musicmind(2005.11.02発売)

2005.10.31


JAM JAM NIGHT
第一印象=スマ@007あたりっぽい。10周年記念アルバムなんで華やかにたたみかけてくるのかと思ったら、結構マイナー系だったんでびっくりした。ああ、裏切られたーと思ったよ。そしてそのいい意味での裏切りは何と最後まで続いた。


サンダーバード-your voice-
父さん!!


恋と弾丸/MASAYUKI SAKAMOTO & KEN MIYAKE
正直に書けば、大人のエロと少年のエロ炸裂ですよ。歌詞がもろに夜系。坂本くん、似合いすぎだよ。ウサギ狩りって。ウサギって淋しいと死んじゃうのよ!! この曲の聞きどころは健の「だんだんに」。私はですね、稲妻が落ちたような錯覚に陥りましたでございますよ。赤い稲妻でも青いイナズマでもない、ピンクの稲妻がね!! イントロは「スパイ大作戦」って感じ。「007」でもいいよ。「メトロで逃げましょうか」を聞いて「ということは地下の酒場のカルメンだな」と速攻で思ってしまう自分がちょっと悲しかった(笑)。


ありがとうのうた
イントロを聞くと「井ノ原がこの歌いいねって言ったから」という長野くんのナレーション@V6 NEXT GENERATIONが頭の中をかけめぐる。最近、そのコーナーでしか聞いてなかったんで、ちょっと新鮮だった。


ずっと僕らは/GO MORITA & JUNICHI OKADA
こう来たか。カミとはまた違った弾け方をするんだと思ったら、もうしっとりとりとり。切なさ無限大。森田さんはこういう曲調が抜群に合うと思う。歌詞もほんとに日常で、しみじみと染みわたったわ。最後の、マイクから遠ざかっての「over end」が好き。


BLAZING AGE/20th Century
今回の収穫曲どころか、今世紀最大のと言ってもいいくらい。イントロはトニっぽい。そこから先がトニっぽくない。いや、ジャニっぽくない。少なくとも私はこういう曲調(=ハードロックと言ってもいいんだろうか)を歌うジャニに遭遇したことがないわ。これをトニがやるとはねー。いや、恐れ入った。とにかく長野くんにどんぴしゃり。長野くんってこういう系統合うんだね。発見発見。井ノ原でがつっとつかんで、長野くんでたたみかける。じゃあ坂本くんはと言うと、わざと声を掠らせてる感じなんだけど、それがどうも遅れがちに聞こえちゃうんだよね。「坂本くん!! 間に合わないよ!! 早く! 早く!!」って言いたくなるの。私がトニなら(笑)、この曲をオープニングに持ってくるトニコンするね。


Rudery big up/Coming Century
イントロを聞いたとき、「いやー、さすが10周年、冒険しまくりだね、V」なんて思ったらトニの声がしてこない。そこでやっと「これ、カミか!!」と気づきました。そのイントロにも驚かされたけど、その後も驚きの連続。これもカミっぽくなくていいねー。「Ru Rudery big up」のエンドレスがすごくかわいい。


それぞれの空
断言する。今回の10周年の本編ラストはこの曲だ。別れの歌なんだけど、すごく前向きだしさ。ああ、もう坂本くんの「どうもありがとう」が聞こえてくるよ。


夕焼けドロップ/HIROSHI NAGANO & YOSHIHIKO INOHARA
「ほんのちょこっとなんだけど~♪」と歌いたくなる。これもイントロとその後が違うテイスト。今回、こういう裏切り方を多くされてるんだよね。いやー、こっちはスカ持ってきたよ。まんまプロデューサーズ。坂本くんがいないと、磁石のようにびったりとくっついたような感じの声になるね。


UTAO-UTAO
和むなー。


ユメニアイニ/JUNICHI OKADA
最後まで優しく歌ってる印象がある。これ「ホールドアップダウン」の挿入歌だよね。ってことはあの格好でこれなのか。夢見るミュージシャンだったのだな。通常盤にはV6バージョンが収録されてるだよね。そっちも楽しみ。


Wonder World
みんなでわいわい録ったんだろうな。楽しそうなのがいい。


ありがとうのうた "musicmind ver."
これもいいねー。


で、このあとさ。
これで終わりかと思ったら、何バージョンになるのか知らないけど、「Orange」入ってたんだよね。本気でびっくりしたわ。隠れボーナスをありがとう。

いよいよ、よよよ

2005.10.31


いきなり寒くなったこんな日はさっさと帰ってぬくぬくぬくぬくするに限るんだけど、私には使命がある。そう。




V6 musicmind 捕獲。




自転車を飛ばすには本気で寒かったんで躍起と着込んで出社したさ。見た目なんて関係ないぜーーーっっっ。もこもこしてても関係ないぜーーーっっっ。と心の中で絶叫しながら、手に入れたアルバム。通常盤で懐がツンドラになってしまったんで今回は初回盤Aだけにした。速攻で帰宅してうきうきとパッケージを開けたら、中からグレーの箱が出てきた。あらー、でかいDVDだわねーなんて思ったら、箱の中央に




special TOTE BAG




って書いてあった。どう考えてもこれは初回盤Bということだな。でも、予定詰まりの私には取り替えに行く時間がない。つまり当初の予定通りコンプすると。あはははは(涙)。いいよいいよ。10周年だもんね。来年からはそうは行かなくてよ。

で、アルバムですよ。この手の感想はじっくり聞き込んでから書いた方がいいと思うんだけど、コンサートで聞くとまた変わっちゃうからさ。なんでこれから書く(別エントリです)。歌詞カードの岡田が超絶に男前だ。

では、代々木いってきまーーーす。

醤油赤飯

2005.10.30


全国共通だと思ってたよ。

萌@尾野真千子の凛とした佇まいがお気に入りの「義経・43/堀川夜討」。義経三大合戦=一の谷、屋島、壇ノ浦とは違い、狭い場所での殺陣だったけど、滝沢の上手さというか立ち振る舞いがすばらしかった。オーラが出てるんだよなー、絶対的な強さのオーラが。最近ずっと心理戦だったんで、今日のは非常に満足っす。あまりにものめり込んで見てたらしく、疲れて途中から寝てしまったがな(涙)。気づいたら「頼朝!!」とか何とか叫んでたよ。土曜日、忘れずに見なければ。

お土産を配るゲスト、もしかしたら初めて? の「新堂本兄弟/リリーフランキー・安めぐみ」。安って突っ込み甲斐があるのかな。光ちゃんを筆頭に結構容赦なく突っ込んでたね。リリーのエロ攻撃に比べたら、何ともないんだろうけどさ。気になったのはその光ちゃんの突っ込み。それなら光ちゃんもよろしくーって思ったよ。今回は手の匂い検査だわね。「甘い匂い」と「変な匂い」ですよ。いいなー、甘い匂い。私も(略)。

500回おめでとう!!

2005.10.30


昨日はあまりにも「数取團」をリピりすぎたんで(今も見てるしね)こっちまで手が回らなかった「V6 NEXT GENERATION・番組500回デビュー10周年記念SP」。お、500回用ジングル作ったんだ。どうせなら歴代のが聞きたかったなー。「僕、まーくん!!」すげー好きだったんだよね。長野くんは「ヒロくん」で、井ノ原は忘れた。うわ、全然覚えてないや。

まずは、500回を振り返ることに。ちょうど10周年とかぶるなんてね。これこそ「キセキのはじまり」だな。皆勤賞はいないのか。誰かしら休んでるのって前半の5年間だよね。後半、私が聞いてる5年間は絶対に3人だもの。

500回ということで、これまでのことをクイズにし正解すると番組から500円プレゼント、不正解の場合は番組に500円支払い、合計金額分のプレゼントを買い、それをリスナーにプレゼントすることに。題して"リスナー大感謝!500回&10年すべて知ってますクイズ"。これはカミからのクイズがよかったな。できれば、本人に出題してほしかったよ。

出題者:井ノ原/問題:森田。
坊主にしてから何cmカミが伸びたでしょうか。


「2.8cm」
「不正解です。残念です」
「2.4cm」
「答え。5cmです」
「そんな伸びたの?」
「そんな?」
「何cmでもいいんですよ。森田さんが何て言ったか、なんですから」


アバウトでナイス。5cmかー。そう言われれば、そんな気もする。森田さん、髪の毛伸びるの早いし。

出題者:坂本/問題:三宅。
最近、芝刈りついでに思いついたことは何でしょう。


「単語ではありません。軽い文章です」
「洗濯」
「ゴミ拾い」
「ヒント。願いです」
「ゴルフ」
「芝を食ってリサイクル」
「柴咲コウと芝公園で柴犬の参歩でした」
「健ちゃん、あとで説教だな」


ねらいすぎたね(笑)。

出題者:長野/問題:岡田。
長野くんへお願いがあります、それは何でしょう。


「金返せ」
「それお前だろ(笑)。飯おごれ」
「やめてくれ」
「ウザイ」
「正解は自転車のパンフレットを持ってきてください、でした」


最近、この話よく目にするなー。前なら、すぐ持ってきてくれたのにって。

あとは、滝沢、ヒナヨコ、相葉くんからのおめコメ、今だから言えるブイシックスのフーフーフー。そして、アルバム曲紹介。

おめコメは、秀さんは非常に無難だったわ。優等生って感じ。ヒナヨコは、「ぜひとも奢っていただきたい」「先輩のすねをかじってやりたいと思います」とらしさ大爆発。相葉くんは、坂本さん、長野さん、井ノ原さん呼びが新鮮だったな。

今だからは、井ノ原の数年前のVコン@仙台話で決まり。テンション上げるのが大変だったんで、ケータリングに来ていたかわいいお姉さんを見て上げていたと。しかもうっかりそのお姉さんを好きになりかけたと。よっぽどかわいかったんだろうな。坂本くん「わかります」、長野くん「覚えてます」だもん。お姉さんが運んできたリンゴを取り合うカミが見たかったわ。

最後はアルバム曲紹介。トニ番組なんで、森田・岡田曲、カミ曲の流れず。だよね。うん。アルバムの詳細がわかったとき、何よりも坂本・三宅の「恋と弾丸」に期待したんだよね。この2人で恋の歌だなんて、ちょっとこれはくるんではないの? と。予想的中。夜の匂いがするわ。ふふふ。

しかし、それをするっと超えた曲があったわ。トニの「BLAZING AGE」。すげー。これいちばーーーん!! およそ、これまでのトニでは考えられなかった、つまり新境地を開拓よ。こういうががががががとたたみかけるの、すっごく好きなんだよね。何系って言ったらいいんだろうなー。とにかく好き。一番声が合ってるのは、意外かもしれないけど長野くん。とくに「集合」(だと思う。発売されたら、ちゃんと確認するよ)の「ゴウ」の音が抜群にいいね。常々「Go!!」を言わせたら世界一、いやウルトラ一な長野くん。今回もその能力を遺憾なく発揮してるわ。これ、コンサートで聞けるんだ。きゃーーーっっっ。

キャンディ!!

2005.10.29


やっとうちにもオリジナルチャーム=スイートテンダイアモンド(←いつもお邪魔してるサイトさんでそう書かれていた。すばらしい)が来た。しかしがっちりと梱包されていて、ちょっとやそっとじゃ開きそうにない。隙間からカッターを入れてみたんだけど、全然刃が進まない。なので先に到着していたえみさんに聞いたら、やっぱりカッターを入れて開けたと返ってきたんで再度トライ。格闘すること5分、ようやく開いてくれたわ。で、中身を取り出したら箱。そこから取り出したら、また箱。マトリョーシカかと。

そして出てきたオリジナルチャーム。用途はいろいろあるらしいが、もったいなくて使えないよ。「皆様のV6」っていう言葉と、森田さん@メッセージの最後の1行に泣きそうになったさ。ついていくよ。そこが地の果てでも。

坂本くんの特攻服に書いてあった「ホッパーあります」が気になった「めちゃ×2イケてるッ・爆走数取團/V6」。絶対におもしろいと思ってたけど、その予想を遥かに越えてたわ。笑いすぎて、死ぬかと思ったよ。昔の人はよく言ったものね。バカな子ほどかわいいと。ああ、そうさ!! そうだとも!!




バカなVが大好きだーーーっっっ。

その絶妙なバカさ加減に、がっちりとハマったんだよーーーっっっ。





ありがとう、Youは6人。ありがとう、土8 vs 火8。

また、コンビがよかったんだな。坂本・三宅、長野・森田、井ノ原・岡田、だよ。




トニの肩にちょこんと手を乗せるカミ




だよ。

なので今回は流れではなく、コンビまとめで行こうと思う。

まずは加藤さんに「若干、水商売の匂い」とナイス突っ込みを受けた坂本くんと、近年稀に見る絶好調っぷりだった健。ルールを忘れて投げ飛ばされる羽目になったにもかかわらず「ネガティブなのはだめっ」と前向きな健に、そのルールを「わかる?」と指差し確認しながら教える坂本くんという大好きな方程式が炸裂したわ。しかも「いろんな引き出しありますよ」と言いながら、宣言通り「キャンディ!!」とブッ込む健、という連立方程式だった。さすが絶好調、今日の健は弾け飛んでてすんごくよかった。おバカキャラ、行けるよ。パイズリーダーの坂本くんは三十路の体育座りがよかった。

次は履歴を抹殺されそうになった長野くんと、心苦しくなりながらも係長の任務を遂行しまくった森田さん。ここはお題を言っては長野くんに隠れる森田さん、という神技で決まりよね。あれ、無意識なんだろうな。萌えるわ。光兄貴@山本さんに憧れる森田さんは忠実にリヤカーでの出来事を体現。「チャン!!」と言ったあとの顔がえれーかわいかったなー。うつむき加減といい、ちょっとはにかんでるところといい、微妙に何かをあきらめたようなところといい、超絶森田剛だぜ。おおぅ。長野くんはクマテツさ。森田さんじゃないけど、立派だよね。

最後はジャニーさんの秘蔵っ子・井ノ原と、テリーさんの秘蔵っ子? の岡田。秘密写真のくだりはどっちも微妙だったけど、その微妙加減がVらしかったんでね。いいんではないかと。そこよりも関取に顔をぎゅーぎゅーされた井ノ原の方が問題だわ。いいのだろうか、あれを流しても(笑)。二言目には「関係ないぜーーーっっっ」だった岡田は最初こそ岡村の後について行き同じ動きをしてたのに、光兄貴へのブッコミが成功したとき、嬉しかったのか行動が遅れてたね。振り返ったらいるはずの岡田がいなくて、もう一度振り返った岡村に笑ったよ。

正直なところトニの方がキャラハマりすると思ったんだけど、カミのが激烈にハマってたね。ゴールデンでここまでおバカっぷりを披露したんだからさ、期末テストに出ても何ら問題ない。年末とは言わない、春のSPで夜露死苦。

先週分を見てなかったのと500回記念だったので「野ブタ。をプロデュース」を録り、「V6 NEXT GENERATION」をリアルタイムでチェック。感想は明日。

10周年途中経過

2005.10.29


今年も残すところあと2か月。Vたち(V+スタッフ+ファン)にとってはこれからが2005年の本番というか正念場である。今年に入ってからというもの常に10周年を意識していたけど、正直なところ「TOKIOみたいにやってくれたらいいな」と思う反面「でもVだしな」とあきらめていた。実際、前半なんて舞台、ドラマ、映画と個人の仕事ばっかりだったしさ。だから8月16日に記念コンサート日程が発表されたとき、本気でよかったーって思ったんだよね。ちゃんと10周年を祝ってくれるんだって。これだけでもいいとさえ思ったくらいだった。

ところが、だよ。

9月末の「東京フレンドパークⅡSP」の頃から、一気にVウェーブが押し寄せてきたわけさ。以下、私が把握した9月末~10月のV。新潟に合わせてあるので、そこんとこよろしく。

○テレビ、ラジオ、コンサート、イベント
●雑誌、スポーツ紙

○ 9/19 10周年コン@当落確認
○ 9/19 毛利元就(~9/26・森田)

○ 9/20 10周年コン@学校先行発売

○ 9/22 VVV6

○ 9/24 V6 NEXT GENERATION(20th Century)

○ 9/26 東京フレンドパークⅡSP

● 9/28 MORE発売

○10/ 1 V6 NEXT GENERATION(20th Century)

○10/ 6 VVV6

○10/ 7 Mステ
●10/ 7 Wink up発売
●10/ 7 Duet発売
●10/ 7 POTATO発売

○10/ 8 V6 NEXT GENERATION(20th Century)

○10/ 9 少年倶楽部(長野・三宅)

○10/10 V6 10th ANNIVERSARY MUSEUM オープン(~12/11)

○10/12 Orange発売
○10/12 vodafone新サービス会見(岡田)

○10/13 VVV6

○10/15 CDTV
○10/15 V6 NEXT GENERATION(20th Century)

○10/16 10周年コン@代々木・長野一般発売
○10/16 FM PORT(坂本)

○10/17 10周年特別記念イベント登録スタート(~10/18)
○10/17 10周年コン@代々木ぴあキャンセル待ち登録スタート(~10/19)
○10/17 世界まる見え!テレビ特捜部(長野)

○10/18 学校へ行こう!MAX
○10/18 Channel-a
○10/18 浜ちゃんと!前編(長野・三宅)
●10/18 ピクトアップ発売

○10/19 ホールドアップダウンメイキングDVD発売
●10/19 ザ・テレビジョン発売
●10/19 TVガイド発売
●10/19 TVぴあ発売
●10/19 テレビジャパン発売
●10/19 TV LIFE発売

○10/20 10周年特別記念イベント確認スタート(~10/22)
○10/20 うたばん
○10/20 VVV6
●10/20 キネマ旬報発売

○10/21 10周年コン@代々木ぴあキャンセル待ち確認スタート(~10/22)
●10/21 CINEMA SQUARE発売

○10/22 めちゃイケ予告
○10/22 V6 NEXT GENERATION(20th Century)
●10/22 ポポロ発売
●10/22 MYOJO発売

○10/24 10周年コン@代々木チケ到着
○10/24 FM新潟(長野)
●10/24 デイリースポーツ(井ノ原)
●10/24 月刊ザ・テレビジョン発売

○10/25 学校へ行こう!MAX
○10/25 ホールドアップダウン追いかけっこ試写会
○10/25 ホールドアップダウン試写会@新潟
○10/25 浜ちゃんと!後編(長野・三宅)

○10/26 愛のエプロン(坂本)予告

○10/27 VVV6

○10/28 10周年コン@長野チケ到着
○10/28 Mステ
●10/28 MISS発売

○10/29 めちゃイケ@数取團
○10/29 V6 NEXT GENERATION・祝500回(20th Century)

○10/30 10周年コン@名古屋一般発売

作ってて恐くなったよ。この他に健@仙台、長野くん@北海道があるし「+act」の発売もある。BAY FMにも出たような気がするなー。

しつこいようだけど、10周年って本当にすごいね。


ああ!! あの髪型をこの目で!! 生で!! 見たかったのに!! グッズだけとなってしまったのね(涙)。ぜってぇ、ライブフォト買ってやる。勢いあまってポスターにも手を出す。ああ、出すとも!! 井ノ原もヘルメットみたいな髪型なんだっけ(イノなき@10月21日参照)。どうして髪型を変えてほしい人たちは続行中なのに「いいから!!そのまま!!何もするな!!」の人たちは切ったりするんだろう。もう!! Vの意地悪!!

あまりにもショッキングなんで、坂本くんのパンチラ(遅っ)、長野くん@FM新潟コメント出演、今日の「学校へ行こう!MAX」「浜ちゃんと!後編」については、またあとで。うぅ。

今日のJohnny's web/Show must go on

2005.10.28


これは予兆? それとも前触れ?(←どっちも同じ意味だな)

来年は殺人的なスケジュールときたか。それは光ちゃんだけ? 私らも? 正直、体力はないけど、そのスケを乗り切る自信はあるぞ。なんせVのビッグウェーブをこなしてる最中だからな。るるる。すべてがGO。森田剛(←お約束)。その先には何があるんだろうねー。すっごい楽しみ。

来ーーーなーーーいーーーっっっ(号泣)

2005.10.28


明日こそ、明日こそーーーっっっ。

午後、誰が持ってきたかは知らないけど、新宿中村屋の"ふくみか"が差し入れされた。みるく入り珈琲あん、あずき入り抹茶あん、きゃらめる入り紅茶あんから選べとのことだったのでおもしろそうな紅茶あんに手を伸ばし「こう」と口を開いた瞬間、その発音が「紅茶」ではなく「光ちゃん」なことに気づき、0.0002秒の早さで「紅茶」に捻じ曲げた。そういう能力は長けてるんだな。にひ。

坂本くんのパンチラがなかった「MUSIC STATION/V6」。違うわ!! それ目当てで坂本くんを見てたわけじゃないのよ!! ど派手なTシャツ+柄物パンツ(そっちの意味じゃないよ)が目を引いて目を引いて仕方なかったの。何で坂本くんだけあんなだったんだろ。他はみんなシンプルだったのにさ。

ここでもう一度、私は森田剛さんのファンだと宣言させてほしい。なのに剛と健を見間違いそうになったわ。健、サイドも短いんだね。階段降りてきたとき「あはっ。コザルちゃん発見」と大変痛いことを思ってしまったわよ。

トップバッターだった挙句、どっちゃりと出演者がいたので、話を振られて口を開いたのは井ノ原のみ。修二と彰に「ぜひとも入れていただきたい」のあとに続けた「地元じゃ負け知らずなんで」の意味がわからなくてさー。「青春アミーゴ」の歌詞なんだね。よく知ってるなー。その「青春アミーゴ」。スマの「VIVA AMIGOS」はイマイチだったけど、こっちのアミーゴはすてきにクリティカルヒットなのでうっかり残しちゃったよ。

気になったのは修二でも彰でもなく、その間でちゃかちゃかと踊っていた中島裕翔だわね。彼は今のジュニアでイチオシなのかいな。私は真剣にジュニアに明るくなく、一番詳しかったときが「8時だJ」放送時という、もはや化石のような人間なので今のジュニア事情がさっぱりんこんなのだ。あれだけ世話になっているABCが何人いるのかもわからないし、未だに五関くんと戸塚くんの区別がつかない。

気を悪くさせたら申し訳ないけれども、Ya-Ya-yahはもう別格になっちゃったの? たまげるほど前へ前へと出てきていた藪がどうにもイマイチなんで、まだその域には達してないと思ってるのさ。うち、ジュニア関係のバラエティー、壊滅的に入らないからなー。わからないだけなのかもしれないけども。まあその中島裕翔も何のグループに入ってるかすら知らないんだよね。そしてバイオリンを奏でてた彼もジュニア? いやいや、幅広いなジュニア。

淫乱だなんてお下品なお言葉をお使いになられるのね。どんなお育ちをなさったのかしら、の「花より男子・2/最悪のファーストキス!!」。ああいう3人娘(名前知らない)は乙女胸キュンドラマには必要不可欠だね。彼女たちがいてこそ、つくし@井上真央が光るってなもんだ。癇に障る笑い方は合格として、あとはセリフ回しだな。頑張れ。期待してる。

乙女胸キュンドラマにもうひとつ欠かせないものと言えば、王子様キャラ。いまのところ、Rui Hanazawa(←漢字じゃだめなのかと)の独占市場状態。いやいや、小栗くんいいねーーーっっっ。もうちょっと演技力がほしい静@佐田真由美が空港に現れたときの、あのキラキラと光る瞳。あれは恋する瞳だわ。きっと11月2日の代々木もそんな瞳をしたお嬢さんたちであふれ返るんだろうな。むふふ。

さてと。冒頭でつくしに殴られてぽかーーーんな道明寺@マツジュンが流れたわけだけど、1週間経ってもかわいいのう。うむうむ。余は満足じゃ。道明寺はたまげるほど不器用だね。赤札貼ったのは自分なんだから、つくしをどうこうできるのは俺だけって言ったようなもんだよな<帰国パーティー。というかか、人のロッカー勝手に開けてんじゃねーよって感じなんだけど。まあ、いい。類に殴りかかろうとする道明寺をつくしが体を張って止めたら、あららびっくりキスしちゃったよ。あまりにも典型的な乙女展開にテンション上がるね。こういう王道ドラマ、久し振りじゃないかい? ああ、マツジュンファンがうらやましい。光ちゃんがあと10年若かったら。いや、本人は17歳らしいがな。

ブイシックス会報vol.52

2005.10.27


まず表紙。これ、ファミクラかな? 窓の向こうがそんな感じがする。ここはもう三宅健のひとり勝ちだわね。健はわかってるよな。

ぺらんとめくると、メンバーの直筆メッセージ&歴代会報が。私、何号から持ってるんだろ(←探しません)。vol.19あたりが微妙だな。やっぱ、探すか。当たり。トニが表紙のvol.18からだったわ。そうだったそうだった。これ覚えてる。3人とも微妙だわ(笑)。直筆はそれぞれが相変わらずの字。そんな中、注目すべきは森田さんだわね。「10周年!」の下にこちゃっと書いてるんだけど、小さすぎて読めないよ。もうちょっと大きく書いておくれ。

コメントはもういろんなところで目にしてる内容だからなー。嬉しかったのは坂本くんの「祭りのあとみたいに通常に戻りますじゃなくて、これが祭りのスタート」。今はもう本気でいっぱいいっぱいだからちょっと休みたいなーなんて思うけど、ヒマになればきっと「去年はよかったなー」なんて言い出すに決まってるから、これからも祭り祭りでお願いしたいわ。

You、ビュー!!

2005.10.27


「デ」なし。すてきだ。

行き当たりばったりで作るとボロが出まくるとわかっていてもフローを書くのが大嫌いなので思いつくままに画面を作っていたら、あっちは動かず、こっちは出すぎとなり、そのたびごとに画面を増やしマクロを作った。今日なんとか形となったんで、明日からはがつがつ入力していきたい。よっしゃ、このままブッちぎるぜーーーっっっ。

と、気分が乗ってきたので髪を切ってきた。割引よりも身だしなみなのだ。輝きは飾りじゃないガラスの十代なら少々髪がぼさぼさでもいいだろうけど(←よくないか)その壁を楽々と越えて久しい女なのでね。結局、前髪はそのままにしたさ。私の挑戦は続く。

FCから何やらすてきなプレゼントが届いてるみたいだね。うちはいつも遅いんで、まだブツを拝んでないんだけどさ。いやー、FCも粋な計らいをしてくれるのねー。しつこいようだけど、10周年ってすごいんだね。明日届くといいなー。

え? 藤原紀香が正室だったの?? の「大奥-華の乱-3/仇の子」。いや、奥で一番偉い立場の人間だと思ってたよ。御代様だったとはね。日本って江戸時代が一番幸せだったって聞いたことがあるんだけど、トップの将軍がこれだもん、そりゃ庶民ひっくるめて幸せだろうな。

どうやら死神復活らしい「VVV6・東京VシュランⅡ/すき焼き:長野・伊集院光 vs 岡田・森久美子」。いつもの組み合わせ対決、岡田の位置が非常によろしい。そして岡田同様肉酔いしたんで、今日はこの辺で。

会報到着

2005.10.26


感想は明日。

昨夜あんなことを書いたけど「いやだ、健ちゃんったらかわいいーーーっっっ。ごめんね、昨日のことはなしにして」と笑うんじゃないかと心の片隅で思っていたし、そうなることを願っていた。しかし今朝ワイドショーで流れた健を見て、いろいろと考えに考えた末に出した結論は、




あれはきっとヅラ。




だった(涙)。だめだ、私あれだめ。森田さんが坊主っくりにしたときは強がりでも何でもなく最高だと思ったし、伸びていく過程もかわいかった。今もかわいい。んふふ。でも、健のはだめだわ。前回があまりにもストライクすぎたのね。自分でもびっくりするくらい落ち込んだよ。髪型って大事ね。長野くんも何とかして(←とばっちり?)。なんて思ってたのは帰宅するまでの話。編集するためにテレ朝のからチェックしたら、あら? あらあらあら? 健ちゃん、悪くないよ。キミは悪くない(←古いのかしら)。うん。「ポップコーン食べたい」もいい。テンション上がってきたぞーーーっっっ。

ブイシックス、ついにコスプレデビュー? の「やじうまプラス」。帽子を取った井ノ原と「みなさんがー」と首をかしげる森田さんですよ。この首かしげが荒れる日本海を泳ぎきれるほどにかわいかった。かわいかったなー。それと、カクテルの岡田を捕獲。「何で岡田?」と思ったら、サントリーだからか。なーるなるなる。

移動模様を流してくれた今回の覇者「ズームイン!!SUPER」。ラストの全員ならんでの撮影のとき、前髪を指で払い除け一瞬だけカメラをギッと見た長野くんに射抜かれた。こういう視線、初めて見た気がする。どきどきの次元が違ったわ。何というか、危険。うん。危険。

そんなこんなの追いかけっこ試写会。誘われたにもかかわらず、どんなことをするのかまったくわかってなかったんだけど、入れ替わり立ち替わりで舞台挨拶したのか。それで追いかけっこね。ふむふむ。一番大きくて400人キャパかー。そんな狭いところでメンバーを見れるなんて、いいないいないいなー。

これのおかげで「めざましテレビ」にてキンキの「99% LIBERTY」PVを入手。「めざまし」独占で捕獲したの、これが初めてかもしれない。こういうのを無欲の勝利って言うのね。これ、スカパーで流れるのかなー。流れますように。

新潟は「どんなもんヤ!」がまとめ放送(金曜日だったかな? それすら覚えてないや)「キンキラ」は入らないのでまったくの初聴きだったんだけど、なるほど「ビロードの闇」と争ったっていうのわかる気がする。好き好きすーすー。アルバム先行シングルにしてもよかったんじゃないの? 今年、1枚しか出してないんだし。PVのアニメを見て、ロケットに向かって駈けていく2人を思い出したよ。あれ、「Gyu!と抱きしめたい」でいいんだっけ。それともただの「Gyu!」なんだっけ。なんてことを思っていたら、あらら。




光ちゃん独占インタビュー




ときたもんだ。短いし、これがこの先、形になるのかわからないんで起こすことにする。


えー、実は「ビロードの闇」とー「99% LIBERTY」ですごく迷った。(前髪がふわーっ)
シングルとして、どっちがいいのかなって。
「ビロードの闇」の方が今の自分たちだった気がしたんですね。
だから「ビロードの闇」にそのときはなったんですけど。
「99% LIBERTY」っていう曲は、ん、楽曲単体としてはすごくすばらしい曲で、
そのとき、今、当時の今、あのときのキンキ、僕らがやらなくても、
あの温めておいてもそれは色あせることなく
素晴らしい楽曲に変わりはないなという気持ちだったんですね。


ほんとに「めざまし」はキンキに優しいねー。今の私は髪型評論家でも目指す勢いだ。だから光ちゃんにも「前髪はもうちょっと切った方がいい」なんて思った。お前が切れよ、って話だけど(笑)。

「愛のエプロンSP」で坂本くん@次回予告を捕獲。うわー、マズそうな顔してるー。よし。書き忘れてるけど、「めちゃイケ・数取團」予告もきっちり捕獲。11月1日はブイシックスで「オールナイトニッポン」も決まったし、楽しみがあふれ返って零れ落ちそうよ。

昨日の宿題

2005.10.26


衝撃の三宅健短髪ショックから立ち直れない私がお送りする坂本くんのパンチラ、長野くん@FM新潟コメント出演、「学校へ行こう!MAX」「浜ちゃんと!後編」。

まずは目にも鮮やかだった坂本くんのパンチラから。それを知ったのはいつもお邪魔してる坂本くんサイト。常にきっちりウエスト履き、シャツだってインしちゃうよ!! の坂本くんが「うたばん」でチラッとやってるなんて!! と本気でたまげたし、私が気づかなかったってことはきっと画面の片隅で起こったことなんだ。と思ったら。




思いっきりセンター




で見えてましたがな。びびびびっくり。しかもえらい面積&赤。赤。赤。赤だよ、赤。赤、好きなの? もしかして牛? とまで思うほどの鮮やかさだったわ。「ポポロ」で長野くんが「若いことにチャレンジしてほしいね、ファッションとかでも」って言ったのをスタイリストさんが実行したのかな。明後日の「Mステ」に注目したい。

次。長野くん@FM新潟コメント出演。"ブイシックスメッセージ"って聞いてたんで、長野くん単独出演にびっくり。びっくりしてばっかだな。短かったんで久し振りに起こしてみた。長野くんって早口だね。ぱぱぱぱーーーっとしゃべっちゃうんだよな。


BGM:ありがとうのうた。

FM新潟をお聞きのみなさん、そして帯さん(←パーソナリティー)こんばんは。
V6の長野博でーす。

さあ、私長野のマイフェイバリットベスト3なんですけどもねぇ。
何かこう結構アバウトな範囲になってしまうんですけども、
僕のまあ趣味というかハマっていること、みたいなベスト3を紹介したいと思います。

えーまあ第3位はですねー。
昔だったらこれ1位になってたんですけども、第3位はダーツ。はい、ソフトダーツですね。
これはですね、僕もう今すごく流行ってますけどね。
僕がはじめたのはだいたい4年ぐらい前ですかね。
まだダーツ屋さんがそんなになくて、
その頃はもうほんとにおかしいんじゃないかっていうくらい行っててー。
週に4日、5日は行ってましたね。それでもう明るくなるまで毎日のように投げててもう。
上手くなっていくのがおもしろいんですよ。今はね、さすがに行って週1回ですね。
でも、いつもマイダーツは自分の鞄の中に持っております。はい。

第2位と1位、これねー甲乙つけがたいんですけどもー、まあ両方一緒に言っちゃいましょうか。
車・バイク、そして食ですね。
これが2位と1位、もう甲乙つけがたい順位になっちゃいますけど、これは。
もうほんとに、まあ食というものにまあ、人間誰でもね、食べなきゃ生きていけませんからね。うん。
美味しいものはみなさん好きだと思うんですけども、
ほんとに好きでハマってまして、もう美味しいと聞けばどこへでも行きます。はい。
新潟と聞いても行きますよ。はい。
新潟だったらへぎそばとか美味しいじゃないですか。うん、行ったりもしますしね。
なんで、遠くに行くっていうのが好きなんです。
その遠くに行く手段として電車ではなくて車やバイクなんですよ。
その車やバイクで行くっていうのも楽しいし、行って美味しいものを食べるっていうのもねー楽しくて
もう、何て言うんだろ、一石二鳥みたいな趣味になっております。
はい。ということで僕のマイフェイバリットベスト3でしたー。

はーい、ということで、僕等の、えー今後の予定なんですけども、
11月1日、僕らのデビューした日ですねー、
ここのー11月1日の日で丸10年になるわけですけれども、
その11月1日には僕らのニューアルバム「musicmind」というのが発売になります。
そして11月3日には、
えー僕たちV6主演の「ホールドアップダウン」という映画が全国公開になります。
この「ホールドアップダウン」、あのーアクションシーンとかあるんですけども、
そちら、新潟の方で撮りました。
上越国際というホテルで撮りまして、アクションのシーンだけでね、
200カットくらいあるんですよ。そのシーンをね、
新潟で撮らしていただきました。ぜひ、みなさん見てください。
はい、ということで、ここで1曲聞いていただきましょう。僕らの新曲で「Orange」。

ということで、V6の長野博でした。


鉄板中の鉄板だったわけですよ。しかし坂本くんがFM PORTに出たから、もう新潟のはないと思ってたんだけどね。映画の撮影やったからかな。上越国際かー。遠いわー。

次。「学校へ行こう!MAX」。何かに打ち込んでる人っていうのは見てて気持ちがいいね。真剣になればなるほど、画面のこっち側まで伝わってくる。結果だけがすべてじゃないけど、出るに越したことないしなー。でも、時間がなさすぎたかな、なんて思いながら見てたんで金賞受賞、全国大会出場には「おおっ」と叫んでしまったわ。よかったね。よかったね。今回のVポイントは高校生にはバーベキューな森田さんの「あ、忘れてた」に反応し、やっぱり高校生にはバーベキューの坂本くんが放った「ん?何?」である。こーーーれはよかった。えれーかっこよかった。森田さんのカニ歩きで画面横切り攻撃もどんぴしゃりだったんだけど、「ん?何?」には勝てなかったわ。るるる。

おバカ企画もいいけどさ、たまにはこんな真面目なのもいいよねと感動もつかの間、次回予告で流れたのは




井ノ原モザイク快彦




ですよ。慎吾が「天声慎吾」で「モザイクをかけられるようなことはしちゃいけないって事務所に言われた」って言ってたんだよね。だからジャニはみんなNGなのかと思ったの。その後すぐに城島がモザイクされたけど「いや、きっとTOKIOはOKなんだよ」と思ったわけさ。でも、VもOKなのね。いい。モザイクOK。どんどん弾け飛んで行こうぜ!! どんどんモザイクで行こうぜ!!

このたった1分たらずの予告で大笑いするってすごいよなー。

○大漁に喜ぶ森田さん。
○いつでもどこでも熱い男・松岡修三によるテニス講座。
○タオルを投げる長野くん。
○それに向かって飛び込む井ノ原。
○電車に乗り遅れる坂本くん。
○坂本くんよりお茶が心配らしい5人。

予告でこれなんだもん、きっと本放送では息ができないくらい笑うに違いない。リアルタイムで見れないのが残念だわ。

肉に懸ける情熱はまさに執念、の「浜ちゃんと!後編/長野博・三宅健」。あまりにも美味しそうに食べるんで、この肉嫌いな私も食べたくなったりした。焼肉屋かー。多分、8年は行ってないな。


3店目=特選カルビ/風船早割り対決。
浜ちゃんは自信たっぷりだったが、敵は26歳と自転車屋の倅、加えてすさまじいまでに負けず嫌いだ。浜ちゃんは絶対に勝てないの予想通り、長野くん→健→浜ちゃんの順に。やっぱり。焼肉奉行は、ついに肉から出る煙を浴びる、という行動に出る。何て愛すべきバカなんだろうか。そんな長野くんを冷ややかに見つめるのかと思ったら、割り箸で煙を長野くんにかける健。健気だ。さすがその名の通りの三宅健だな。


3店目・2種類目=ギアラ/三宅リベンジのダーツ対決。
ギアラ。知らないなー。ウルトラマンに出てくる怪獣みたいだ。ツキに見放されてしまった浜ちゃんが6-13-0に対し、健が18-54-2、長野くんが50-8-19ときたもんだ。愛はパワーならぬ、肉はパワーだな。あまりの嬉しさにいじり倒してしまい、浜ちゃんに突っ込まれた長野くんに萌え。


4店目=肩芯サンカク/爪楊枝早出し対決。
完全に流れに乗った長野くんは楽勝。健はギリギリ。浜ちゃんだめだめ。肉を焼いてる間「Orange」のPVが。何だろう、このPVすごく焼肉に合ってる(笑)。


キム兄の出張料理コーナー/ハラスとチーズの春巻。
長野くん、ハラス好きなのか。肉の部位には弱くても魚のそれならわかるわよ。ハラス、美味しいよねー。こういう食べ方したことないんだけど、そんなに美味しいんだったら今度やってみよう。鮭のシーズンだしね。


5店目=シャトーブリアン/長野リベンジのストップウォッチ10秒対決。
ふがいない姿で終えるわけにはいかなかったらしく、超ド級に負けず嫌いの長野くんのリクエストで、ストップウォッチ10秒対決。健=10秒88、浜ちゃん=12秒81、長野くん=9秒60で見事リベンジ達成。ここはもう健の「はーーーっっっ。何これーーーっっっ。今日イチ今日イチ」だわね。あの人差し指を立てたところがすんげーかわいかった。それこそ今日イチ。


前編後編ともに、おもしろかったなー。長野くんじゃないけど、また出てほしいよ。今度はもちろんラーメンで。

明日のワイドショーが怖い

2005.10.25


私は今、2005年6月10日の光ちゃん並みに打ちひしがれている。「ホールドアップダウン」の試写会に外れたからではない(いや、それもちょっとあるが)。




健ちゃんが髪切った(号泣)。




ああ!! あの髪型をこの目で!! 生で!! 見たかったのに!! グッズだけとなってしまったのね(涙)。ぜってぇ、ライブフォト買ってやる。勢いあまってポスターにも手を出す。ああ、出すとも!! 井ノ原もヘルメットみたいな髪型なんだっけ(イノなき@10月21日参照)。どうして髪型を変えてほしい人たちは続行中なのに「いいから!!そのまま!!何もするな!!」の人たちは切ったりするんだろう。もう!! Vの意地悪!!

あまりにもショッキングなんで、坂本くんのパンチラ(遅っ)、長野くん@FM新潟コメント出演、今日の「学校へ行こう!MAX」「浜ちゃんと!後編」については、またあとで。うぅ。

前髪

2005.10.24


作ろうか、本気で悩んでるのだ。

今日は代々木前半戦チケ到着日。さすが10周年、ゴールドの封筒でやってきたそれをつかんだ瞬間、居合わせた母親に向かって「1階!!1階!!もうアリーナなんて贅沢は言わない!!1階って祈って!!」と叫び、どたどたと自分の部屋へと駆け上がった。そして「1階!!1階!!」と祈りながら引き抜いたチケに書かれていたのは、




北スタンド2階




あーっはっはっはっは。あーっはっはっはっは。あーーーっはっはっはっはのは(涙)。思わず「どうしてー 私のチケは2階ばかりなのー どうしてー どうしてー どうしてー 2階ー 2階ー 2階~♪」と歌い上げてしまったではないか。ほんとどうして? 「後ろでよかったと思う」とかって井ノ原は言ってるけどさ、信じていいの? というか、その言葉にすがりたいんだけどさ。もしかしたら怒濤の10周年攻撃にすっかりと忘れてきっていた、ジャニーズ・ムービング・ステージを上回る新兵器が2階に登場するのかひら。想像つかんな。うむ。

と、えみさんからのメールを読むまではじくじくとしていた。カミ様、トニ様、ジャニー様は私たちをお見捨てにはならなかったわ!! 私、代々木で屍になってくるから!! 骨は誰か拾って!!

さてと。今朝のワイドショーをにぎわした滝翼出雲魂咲会跳とまいりますか。春魂、GO魂に続く当て字ですよ。ここまで来ると、ちょっと昔の族みたいだな。ふふふ。「めざましテレビ」で流れたそれを見終わった瞬間「行きたかったよ」とつぶやいたわ。10周年じゃなければ、案外行ったやもしれぬ。出雲というか島根に親戚いるしさ。10周年というのは、いろんなものをあきらめなくてはいけないのだな。これを含めれば、すでに3つあきらめてるぞ。

今日は「デイリースポーツ@井ノ原」「ポポロ」「MYOJO」を購入。「MYOJO」はどうすっかなーと思ってたんだけど、表紙の6人が「買ってけ。損はねーぞ」って言うから(←幻聴?)「はいはい、わかったよ。買うよ買う」と本当に声に出して手に取った。間違いなかった。間違いなかったね。こっちが「会えてよかった」だよ。ぺらっぺらっとめくって出てきた176、177ページ。ここの写真、どれも自然でいいんだけど、177ページ一番左の上から2枚目を見てちょうだい。この絶妙な森田さんのブサ加減がどうにもこうにも。いい。森田剛、最高。

戻って、"緊急ミーティング"。担当さんのかっこ書きがいいねー。(うれしそー)(うれしー)(やはりうれしー)の3連発がナイスだった。健が考えるところの"井ノ原快彦・ステップアップ計画"も気になる。が、しかし、やはり井ノ原により執り行われた"お母さん面接"。これだな。知りてー、お母さん方がどんなこと言ったのか。

"10周年グラフティー"はゆかたの無法地帯にダイブしたいのはマウンテンマウンテンなんだけど、婦女子としてそれは許されないので、ここはひとつ97年8月号の森田さんと一緒に田んぼにトライするわ。この森田さんもいいわー。

次、おめでとう! そしてありがとう! の「ポポロ」。第1部=10年の変化はひとりひとりについて語ることに。これがまたよくてさー。

たとえば、坂本くんは「だめなところをいっぱい見せてくれるようになった」(井ノ原)。
たとえば、長野くんは「昔の方が優しかった」(岡田)。
たとえば、井ノ原は「毎日、命を削ってる感じがする」(健)。
たとえば、森田さんは「今も昔も情に厚い」(岡田)。
たとえば、健は「変わらない、いい意味で」(坂本)。
たとえば、岡田は「ここぞというときにズバッと言ってくれるから頼りになる」(森田)。

こんな風に言ってもらえるなんて、みんな幸せだわなー。読んでるこっちも幸せだわー。そして、井ノ原の




V6の自慢のひとつに、"メンバーに三宅健がいること"




ああ、そうだとも!! そうだともさ!! 私も自慢だ。坂本くんがいること、長野くんがいること、井ノ原がいること、森田さんがいること、健がいること、岡田がいること。自慢だ、自慢。

第2部=思い出アルバムは、98年5月号の森田剛に100万点。

第3部=担当記者が見た10年。一番近くで見てきた人のテキストは本当に愛を感じるわ。私も坂本くんにはいつまでもブイシックスのお父さんでいてほしい。

あとはあれだ。"お気に入りの絵文字"。長野くん、井ノ原、健はJohnny's webで、岡田は「anan」の連載で(絵文字じゃないけど)使ってるし、森田さんのうずまき、光ちゃんの使わない、剛のニッコリマークも納得。問題は坂本くんだよ、坂本くん。顔文字使うのーーーっっっ??? 何をそんなに謝ることがあるのさ。「ハートはぜってぇ使わねぇ!!」って、あんた「THE BOY FROM OZ」のとき、ハートを2つつけたメール飛ばして来ただろ!! 会社で見たとき、イスからずり落ちそうになったんだよ!!(笑)

ちなみに私はNEWSの加藤くんと一緒。ピカマークと呼んでます。

予定通りにゆっくり

2005.10.23


今日は新潟中越地震からちょうど1年ということで、新潟の各局は特別番組をやっていた。まだまだこれからだと思う。引き続き、自分にできることをやっていきたい。

その合間に"菊花賞"を見た。いやー、ディープインパクトはすごいね。井崎修五郎先生の「シンボリルドフルは憎ったらしいほど強かった。ディープインパクトは笑っちゃうくらい強い」に納得。ほんとに最終コーナーに突っ込んできたとき、笑ったもんなー。あーれは強いわ。単勝100円なんだもんな。

光一さんから「萌え~」が出ました、の「新堂本兄弟/神田うの」。あの流れなら「愛のかたまり」が披露されてもおかしくないと思うんだけどさ。ちょっとでも期待してしまった自分が悲しい。学習能力足りないな。うん。今日はやはり「胸出して恥ずかしくない?」と素直に質問する堂本光一さん(26)でしょう。私は昔、帯状疱疹をわずらったとき、右胸の下にできた(元凶が右にいたのですべて右に出たのだ。白髪も右に大量発生した)ので皮膚科の先生(♂)にためらわず見せたら「もういいです」って言われたことあるよ。そんなもんだよ(笑)。

家でのんびり

2005.10.22


来週からちーとばかり忙しくなるんで、明日もじーーーっとしてる予定。

テレビ誌が3冊もあるというのに、V記事しか読んでいない本末転倒な私である。どーもどもどもどーもりん。これではいけないと思い、早速「ザ・テレビジョン」の「花より男子」特集をチェック(←ハマってる証拠)。あーらららら。つくしと道明寺ってそんなことになるのねー。そうかそうか。いや、おもしろそうだ。

翌週のことも知りたかったんで「TVぴあ」をチェック。おおーーーっっっ。来ましたーーーっっっ。




坂本くん、「愛のエプロン」出演。




待ってたよーーーっっっ。うっかりエプロンなんてつけてくれたら幸いなんだけど、まあないだろうな。というか、11月2日って10周年ツアー初日じゃないか。リアルタイムで見れないじゃないか。うう。その日「Hard Luck Hero」もやるんだね。疲れてなければ見る。うん。

沖田管理官@真矢みきが「事件は会議室で起きてるの」と前作を真っ向否定してくれた「踊る大捜査線 THE MOVIE・2/レインボーブリッジを封鎖せよ!完全版」を見たので、498回目だか499回目だかの「V6 NEXT GENERATION」と「野ブタ。をプロデュース」はそれぞれの場所に睡眠中。映画は「おもしろかった!」につきるわ。織田裕二はもう青島刑事をやることはないのかね。新作、見たいんだけどなー。

これで終わるにはジャニパンチが足りないので、1時間ヒットしまくりだった先週の「V6 NEXT GENERATION」の感想を。まずはオープニング。「東京フレンドパークⅡ」で、ひとりダーツを外した坂本くんが「ゴウ、1足くれよー」だの「ホイール1つくれよー」だの言ってたと。なぜだろう、この情けなさがどうにもこうにもストライクだ。長野くんのはさ、あげたら三輪車になるから(by長野博)だめとしてもさ、森田さんは36足あるんだからあげてもいいじゃん? と思ったものの、よくよく考えればサイズが違うか。それより何より自分が望んだものをもらったってことだよね。外した坂本くんの希望賞品=自転車はハイビジョンカメラを当ててもらえなかった岡田がもらったのかな。

次は"普通のおたより"。私も知らなかったんだけど、高得点をたたき出すとギャルが脱ぎ脱ぎするカラオケツールがあるんだってね。ほほぅ。トニも知らなかったらしく、一気にテンションが上がる。いい。健全。あんたらわかりやすい。ここで意外なことが発覚。「麻雀でもこういうのあるよね」と言った井ノ原、麻雀できないんだってね。タバコくわえて牌並べる姿が容易に想像つくだけに本気でびっくりしたわ。

びっくりは続く。「裸になるねー。映像も流れる」と長野くんが言ったこと。長野くんはやらないイメージなんでさ。坂本くんの「コンティニュー!!コンティニュー!!」はずばりよ。「そういうの(脱ぐのを見る)目的でやってんの?」と言う井ノ原に声をひっくり返す2人。図星だったってこと? 「そういう人もいるけどー」と言ってたけど。ちなみに私もゲーセンに行くとかならず麻雀するよ。脱ぐイベントが邪魔だとやるたびに思うさ。隣の人がちらちら見てることもあったなー。

あとは、コーナー説明をしてる長野くんの二の腕を2回もつまんだ坂本くんだわね。「やめてください」って言われてるのに無反応だよ。お父さん、何があったのかしら(笑)。

類がいい

2005.10.21


加賀まりこの眉毛が気になった「花より男子・1/宣戦布告!!お金より絶対に大切なモノ」。やっぱり金持ちは白鳥とか早乙女、道明寺、伊集院っていう名字じゃなくちゃね。英徳学園はセレブ(←価値が下がりつつある言葉らしい。一時流行ったカリスマがすでにそうなんだと。納得)が集まる学校らしいけど、バカが集まると言った方が正しい。いやー、道明寺@マツジュンが筋金入りのバカ坊ちゃんなんで、桜井幸子似のつくし@井上真央の二段重ね弁当に入ってた伊勢エビのように踏んづけたくなったんだけど、つくしに殴られたあとのポカーーーンとした顔がかわいかったんで許してあげることにしたわ。宣戦布告された道明寺がどう出るのか今後が楽しみ。多分、これが今期イチオシになると思う。

ところでキャストロールに松嶋菜々子の名前があったんだけど、どこに出てた? 予告では写真が出たけどさ。

達也と太一が「いいコンビネーション」とほめられた「メントレG/徳永英明」。徳永登場時、代表曲であろう3曲の映像が流れる。おおーーーっっっ。「レイニーブルー」と「最後の言い訳」ですよ!! 中居@VIVA AMIGOS!(カラオケコーナーで披露)と、森田さん@カミコン2001ソロですよ!! ぎゃーーーっっっ。思わず手を振ってしもうたがな(笑)。

当選

2005.10.20


テレビ誌10周年フェアに参加するべくチャリを飛ばしている間、次々と浮かんだ心の句を披露したい。

○10周年 幸せなんだが アップアップ

○10周年 必要なのは 心技体  ※心=意気込み 技=貯金テクニック 体=体力

○10周年 二度と来ないよ 10周年

このV10周年で培ったノウハウを再来年のキンキのそれに生かすよ。

というわけで、10周年大盤振る舞い第…何弾だか忘れたけど「ザ・テレビジョン」「TVガイド」「TVぴあ」を購入。「TVガイド」と「TVぴあ」は立ち読みで済ませようと思ったんだけど、それを許さないほどの内容だったんで買った。「ピクトアップ」はなかったよ(涙)。必殺のセブンアンドワイも取り扱ってないしー。仕方ない、日曜日(土曜は雨なんだってさ)旅に出るわ。ああ、出るとも。

「TVガイド」は10年間の完全データがほしかったんだよね。これ、あとで保存しようっと。で、買ってからその下にいる6人が手をつないでるのに気づいた。2005年10月20日現在、平均年齢28.7歳ががっちり手をつないでるよ。いやだー。和むー。"これまでの夢、これからの夢"は最初「近所の子供たちの英雄になる」が隣の長野くんの夢だと勘違いして「嘘だ、長野くんはそんなバカなこと思わないはずよ!!」とひとり激しく動揺してしまった。井ノ原の夢なのね。うん。納得(笑)。

「TVぴあ」はトニが前列、しかも




坂本くんがセンター




ですよ!! これが購入理由その1。その2は表紙の森田さん。その3は熱烈的大反響。ふふふ。とまあ、ビジュ一発で買ったんだけど、6人でのトークに視界がかすんだよ。最初こそ岡田の「この大人(坂本くん)すごくテンパってる」に笑ったものの、そこから先がさー。根本は変わってないだの、居場所を探すだの、ひとつの答えをみんなでだのとボディーブローが続いてさ。ツアーに対するそれぞれの言葉で、ついにダウンしたって感じ。

最後は「テレビジョン」。これは毎週買ってるんでね。デキが悪くてもいいんだ。なんて思ってたら、あらら。今回買った3誌、外れなしだな。すばらしい。こっちもメモリアルトークしてるんだけど、笑いっぱなしだったよ。ナンバーワンは森田さんの「子供ながら気づいてた(笑)」。そうか、気づいてたのか(笑)。健の「キャーーーッッッの迫力が衰えてきてる」は耳が痛かったわ。そうよ、ファンも年取ったのよ(涙)。

いきなり「Orange」でびっくりした「うたばん/V6」。「CDTV」はアップが多すぎだったけど、「うたばん」は引きすぎで遠かった。そして一番大事なところがバストショット。私に映させろーーーっっっ。ついでに森田のヒゲを剃ってやるぜーーーっっっ。ぜぇぜぇ。そんなことより「遠回りをしてーきた~♪」のところで、せっかくアップになってるのに長野くんが明後日を見てるから「カメラ、こっち!!」と子供の運動会のような発言をしてしまったわ。誰かを見て笑ってるね。位置的には健だけど、真相はいかに。

"祝10周年記念・V6トーク傑作集"は中居のおかげで全部持ってた。ありがとう、中居。というか、中居。赤ひげ先生のとき、助手の女の子なんていなかったはずなのに井ノ原のパンツ下ろそうとしてるの誰だよーと思ったら中居じゃないのさ。ああ、びっくり。あんな髪型してるとき、あったんだね。いやだ、900pointなのに忘れてるしー。きっと言われるだろうと思っていた吉田照美は、何とコーナー設けてもらってたよ。よかったね、坂本くん。そして似てないよ、坂本くん<新宿の丸井で本物とすれ違った経験あり。

電気が落ちる寸前に行われた"V6・10年目の真実"。「10年続くとは思っていなかった」に、ひとり押さなかった長野くん。「やっていけるし、やっていきたかった」は、怒涛の10周年を飾る言葉として心に刻みつけておくわ。やってこれたよ。これからもやっていけるよ。「未だに嫌いなメンバーがいる」はきっと井ノ原だと思ったし、やっぱり井ノ原だったわけで。押したの、森田さんだよね?

えみーじょは好きなんだけどさ、の「VVV6・東京VシュランⅡ/親子丼:坂本・はしのえみ vs 岡田・ボビーオロゴン」。申し訳ないが、私はボビーに興味がない。妹ならなおさらだ。というわけで、今日は「森田剛が大好きだ」という感想だけ。って、出てねーし。

それにしても(←続くのか)「V6の素」から始まってもう6年もなるんだね<木曜23時枠。終わるわけでもなく、かと言ってゴールデンに進出するわけでもない。非常にVらしい枠だな。うん。「V6の素」が始まった当初は「多人数っていいなー」とか「ブイシックスっておもしろいんだなー」と思い、本気でこの時間が楽しみだった(だからまだ坂本くんに落ちてなかったにもかかわらず、全部持ってる)。

半年後、「マッハブイロク」が始まり、「素に戻してくれよ」と思いつつも楽しんでた。

そしてまた半年後「V6病棟」に変わり、「ロクブンノイチが好きだったのに!!」と地団駄を踏みながらも、パンサーマスクにちょっかいを出す幼稚園児にドはまりしていた。

それからまたまた半年後、ついに「VVV6」となり、現在のような食の番組となってしまう。途中、サーカスに挑戦してくれたが、すぐに終わったなー。あのオープニング、すっげー好きだったのに。

今の企画が終わるときこそ、この枠とおさらばなんだろうなと最近思う。それはそれで淋しいから、まだまだ続いてほしいと願う秋の夜なのであった。

初めて総務課で仕事した

2005.10.19


月、火とちょっくら忙しかったんで、疲れがどっと出たのか「サルヂエSP」の途中で寝てしまったわ。ジャニ問題が出たってのにさー。ああ、失敗。

では、昨日の3つ。

ローカル番組「J商店」は予想通りPVのみだった。

なかなか出てこなかった「Channel-a」。「CDTV」同様「"Channel-a"をご覧のみなさん、ブイシックスでーーーす」と全員で、だけど途中から岡田がついて行けず。健ちゃん、井ノ原に「言えた?言えた?」ではなく岡田に向けないと。この健と言えない岡田がすんごくかわいかった(←未だ下2人ブーム続行中)。今回はスタジオインタビュー、PVメイキング、出張ガチャガチャの3本立て。いいね、10周年って。この言葉、今年に入って何度言ったことだろう。そしてこれから何度言うことだろう。ああ、幸せ。

スタジオインタビューは「Orange」の説明から。もちろんトニ@後列が担当。カミ@前列はだんまり。これぞブイシーーーックス!! 「ホールドアップダウン」の主題歌ってことでちょっとだけ映像が流れる。おお、森田さんの「イエス様」初めて聞いたよ。儲け儲け。

10周年記念インタビューは井ノ原が胡散臭さを大爆発させてた(←これ大好物)。カミに「どうなのよ?」と振り、「横、行っちゃうぜ」と健の横に座ると。昔なら「来るなよ!!」だったろうに、今は「おー来たねー」とフレンドリーな森田さん。時間は優しいわね。健の答えは「10周年を迎えられてブイシックス幸せです」。「俺も幸せだぜー」と健に手を差し出す井ノ原。がちっとつかむ健。突っ込む森田さん。笑う岡田。見守る坂本くんと長野くん。いいね。Vだね。

出張ガチャガチャは坂本くんで決まり。「メンバーと1日だけ入れ替わるなら?」に不敵な笑顔を浮かべて「長野。お店の名刺、全部捨ててやる」と。それを長野くんに伝えたら、




「捨ててやる?(笑)。ひでぇやつだ」




だってさ。怖いーーーっっっ。怖いよーーーっっっ。目が笑ってないよーーーっっっ。坂本くん、逃げてーーーっっっ。

アホなアイドルがダボシャツ+ニッカポッカ、おまけにトラックに乗ってやってきた「浜ちゃんと!前編/長野博・三宅健」。やっと放送だよ!! ほんとにほんとに待ってたよ!! 浜ちゃんと一緒に回るのは焼肉屋6店。題して「焼肉部位6」。いい。こういうの大好き!!


1店目=タン塩/ダーツ対決。
浜ちゃんの4-20-50に対して、長野くんが19-27-0、健が0-0-15とだめコンビ健在。とくに健ちゃん中途半端(笑)。ここは最後まで0で行かないとさ。むかつく健の横で、美味い美味いと食べる浜ちゃんと長野くん。鬼だわ。そしてついにここで長野くんが焼肉奉行宣言。


2店目=ミスジ/ストップウォッチ10秒対決。
健=9秒84、長野くん=11秒03、浜ちゃん=10秒72で、唖然とするも奉行の血が騒いだ長野くんは「見てられない。焼くだけ焼いてあげる」と浜ちゃんの手を払う。本気だ。肉に対して本気だわ、この人。いやさ、奉行。リベンジ成功の健は「浜田兄やん!」と浜ちゃんに絡む。ああ、かわいい。


キム兄の出張料理コーナー/キムチ納豆チヂミ
あらー、キムキム兄やんは「健ちゃん」呼びなのね。何か嬉しかったり。ふふふ。浜ちゃんは「健」呼びだったね。一気にカミングセンチヂミーを口に入れる健に「熱いちゃうんか?」と言う浜ちゃんに「ふぁいひょうふ(大丈夫)」と返した健の顔が絶叫したくなるくらいかわいかった。うちわ買うよ。ライブフォトも買うし、下敷だって買う。


いやー、おもしろかったなー。3人で食べ歩き番組やってほしいくらい。来週が待ち遠しいよ。

あれ? いつから「正直しんどい」のこのあとすぐ! が流れるようになったの? びっくりしたー。

いつもおじゃましてるスマブログさんが「あなたの"Smap度"測定!」をやってらしたので、私も早速トライ。結果は、900pointで90パーセントだって。おおっ、まだまだスマファンだぜーーーっっっ。フォーーーッッッ。

DARS捕獲

2005.10.18


オンエア初日に捕獲できるなんて、自分でもびっくり。

毎日がカーニバル、毎日がフェスティバル、毎日がセレブレーション、とにかく毎日がそーーーれそれそれお祭りだーーーっっっ。ついに出ましたよーーーっっっ。握手会日程が出たんですーーーっっっ。正直、東京と大阪だけだと今度こそ思ってたんで、6会場もあってびっくりしたよ。東京(11月6日)がどんなことになるのか想像もつかないし、朝から握手会、夕方からコンサートってキツそうだけど、くっついてるから行ける人が多いんじゃないかな。私もそのひとりさー。そして10周年記念コンサートDVDのエンドロールに、11月1日イベントに参加したファンの名前をだだだーーーっと流すとな。あららー。そんなことを。

ここで、私の握手会とファンの名前の思い出を語りたい。

まずは握手会から。あれは、そう。シブがき隊のファンの頃のこと。少年隊に押されてシングルが売れなくなってしまい(←はっきり書くなよ)コンサート会場でシングルを買うと握手ができるという手段に出た。当時はそこまでしないとだめなのかーとか、そのシングル持ってるのになーとか思ったものさ。まだまだ世間知らず、いやジャニ知らずの甘ちゃんだったのよ。シングルで握手できるんだよ? 今なんてアルバムだよ、ア・ル・バ・ム。しかもイベントで買うそれには参加券がついてこないんだよ。ひー。

で、そんなかわいいことを思いながら、私は握手に挑んだわけですよ(←結局、握手にまどわされて買ったのだ。ちなみに「スシ食いねぇ!」の英語バージョン)。関係者通路での握手に泣けたものさ。フッくん、ヤッくん、モッくんの順にならんでたかなー。あんまり緊張しすぎて覚えてないのよ。それどころか、第一関節をそっとさわっただけで終わっちゃったんだよ!! 握手じゃなくて、おさわりと言っても過言ではないわ。ああ、苦ひ思い出。

それを踏まえて、今度はきちんと握手できたらいいなとそんな風に僕は思う。多分、無理(笑)。

次は名前。福山くんがそれこそ10年前に「M-COLLECTION WE'RE BROS. SPECIAL'95」というのをやったんだわ。5会場だったかな? 私は横アリを見事に外し、大阪城ホールへ行ったのよ。そのときの特典が参加した10万人の名前を載せた何か(←さすがに忘れた)を発売する、だったんだよね。席に紙が置いてあって、日付と名前を書いて、箱に投函して終わり。その作業はいたって簡単だったのに福山くんがラジオ以外の活動を休止してしてしまったんで、それがツアーパンフとなって手元に来たのは実に3年後だった。見つけるのもひと苦労だったな。私の名前なー。ありそうでないんだよなー。まあ記念なんでね。そうなったら、そうしたい。

放送されていない秋田県の女子高生に「中居くんが出てた」と言われてしまった「学校へ行こう!MAX」。おっと、森田さんが完全にまるがりーただわ。いやだ。かわいい。ふふふ。まずは、"ニッポンの悩める学生/女子硬式野球部を広めたい"。「女ゴジラ(オナゴジラ)が低迷してる野球界を救う」と言い切った野球が苦手な森田さんとジャニーズの新庄=坂本くんが女子硬式野球部の腕前を確かめることに。思いっきり投げた坂本くんの99キロも十分だったけど、エースの娘の101キロはすごかったわ。音が違うんだよなー。すぱーーーん!! って響くんだもの。

実力がわかったところで実戦勝負に。Vが勝てば愛の千本ノック。Vが負ければ女子部に焼肉をおごることに。愛の千本ノックはきっと坂本くんと森田さんがするんだったんだろうけど、森田さんは当たるまで時間がかかる+絶対にあきるから、坂本くんが800本くらい受け持たなくちゃいけなかったかもしれない。そんなことになったら坂本くん死んじゃうーーーっっっ。トップバッターは「今日、財布持ってきてないから」とあっさり言ってのけた超草野球の森田剛さん(26)。わかってた。ああ、わかってたさ。絶対に打てないって。せめて、ぶーーーん、ぶーーーん、ぶーーーんの空振り三振であってほしかった。見逃しって。坂本くんに「自信ある?」と聞かれて「ねぇよ!!そんなの!!」って言ってたけど、あれは本気で余裕がなかったと見た。でもさ。こっちはほれ、ジャニーズの新庄がいるから。ほーら、かっきーーーんと打ったではないの!! センター越えよ!! だけど、アウトよ!! 森田さんが言うところのじーさまみたいな走り方だもの!! いや、あの走り方、すんげー好きだ。

結局、2人ともだめだめだったんで25人に焼肉をおごることに。そこで2人は帰ってスタジオでみのさんから請求書が手渡されるのかと思ったら、ちゃんとその場にいたのね。いいなー。うらやましい。ここですんごいことが発覚。森田さんの緊張を解く方法は小指を噛むこと。うーーーそーーーだーーー(笑)。

次は足がポキポキ鳴っても関係ないじゃーーーん、の"足ポキ仲間"。おー。懐かしの石垣島ではないか。イルカさんだよーーーっっっ。宣伝カーに乗って、足ポキ仲間を探す坂本くんと岡田。そして集めた568人で足ポキ一本締めですよ。すげー。実は私も足ポキなのだ。曲げるとポキッではなく、ひねるとポキッなんだけどね。ほんとにいくらでも鳴るよ。

最後はお蔵かーとあきらめていた"ニッポンの特技を持つ学生/陶芸"。これも「オトセン」だよー。何だか見たくなってきた。10周年が落ちついたら「ミミセン」から見ようかな。伝わるねー、バシバシ来てるねーの森田さんが思いついちゃったんで剛健で新婚の満里奈さんに作品をプレゼントすることに。本日の絶叫ポイントはここ。




健の血管。




すばらしい。坊主でゴーストもよかったんだけど、浮き出る血管には勝てんかった。夫婦茶碗、うまくできてたね。森田さんのは味があったわ。

長野博と三宅健がそれぞれ本領発揮した「浜ちゃんと!」、井ノ原が胡散臭かった「Channel-a」、きっとPVだけだと思うんだけど、一応録った新潟ローカル番組「J商店」の感想は明日にでも。そう。今日はVで4番組もあったのだ。幸せー。

24歳の誕生日おめでとう

2005.10.17


滝沢と翼って何か20歳とか21歳な感じがするんだよな。そうか、もう24歳なんだ。早いねー。私の翼に対するイメージは冷静なお茶目さんかなー。これからも翼の世界を堪能させておくれね。翼魂、ほんとに好みで楽しかったぞ。

さて。翼と言えば、トニだ(←唐突)。前回の「ちぎれた翼」では「翼はもーーーいらーない~♪」と歌っておきながら今回の「INNOCENCE」では「翼を信じてる」んだって。あんたらどんだけ翼が好きなのかと。そろそろ「V6 NEXT GENERATION」も500回。該当の回はカミセンとして、その前後に同じ名前を持つ今井翼をゲストに呼んだって。同じavexだしさ。つもる話もあるっしょ。

トニと言えば、長野くんだ(←間違ってない)。北海道のテレビ(どこの局か知りませんの)に長野くんが登場したとか。ああ、新日本海フェリーに飛び乗って北海道に行きたかったよー!! 長野くんをチェックしたかったさー!! この間は仙台のテレビ(こっちもどこの局か知りませんの)に健ちゃんが出たんだよね。友達に頼めばよかったと、たった今気づいたよ。もう私のバカ! バカ!! もひとつおまけにバカ!!! もうひとつ、長野くん。「世界まる見え!テレビ特捜部 」は、ああいう映像がどうにもこうにも苦手なので最初の5分しか見なかったよ。あとで長野くんだけ見る。本気でだめなんだもの。

月曜恒例と言えば、「ネプリーグ」(←Don't touch me)。"ファイブツアーズ"で、井ノ原の名前が読めるかという問題が出たわ。「たまごさん」の有賀さつきだっただけに読めるか心配だったんだけど、一発で正解してくれたよ。よかった。「Mステ」のアシスタントしてたもんな。問題になったってことはよ、そのうち解答者として登場してもおかしくはないってことよね。いや、前触れかもしれなくてよ。本気で出てほしいわ。頼むよ、フジ。

今日のJohnny's web/イノなき

2005.10.16


が。

が。

が。

合宿ーーーっっっ。

来ました、合宿ーーーっっっ。

すごいねー。本格的だねー。ああ、もうこれだけで8割方成功だな<10周年コンサート。すんげー楽しみ。楽しみー。

75分間

2005.10.16


一度もつながらないどころかNTTブロックを突破できなかったよ(涙)。代々木よ、どんだけ遠いのかと。あとはキャンセル待ちとチケ掲に張りつくしかないわな。がんばーーーるさ。負け…そうだけどな。

坂本くんのコメントが流れるっということで初めてFM PORT(新潟のFM局)に合わせ「Night i」なる番組を聞いた。いやー。すんげー番組だったわ。何つーか、脳がわちゃわちゃするような感じ。頼むから次からはFM新潟にしてくれ。で、根性で聞いた坂本くんのコメント(反響してたんでスタジオで収録したっぽい)は「Orange」「ホールドアップダウン」の宣伝、そしてパーソナリティーに恋の質問だった(定番らしい)。そのネタ(友達に好きな人を取られた)死ぬほど聞いたよ。そういや、新潟で「ホールドアップダウン」の試写会やるんだよね。やるとは思わなかったんでびっくりだよ。

ついに絶縁となってしまった「義経・41/兄弟絶縁」。義経が刀をしゃきーーーんと抜いたところもよかったんだけど、今回は重衡@細川茂樹と輔子@戸田菜穂だな。戸田菜穂、儚くて綺麗だったわー。義経と静も儚くて切ないけど、大人の色が足りんのだ。

ドタバタコメディーかと思ったら結構シリアスだった「野ブタ。をプロデュース・1/いじめられっ子転校生を人気者に 」。ほんとだ。あちこちで言われてる通り、山下の彰はキング@IWGPだわ。まあちょっと無理があるけども。さすがに「だっちゃ」はないだろう。気楽に見れない学校のシーンは教頭@夏木マリが救いの神。あとはほんのちょっとしか出てこなかったけど、修二@亀梨の家族がいいねー。中島裕翔、こういうの合ってるんじゃないかい? 期待の「青春アミーゴ」は昭和のテイスト満載。きっと坂本くんも好きだよ。

あららららら、あらー。一列に座ることになったのねん、な「新堂本兄弟/真島茂樹」。最初もこんな感じだったね。きっとそのうちまた2段になるんだろうけどさ。これ、いつ収録されたのかな。光ちゃんの髪型、すんごくいい。前髪がちょっとぱっくりっていう、おでこチラリズムがいいのよ。がーーーんと御開帳はあまり好みではないのだ。「マツケンサンバⅡ」振り付け講座、光ちゃんのピルエットがすごく綺麗だったね。軸が全然ブレてない。さすがだわ。そして、剛。あんなに笑顔で踊られると、この言葉を言いたくなるのよ。もっともっと踊って!! 私、あんたのダンスがすんげー好きなんだよ!!

最後に。真島先生はプロだね。

事件は会議室で起きてるんじゃない。現場で起きてるんだ!!

2005.10.15


名言だな。

長野くんの髪型が気に入らない、早く伸びればいいのに、などといちゃもんつけている私が一番納得できないのは自分の髪型である。すてきにボサボサで、かなりふくれあがってるのだ。さっさと切ればいいのにそれをしないのは、通ってる美容院が誕生月割引をやっているから。たいした額じゃないけど、10周年というビッグウェーブを乗り切るには、こうしたところから節約しなくてはいけないのよ。

だから早く11月1日にならないかなーなんて思っていた。デビュー日にVが動かないはずがないと踏んでいたのに、それとこれがどうにも結び付かなかった。イベントが運良く当たった場合、美容院に行く時間がないということに気づいたのはついさっきのこと(←遅すぎ)。のーーーっっっ。節約してボサボサのまま代々木に行くのか、それともすっきりさわやかで挑むのか。レベルの低い選択にめまいがしたわ。

レギ以外で毎週Vが見れる幸せ。先月最終週は週の最高視聴率をたたき出した「東京フレンドパークⅡ」。今月第1週は「Mステ」、来週「うたばん」、再来週「めちゃイケ」、その翌週からはツアースタート。ひー。この10周年があれば、3年は持つな。うん。

そして今週は「CDTV」。カメラワークがちょっとあれだったけど(もっと引いた画がほしかったのー)曲紹介は最高だった。失敗後、笑顔で声を揃える6人に和みまくったよ。明日、頑張ろうって思った(明日は代々木他会場の一般発売日)。私の下2人ブームは依然継続中。「穏やかに~♪」の岡田の横顔にくらっとし、最後「今ノリにノッてるブイシックスでーーーす」と言う健がかわいくて仕方なかったわ。

一度使ってみたかった言葉

2005.10.14


満を持して、それに手を出す。

昼前、えみさんから「何かきたよ~」というタイトルのメールが飛んできた。何が来たのかと思ったら、11月1日にデビューイベントをするというお知らせはがきだって言うではないか。そのときが来た。今しかない。




想定の範囲内だ。




使っちゃった。てへ。

その参加条件が通常盤と内容が一緒の限定記念アルバム、だけど握手券はつかないわよの購入までは思いつかなかったけどね。ふふふ。気になるのは、その限定記念アルバムがどうやって手元に来るのかってことだわね。入場時にスタッフのみなさんから手渡されるのか、それとも退場時にVから、もしくはスタッフのみなさんからなのか。トニイベのようなサプライズに期待。

今朝、新聞を見るまで放送されることすら知らなかった「"ドラゴン桜"東大受験(秘)テクニック総伝授SP」をチェック。そのまま流れで「花より男子」の予告を見る。ほほぅ。何かおもしろそうだね。私は原作を読んだことがない(ついでに言えば「NANA」もない。少女マンガ界からすっかり遠ざかってしまったな)ので、主人公がモテモテの4人にちやほやされるんだとばかり思ってたよ。まったく逆なのね。よし。チェック決定。

振込完了

2005.10.13


昨日やっと結論を出し、今日振り込んできた。すべては今年のため、そして来年のため。

ちょっと見てみるかー、と「ブラザー☆ビート」をチェック。田中美佐子がハルさんだったり、3兄弟だったり、赤井英和だったりと、たまげるほど「セカンド・チャンス」だなと思ったら、脚本が小松さんなんだね。なるほど。合コンで限界が到来したさ。

帰ってきた「美味でございますー」の「大奥-華の乱-1/修羅場」。まー、何というか、それしか考えることねーのかって感じだったわ。設定もちょっと無理があったしさ。おまけに私は内山くん(by中居)がちょっと苦手なんで、前回ほど真剣には見れなかったわ。

シュークリームは2つが限界、の「VVV6・東京VシュランⅡ/シュークリーム:長野・小沢真珠 vs 森田・井筒和幸」。青と黒の衣装が「救命病棟」の進藤先生@江口洋介のようだった森田さんと井筒監督のツーショ。いやだ、うまく収まってるじゃないのさ。一方、長野くんは今日も胸元を強調ですよ。デパ地下で食べる寸前の立ち姿がすんげよかった。あとは髪型だな。

テストデータは、もちろんジャニーズ

2005.10.12


今朝起きたら、8時でびっくり。マツケン再婚にもびっくり。その嫁のデビュー曲を歌える自分にはもっとびっくり。やー、久し振りに松本友里の名前を聞いたわ。デビュー曲は振りも覚えてるけど、「とくダネ!」で流れた「飛んで火に入る恋の虫」まではさすがに覚えてなかった。「飛んで火に入る夏の令嬢」なら完璧だけど。マイナーすぎたな。売れなかったもんなー。

さあ、アイドル3誌ですよ。すべてVが表紙ですよ。「POTATO」なんて無駄にキラキラですよ。ゴージャス。今度の表紙。リアル。キミもすぐに体験。もう自分が嫌になってきたよ(笑)。わかる方、いるかなー。今年に入ってから森田さんが言うところの10年を無理矢理振り返りまくってきたわけだけど、きっとこれが最後だと思うと感慨深いね。来月は来年の抱負とか語るような気がするのさ。

まずは元の場所に戻した「Wink up」から。表紙より目次の笑顔バージョンの方が好きだな。表紙のは坂本くんと長野くんが正直怖い。

"V6 TIME"については森田さんの「(メンバーに対して)感謝の気持ちを口にするのはもっとあとがいい」っていうのが一番響いた。まだまだ6人で行くっていう決意に満ち満ちてるからさ。あとは長野くんの「さっき、ごはん食べてたのにまた食べてるの? っていうヤツもいる」。それって、自分(略)。

中盤に控えしは、10年分の表紙が勢揃いでスタートする"6人の成長記録"。表紙はこれが全部かなと思ったんだけど、よくよく見たらカミ初のアジアツアーあたりのがなかった。あれ、好きだったんで覚えてるんだよね。この中だったら一番右の上から3つ目。Vならその隣だな。

ぱらっとめくると、井ノ原×森田、坂本×三宅、長野×岡田のスペサルトークが。この組み合わせ好きだ。というか、どの組み合わせも好きだぜ。おおぅ。ピースしてる現在の写真が一番いい顔してるね。10年間、ちゃんと地に足をつけて頑張ってきた顔。とくに「わかった、わかったよ。あんたは一生かわいいよ!!」の三宅健と、びっくりするほど穏やかな井ノ原快彦がいい。トークは「健ちゃん、健ちゃん」と保護者以外の何者でもない坂本くん(坂本くんがこういう言い方を向けるのって健だけだよね)と、10年経っても長野くんラヴな岡田。

またもやぱらっとめくって、先輩後輩からのメッセージ。ああ、苦楽を共にした城島、山口、太一からのコメントもほしかったよ。すんごいコアそう。だから載せられなかったりして。まさかね。まさか。TOKIO、キンキは別格として、ちょっと視界をかすませたのが滝沢。「6人が手を取り合って」がさー。そこから始まったんだね。それと別の意味で大野。「Theme of Coming Century」は忘れんだろ(笑)。

お次は「Duet」。表紙は三宅健で決まり。一発買い。こっちは6人勢揃いトーク。健の「拍手に感動」に感動した。みんながいる前で言ってくれたっていうのと、あのとき(=1VV)の拍手を思い出して。DVDは8VVだからもう自分の記憶でしかないんだけど、あのときの拍手はほんとによかったんだよね。当時のコンレポにも、

最後、沸き起こったあの拍手は本物。

こういう拍手の起こる空間にいることができてよかった。

って書いてるしね。

ここでやっと袋とじを開ける。袋とじ嫌いだーーーっっっ。もうやめてーーーっっっ。いやいや、岡田、三宅、森田のデビュー当時の体重にびっくりだ。軽すぎだよ。森田さんは今も50キロ切ってるんだもんなー。トニの体重を見ると安心するよ。そのくらいかな(ええーーーっっっ)。

最後はキラキラの「POTATO」。振り返りすぎて10周年ネタがなくなったのか、新曲、映画、コンサートの3本立て。森田さんに「10周年、大変だよ」と言ったのは絶対に松岡だね。岡田が長野くんにLOVEを送ってる"ありがとうのほん"は読み応えたっぷり。特筆すべきはテーマに沿ってメンバーが選ぶV6 SONG。やっぱり三宅健はすばらしいね。10周年コンサート実行委員長に任命しただけのことはある。

初めて手にした「+act」。すてきにお高いけど、10周年だから。ね。お目当ては森田さんとSABU監督の対談なんだけど、微妙にネタバレしてるんで途中でやめたわ。映画見てからにするよ。

+act購入

2005.10.11


感想はアイドル3誌と一緒に明日。

6時台、7時台が同じ映像だとわかっていても仕掛けてしまう自分がとても悲しい。何とかならんもんなのか<フジ。「F2」終了は本当に痛いね。復活嘆願署名活動したいくらいだよ。うぅ。

というわけで、渋谷にV6ミュージアム出現&釜山に日本のアイドル登場、ですよ。今回は「朝ズバッ」と「やじうまプラス」のツートップですわね。「朝ズバッ」なんてトップだよ、トップ。ありがたや、ありがたや。みのさん、ほんとにありがたや。その「朝ズバッ」はミュージアム中心。あの看板というか、壁画というか、どでかいんだね。もっと小さいかと思ってたよ。まあどんな大きさでもやることはひとつだわな。るるる。「やじうまプラス」は釜山映画祭中心。バスの中にカメラ入れたのってここだけなのかな。すばらしすぎるね。コンサートリハーサル中なのに練習してた(by坂本くん)ハングルでの自己紹介も流してくれたし、すごく満足っす。

ミュージアムに関してはアホなプラン立てちまったぜ。で、えみさんをそれに巻き込んだぜ。てへ。

自転車かっ飛ばして「Orange」をフライング。初回限定盤Aのジャケ、すんげー好みよ。健と岡田がいいんだわ(←PV解禁以来、下2人に目が行ってしまうのでR)。その限定Aの特定DVD。内容を知らなかったんで「Orange」のPV、もしくはそれ+メイキングかなーなんて思ってたら「ホールドアップダウン」の前日設定でただ構内を歩くだけだった。コンセプトはおもしろいんだけど、いかんせん画面が揺れ揺れでちょっとキツイかな。

新潟では今日やっと「浜ちゃんと!」で長野くんと健の予告が流れる(時間は25時あたりか)。Cai-Kuさんからの早レポも手伝ってテンション上がりまくりさー。カモン、焼肉奉行。

ちょっと早いけど

2005.10.10


自分への誕生日プレゼント(私は自分を甘やかすのが大好き)として携帯を買った。正直なところ昨日まではカタログをぱらっと見た限りでアタックがくるものがなかったんで、それなら無料電池パックサービスを受けようと思っていたんだけど、ちょっとこれいいかもというのを見つけたので、体調が回復した今日リサーチの旅へ出た。いつもの百貨店、家電屋を回ったんだけど、すべて同一値段だったんで、これはもうちょっと待った方がいいなと思いつつDoCoMoショップへ飛び込んだら。あらら。あれやこれやとつけたり何だりしたら、諭吉が1人いなくなったではないか。お買い物チャンス到来。あっさりと決めてしまったんだな。リサーチだけと予定だったんで、ぱかっと開ければ光ちゃん@ロミオ、メールが飛んでくれば「AMBITIOUS JAPAN!」と全身全霊ジャニオタ Yeah! だったけど、担当してくれた方(♂)が見ない振り、聞かない振りをしてくれたので嫌な汗をかかずに済んだわ。

というわけで、今日からおニュー携帯、その名も森田くん2号、もしくは三宅くんと日々過ごしていこうと思う。んふふ。まずは、着うたよーーーん。

現代シーンを紺野まひるではなく原田美枝子にしてくれて本当によかったと思った「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」。老けメイクじゃ涙が引っ込むってなもんよ。とにかく吾郎の語りかけナレーションが優しく、そして切なかった。淡々とした語りが返って胸に迫ってくるんだな。すーっと落ちる涙が儚くて綺麗だったわ。ここまで吾郎の演技に引き込まれたのは初めて。本当に見てよかった。

書き忘れた

2005.10.09


そろそろカップリング流すかなーと思い、ちょっとだけ昨日の「V6 NEXT GENERATION」をチェック。まだだったか。ということは、久し振りにCDが初聞きになるのだね。

いや、書き忘れたのはこれじゃない。今回、ヒロシの誕生日をお祝いしたんだけど、井ノ原に「はい、一言」と振られたヒロシが




「あなたが好きでーーーす」




と、チャン・ドンゴンの真似をしたのだ。ぎゃーーーっっっ。カミではなく、ヒロシで実現したわーーーっっっ。すんげー、血がめぐったよ。らららー。是が非でも、生で聞かせてくれ。頼む。





Recent Entries