夏が終わる

2006.08.31


あれだけセニョリータを抱き締めたい山下を録りまくったというのに、フィーバーしてる山下には触手が動かない。だから月曜の「HEY!HEY!HEY!」も、昨日の「はねるのとびら」も、今日の「うたばん」も見ただけだ。立派なファンではないか(笑)。いやいや、「うたばん」ででんじろう博士が見れるとは思わなんだ。キンキのときにもぜひ。

このときかなー、かっちゃんが「俺の弟子がいない」って言ったのは、の「VVV6・東京VシュランⅡ/ハンバーグ:坂本・坂井真紀 vs 岡田・勝俣州和」。岡田がかっちゃんのレベルに合わせてると思ってたのに、しっかりと裏切るんだもんなー。「三宅くんは俺にとって大切」と言いきり、最後には「三宅くん!!三宅くん!!」と連呼したかっちゃんに大笑いしたよ。岡田、グッジョブ。一方の坂本くんはパパ呼ばわりされてたけど(笑)、いい感じだったんでないかい? この2人、同い年だよね。と思ったら1歳上だった。あら、びっくり。

嵐@横アリに長野くん、井ノ原、健ちゃんが現れたそうで。明日から大阪でコンサートだってのにすごいな。とくに健ちゃんは韓国に行ってるんだよね。すごいよ、ほんと。

そして私はすっかりと「グッデイ!!」の振りを忘れてしまったので「COSMIC RESCUE」を見てる場合ではない(実はまた激ハマりしてるのだ)と気づき、DVDを引っ張り出した。腱鞘炎になるんじゃないかってくらい練習したのにまだ体得できないよ。この人たち、細かいところが微妙に違うんだもの(笑)。

気づけば寝てた(笑)

2006.08.30


コンサート事務局から、はがきが舞い込んできた。手に取って最初に飛び込んできた文字が「マリンメッセ福岡」。も、も、もしかしたらカミコン!? と心臓が跳ね上がり、次に飛び込んできた「堂本光一」にほっとしたものの、すぐに再追加!? とまたもや動揺し、その後やっと

光ちゃん=プレイガイド発売決定
えんどりさん=秋公演案内

とわかった。いや、本気であせったわ(笑)。

7年前の今日

2006.08.29


初めて横アリでキンキを見た。北スタンド1列目。隣は櫻井チェスト翔のうちわを持ったお嬢さん。まだVに落ちてなかった夏。

「抱いてセニョリータ」で目が覚めた今朝、うすらぼんやりとしながらテレビをつけたら健ちゃんがドーーーン!! しくった。「ずーみん」録ってない(涙)。でも、大丈夫さ。神様の「2時ピタッ」があるもの(「めざましテレビ」もあるよー)。

というわけで、健ちゃん@親指韓国試写会ですよ。健ちゃん、髪伸びたね(←そこか)。キャリーバッグ引いてる姿とか(ってこれ試写会じゃないし)、韓国語で挨拶とか、テレサテン似の女優さん登場にわく客席に向かって「みんな、嫉妬したんだろ?」とか、萌えポインツ満載。最高到達点は突き上げた花束から落ちた花がこつんと前髪に当たったところだな。あれはかわいかった。

「だまって俺について来い」に「ぎゃーーーっっっ」と叫んだ「学校へ行こう!MAX」。でも、リアルで言われたらグーで鼻を殴ること間違いなし。うむ。

そんなことはどうでもいいんだ。長野くんの「坂本っちゃん、期待してるぜー」がニンともカンとも違和感だった"世界を目指すバレエ学生を応援"。何か違う。何かヒロシじゃない(笑)。彼女に限らず、15、16歳で自分の進みたい道を決めて自分なりに歩いてる子たちに「よく決断したよね」とか言うけど、私からしたら坂本くんたちもそうだよ。10代前半で芸能界に飛び込んでさ。取っ掛かりは自分の意志じゃないにしても、やろうと決めたのは自分でしょ。と、自分という単語を4連発させてしまいました。だめね。

で、私は思うわけですよ(←来たよ)。プリマに憧れる女子学生がいるように、ジャニに憧れる男子学生だっているはずだ。そう、




ジャニーズジュニア1日体験




をやればいいのだ。ダンスレッスンはサンチェ先生にやってもらうのが筋かもしれないけど、これはVの番組なんでVでお願いしたい。坂本くんが講師の場合「本気でやれよ!!」とか「やってくれるよな…」とか見れるかもね。きゃー(笑)。灘6と少々被るのはご愛嬌ってことで。ひとつ。

荒川静香を姉さん呼ばわりしたのにはびっくりした"超スポーツ高校がどんなところか見てみたい"。すごいねー。本当にすごい。何から何まで強いんだね。うちの高校はあの部とこの部(隠してみた)くらいだったもんなー。

ジャージをきっちりズボンに in した森田さん、バレーボールではインベーダーレシーブを披露するわ、陸上では死ぬほどフライングしたのに負けるわ、柔道では「女にする」と意気込んだくせに内股されるわ、ゴルフでは空振りばっかだわ、いいとこなさすぎて、だけどそのいいとこなさすぎなところが女心をくすぐるわけだ(笑)。「勝ちたかったんだもん」ってさ。

一方、坂本くん。バレーボールでは元バレー部の看板を上げたわりにかすりもしなかったものの、ゴルフはなかなかの腕とお見受けした。フォーム、綺麗だったね。ギャラリーをすべて森田さんに持っていかれ、ぽつーんとしてる姿は哀愁があってよかった。

コンタくん、ナイスプレイ

2006.08.28


ニワさんが似すぎて大笑いした「SMAP×SMAP」。どうして、中居さんはスマドラマになると最強のビジュアルを打ち出してくるんだろうか。横分け裾ハネは正直いただけなかったけど、それすらもフッ飛ばすビジュっぷりよ。いい。ローリーも含めてよかった。

ところで、間違い探し。中居の裾金が入ってると信じて疑わなかったよ(笑)。あれは正解なのねん。

三宅健の親指、岡田准一の木更津

2006.08.27


チャンネルnecoにて「親指さがし直前ナビ」を捕獲。やっぱりこの髪型(2005年夏)の健ちゃんはいいね。かっこよくて、かわいくて、どうしてくれようって感じ(笑)。とくに左肩に手を置かれるときに横顔。唇の形がすんげーいいんだわ。DVDになったら買うかもしれん。

映画で思い出した。今日、夏コンでもらってきたフライヤー(坂本@OZ、井ノ原@天国&イノなき本、三宅@親指、岡田@木更津)をファイリングしたんで改めてそれぞれをじっくりと見たんだけど「木更津」に橋下じゅんさん出るんだね。きゃっほーーーい。どんな役で出るんだろ(って本放送時に出てたりして)。こっちも絶対に見に行こうっと。

今年の「24時間テレビ」

2006.08.27


現代っ子というか、何というか。視聴者はもちろんのこと、本人たちをも泣かす場面だったろうにね。Vで手紙がなかったのは坂本くんと井ノ原が号泣しすぎると予想されたからに違いない。坂本くんなんて岡田が(←決まってるらしい)手紙を取り出した時点で涙ぼろぼろな感じするもんな。

結局、最後までおつきあいしたわけですが、徳さんが歴代マラソンランナーを読み上げたとき、みんな敬称略だったのに、達也は「TOKIOの山口くん」、森田さんにいたっては「V6の森田剛くん」とフルネームだったのにはちょっと笑ってしまった。何で?

さて。来年は区切りの30回目。満を持して、あのグループが出てくるような気がする。




カモン、タッキー&翼。




私は毎年ここが来るような気がしているんだけど、武道館に現れたこともないんだよね。スマはしんつよがやったばかりだし、TOKIOも最近だしさ。Vは……と、ここではたと気づく。来年、区切りの10周年を迎えるグループがいることを。たしかキンキって97年にやってるよね。ということは来年でちょうど10年。ひーーーっっっ。

マラソンランナーは(と話を逸らしてみる)「メンバーに囲まれゴールを喜ぶ」という図式が美しいので、NEWSか関ジャニあたりはどうだろうか。

今日のJohnny's web/Ken mail

2006.08.26


お昼前、携帯がちゃらりーんと鳴ったとき(って、鼻から牛乳~♪みたいだ(笑)。実際は「宙船」)、TOKIOの「Mステ」出演レポだなと勝手に思い、やいやいとオセロをしていた。いやね、最近めちゃくちゃハマってんのよ。勝てそうで絶対に勝てないMASTERに「きーーーっっっ」と叫びそうになったんで中断し、携帯をチェックしたら。あら。ま。健ちゃんじゃないのーーーっっっ。だだ下がりだったテンションがいきなりMAXになったわ(笑)。

「ケン」って、すんごいかわいいね。これが似合う27歳は、そうそういないと思うの。

ゴウ

コウイチ

ツヨシ

あら、それなりにかわいいじゃないのさ(笑)。剛はともかく、光ちゃんと森田さんがこれをやったら、「どどどどうしたの?何かあった?頭打った?」と心配しそうだけども。

大きいスクリーンで髪の長い健ちゃんを堪能したいんで、絶対に見にいくさ。

今治市職員さんグッジョブ

2006.08.26


青タオルは、職員の方が用意したんだってね。いいなー。すごくいい。

「24時間テレビ」で、やっとVとキンキのコメントを見たわ。それぞれがそれぞれらしくてよかったよ。

宇高グッジョブ

2006.08.25


何か、ミリオンの向こう側が見えてもおかしくない気がした「MUSIC STATION/TOKIO」。長瀬の声が中島みゆきの曲に、ここまでがっちりハマるとは思わなんだ。本当にいい曲だよね。中島みゆきと一発でわかるんだけど、ちゃんとTOKIOのものなんだよな。

「24時間テレビまであと1日」(正確なタイトルは忘れました)で、やっとVの「絆」を捕獲。Vとキンキは「絆」だけなのに、TOKIOと嵐は「24時間テレビ」まで言ってるんだね。この差は、あれか。レギ番を持ってるか、そうでないかなのか(←案外当たってそう)。とりあえず、本放送もチェックしてみるよ。

あらら

2006.08.25


カウンターが壊れてるわー。

横浜3勝

2006.08.24


地方(なぜ隠す)入れたら、5戦5勝ときたもんだ。ちょっとどころか、かなり怖い。すべては、チケが到着してからだな。うん。

ラーメン嫌いとラーメン命がコンビを組んだ「VVV6・東京VシュランⅡ/横浜ラーメン:長野・石原良純 vs 三宅・さくら」。ラーメン vs 石原良純というよりも、長野博 vs 石原良純だよね。そうか、とんこつ醤油なんてものがあるのか。知らなかった(←石原良純並み)。横浜では塩ラーメンがブームなのか。知らなかった(←石原良純並み)。そんな私の心を揺さぶったのは、塩ラーメンのスープを使ったお茶漬け。茶漬け命としては、見落とせんわな。

neco失敗

2006.08.23


最近、本当にスカパー録画に失敗するんだよね。次がラストチャンス、絶対に録ってみせるぜ。おおぅ。

現時点で、横アリ1勝。ほっとしたなり。

久し振りの雨

2006.08.22


しかも土砂降り。もはやスコールだね。おかげで30度までしか上がらず、非常に過ごしやすい1日だったわ。

先週とは打って変わって、1時間見応えがあった「学校へ行こう!MAX」。ポンポン部門というかわいらしい響きとは裏腹に、ダンシング! ダンシング!! だった"男子チアリーダー学生"。良くてチア練習だと思ったら、PV撮影までありましたよ。しかもドラマまで。男子生徒役ですよ。もうすぐ34歳と27歳が。森田ーーーっっっ。学生役やるならヒゲ剃ってこんかーーーい!! 対して、高校を卒業して軽く16年経っている長野くんがたいして違和感なかったのにはびっくり。恐るべし、長野博。

で、そのドラマ部分ですがね。

体育館の入口で、思わず練習風景を見入る森田さん。
 ↓
立ちすくむ森田さんに「何してんの?」と声をかける長野くん。
 ↓
「ん?」と我に返り、長野くんを見る森田さん。

はい、ストップ。はい、ここ。ここの表情に激萌えしたわ。あれはいい!! よすぎ!! 冒頭のサッカーしてるところもよかったんだよな。このPV、私らにも宝物だね。

チア部分は、長野くんが前髪から滴り落ちるくらい汗をかいてるのに、森田さんの何と涼しげなことよ。本当にちょっとやそっとや汗かかないよね。首をみぎーひだりーに振ってからがくっと下げるのもよかったんだけど、何と言っても指揮をするところ。あの後姿にすんごいどきどきした。あれ、好きだ。振り返らなくても平気なくらい、好きよ。ふふふ。

「TBSのブイシックス」ではなく「ジャニーズ事務所のブイシックス」と訂正した"信州版学校へ行こう!"。「出ていきません?」オファーに「生、弱いですからね」と逃げ腰になるデビューして11年を迎えるアイドル。いいの? それで。いいの? 坂本くん。「でも、ほら舞台とかやってるしさ、大丈夫だよ大丈夫」なんて思ったんだけど、さすが35歳。自分をちゃんとわかっていたね。坂本くん、いいところが……なかった(笑)。あそこまでテンパるとは思わなかったよ。貴重なものを見させていただきました。

一方の長野くんはノーミス。これはすごかった。本番に強いんだね。度胸があるというか肝が据わってるんだな。これぞ男前。

2006.08.21


キンキ捕獲。

今年、出るの?

大激闘

2006.08.21


絶賛Vコン大回転中だったんで、始まったことすら知らなかった今年の高校野球。久し振りに決勝戦を見たわ。うちは身内に早稲田をかじった人間がいるので早稲田派なんだけど、私が応援したのは駒大苫小牧。早稲田実業の斎藤はたしかにジャニファンの琴線にふれるような顔立ちだけど、追いかける立場より追われる立場を応援したくなるのよねん。

いやー、いい試合だったねー。苫小牧最後のバッターがエースの田中だなんて、その辺のドラマよりもよっぽどドラマティックだったよ。思い立ったが吉日、昨夜急遽甲子園に向かった知り合い(もちろんチケなし。並んで入ったそうな)から「感動の決勝戦でした」ってメールが飛んできたしさ。で、今、まさに今、「熱闘甲子園」を見て泣いてるわけですよ(笑)。鹿児島工のコウイチくん、いいね。

荒木大輔って甲子園におけるキーワードのひとつなんだな。今回、改めてそれを感じた。

どんだけ続くのかと

2006.08.20


えんどりさんの再追加ライブが決まりましたなー。しかも光ちゃん@ソロコンとだだ被り。あと1週遅らせることはできなかったのかな。こーれは悩むよね。うん、悩む。もしVコンの追加が決定し、10月末に代々木でやります、なんてことになったら禿げ上がるほど悩むよ<私。そしてやっとの思いで決めたとしても、当日まで「これでいいのかなー」と思い、終わってからも「あれでよかったのかなー」と思う気がする。

光ちゃんが「まさにスパイダー」と上手いことを言い放った「新堂本兄弟/ムッシュかまやつ&堺正章」。久し振りに、キンキの口から合宿所の話を聞いた気がする。そうか、笑ったら負け選手権に参加したのは井ノ原とTOKIOなのか。いたはずだよね、彼たち。参加してよ、カミ。

テンプレ

2006.08.20


2カラムを待っていたのさ。9月いっぱいは、これでいこうかと。

甲子園と箱根駅伝

2006.08.19


見るたびに、日本もまだまだ捨てたもんじゃないなと思う。

今週は、

前半=お盆に全力投球
後半=大飲みまくり大会

と、ジャニをおろそかにしていたので、今日はHDDの整理を兼ねてチェック、チェック、またチェック。まずは、森田さんの襟ががっつりと開いていた「学校へ行こう!MAX」から。「そこまで開かなくても」と思ってしまうほど、森田さんのそれはオープンだったわ。新鮮でよし。内容は、そうだなー。V不足のわりに、途中で寝ちゃったんだよね。がっつり森田さんがなかったら、多分消してると思う。

次、その森田さんが6歳児だった「VVV6・東京VシュランⅡ/ステーキ」。この30分の間に出てきた肉、私の年間消費量を軽く超えてたわ。見てるだけでお腹いっぱい、肉焼けしそうだった(笑)。

そんなことは置いといて、自称ヤセの大食いであり、新人の森田さんは、用意されたTシャツを「着ないよ。何で着ないといけないの?」と拒否したりとか、「岡田みたいなモヤシッ子と一緒にされたら」と言ってるわりに手が動いてなかったりとか、3軒目のワンポンドステーキを前にして顔を覆ったりとか、とても森田さんらしくてよかった。最初から、目が泳いでたよね。ああ、かわいい。るるる。

そして、「いってきます!」の森田さんに対して、

「2人を甘く見んじゃねーぞ」
「逃げ切れると思うなよ」
「お前は…」(←これ最高)

とさりげなくブチかます長野くんもよかった。

その後、今朝の「知っとこ!」をはじめ、その他ワイドショーを編集。「劇団演技者。」まで来たところで、一緒に見ていた母親が「翼も大人になったねー。もう23歳? 24歳?」と言ったので「25歳」と答えたら、「若いときのが見たいなー」と来たもんだ。人生の半分以上をジャニとともに歩んできたんだけど、ジュニアにはまったくもって興味がわかなかった。にもかかわらず、97年~99年の3年間、ジュニア番組を録りまくっていた。

なので、そのあたりにするかーと探していたら、「TOKIO KinKi V6 何が何でも日本一」(日本テレビ/1997.11.11放送)が目に飛び込んできたんでそれにしたわ。

坂本=ラーメンパーマ
長野=前髪が庇
井ノ原=ロン毛

と、ノーヒットのトニ、何も挑戦してなかったんだね(当時、それほどVに興味がなかったんで、気にもならなかった)。頼みの綱の野球も、剛のドキュメントコーナーだったんで、たいして映らないしさ。出たと思ったら、応援だけだし。反対に、カミというか森田さん出る、出る。泥んこサッカー、玉入れ、ペットボトル飛ばし、と出る、出る。どれも真剣な表情に萌えたわ。

ところで、どうしてこれにしたのかと言うと、光ちゃんのカートが入ってると思ったから。私の記憶によると、健ちゃんが長瀬につられて「光一」って呼び捨てしたんだよね。すぐに「あ、光一くん」と訂正したんだけどさ。それを確認したかったのさ。なかったけど。どこにあるんだろ。

最高気温34度

2006.08.18


涼しく感じたのは気のせいかしらー。

今日も飲み会だったので、滝翼の「Mステ」はHDD岡田くんの中。さすがにVから離れてるんで「サンダーバード-your voice-」を聞いたら「何なの?このかっこいい人たち!!」と本気で思った(笑)。

今まで生きてきた中で一番暑いです

2006.08.17


ここまで暑いと、髪の毛の水分も蒸発するって感じ。連日の暑さに髪がパサついて仕方ないわ。酷暑がおさまるまで、毎日トリートメントだな、こりゃ。

今日も友達と飲み会、そしてジャニな会話をした。特筆すべきは友達の義妹が放った「前の会社の近くで森田剛と三宅健を見たよ」だわね。何でもロケ現場に遭遇したらしい。




「2人ともすんごく小っちゃかったよ」




に理由もなく萌えた(笑)。

最高にあちー

2006.08.16


じりじりと肌が焼けていくのがわかったもの。本気で暑かったよ。

今日は友達と飲み会だったので(ちなみに明日も飲み会なのだ)、ジャニ関係はまったくチェックしてないのよ。あ、そうだ。その友達とジャニ会話したわ。


友A 「rinri、SMAPのコンサート行った?」
私 「行ってない(だってVコンだったんだもの←心の声)」
友A 「えー、絶対行ってると思った」
友B 「もうジャニーズはいいの?」
私 「いや、いいってわけじゃないけど」
友A 「行ってみたいんだよね、SMAPのコンサート」


来年は、こいつら誘ってスマコンかな(笑)。

あちー

2006.08.15


トップニュースに阻まれ、滝沢の半生舞台会見をリアルタイムで見ることができず、帰宅後はイトコとのバーベキュー大会に立ち向かったので、各ワイドショーはもちろんのこと、「学校へ行こう!MAX」もチェックできんかった。

唯一見たのは、「劇団演技者。フライヤー@THE BOY FROM OZ」。坂本くん、ビジュアル最高値だな。

超絶・絶叫・ライブフォト

2006.08.14


三宅ファンのかずこさんから、集合、森田さん、長野くん(えみさん分)のライブフォトが届いた。

最初に手に取ったのが集合の1枚目、井ノ原が「クリスマスでもないのにね」と言い放った赤ベースで白のラインが入ったスーツ=クリスマブイシックスが「それぞれの空」のラストで見上げるてるやつなんだけど、その森田さん@のどが最高にいい。ここ最近では、ナンバーワンと言ってもいいくらいのアングルよ。ああ、すてきー。すてきー。すてきー。

web clap

2006.08.14


イノうさ→水浴び長野くんに変更しました。涼しげでいいわー。

実は私も段持ちなのです

2006.08.13


昨日、今日と5時半過ぎに起きて、お盆の仕度やお墓掃除にいそしんだ。これからの予定は、

14日=弟帰省、祖母宅。
15日=従弟来訪、親戚でバーベキュー。
16日=友達とがっつり飲み会。

そしてカレンダー通り勤務と私にしては目詰まりなんだけど、この予定に狂いが生じた。さっき、キャラメルボックスを観劇してきた弟から電話があり、明日の予定やら何やらについて話をしていたら、突然「今、家の前なんだよね」と言われた。「はあ!?」と叫んだ次の瞬間、ぴんぽーんと鳴って二度びっくり。何でも私をだますためにずっと隠していたらしい。うう、ぬかった(笑)。

剛=ボケ、光ちゃん=ツッコミの図式はいつ頃だったんだっけ、思いながら見てた「新堂本兄弟/BONNIE PINK」。「俺は言えないけどピンク」「言えない部分がピンク」を筆頭に、美術を技術、分けてを負けてと間違う光ちゃんは、もはやさすがとしか言いようがない(笑)。そんな光ちゃんに「おじいちゃん、どうした?」と身を乗り出す剛がよかった。いいなー、キンキ。

今日のJohnny's web/クルマでグルメ

2006.08.12


だだをこねる坂本くん。手間がかかる子だと言い放つ長野くん。ブイシックス、大丈夫か?(笑)

いやいや、長野博の胃袋にはただただ感心するわ。すごいね、本当に。それにまんまと乗せられる坂本くんも、いろんな意味ですごいよ。

暴風雨

2006.08.12


台風が来たのかと思ったよ。

リニューアルしたはいいけど、ますますトニの存在価値がなくなった気がする「ニッポン!チャ×3」。「アスリート応援TV!」ってキャプは先週から外れてるんだっけ。「ジャンクSPORTS」形式をやめたのはいいと思うんだけど、司会者2人、メインゲスト3人、コメンテーター3人、トニ(今回は井ノ原)、TBSアナウンサー=10人と多すぎなんだよなー。MEGUMIか女子アナどっちかひとり、コメンテーター2人=8人でも多いくらいなのにさ。一番いいのは……ね。

なんて書いてるけど、その時間は先週の「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー・5/グレてやる!若頭の反抗期」をチェックしていた。ひかり@新垣結衣を前にすると、おどおど、たどたど、もじもじする真喜男@長瀬がいいねー。無視され、嫌われ、しまいにはグレる。かと思いきや、クラスの女子に説教され、ついでに「(ひかりは)嫌いじゃない」と教えてもらい、みんなに心配されてるとわかり、学級委員長としての任務を果たす。いい。マッキー、最高。そんな兄貴をひたすら慕う真鍋@田中もいいし、ヒロインとしての役割を完璧にこなしてるひかり@新垣結衣もいい。そしてこの回のお気に入りは、真喜男を説教した早紀@村川絵梨。「出たよ、桜小路」が秀逸だったわ。

続けて「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー・6/立ち上がれ組長!皆のために俺は走る!組の危機を救え」を。ここは、何と言ってもアグネスプリン争奪戦だわね。まさか校長先生公認だったとは(笑)。ひかり、桜小路@手越はともかく、星野@若葉竜也と伊吹@佐藤貴広の参加がいかにも学園モノって感じでよかった。星野はいいキャラになったなー。星野をフォローどころか、結果的に落としてる伊吹もよし。

この伊吹役の佐藤貴広、「金八先生」あたりで見たようなとずっと思ってて、今日やっと検索かけたらやっぱりそうだった。たしか泣き虫学級委員だよね。NEWSの加藤くんや増田くんたちと一緒かー。今は手越だし、そのうちNEWSを制覇するかもしれん。

しかし、エーゲにシチリア。そのうちシリリーなんて出てくるじゃなかろうか。そうなると赤のコートをひるがえすギャングスターが現れるわけだ。ふふふ。

死ぬほど今更ですが

2006.08.11


「JUSTICE@CD」を聞いた。

いやね、「SAMURAI 7」をHDD岡田くんで確保したから、そっちで聞けばいいやーなんて思っちゃったんだよね。でも「メントレG」のあと見るのがなくなっちゃったし、滝翼関連を編集するテンションまで到達しなかったんで、それじゃあちょっくら聞いてみようかなーと思い、2ヶ月の時間を超えて開封したの。ちなみにうちには未開封のCDがごろごろあるよ。「musicmind」の通常盤も開けてないし、「SNOW!SNOW!SNOW!」も開けてない。光ちゃんの「Deep in your heart」も限定盤は開けてないなー。私、買って満足するタイプなんだよね。

で、「JUSTICE」を聞いたわけですよ。知らなかった。知らなかったわ。




森田さんのソロがあることを。




もももも森田ーーーっっっ。と絶叫しそうになったのは言うまでもないわね。何ですか、あの超絶キャラメルボイスは。私、これがあれば、1週間飲まず食わずでも生きていけるわ。ふむ。シャレにならんな(笑)。もちろん森田さんだけでなく、健ちゃん、岡田にも大萌えまくり大会さ。

というわけで、遅れ馳せながらヘビーローテ中。そのうち寝っ転がって歌うやもしれぬ。

台所の後片付けやら何やらをしていたので、スマ&滝翼の「Mステ」はまたもやHDD岡田くんの中。今回の滝翼露出でリアルタイムで見たのは「ズバリ言うわよ!」だけだったな。何か、いやかなり間違ってる気がする(笑)。とりあえず、これで終わりになるのかなー。もしそうならこの休み中に1枚作っちゃうんだけどな。

ソロコン確保

2006.08.10


毎日録画設定にするかな。

と書いた次の日(つまり今日)健ちゃん単独インタビューを流すとは「2時ピタッ」お主も悪よのう(笑)。いやいや、ジャニーズの味方を通り越して神だな。何を忘れても、これさえ押さえておけばオールオッケーとまで思うようになってきたよ。滝翼、中居も引っ掛かって満足。ふふふ。

ちょっと髪型をアレンジした健ちゃんは、とても落ち着いて話していてすんげーかっこよかった。きゃーきゃー言ってる健ちゃんも好きだけど、こういう冷静な健ちゃんも好きよ。るん。ベスト盤、コンサート、そして映画と盛り沢山の5分間だったな。ちなみに「親指さがし」はひとりで見に行こうと思ったんだけど、草ファンの悦ちゃんが行く気になってくれてるんで一緒に行くつもり。

台所の片付けをしてたんで「うたばん」はHDD岡田くんの中。ちらっと見た時代劇、おもしろそうだったな<翼が中居を斬ってたね。

「VVV6」までぽっかりと時間が空いたので、岡田の「ナイナイサイズ」を見た。感情が欠けてるってよくわかる。あ、岡田が欠けてるんじゃなくて自分のことね。私も思うときがあるもの。

しかしこの岡田はかわいいな。今のぽわぽわした髪型、好きなのかもしれない。そして岡村に「納豆に負けてるんですよ」と言ったあとの顔がすこぶるド真ん中。あれー。もしかして私、久し振りに岡田祭りかね。ちなみにただいま、まさに今、岡田単独出演の「みなさんのおかげでした」「さしのみ」、そしてこの「ナイナイサイズ」をDVDに落としてます。

次に見たのが先週の「VVV6・東京VシュランⅡ/冷やし中華:長野・三船美佳 vs 森田・土田晃之」。長野バキュームは相変わらずの吸引力だわね。森田さんがなさすぎなのかもしれない。すすってないもの。はぅ!! 森田さん、もしや西村知美系? 土田に「ブイシックスの中でかわいそうな子」と言われてしまった森田さんは「夏の京都のようにさわやか」とかわいそうな発言をかまし、ついには「うん」のみですよ。いや、森田さんらしくてよし。

その後「ニッポン!チャ×3」を早送りでチェックし、リアルタイムで「VVV6・東京VシュランⅡ/しゃぶしゃぶ:三宅・研ナオコ vs 岡田・フッとボールアワー」を見る。うふほふしてる岡田を見る健ちゃんの目がすんごく優しくてよかった。岡田はテンション高め。あわびを食べて「すごい、これ。何だろ」は何とも岡田らしかったな。あわびだよ、岡田。

ブイシックス会報vol.56

2006.08.09


森田さん@表紙の表情がとっても穏やかで、何時間でも眺めていられると思ったわ。

ぱらっとめくって、坂本くん。おっと、その前に。今回は、ファン&メンバーからの質問に答えるという、会報における伝家の宝刀。

長野→坂本
森田→岡田
坂本→森田
井ノ原→三宅
三宅→長野
岡田→井ノ原

どうやって決めたんだろ、これ。

では、坂本くん。初っ端から衝撃発言に見舞われたわ。インターネットしてるって! 坂本くんがネットしてるってさ!! Johnny's webの入り方すら知らなかった坂本くんがネットしてるだなんて、これ以上の衝撃があるだろうか(笑)。変化は意志があるからこそ起こる現象だって言ってたの、誰だっけ。代々木MCで、坂本くんの私服が変わったってかなり耳にしたけど、これもちゃんと変わろうと思ってのことだったんだね。プラスに働いてるのが何よりだわ。

次、岡田。ああ、岡田だなと(笑)。ここは、森田さんの質問よ。「ジャージはセットアップが基本」。来ました。基本ですよ。ぜひ「Wink up」の伝言板で、光ちゃんに同じことを聞いていただきたい。「光一くん、ジャージはセットアップが基本ですよね?」と。

めくって森田さん。森田さんのファンに対するスタンスは不動だなー。まだ、それほど好きでもなかった頃(そんな頃があったのですよ)、こっちもまだジャニ記事を載せていた「JUNON」でファンに対しての思いを読んで、「森田、かっこいいじゃん」と思ったもんだ。森田さん、飽きずにコロコロ使ってるんだね。明日もコロコロるのかしら。ふふふ。

隣の健ちゃん。ここのポイントは2つ。「愛されたい」でも「愛したい」でもなく「愛しちゃう」んですってよ!! 健ちゃんらしいわー。いいわー。三宅健。井ノ原からの壮大な質問「将来どうしようか」に、井ノ原の養子になるときたもんだ。うん、それもいいんじゃない?(笑)

次は長野くん。普通。普通だわ。ファンとの一日企画に「チャーター機で海外」を上げてたけど、行って帰って終わりだと思うの。

最後は、井ノ原。「30歳だから」で片付けてしまうことが多い、にはびっくりした。健ちゃんへの質問といい、考える時期なのかもしれないね。

6人への質問=メンバーはどんな存在? に、岡田が「仲間」と言い切ってて、改めて岡田のVへの愛情を見たわ。

「親指さがし」の特集はスルー。真っ白のままで、スクリーンに挑みたいのさ。

前のページと同じ人だとは思えない「第32進海丸」特集。ぎっとした横顔の健ちゃん、男前だわー。全身全霊で立ち向かってる感じがする。すごくいいね。




Recent Entries