKER/三宅
こちらも見納めな健ちゃんソロ。多分、もうこのツアー以上の「S.M.F」は見れないだろうな。
今だからこそできたって感じがする。この年齢の、っていうか。
今の健ちゃんにしかできないものを見ることができて本当によかった。


タイトル不明


TOP CHECKER
代々木3日間の映像は、すべて代々木に向かう井ノ原だった。
サラリーマン風バージョン、見たかったな。
3回とも全部井ノ原を見てたんで、最後はカミを見てる。こんなに踊ってたのか。


I'm Happy Man


Yo!You!!


小枝


KISS YOU,KISS ME


HAPPY TOGETHER!


終わらない歌を歌おう(BLUE HEARTS)
ここから、花道飛び降りスタート。
C4ブロに飛び降りた森田さんにさわりたいお嬢さん方が前に詰め寄ったせいで鉄柵ごと2、3人倒れた。
その中のひとりの腕をひょいとつかんで立ち上がらせた森田さんは確かにかっこよかったんだけど、
それより何より「危ない!」って気持ちの方が大きかった。
ケガ人が出れば「楽しけりゃそれでいい」では済まされないよ。
今回のカミコン、カミもファンもノリはすごかったけど、安全面においてはって感じ。


リンダリンダ(BLUE HEARTS)


WISHES -I'll be there-(20th Century)


大丈夫


1st.Encore/EXIT


1st.Encore/Theme of Coming Century


2nd.Encore/スキさ すっきゃねん
ラストはこれで決まり、の健ちゃん@投げキス&色紙飛ばし。


もっと見たい。
1ツアー4公演は初めてだったんで、さすがに「お腹いっぱい」になるかと思ったら、もっと見たくなった。
今日は席が遠かったので、本人たちの細かな部分とかが見えなかったかわりに、
どんな風にカミが動いてるのかがよーくわかったよ。

Coming Century/Tour '01 Around Asia

2001.12.05 国立代々木競技場第一体育館 スタンド南Eブロック 1階7列

2001.12.05


トニ&ミニカレー来場で、大盛り上がりとなった代々木2日目。
席はVIP席の真ん前だったので、実質スタンド1列目に変わりなし。
クレーンもちょうど目の前だし、ファンと変わりなしのトニ、テレくさそうなカミが見れて、
今年のコンサートの中で一番良席だったと言っても過言ではないかもしんまい。


OVERTURE
席に着いて5分もしないうちに始まったので、気持ちが追いついていかず。


Ash to Ash


Kick off!


Born to run


LOOKIN' FOR MY DREAM
ついにカミセンシーソー倒れる。森田さんは「うひゃひゃひゃ」と笑ってた。かわいいな、もう。


タイトル不明


WHAT'S COOL?


SUPER FLY


OVER DRIVE


MISS YOU TONIGHT
やっぱり同化するペンライトダンス。


最後の言い訳(徳永英明)/森田
昨日、見落とした"電気スタンドをかちっとつける"を見るために、
ペンライトダンス@センターステ後半を見ずに真っ暗闇夜のメインステに焦点を合わせる。
そのかいあって今日はちゃんと見れたわ。点けて消すまでが森田さんソロです。
やっぱり、いいなぁ。アップ@スクリーンなんて、そりゃあもうもう(略)。


I CAN/岡田
今日もレッツ ダンシング。「最初の一歩ー♪」のところ大好き。


Wild Style


SHODO


MC
兄ちゃんずの登場に盛り上がる代々木。


MC-1 21歳になりました!!
まずは、これから。本当に嬉しかったんだね、岡田。
「ケーキにね、"ジュンイチ誕生日おめでとう"って書いてあったんよ」って文言変わってたけどね。

 「そう用意したんですよ。2キロの」
(どう反応したらいいのか迷う)
 「あれっ?今日のお客さんも微妙だね」

確かに微妙だったわ。
それを打ち破ろうとした健ちゃん、「豊富を言え」と岡田にけしかけるも、
「岡田、それって豊富じゃないよ」みたいな返事しか返ってこなかった。


MC-2 あの人
「写真集出ます、日記も書いてます」の告知後、もはやネタがなくなったのか、

 「今日、あの人が来てるんですよね」
 「あ、あの人ね」

と早くも口にする。あ、あの人? 一気に沸騰する会場。
カミから「ラーメンが好きな人」「おしりがプリプリしてる人」など次々にヒントが飛び出し、
そのたびに沸騰する会場。
なのに、

 「まだ準備ができてないみたいですね」

ということでMC続行。


MC-3 長野くん登場!
森田さんが「ちょっとようすを見てきます」とわざとらしくハケてしまい、健ちゃんと岡田でトーク。
ドラマの告知をしたんだけど、2人も会場もいまいち身が入らない。

 「変な感じだね」

なんて言う始末。そこへ「見ーつめるキャッツアイー」と歌いながら、長野くん登場!!
大歓声に包まれる会場!! 堂々とご入場の長野くん、大歓声にご満悦。
「どうもありがとう!!」と、まるで自分のコンサートのよう振る舞う。

 「違うだろ!!」
 「え? 長野博 feat. Coming Century じゃないの?」
 「違うって!」

夏コン@代々木で「カミセンのバックを務めたい」って言ってたの、長野くんだよね。


MC-4 広報部長長野くん
サイクルセンターナガノを宣伝する長野くん。

 「本当上手いよね、自分んちの宣伝」
 「そんなタバコも売ってるなんて言ってないよ。写真の現像も始めたなんて言ってないよ」
 「言ってるよ!!」
 「そのうちラーメンとかやりそうやな」
 「そこまではしないよ」(ニッコリ)

いや、長野くんならやりそうだ。「"くいしん坊"ねらってるなんて言えねー」なんだからさ。

MC-5 デビューおめでとう!
ここで、どうして長野くんが出てきたかの趣旨説明。決して遊びに来たわけではありません。
朝から電波ジャックをやってるタリモ&ミニカレー、その締めくくりがここ代々木第一体育館。
ミニカレーはこのことを知らずにここに来ているので
(ヘッドフォン+アイマスクで歩いてる姿は「電波少年」のようであった)
みんなでおちびちゃんたちを驚かせようというのが長野くん登場の理由。
ここで、長野くんが仕切りのよさ、企画を盛り上げる、会場をまとめる、の手腕を発揮。
「僕がせーの! と言ったら、デビューおめでとう!!って叫んでください」
ということで、まずは練習。しかーし、なかなか大声が出ない会場(そりゃそうだ)。
「岡田くんが"もっと!"を10回言ったあとくらいの声でお願いします」と言われてもやっぱりいまいちな会場。
そこで長野くん、マイクをスッと下げて「デビューおめでとう!!!」と生叫び!!
「僕ひとりでもこれくらい出ます!」の姿に会場の温度が一気に上がる。男前だわ、本当に。
練習も一段落し、タリモに変身した森田さんと中継をつなぐ。
森田さんの「ほら、行くよー」と引率する姿は保護者そのもの。いいなぁ、おちびちゃんたち。


MC-6 ミニカレー登場!
メインステ上段の幕の後ろにタリモ&ミニカレーがスタンバイ。
ようやくヘッドフォンを外してもらったおちびちゃんたち、
「うるさーい」「ここどこー?」と口々にしゃべりだす。
ここから電波ジャックメインイベントがスタート。幕が上がると、

 「せーの!!」
 「デビューおめでとう!!」

と、約束どおり進行。
1万人を目の前にしてびっくりしてるおちびちゃんたちに、
森田さんが「下に行こう」と言っても、結構な高さなためにみんな固まって動けない。
それでも6歳たち(あゆ、朋、姉、aiko)は何とか降りたんだけど、パフィー妹が立ち往生。
すぐに気づいた長野くんが「かりん、降りれないね」とすばやく階段を駆け上がり、
ひょいと抱き上げて降りてきた。
ちょっとパパが入った長野くん、すっげーかっこよかった。
最初は…だったおちびちゃんたち、実際にこうやって見るとかわいいなと思ってしまった。
すごく一生懸命だったしね<子供なりに。
なんて言ってるけど、横で見よう見まねで踊る長野くん、健ちゃん、岡田が貴重すぎてそっち見てたりして。
最後、バーンと花火が上がって終わり。
仕掛けを聞かされてなかったちびたちはびっくりしてまたもや固まった。
とくに泣きそうなかりんちゃんに「大丈夫?怖かった?」と今度は健ちゃんが手を握り、
かりん目線で話しかける。
お兄ちゃんちっくでよし。いいな、かりんちゃんな。
岡田は朋ちゃんがお気に入りなのか「自己紹介して」と頼み、
「トモちゃんです☆」とやってもらって嬉しそうだったわ。


MC-7 坂本くん登場!
森田さんとミニカレーが去ったあと、3人でトーク。
ミニカレーが4歳と6歳という話から、長野くんの
「坂本くんが24歳で生んでれば(生めないがな)こんな子がいるんだよ」が前フリになって、
帽子+サングラスの坂本くんが入ってくる。
ギャーの歓声に「それをVコンで頼む」と嬉しそう。
そんな坂本くんを奈落の底(大袈裟)に落とし込もうとする3人。
とくに健ちゃんは「ミソッチだもんね」と容赦なし。

 「帽子の上にサングラスって何?」(だったと思う)
 「長瀬の真似」
 「え?」
 「長瀬見てたら、かっこいいなって思ってさ」

長瀬はかっこよかったかもしれないけど、坂本くんはどうだろう。うーむ。


MC-8 こっちを見ない
どうやら最初から見ていたらしいトニ。全然気づかなかったよ。

 「楽屋で会ったときはさ、話したりしたのにコンサートではちらっと見るだけだもんな」
 「だって恥ずかしいやんか」

このあと、すさまじいまでにカミに「こっち見ろ攻撃」を開始することになるとは(笑)。
そろそろMCも終わりに近づいてるのに、一向に井ノ原が来る気配がない。
そんな会場の空気に気づいたかのように、
長野くんが「井ノ原は来てないんですよ。入る前に止められてましたね」と説明。
長野くん、ちゃんと見てるんだな<井ノ原@TOP CHECKER。


MC-9 ミミセンコール
MCだけじゃモノ足りず、ミミセンにも出たがる長野くん。

 「岡田くんとツインドラマでね」
 「ドラム!!」
 「お前、事務所にさりげなくアピールしたな」

坂本くん、さりげなくアピールフォロー。
そしてミミセン登場のお約束・岡田の「伝説のバンドが来ています!」でミミセンコール開始。
なんだけど、肝心の健ちゃんと岡田が何も言わないから、バラバラと「ミミセン、ミミセン」と言い出す会場。
見かねた坂本くん、「お前が仕切れよ!」と健ちゃんの頭を小突く。

 「だって勝手に始めるんだもん。健ちゃん、プイプイッだよっ」
 「誰がプリプリだって?!」
 「プイプイッ!」

健ちゃん、かわいい。


GET SET…GO!/ミミセン


燃えろ!紅ショウガ/ミミセン


ナニガナンデモ/ミミセン


僕の告白(パンクバージョン)/ミミセン・Encore
岡田、やってしまいました。

 「"僕の告白"をカミセンバージョンで」
 「ミミセンだろ!」
 「ミミセンだろ!」

やってもーたな顔をした岡田がかわいく、そんな岡田に突っ込む森田さん健ちゃんもかわいかった。
結局、カミは何をやってもかわいいってこった。
今日の健ちゃん@一言は「代々木八幡で待ってるよ」。


SPEEDER'S HIGH


silver bells


SEXY MOTHER FUCKER/三宅
今日もセクシー。だけど、最後までは見なかった。
なぜなら南スタンド側クレーンに森田さんがスタンバってるから。


タイトル不明
健ちゃんソロが終わると同時に、黒い布を取り去って南側=森田さん、北側=岡田が登場。
近すぎるーーーっっっ。頭上を森田さんが通過するーーーっっっ。
光ちゃんと森田さんが頭上を通過した今日を私は永遠に忘れないわ。


TOP CHECKER
映像は昨日と同じ、井ノ原 in 代々木。
昨日と違うのは、
捕まった井ノ原が映像と同じ格好(グレーのダウンジャケット+帽子+ラジカセ)でVIP席に登場!!

 「何で俺だけMCねーんだよ、バカヤロー!!」
 「それ(ラジカセ)自前?」
 「自前だよ、コノヤロー!!」

井ノ原、キレまくり。横で、坂本くんと長野くんは大笑いしてた。

 「俺、休みだったんだよ!!ノーギャラだよ!!」
 「当たり前じゃん」

こちらも大笑いなカミ。


I'm Happy Man


Yo!You!!


小枝


KISS YOU,KISS ME


HAPPY TOGETHER!


終わらない歌を歌おう(BLUE HEARTS)
カミが走ってくるたび、「こっちを見ろ!」「手を振れ!」と体でアピールするトニ+サムさん。
森田さんは嬉しそうにぴょんこぴょんこと飛び跳ね、健ちゃんはそのまま素通り(後半やっと見る)、
岡田はテレくさそうに手を振ってた。


リンダリンダ(BLUE HEARTS)
またもやアリーナに飛び降りる森田さん。


WISHES -I'll be there-(20th Century)


大丈夫


Encore/EXIT
初めて、ボール(@岡田)が近くに飛んできた。


Encore/Theme of Coming Century


トニ、ありがとう!
誰よりもカミファンな行動のおかげで、カミのめったに見れない表情を間近で見ることができた。
3人ともその表情がすごくよくて満足っす。
トニ+サムさん+アムロちゃんはアンコールまで全部見てた。
帰り際、「坂本くーん」「長野くーん」と叫んでみたんだけど、残念ながらこっちを見てくれず。
ちなみに長野くんはアリーナ席に向かって手を振ってた(さすが長野くん)。
そのあと、井ノ原が立ち上がって帰ろうとしたので「快彦ーっ」と叫んだら反応してくれた。
何で長野くんは「長野くーん」だったのに、井ノ原は「快彦ーっ」だったんだろう<私たち。
企画モノが入ると、どうしてもコンサートの流れがブチ切れちゃうからあまり好きじゃないんだけど、
今回は上手くつながってたし、何よりおもしろかった。
代々木3日間で一番楽しかったな。

rinriのいちばん堪能した日-煽りまくる兄ちゃんたち-

2001.12.05


朝から森田さん=GOタリモは電波ジャック。もちろんそれにおつきあいしてリアルタイムで見る…わけがなく「エクスプレス」の途中からやっと見る。ただ起き抜けだったんで何を言ってたのか全然わからなかった(笑)。「はなまるカフェ」は「お風呂に3時間」の辻褄を合わせようと、がたがたになる姿がかわいかったなー。

さて。光ちゃん@舞台、森田さん@コンサートと本人たちが一番好きなことで見れる今日、普段より10倍高いストッキングを張り切って履いた。なのにたった10分で伝線させるってどういうことなんだろうか(涙)。時間は迫ってるし、このままカミコンまでこなすかと思ったんだけど、それではあまりにも帝劇と代々木と光ちゃんとカミに失礼なんで、近くにコンビニに飛び込んで国際フォーラムで七転八倒しながら替えたよ。疲れた(笑)。

今日の「SHOCK」チケはeプラスで取ったので記念品はなし。グレーに「SHOCK」の文字が踊ってるんだってね。ファンクラブ分は1月なんで、そのときまでのお楽しみ。今回も光ちゃんぐぃーんと飛んでいた。前から8列目だったんで頭上を通過したわ。ぎゃー、かっこいいーーーっっっ。でも、今年も内容わからねーーーっっっ。

帝劇を出たのが17時25分。カミコンまで約1時間と微妙な時間な中、お腹に何か詰め込まないとやばいだろうってことで、有楽町ガード下のクイズノスでさくっと食べて代々木に。開演5分前ってグッズ売り場がらがらだね。速攻でうちわ買えたよ。

席は先に入ってたえみさんにメールをもらってたからVIP席の前だってことはわかってたんだけど、まさか目の前だとは思わなかったんで着いてびっくり。コンサート途中、えみさんに「(VIP席左前に)アムロとサムさんがいるっ」と言われ「あ、ほんとだ、ほんとだ」とじっくり見たのに、その隣に坂本くんと長野くんがいたってこと、MCになるまでわからなかったのにはもっとびっくり(笑)。MCとミニカレーが終わってから後々登場する井ノ原も加わって、目の前に走ってくるカミに向かって「手を振れっ、こっちを見ろっ」と体でアピールする男4人(アムロはそんな4人にとまどっていた)。素通りした岡田に立ち上がって怒った坂本くんに大笑いしたよ。森田さんは元気にぴょんこぴょんことジャンプ。健は最初は見もせず、後半やっと見てたって感じ。岡田はテレくさそうに手を振ってた。やー、本気でいい席だったわ。

終演後は、長野くんを見れて放心状態のえみさんとそれはそれはあつーく語ったわ。コンサート終わりにジャニ談義しないと物足りないっていうか、それを含めてコンサートなんだよね、もう。

rinriのいちばん実感のわかない日-恋の400mカレーの裏はカレー-

2001.12.04


先週末の秋田疲れが抜け切らず(年くったな)、ついでに昨日のもプラスされたもんだから、そっちが先に立って「今日はカミコン!!明日もカミコン!!SHOCKも見るの!!」という気に全然なれなかった。だから緊張することもなく、いつもの習性で7時30分に起床。「何もなさそう」だったんでまた寝た。Jフレ@PV流れたんだってね。がーん。「なさそう」じゃねーよ「なさそう」じゃ。しかし、カミ様は見放しはしなかったわ。たまたまつけた「ワイド!スクランブル」で流れた。よかった。途中でもいい。録れなくてもいい。見れさえすればいいのさ。で、そのPV。また帽子被ってたよ、あの兄ちゃん。そんなに今の髪型が嫌いなんだろうか。ドラマのせいで切れないんだろうけどさ。ニヤッと笑った姿に「あとで会おうね」と言ってしまい、自分でもあきれた(笑)。

というわけで、東京にGo!!

その前に。帽子と言えば、恐れていたことが現実となったわ。テレショ初登場があの帽子(いや、カレー王国の王冠なんだっけ)を被ってるなんて。ふ。いいさ。ついて行くさ。それが宿命なのさ。タモさんがカレー好きでよかったんだか悪かったんだか、カレーで大盛り上がり大会。カレーがだめな身としては、非常に複雑。そうか、




ランプッ ライスッ ランプッ ライスッ




なのか。かわいい(←結局ここだ)。

気になるお友達は、期待を込めて立てた予想、

◎プロデューさん
○木村佳乃
△長野くん
×岡田

が見事に外れ、万場券のドリカム。どんなつながりなんだろう。「好きです!」とは言ってたけど。

「いいとも」終了後、満を持して代々木に。「恋の400mカレー」を買い「暮れの元気なご挨拶」ってことで友達プレゼンツした。たーんと聞いてちょうだい。うひょ。えみさんからはクリスマスプレゼントとして「アトランティス」の前売り券をもらっちゃった。愛ってすばらしい。愛って感動。

Coming Century/Tour '01 Around Asia

2001.12.04 国立代々木競技場第一体育館 スタンド南Bブロック 1階3列

2001.12.04


6日からがつんと振り返られたのはこの私。振り替えられてばっかりだよ。とほほ。
ステージの形は夏とほぼ同じ。
上下に分かれたメインステージ、中央にハケ口、右側に移動式のスクリーン、らせん階段は秋田と同じ。
席はメインステから2番目に遠いBブロック。前から3列目だったことだけが救いかな。


OVERTURE
さすが、規模が1万人クラス。レーザー光線が飛び交い、歓声も大きい。


Ash to Ash
メインステ上段にカミ登場!!
薄い幕は代々木もあったけど、秋田ほどもどかしさはなかった。
衣装は赤のダウン上下+サングラス。
森田さんだけ黒の帽子。そしてなぜかその下にバンダナ。頭に乗っけるのはひとつにしとけ。


Kick off!
左右花道(右=森田、左=三宅・岡田)を走りながらセンターステに移動。
カミコンで、初めてステージを走る姿を見たわ。そこで夏コンと同じダンスを。
秋田では埋もれて見えなかったけど、今日はばっちり。
ラスト付近でバクステに移動し、そこからサッカーボールをキック!!(もはやお約束)


Born to run
イヤモニをつけてなかったらしく、森田さんと健ちゃんがおそろしくズレていた。
岡田で何とか軌道修正したって感じかな。
南スタンドBブロ正面にきたのは健ちゃん。やっぱり健ちゃんちゃんはかわいい。
そのすぐあとに岡田が。かっこいい(ただいま空前の岡田ブーム到来中)。


LOOKIN' FOR MY DREAM
森田さんは北側のみでメインステに走り去ってしまった。私、この代々木3日間南しか持ってないんだけど(笑)。
岡田を軸に健ちゃんが肩乗り、森田さんがブランコ乗りをするカミセンシーソー(勝手に命名)、
今日は普通に終わる。


タイトル不明
スクリーンに映し出される森田さんのアップから映像スタート。
オレンジのパーカー+半パンに身を包んだ森田さんがドリブルしたり、
ボールを右人差し指でくるくると回したりしたあと、
ボールを右横に投げるとスクリーン右端からボールが飛び出し、
ステージに現れた岡田がキャッチしてバスケダンスを続ける。


WHAT'S COOL?
ダンスソロはここで当たり。
頑なに帽子を被る男・森田剛。脱げたんだから、被りなおさなくてもいいじゃん。
ここから「MISS YOU TONIGHT」までの流れ、すごく好きだな。


SUPER FLY
歌ってる健ちゃんの後ろで、ソファーに座りながら何かしらやってる森田さんと岡田。
今日は「ソファーに後ろ向きに座ってる森田さんのおしりを、ぺしっとたたく岡田」でした。


OVER DRIVE
腰が入った岡田は代々木でも健在。


MISS YOU TONIGHT
森田さんがソロのためハケたあと、健ちゃん+岡田+ダンサーさんで繰り広げるペンライトダンス
(照明を消して、スティック状のペンライトを持ってダンスする)。
秋田はメインステだったので綺麗だったんだけど、代々木ではセンターステでだったので、
ファンのペンライトと同化しちゃってイマイチだった。もったいなひ。


最後の言い訳(徳永英明)/森田
きました。崩壊の森田さんソロ。遠い(涙)。電気スタンドをかちっとつけるを見落としたもんね。
しかし、姿はちっこくても声はちゃんと聞こえてくる(当たり前)。
立ってるだけで精一杯だった「一番遠くにいくよー」に続く胸がどきどきポイントは、
「わかりあぁえないー」の「ぁ」。
そのうち泣き出すんじゃないかと思うくらい、感極まってしまった。


I CAN/岡田
なのに、岡田に持ってかれてる(笑)。皮の指なし手袋(白)してたんだね。初めて気づいたよ。


Wild Style
バクステに森田さん健ちゃん登場!! そして、やっと森田さんが南スタンドに!!


SHODO


MC
微妙な空気のMC。とまどうカミ、とまどう会場。


MC-1 帰ってきました
 「帰ってきましたね、代々木に」
 「帰ってきましたねー」
 「夏のV6のコンサート以来ですね」


MC-2 誕生日おめでとう!
嬉しそうに切り出したのは岡田。

 「えー、21歳になりました!!」
 「おめでとー!!」
 「あのですね、香港でこの2人がケーキを用意してくれたんですよ。
   そのケーキにね、"ジュンちゃん誕生日おめでとう"って書いてあったんですよ」

岡田、すごく嬉しそう。

 「そろそろね、呼んでくれてもいいと思うんですよ」
 「何が」
 「准って」
 「今更やだよ」
 「俺ね、ずっと下の名前で呼ばれてたんよ。上で呼ばれたことないの」
 「それならお客さんに呼んでもらえばいいじゃん。せーの」
 「ジュンちゃーん」
 「准一なんて稲川ジュンイチじゃあるまいし」
 「稲川淳二だろ?」
 「!」

マジボケだったらしい(笑)。

 「俺がフォローしないとね。桜新町に焼肉屋があってすごくおいしいんだよ」
 「そんなこと、ここで聞いてもしょうがないんですけど」

確かにフォローになってないけど、誰あろう森田さんをフォローしてあげてるのに。


MC-3 ドラマやります!/岡田
次は告知。岡田、忙しいわね。

 「えー、ドラマやります! 12月28日に"忠臣蔵1/48"が放送されます」
 「ひとり増えてるよ」
 「(あわてて)1/47です。木村くん主演で」
 「デコは隠れんの?」
 「床山さんも大変だね」
 「カツラつけるとき、これですかーって言われた」

と、岡田苦笑い。

 「前髪あるやつとないやつがあって、ないのはハゲててちょこんとちょんまげが乗ってる」

そうなので、元服前と元服後があるんだね。楽しみ、楽しみ。


MC-4 ドラマやります! その2/岡田
またしても岡田(岡田レポのようだ)。

 「もうひとつドラマやります。
   来年1月19日から"木更津キャッツアイ"と言いまして嵐の桜井翔くんとやります」
 「おおっ」(みたいな反応)
 「僕の役は死ぬんです。あ、言っちゃった」
 「え? 死ぬの?」
 「最後までいるけど、末期ガンを宣告されるの」
 「お前、最終回しゃべったってこと?」
 「あのー、あのー、忘れてください」

しまったって顔してる岡田がめちゃくちゃかわいかった。
その横で我関せずといった表情の森田さんに「全然興味ないやろ」と振ると、「うん」ときっぱり(すてきー)。


MC-5 GOタリモ、デビュー!
いよいよ、デビューとなったGOタリモ&ミニカレー。
森田さんが「明日デビューですよ」と言うも、反応が薄ーい会場に「シカトかよ」とすねる森田さん。
とてもかわいいてよろしい。
見かねた健ちゃんが「今日のお客さん、ちょっと違うね。時差があるね」とフォロー(フォローか? )。

 「もっとキラキラした目で見てほしいんだよね」
 「ギラギラね」

確かにちょっと違う空気だった。一般発売チケットだったからかな?
気を取り直して「明日デビューしますんで、よろしくお願いします」と挨拶。


MC-6 「いいとも!」出ました
生ならではの「いいとも!」話。

 「俺見たよ」
 「俺見てない。何話したの?」
 「カレーの話」
 「俺、電話したんだよね。そしたら留守電になってさ。
   おっかしーなーってもう1回かけたら留守電になったんだよ」
 「赤い電話のボタンすぐに押したもん。ヤな予感がして」
 「何だよ、それ」
 「タモさんのサングラス外せとか言うかと思ってさ」

カレー王国の冠が重くてそれどころじゃなかっただろうけど、何かしらやってほしかったかも。


MC-7 お前のオーラ
ミミセンの準備のためにハケようとする岡田に、

 「お前、自分の宣伝するだけでハケるのかよ」
 「そんなキッパリと終わらせねーで、何かここにお前がいたオーラを残してけ」

と絡むモリケンズ。
あまりにも唐突だったらしく、
素でオロオロする岡田に森田さんが「悪かった、アドリブやってごめんなさい」と謝り、
岡田もホッとしたようすでハケていった。


MC-8 ドラマやります! その3/森田
会場を無視してトークする2人。

 「ドラマやります。2月19日から"君を見上げて"が放送されますんで、みなさん見てください」

みなさん、と言ってるくせに、しっかりと健ちゃんに向かって言ってた。不思議な男だ、森田剛。

 「ゴウはどっちなの?」
 「え?」
 「見上げる人なの?」
 「何が」
 「君なの? 見上げる人なの?」
 「君じゃないです」
 「それじゃ、しろっ、見上げる人なんだ」
 「何言ってるんでしょうね、この人やだ」

健ちゃん、君(黄身)にかけて「白身」って言おうとしたね。


GET SET…GO!/ミミセン


燃えろ!紅ショウガ/ミミセン
スクリーンに「もっと盛り上がってください!」の文字が。ミミセンテロップ部隊はカミコンでも活躍。


ナニガナンデモ/ミミセン


僕の告白(パンクバージョン)/ミミセン・Encore
ハケる寸前に

 「代々木公園で待ってるよ」

と一言(代々木3日間、全部変えてきた)。


SPEEDER'S HIGH
着替えまでのつなぎ映像は、一言で言えば「バイオハザード」。
ステージが広かったせいか、岡田のスパイダーマンっぷりがUP。


silver bells
首をかたむけてろうそくの火をフッと消したところが本日一番の燃えポインツでした。


SEXY MOTHER FUCKER/三宅
およそジャニコンで聞いたことのない歓声が。いやー、本当に色っぽい、艶っぽい、なまめかしい。
とにかくそれ系の単語が全部当てはまるよ。それくらいすごい。


タイトル不明
森田(黄色のジャンプスーツ)=南側クレーン、岡田(赤)=北側のクレーン。
やっと森田さんだよ、森田さんだよ、森田さんだよーだ。
健ちゃん(オレンジ)は北側の花道近くから登場し、センターステ近くでよじのぼる。


TOP CHECKER
秋田では、白のバスローブ+サングラスで熱唱してた井ノ原@VTR。
そのまま使うのかと思いきや、新たに撮ってきてた。
原宿の駅をズームアップすると、ラジカセ片手に「Say Yo!!」と熱唱する井ノ原が。
通勤途中のサラリーマンたちに歌いかけ、たどり着くのはもちろん代々木第一体育館。
だだっ広い敷地内で熱唱したあと「待ってろよ、カミセン!!」と中に入ろうとすると、
黒スーツのSPにとっ捕まって、引きずられるように追い出されてた。
秋田に続いて、まったくカミを見れなかった。井ノ原、最高。


I'm Happy Man


Yo!You!!
「セクシータイム」なフラフープはここだった。
そうだよな、本編ラストにイベントなんてやらないよね。
岡田が投げたフラフープを見事に潜り抜ける健ちゃんに対して、潜らせてもらえない森田さん。
フラフープを持った岡田を追いかけてらせん階段を上り、メインステ上段に。


小枝
森田さんの「おい、待てよー」のセリフつき。


KISS YOU,KISS ME
メインステ右→左でダンス。この振り、好きだ。


HAPPY TOGETHER!


終わらない歌を歌おう(BLUE HEARTS)
ダイブこそなかったけど、花道からアリーナB下に飛び降りた森田さん、ファンの子に抱きつく。
腰抜かしそうにしてたなー。いーなー。


リンダリンダ(BLUE HEARTS)


WISHES -I'll be there-(20th Century)
ガッとなってる会場を一瞬で静めるね、これ。


大丈夫


Encore/EXIT
走り回るカミ、飛ぶボール、回る色紙。どれもこれも縁なし(涙)。


Encore/Theme of Coming Century
やっと岡田が来た。健ちゃんも来た方だと思う。本当に森田さんは来なかった。


微妙。
ホールクラスからいきなりアリーナクラスになったことで、
カミとファンが最後までとまどってたって感じがした。
健ちゃんの「今日のお客さん、ちょっと違うね」がすべてを現してたと思う。
南側、本当に森田さんは来なかったな。いっそ、すがすがしいくらいに。
ま、しょうがないわね。そんな日もあるわ。




Recent Entries