少年隊が40代

2006.09.30


東山、40歳の誕生日おめでとう。全後輩をこれからもよろしく。

自転車をきーこきーこと漕いで「B-PASS」と「ザ・テレビジョン」を買ってきたわ。「B-PASS」なんて、両手以上振りで買ったよ。載ってるアーティスト、総取っ替えになってた。だよな、私が買ってた頃ってジュンスカ現役だもんな。で、光ちゃん。これ、音楽雑誌だよね。写真集じゃないよね。16ページの真ん中いいなー。うつむいてるの、好きなんだよね。ライナーノーツはコンサートが終わってから読もうと思う。

ネスパス(表参道にある新潟県管轄の施設)が出てきてびっくりした「ズームイン!!サタデー」。緊張感を持たせるためにアドリブを入れるヒガシに対して、どんなネタでくるか教えてもらってないので「最悪です」と言い放つ森田さん。だけど、やっぱり遠慮がち。最後の占いで、うお座=準備を十分にしようと出た次の瞬間、須賀健太くんに「無理だ」と言われたのには笑った。ナイスツッコミ。

帰ってきたホームズ・エージェンシー、「喰いタンSP」。涼介@森田さんの愛すべきバカっぷりに、拍車がかかってたわ。

では、半年振りに今回の萌えを。

○40年振りの再会に涙。
○意外と情にもろいのね。
○仕事だからビジネスクラスを選択。
○親父ギャグだ(笑)。
○飛行機の離陸の感動し、小さく拍手。
○そういや、涼介はひとりで飛行機に乗れないんだったな(シリーズ第8話)。
○どうせなら、飛行機に乗るとき、靴を脱いでほしかった(笑)。
○「京子ちゃん@市川実日子、船がいるよ」の「よ」が抜群にいい。
○「フレンドだよ、フレンド」が日本語にしか聞こえなかった。
○金田一少年@須賀健太をまったく心配しない聖也@東山にじれじれ。
○チャン父に好かれてしまい、柱にしがみつくも羽交い締めの末、連行される。
○京子ちゃんに「淋しかった」と言われ、どきっ。
○それがうそだとわかり、がくっ。
○だからって「そりゃないぜ、ベイビー」はどうだろう。
○あ、相葉くん(リアルタイムでは見つけられず)。
○金田一父@吹越満に泣きながら電話する金田一少年に頭をがしがしとなでる。
○あら、涼介くん、かっこいいじゃないのさ。
○バイクからチャリにチェンジ。
○よたよたよたよたよたよたよたよたよたよた。
○おバカなのに仕事は早い。
○しかも的確。
○だけど、やっぱりどこか抜けていて、金田一父と一緒にとっ捕まる。
○また縛られる。
○ついに檻に入れられる。
○怪しい男として登場。
○ラジャッ。
○ラジャッって(笑)。
○抱き合う金田一親子を複雑な目で見る。
○涼介、なにかあんのかな。
○おお、アグネスプリン!!
○おお、パート2!!!

前半のテンポの良さにくらべ、後半はちょっとダレたかな。ヒガシのアクションシーン、もうちょっと短くてもいいかもしれない。

今回は、健太くんに泣かされたわ。泣きながら父親に電話するところもよかったんだけど、仕事について教えてもらうシーンは秀逸。嬉しくて嬉しくて仕方ない表情がすごくよくて泣けたのよね。

オーナーが伊東四朗、しかも兄弟(多分、双子だよね)なのは予想通りと言えば予想通りだけど、パート2はびっくりしたわー。やった。やったよ!! 涼介くんはもちろん、ホームズ・エージェンシーチーム(桃ちゃん@京野ことみ、五十嵐刑事@佐野史郎含む)が見れるのがすんごく嬉しい。来年が待ち遠しいぜ。

ブイブロック

2006.09.29


さあ、やってまいりました。羊な森田さんの喰いタン番宣でございます。新潟で捕獲できたのは、「ズームイン!!SUPER」「スッキリ」「午後は○○思いっきりテレビ」の3つ。この3つ、どれもよかったなー。

ずーみんぬいぐるみが本気でほしい「ずーみん」は、羽鳥アナの「(森田さん@花柄おパンツは)何かにおびえている」がよかった。これぞ、キラーパス。一口食べたあと、森田さんと須賀健太くんに食べさせるヒガシもよし。相変わらず、いい感じだなー。

森田さんが「見てくださん! 加藤さん!!」と名指し攻撃した「スッキリ」は、これまた加藤さんの「いつも静かだよね」「やる気ないだろ」が光り輝いていたわ。

「思いっきり」は、みのさんとの空気が絶妙だったな。

「ザ・ワイド」を含め、さっくりと編集したよん。明日は、「ズムサタ」だぜー。るるるーーーん。

それぞれがらしいと思ったベストアルバム特典オリジナルグッズ。

○坂本=オリジナルダーツケース&フライト
○長野=オリジナル茶碗(美濃焼)
○井ノ原=オリジナルパーカー
○森田=オリジナル眼鏡
○三宅=オリジナルキャップ
○岡田=オリジナルTシャツ

ほしいと思ったのが井ノ原のパーカー。井ノ原で応募してないんで、当たる以前の問題なんだけどね(笑)。

キンキブロック

2006.09.29


申し訳ないが光ちゃん、進化ではなく退化してると思うよ、の「LOVE LOVE 堂本兄弟10周年記念生放送SP」。生じゃなくてもいいよね。生である意味がどこにもないよ。結局、「LOVE×2」なんだよね。オープニングもそうだし、並び方もそう。スーパーセッションベスト100映像も、そっちの方が多い。そんなに逃れられないのなら、戻せばいいのに。スペシャルがあるたびに書いてるね、これ。空しいというか、淋しいわ。

よし、グチは書いたぞ。このあとは萌え羅列にGo!!

○「10年間で演奏した曲は何曲あるかな?」とテンションあげあげの光ちゃん。
○「973曲です」と冷静な剛。
読んだな!!←今日にホームランワード。
○えなりくんと衣装がだだ被りした光ちゃん。
○気合いの剛スパッツ。
○髪を切られる剛@96年。何か、ブイシックスに似てる。って、誰さ(笑)。
○またもや、「あの当時から応援してくれるファンはすごい」とホメられる我々。
○「変わらない」と言われ、まんざらでもない光ちゃん。
○トムさんに「いい意味じゃない」と言われたときの顔が絶品。
○オマリー最高。
○志村けん@98年に対し、非常にブラックな光ちゃん。
○広末の今の髪型いいなー。やってみたいけど、絶対に似合わないわ(涙)。
○「SUMEER SNOW」再放送を「一度見ちゃった」と嬉しそうな光ちゃん。
○「木更津キャッツアイ」再放送を見たと得意気だった森田さんを思い出した。
○「平井堅より5年早い慎吾の古時計」というテロップ。
○長渕剛の隣の堂本剛。男前すぎて倒れそうになった。
○一瞬どっちがどっちかわからなかった滝翼。
○おお!! J-FRIENDS!!
○トニが前列ときたか。カミがまったく見えないよー。
○あら、ぴーぽーぴーぽー@5人だわ。
○坂本くんは大阪でシェルブってたんだよね、このとき。

最後に、私のスーパーセッションベスト5を。

1.きよしこの夜@ギター初演奏(1996.12.21放送)
 後ろで見守る拓郎さんと泉谷御大がすごくいい。

2.MY WISH@光一初自作曲(1997.09.06放送)
 放送当時、「光一、天才」と思った。間違いなかった。

3.優しさを胸に抱いて@剛初自作曲(1997.07.05放送)
 剛曲ではこれが一番好き。

4.The Night before your Birthday(1998.07.18放送)
 もはや伝説。

5.愛のかたまり(2001.12.02放送)
 きっちりと残ってるのは、これだけなんだっけ?

ベスト100の上位10曲に集中してるなー。そして、ほとんどが「LOVE×2」と。別格は、中居@150回(1999.11.20放送)。これは、本当に特別なんだよね。

想定の範囲内(←死語?)だったキンキ冬コン日程。


○大阪ドーム
 2006年12月25日 18:30
 2006年12月26日 18:30

○東京ドーム
 2006年12月30日 17:30
 2006年12月31日 17:30
 2007年01月01日 17:30


今年も元日だけになりそうだわ。それより何より、来年の10周年、大丈夫だよね。ちゃんとやってくれるよね。

外回りしました

2006.09.29


営業ではなく。

今日は、「LOVE兄弟」(←端折りすぎ)、森田さん@喰いタン番宣に加え、キンキ冬コン日程発表、V@アルバム特典オリジナルグッズ発表と盛り沢山なので、キンキとVに分けてエントリーします。ふふふ。

今日のJohnny's web/トマゴト改

2006.09.28


森田さん@NEXUS先輩がスタッフと話している姿を見たということは、楽屋に寄るシステムを理解したってことなんだろうか(笑)。

ぽっぽ焼き

2006.09.28


新潟ソウルフードのひとつだと思う。超好き。

「人間は発光している」に「長野くんは"発光もしてますが、発砲もします"って言ったんだっけ」と思い出した「ジェネジャンSP/空前スピリチュアルブーム・最強カウンセラーと霊能者が壮絶バトル」。基本的に討論番組が好きではないので、何気なく見たって感じ。信じる人もいれば、信じない人もいる。ニュートラルでいいんじゃないの? がすべてだな。

久し振りにひーーーまーーーっっっ

2006.09.27


幸せ。

18時55分スタートの特性を存分に生かした「ありがとう10周年!超はなまるマーケット大感謝祭SP」。19時からレギ番SPが始まってしまう中居をその5分間に投入という、これ以上ない技を繰り出してきたわ。そしてそれに応えるかのように中居が抜群におもしろかった。ヤッくんのデーモン小暮、覚えてるよ(笑)。

チケット到着

2006.09.26


ツアースタートから約2週間、ようやく私の手元にミラチケがやってきたわ。アリーナとスタンドというアメとムチ、もしくはツンデレな結果となりました。

で、じっくりとグッズ表を見たら、あら? あらら? ネックレス=2,000円、リング=1,500円なのねー。ずっと、どちらも2,500円だと思ってたよ。合計5,000円が3,500円になったこの喜びとときめきをどうしてくれようか(笑)。

今日も目詰まりだったため、「驚きの嵐!世紀の実験学者も予測不可能SP」は、HDD@岡田くんの中。明日も無理だろうな(涙)。

今更ですが、「獣王星」

2006.09.26


昨日、最終回を迎えた「獣王星」 in 新潟。Cai-Kuさんに送っていただいたにもかかわらず、毎週毎週リアルタイム(開始時間はまちまちで、25時45分のときもあれば、26時5分もあった)でチェックし「いやーーーっっっ。どうなっちゃうのーーーっっっ」と身悶えしながら翌週を待った。たしか、私は自他ともに認めるドSだったはずなのだけど、本当はドMなのやもしれぬ。って、こんなところで発表してどうする(笑)。

で、「獣王星」。登場人物の中でダントツに苦手だったのがティズ。ああいう真っ直ぐで一途な女の子、昔から苦手なんだよね。カリムはどっちつかずだし、サードは胡散臭いし、トールもなー、免疫なかった分だけ恋愛一直線になるし。そう考えると、ザギが好きかもしれない。うん。

結局、原作を読まないまま見てしまったんだけど「ああ、端折ってるんだろうなー」と思う部分が結構あったわ。そして、最終回の死亡率にびっくりした。サードとザギはともかく、ティズは死ななくてもいいと思う。さすがにちょっとかわいそうだったよ。生まれ変わったトールはサードと見間違えるような容姿となり、名前のない女の子に「ティズ」と名づけていた。ええーーーっっっ。「砂の城」ですかーーーっっっ。まさか、トールがナタリーだったとは。

そんなトール@青年期をやり遂げた光ちゃん、とにかく軸が揺らがなかったね。初登場シーンを見たときと同じ感想になっちゃうけど、本当に上手かった。そして「獣王星」は、我々にいろいろな発見と萌え、そしてドでかいものをくれたね。

uxに電話した

2006.09.25


仕事でね。

がっつりと詰まっていたので「祝HEY!HEY!HEY!13年突入記念SP」は見れず。過去映像とかあったんかなー。あとでチェックするよん。

いきなりドライブ

2006.09.24


夕陽ばっかり撮ってたわ。

CM中に期待して録った「笑っていいとも!増刊号」はそれがなくてがっかり。一応、残すけどさ。背が伸びてる須賀健太くんにびっくりした「腹ぺこレシピ」はこれまた既出予告@喰いタンでがっかり。長野くんの「Moto GP 世界選手権第15戦日本グランプリ」はHDD@岡田くんの中。

というわけで、光ちゃん、その忘れっぷりはどうだろう、の「新堂本兄弟/松雪泰子」。さすがに心配なんだけど(笑)。

97年の映像、懐かしかったなー。この形、ほんと理想だわ。


「もずく嫌いか?」
「うん」


の会話が何ともほわーんとしてよかった。この形が無理なら、せめてキンキを並べてくれ。

剛のすき焼き話で出てきたスカイダイビングって、95年か96年の「かくし芸大会」だよね。97年はスマと「モータウンショー」だから、このどっちかの年だと思うんだ。

うぉーーーっっっ

2006.09.23


もしかして、と思ったのに録らなかった「ズームイン!!サタデー」。やっぱり出たのね、喰いタンチーム(涙)。午前中の番宣はもちろんやらなかったので(さらに涙)、録画隊に出動してもらったよ。

コンサート特集はできるだけ手元に残したいので「MYOJO」と「ポポロ」を購入。まずは森田さんの日記という、たまらん企画を実行してくれた「ポポロ」から。改めて思うのは、森田さん髪伸びるの早いよね。1年前、ぼうずっくりだったとは思えないよ。健ちゃんもこのくらい早く伸びてくれるといいんだけどな(笑)。あとは恒例ですが、ヒゲ剃って。頼むから。

さて、メインの日記。写真は井ノ原とサムズアップ@ドギ☆マギだわね。森田さんの表情が見えないのが惜しいけど、代わりに井ノ原のがあるからね。これ、ほんとに好き。

テキストは代々木と大阪を抜かす5か所が食メイン。長野くんかと(笑)。広島で出てきた衣装さんとは、激しく気が合いそうだわ。ふふふ。森田さんらしいのは、大阪(この時点でまだやってない)だな。「喜ぶことだけが」とさらっと言ってるけど、実際は想像以上に大変だと思う。

隠れたストライクゾーン=ブイシックスの近況は岡田がくれたサプリを「飲んでやった」のもよかったんだけど、長野くんのバスローブが頭ひとつ抜けてたね。あれ、気になってたのよ。毛玉じゃなくて柄が。森田さん、買ってやって。もうすぐ長野くんの誕生日よ。

次、すんごい久し振りに買った「MYOJO」。下手したら10周年よりもVIP待遇だったかもしれない。9ページだよ、9ページ。代々木、楽屋、広島と内容も充実してて言うことなし。100点。まず「ライブ中、メンバー内恋愛禁止」っていうキャプがいいね。これ、誰かがMCで言ったのかな。そうだとしたら、誰だ、こんなこと言ったの。ま、ひとりしかいないけどさ(笑)。

代々木:
91ページ中上の「愛メロちゃっちゃー」で決まり。井ノ原と健ちゃんの飛びっぷり、岡田の嬉しそうな顔がいい。切り取られたMCもいいんだよね。優勝は健ちゃんの「えーやだやだーー!!」でしょう。これが許される27歳は三宅健しかいないわ。

楽屋:
「ポポロ」で森田さんが話題にした長野くんのバスローブが。うーん、やっぱりうちのバスマットに似てる(ごめんね)。93ページ中下の森田さん眼鏡、井ノ原がソロでかけてるそれだよね。

広島:
それぞれのソロショットですよ。本当にいい仕事してるわ。すばらしすぎる。クリスマブイシックスでの、森田さんの顔の角度が秀逸。あと、モモだね。そうだよ、モモだよ。モモ、かわいいなー。

この特集の中で一番ガツンと来たのが井ノ原の「(坂本くん@ソロのバックで)5人が踊っているのを見ていて、毎回いいなーと思う」。そういう風に思える井ノ原、思わせる5人がすごくいい。ブイシックス、すごくいいね。

「井」に「、」で「丼」

2006.09.22


もしかしたら「めざましテレビ」に出るかも、と淡い期待をしてみた今回の番宣活動。予定通り「こたえてちょーだい」と「笑っていいとも」だったね。ちょっと残念。「こたちょ」は未だ見てないんで、ここではリアルタイムで見た「いいとも」の感想を。松平健と松雪泰子が出ると知ったとき、坂本くんはラスト3分に出てくると勝手に判断したんで、板前な坂本くん@金12には死ぬほどびっくりしたわ。いやー、ちょっと舞台入ってたけど、よかったんでないかい? マツケンと手をつなぐという、貴重なものも見れたしさ。

出ると踏んでいたラスト3分は、HDD@岡田くんで確認。山ちゃん@南海キャンディーズも出てるのに、すっぱりと忘れてる坂本くんに笑ったわ。後ろで「俺も!!」とアピールしている山ちゃんが悲しく、そしておいしかった。坂本くん、ナイスアシスト。

仕事を放り投げて挑んだ「VVV6・芸人おススメ日本一うまい丼決定戦SP」。しかし、さすがは金曜日。1週間分(と言っても、今週は4日出勤だったけど)の疲れがどっと押し寄せてしまい、森田さん登場までくーくーと寝てしまったわ(笑)。つまりは、それほどアタックがなかったってことだよね。

たとえば、6人を2-2-2に分けて、天丼、海鮮丼、カツ丼をそれぞれ調査して、極上の一品を他チームに紹介、でもよかったんじゃないかな。

例:
坂本・三宅=天丼
長野・森田=海鮮丼
井ノ原・岡田=カツ丼

坂本・三宅組が選んだ天丼を長野、井ノ原、森田、岡田が試食、長野・森田が選んだ海鮮丼を坂本、井ノ原、三宅、岡田が試食、井ノ原・岡田が選んだカツ丼を坂本、長野、森田、三宅が試食するのよ。そしたら全員それぞれ食べることができるし、進行もできる。これで十分なんだけどな。

こたちょといいとも

2006.09.21


すんげー楽しみ。

ほんとはランチに行く予定だったんだけど、キャンセルさせてもらったよ。リアルタイムで見たかったし、まあ、その、いろいろ、ね。それも含めて、ちゃんと言った。その人にだけは、全部言ってあるからさ。ごめんね、伊藤さん。と、名前を出してみる(笑)。

オープニングの顔密集が正直気持ち悪かった「VVV6・東京VシュランⅡ/スイーツ総集編」。それほど真剣には見てないと思ってたのに、結構覚えてたんでびっくりした。あ、覚えてたのは店の名前ではなく、誰が出演してたか、ね。にひ。

○10位=「おいしいなー」とじたばたする森田さんがかわいい。
○9位=健ちゃんの髪型は、これが一番好き。
○8位=なし。
○7位=おー、坂本くんが司会時代か。懐かしいなー。
○6位=長野くんの格好からして、それぞれが車を運転して目的地に連れてったやつだな。
○5位=うわ!! ぼうずっくり!! かわいー。かわいー。かわいー。
○4位=森田さん帽子着。そう言えば最近、帽子かぶってないね。
○3位=健ちゃん、おすぎの真似うまいね。
○2位=長野くん、胸元開きすぎ(笑)。
○1位=森田さんは、よく口を押さえると思う。

さあ、明日はスペシャルですよ。あの色違い作務衣(だよね?)着てるカット、これだけのために撮ったんかな。本編では、タキシード着てるし。せっかくなんで、残しておくか。

坂本=茶
長野=オレンジ
井ノ原=クリーム
森田=赤
三宅=黄
岡田=緑

健ちゃん=黄色が何か新鮮だった。

いいなー

2006.09.21


布団でうだうだ、いいなー。
Aの嵐、いいなー。
DVD化、いいなー。
嵐、いいなー。

遅ればせながら

2006.09.20


順位なんて気にしない、枚数なんて気にならない。

そう言ったら嘘になる。ソロデビューしたからには1位を取ってほしいし、できるだけ売れてほしい。だから、今日発表になった結果は本当に嬉しい。




光ちゃん、1位おめでとう!!




と、ソロシングルが1位になったと発表された7月18日と同じ文を書いた。違うのはここからだ。

シングルの場合。
きっちりと楽曲を作り、がっつりとプロモをした。

アルバムの場合。
きっちりと作り、がっつりとプロモしてくれなかった。

プロモしなくても1位が取れる状況はたしかにすごいと思うけど、やっぱり不特定多数の人たちに聞いてほしいから、もっと出てもらいたかったなっていうのが本音。この完成度を日本全国津々浦々にまで発信せんでどうする。ああ、もったいなや、もったいなや。

初めてパグをかわいいと思った

2006.09.19


修造のズボンがつんつるてんだった「学校へ行こう!MAX/ニッポンの仰天親子!親のひと言で私の人生変わりましたSP!!」。もうちょっと長くてもいいと思うの。

20時半の段階で、

○19歳にからかわれる坂本くんに安心。
○優しくエスコートする長野くんに萌え。
○井ノ原、ほとんどしゃべってないよね。
○森田さんの「守ってあげなきゃ」に感動。
○やれやれといった感じで坂本くんを追いかける健ちゃんがかわいい。
○さらっとピアノるじゃすてぃふぁい岡田がすてきだ。

で終わるつもりだった。その先。その先に、光り輝くウェーブがあったわ。きゃーーーっっっ。まずは、"ボディビルダー"。死ぬほどマイペースなおじいちゃんに、

「聞いてないよ、おじいちゃん」
「考えてから倒れればいいのに」
「誰もおじいちゃんのこと、くすぐってないよ」

と、きっちり突っ込んでる健ちゃんがナイスだった。崩れ笑う坂本くんもよし。

次、"ゲド戦記"。ここはもう、トトロダンスを披露する岡田でしょう。あれは、どえらくかわいかった。長野くん、Youも一緒に踊っちゃいなよ。トトロっちゃいなよ。その長野くん、さすが年の功。「うちの岡田がお世話になりまして」ですよ。すばらしいね。

それにしても、「ゲド戦記」って日テレだよね。それは、あれか。羽鳥アナがTBS製作の「木更津キャッツアイ」を「全面的に応援していきたい」と言ってくれたお礼なのか(嘘)。

そして、ビッグウェーブ到来。次回予告ですよ、次回予告。坂本くんが女子高生に締め技くらってるわ、長野くんが戦車のように走ってるわ、井ノ原がゴールを華麗に決めてるわ、森田さんが札を取り損ねて、おでこを打ちつけてるわ、健ちゃんがバトンを渡した直後、おもいっきり転んでるわ、岡田が落ち込んでる井ノ原をなぐさめてるわ、よすぎて困るんだけど(笑)。

ほとんど1か月後なんだけど、この予告たちで十分カバーだね。いや、本気中の本気で10月17日が楽しみだわ。るるるーーーん。

今日のJohnny's web/イノなき&Show must go on

2006.09.18


まずは「イノなき」。今年も祭り、今年も型抜きなのね。小さい頃やったことあるけど、すぐに割れるんだよね、あれ。だから1回か2回でやめた気がする。ちなみに私は自分の地区の祭りではシャーベット、隣地区ではクレープと決まっておりますの。

続いて「Show must go on」。光ちゃんは本当にファンを思ってくれてるね。

健ちゃん@大相撲観戦

2006.09.18


「大相撲ダイジェスト」で確認しました(笑)。

それこそ、本当にうきうきしながらウォッチングした「笑っていいとも!テレフォンショッキング/三宅健」。出てきた瞬間から、CMに入るそのときまで三宅健はかわいかった。三半規管の昨日を高めるために、おさるさんのような耳をぐいっと引っ張ったところなんて最高潮だったさ。いやー、とてもいい連休最後の昼だった。ふふふ。

今、「くりぃむナントカ」を見てるんだけど(この時間帯はテレ朝を見ていることが多い)、今年の健ちゃんソロ曲@茶豆が流れたわ。一瞬で体温上がったよ(笑)。

久し振りにちびあゆを見た

2006.09.17


大人になってたわー。もう11歳なのか。

昨日録った「電車男」をチェック。オープニングのキャストクレジットを見て笑ってしまった。モテない3人組を演じた役者さん、

岡田義徳、三宅弘城、坂本真

なんだもの。すげー。ちょっとV(笑)。

サエコのひとり勝ちだった「新堂本兄弟/平山あや・hiro・ソニン・サエコ」。いやー、サエコのダンゴ虫話が「学校へ行こう!」レギ出演中に明るみにならなくてよかったよ。坂本くん、絶対に近寄らないよね。若い娘が4人もいると、光ちゃんは一層老け、剛は知らん振りをすると。それぞれがらしくて笑ったわ。2人並べてくれたら、もっといいのに。

長野くん初フライデーに浮かれてすっかり書くのを忘れてたんだけど「mirror」手に入れてます。全体的に、外へ外へっていうより内へ内へって感じかな。その中で「Deep in your heart」は異色で、ソロデビューに相応しい力を放ってた。そして改めて堂本光一は天才だと思ったよ。あれは本気で天才。

私は曲重視なので詞に関してはそれほどなんだけど、そんな私でも「愛の十字架-Promise 2U-」の「不器用な」が引っ掛かったわ。何かすごい昭和なんだけど。お気に入りは「下弦の月」と「Shadows On The Floor」。まだそんなに聞いてないんで、通勤の友にしてしかるべき日までにモノにしたいと思う。

あらっ

2006.09.17


mirror@CMを捕獲するために「CDTV」を録ったら、岡田@Right-onが釣れた。やったー。

今日のJohnny's web/イノなき

2006.09.16


6人旅、来たわよーーーっっっ。百人一首もこれなのね。きゃー。きゃー。きゃー。

午前中は仕事でした

2006.09.16


「いのっちを大切にしないヤツなんて大嫌いだ」(by井ノ原快彦@オーラスMC)でおなじみの「ゲド戦記」CM。今朝はそれの別バージョンを見た。テルがアレンにぎゃーぎゃー言ってて、最後にアレンが「テル…」ってつぶやくヤツ。この「テル…」を聞いて「やはり見に行かなければならんな」と思った。思っただけで終わりそうだけど(笑)。

その後、5分もしないうちに「Right-on」を見たよ。これ、今日からなんだってね。「UNO@ぶっさんバージョン」を未だに見ていない(この間のお宝CM、新潟は未放送でしたの。よよよ)というのに初日に見れるとはねー。いやー、いい。いいよ、岡田!! 何がいいって、髪型がいいね(←出た)。昨日、10周年DVDを見たんだけど、このときの髪型はいい男すぎてアタックないんだよなー。今の、ちょっと中途半端のように見えるのがいい。とてもいい。頑張って捕獲するぜー。

本編を見る前にまずはこちらから、の「ズームイン!!サタデー」。先週、長瀬と手越のマイヒーロー話だったのに録るの忘れちゃったんだよね。だから冒頭で見れたのはすごく嬉しかった。長瀬もギャバンか(笑)。きっと森田さんもギャバンだろうな。しつこいようだけど、私はスピルバン派です。「蒸着」ではなく「結晶」ね。久し振りに大葉健二を見たわー。私にとってこの人はギャバンではなくバトルフィーバーJ、もしくはデンジマンなんだよね。

誰もが「絶対に続編あるんだな」と思った「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー・最終回/10歳下の同級生と過ごした高校生活!本当に楽しかったぜコノヤロウ!!みんなと卒業したかった…」。黄色くんにしろ、熊田一家の白スーツの人にしろ、あの長瀬よりタッパあるから長瀬の目線が上になるのが新鮮だった。

真喜男@長瀬が百合子@香椎由宇の前で形振り構わず号泣するシーン、すごくよかったなー。あんな風に泣かれちゃ、鉄仮面の凍結した心も溶けるわ。最後の3-A卒業式もベタながらよかった。

真剣には見てないにしろ結構な確率で「サプリ」が部屋に流れていたんだけど、現時点で伊東美咲の役名しかわからない。人間関係はもちろん、主人公たちがどんな仕事をしてるのかもわからない。つまりはまったく頭に入ってこないんだよね。伊東美咲は伊東美咲、亀梨は亀梨。でもこっちは違う。長瀬は真喜男だし、香椎由宇は鉄仮面だ。だからこそ視聴率があるんだと思うの。視聴者を画面の向こうに連れていく力がある。本当におもしろい作品だったわ。

次の「たったひとつの恋」は見ません。恋愛ドラマ以前に北川悦吏子なんでね。どうして、北川の作品はかならずどちらかに足枷があるんだろ。絶対に主人公の友達の中に不思議ちゃんがいるしさ。確変しないだろうな。うん。

そして、来ました。




喰いタン in 香港。




ぎゃーーーっっっ。涼介くんよーーーっっっ。京子ちゃん@市川実日子、金田一少年@須賀健太はもちろん、桃ちゃん@京野ことみに五十嵐刑事@佐野史郎とレギュラーが揃ってて嬉しい。再来週が本気で楽しみだわー。最高レートで手元に残すぜ。

総務課に三度行った

2006.09.15


今朝いつものように各スポーツwebをチェックしていたら、光ちゃん@ソロコン記事があった。今ツアーにおける私の初日は1か月も先なので、今回はネタバレを踏んで踏んで踏みまくってるの。だから今日も迷わずにさくっとアクセス。日刊スポーツのラスト2行にテンションがだだ上がりしたわ。




「世にも奇妙な物語・秋の特別編」で、4年振りにドラマ出演。




来た!! 来たね!! 氷室警視以来かー。さすがに長いインターバルだったな。ツアーの合い間に撮影とあるんで、下手したらまだクランクインしてないかもね。「めざましテレビ」がアルバムしか紹介しなかったからさ。とにかく楽しみだわー。どんな役なんだろうね。

とにかく楽しみだわー、がもうひとつ。




来週の月曜日、「いいとも・テレショ」に健ちゃん出演。




昨日、伊藤歩ちゃんだった時点で「こりゃ健ちゃんに回る確率80パーセントだな」と思ったわけさ。で、今日、健ちゃんからの花がロビーにあったんで、こーーーれは100パーセント健ちゃんだと確信。そして予想通りに「三宅健さんを」ですよ。きゃーーーっっっ。モニタに映る健ちゃんに向かって「健くーん」と手を振る歩ちゃんがえれーかわいかった。この娘、本当にかわいいね。

そして出てきた健ちゃん with ブイシックスのみなさん@百人一首中。つながった瞬間からうるさいブイシックスのみなさん@ぎゃーぎゃー。「お前たち、うるさいよ」と健ちゃんに注意されてしまうブイシックスのみなさん@みんないい大人。観客の歓声に盛り上がるブイシックスのみなさん@よかったね。

岡田以外(いや、岡田のもあったかもしれないけど確認できなかった)、みんな声拾われてたね。とくに井ノ原のはすぐにわかった。タモさんの「来週…」にブチ被りで健ちゃんが放った「いいとも!」のあとの「お前、早ぇーよ!!」には笑ったわ。たしかに早かった。

いや、月曜日が楽しみだわ。もちろん百人一首もね。

木曜日ですが、金曜日

2006.09.14


Vコンオーラスから10日、光ちゃんソロコン初日という区切りの日だった昨日、長野くん初フライデーニュースが飛び込んできた。他グループよりちょっとだけ(←ファン心)スキャンダルが多いVの中で、唯一潔白だった長野くんがフライデー。はっきり言いましょう。長野くんの年齢が年齢だけに、いろんな意味で動揺しました(笑)。めるこさんとのソロコンメールも、いつしか東山路線継承者へと話題転換する始末さ。

で、今日その「フライデー」を買おうと本屋に行ったらなかった。明日発売なのか。ちっ。えみさんがくれると言ってるので、それを待ちたいとそんな風に僕は思う。

未見でこんなこと書くのも何だけど、11年きっっっちりと隠してきた男がこんな初歩的なミスをやらかすとは思えないんだよね。真実はどうあれ、ゴウのとき、そして井ノ原のときも書いたけど、お相手はわからない方向でお願いしたい。なんてことを長野くんで書くなんて思いもしなかったよ。にひ。

何で私が手元に残す回のテーマはいつもいつもぬるぬる系なんだろう、の「愛のエプロン・堂本光一初参戦SP」。いやー、野沢直子。期待以上のブツを出してくれたね。おかげで、城島の「光ちゃん」呼びが聞けたわ。んふふ。もうひとりの功労者は滝沢沙織。「北風と太陽」の太陽のごとく、光ちゃんから赤ジャケをするりと脱がせてくれた。よしよし。たしか、まだ健ちゃん出てないよね。出てくれないかなー。行儀よく、それでいて毒舌を放つ三宅健が見たい。

ここにも鬼コーチが!! の「VVV6・東京VシュランⅡ/激辛麻婆豆腐:長野・青田典子 vs 森田・アンガールズ」。たいして口にせず、それでいて「辛いだけです」と長野くんを全否定する森田さん。いや、すてきだ(笑)。「胃薬飲んだし」って言ったときの表情いいなー。一方の長野くんは終始笑顔って感じ。

来週はSPもあるんだね。その告知で使われた写真の古さにびっくりしたよ。あれ、1年以上前のヤツだよね。

テンプレ

2006.09.14


これ好きなんだよね。

祝・初日

2006.09.13


この良き日に仕事でした(涙)。「愛のエプロン」見られなかったよ。アルバムも買いに行こうと思ったのになー。がっくり。

そんな私の携帯=三宅くんに、しっかりとソロコン感想が届きました。めるこさん、ありがとーーーっっっ。

そろそろ

2006.09.13


テンプレ変えないとなー。

劇団演技者。最終回スペシャル大総集編!!

2006.09.12


終了が本当に惜しい「劇団演技者。最終回スペシャル大総集編!!」。「少年タイヤ」からだと、

少年タイヤ/2001.10.16-2002.03.19
 ○熱海殺人事件(少年隊)
 ○GYPSY(東山紀之・植草克秀)
 ○青木さん家の奥さん(大野智・相葉雅紀・櫻井翔)
 ○室温(長野博・井ノ原快彦・坂本昌行)

演技者。/2002.04.09-2004.03.09
 ○黒いハンカチーフ(城島茂・山口達也)
 ○TEXAS(三宅健・岡田准一)
 ○錦鯉(長野博・坂本昌行)
 ○アメリカ(国分太一)
 ○REDRUM(岡本健一)
 ○ミツオ(大野智・横山裕)
 ○寿司と祭壇(岡田准一)
 ○14歳の国(三宅健)
 ○狂い咲きヴァージンロード(山下智久)
 ○いい感じに電気が消える家(国分太一)
 ○狂うがまま(相葉雅紀)
 ○マシーン日記(森田剛)
 ○やすらぎの家(山口達也)
 ○蝿取り紙(櫻井翔)
 ○TRASHMASTAURANT(坂本昌行)
 ○Iの世界(井ノ原快彦)
 ○グリフトの手口(長野博)

劇団演技者。/2004.04.13-2006.09.05
 ○アンラッキー・デイズ-ナツメの妄想-(櫻井翔)
 ○雨が来る(三宅健)
 ○勝手にノスタルジー(大野智)
 ○ストリップ(今井翼)
 ○激情(森田剛)
 ○オートマチック(城島茂)
 ○ビューティフル・サンデイ(三宅健)
 ○眠れる森の死体(生田斗真・風間俊介)
 ○あたらしい生き物(長野博)
 ○あの娘ぼくがロングコント決めたらどんな顔するだろう(町田慎吾・屋良朝幸)
 ○石川県伍参市(櫻井翔)
 ○冬のユリゲラー(今井翼)
 ○家が遠い(増田貴久・加藤成亮・草野博紀・手越祐也)
 ○ロンリー・マイルーム(横山裕)
 ○男の夢(生田斗真)
 ○ナーバスな虫々(佐藤アツヒロ)
 ○レプリカ(坂本昌行)
 ○さよなら西湖クン(今井翼)
 ○インテリジェンス(大倉忠義)
 ○カーラヂオが終われば(加藤成亮)

これだけあるんだね。すごいなー。そして、Vが多い。41作品中14作品。3割だよ。

私のベスト3は、

1.室温
2.ビューティフル・サンデイ
3.TRASHMASTAURANT

です。結局、最後まで変わらなかったわ。「室温」は、本当によかった。長野くんで再演してほしいって本気で思ってるくらいだよ。

「愛エプ」セット完了

2006.09.12


3つのコーナーの中で一番気になったのは、モニタを見る健ちゃんが女子に寄りすぎ、だった「学校へ行こう!MAX」。あまりにも気になったんで、ポリーナ先輩のすごさが頭に入ってこなかったよ(笑)。

バレエはいつもこのパターン(悩む学生を憧れのプリマに会わせる→指導を受ける→悩み解決)なので、正直食傷気味。Vが一緒にレッスン受けてたら、違ったものになると思うんだけどさ(←結局ここ)。パティシエも舞台裏がもうちょっと見たかったし、エアボは最後のが時間帯に合ってない。はぅ!! 文句ばっかり(涙)。



 * Recent Entries