Voyager-僕と僕らのあしたへ-

2007.11.30


ちょっと書いてみようかな。

正直なところ、去年の方が好きだ。シンプルながらもインパクトのあるOVERTURE、圧倒的な勢いの限界レッドゾーン(強くなれ/MASSIVE BOMB/MAGMA)、勝負してきたアカペラ、バリエーションに富んだソロ、ポップアップ口にすっと消えて終わる本編などコンパクトにまとめられたセットリストが死ぬほど好みなんだわ。

今年も前半は負けず劣らずなんだけど「愛しのナポリタン」が頂点になってしまい、そこから緩やかに失速しちゃうんだよね。定番曲(Believe Your Smile/Darling/Can do!Can go!)が続いたのも原因のひとつかも。「僕と僕らのあした」の前にもう一盛り上がりしたかったな。

でも。そう、私はここから先の文章のために「でも」という言葉を使う。でも、終わった淋しさにつきまとわれてるのは断然今年だ。岡田ドラマ放送中、坂本くん、森田さん、長野くんと井ノ原の舞台が控えてるのに淋しいんだよ。余韻にひたってるというよりも、あのコンサートから抜け切れてないの。つまりは心に残ってるってことだよね。

早くDVD出ないかなー。できれば、全MC、全ナポリタン搭載でさ。頼むよ、avex。

web clapお返事

2007.11.30


11月26日21時台の方。
ジュニアにはまったく不勉強なもので、はじめて知りました。
1部2部と続けて見るなんてファン以外の何者でもないですよね(笑)。
これからは注目していきたいと思っています。教えてくださってありがとうございました。

11月27日12時台の方。
ちょっと出してみたいなーと思って作ってみました。
まとめると、本当にガチでジャンケンしていたかわかりますね。
私は長野くんと岡田くんの健太くんしか見ていないので、
ぜひDVDには全部収録してほしい!!と切に願っています。
念力飛ばし、協力させてください(笑)。

鳴らしてくださっている方々。
いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします

ヒゲがない!

2007.11.29


ないったらない!! ない!!! の「VVV6・東京VシュランⅡ/銀座スイーツ:長野・IKKO vs 森田・的場浩司」。スイーツとくれば的場の兄貴。兄貴とくれば大評判のクマさんTシャツ@王冠付き。兄貴がイチゴ、森田さんがバナナですよ。かわゆす。兄貴は感想を言うとき、かならず最初に森田さんを見るね。その森田さんは抹茶ムースを壁と言い放ったものの(笑)、大人のチョコの味がわかっちゃうんだからすてき(ぽっ)。一方の長野くんはIKKOさんとえらく馴染んでた。今度「おネエMANS」出てくれないかなー。「学校へ行こう!MAX」と2分被っちゃうけどさー。47年コンビが見たいぜ。

来週は剛健。きゃーーーっっっ。剛健、来たーーーっっっ。うひひ。

バレーのない夜

2007.11.28


たまりにたまった「百識」を見た。カトカンや藤ヶ谷くんがいたよ

滝翼@青封筒到着

2007.11.27


あの地に行こうか考え中

今日のワールドカップバレー・男子

2007.11.26


日本 0-3 プエルトリコ

連勝できないのが最大の問題かもしれない。

明日はスペイン戦。頑張れ!! ニッポン!!

フライヤー!!

2007.11.26


西の女神・まことさんから森田さんの「IZO」、坂本くん「ALL SHOOK UP」、長野くんと井ノ原の「プロデューサーズ」フライヤーが届きました。ぎゃーーーっっっ。森田さん、かっこよすぎーーーっっっ。ぜぇぜぇ。坂本くんのは代々木に見本があったんだけど、森田さんのはちらりとも見ることがなく演劇オタクの上弟も持ってなくてあきらめていただけに本気で嬉しい。まことさん、本当にありがとう!!

さて。先週、夕食後に流れでバレーを見ていたら父親が別番組が見たいと言い出した。「バレーは嫌いだ」というのがその理由なんだけど、早い話ルールがわからないから嫌いなのだ(父親はそういう人なのです)。だから「ルール知らないからでしょ」と言ったら、「違ーーーう!!おもしろくないからだ!!」と言い(父親はそういう人なのです。二度目)「だいたい何で歌ったり踊ったりするんだ」と続けた。それは私も12年前から考えあぐねている事項なの。答えられるかいっ。

結局、1時間くらい一緒に見た(笑)のでSho Sakuraiを覚えたらしく、今朝「櫻井が映画だって」と母親に教えたらしい。その母親が今度は私に「翔くん、映画だって」と教えたんだけど「何の?」と聞いたら「ブタもおだてりゃ木に登るってやつ」と返ってきた。へー、「ヤッターマン」か。「ブタ…」で覚えてる母親も母親だけど、それですぐにわかる娘も娘だ。一言で言えば不憫(笑)。

で、そのときはそれ以上の情報が入ってこなかったんで、リメイク版のアニメだと勝手に思ってたら、




実写なんだってね!!




「ZERO」で着実にキャスターとしての力を身につけ、ワールドカップバレーでそれを十二分に発揮している櫻井の次の仕事がヤッターマン。だから、私はジャニーズ事務所から離れられないんだわ。すばらしすぎる。絶対に見にいくよ。どうしよう、本気で楽しみすぎ。うひひ。

今日のワールドカップバレー・男子

2007.11.25


日本 3-2 エジプト

第2、第3セットを取られ、第4セットもリードできずにいたんで「こりゃ負けるな」とあきらめたんだけど、コートとベンチはそうではなかったのね。しっかりと前を向いてたからこそ、先に23点目を取られながらも第4セットをモノにし、その結果勝つことができたんだと思う。あーよかった。

今日の反省点を生かし、明日のプエルトリコ戦も頑張れ!! ニッポン!!

あったかーーーい

2007.11.25


久し振りにヒーターいらずの一日になった今日は、

○TV LIFE
○TV STATION
○MYOJO

を購入。まずは、前世はきっと兄弟(勝手な憶測)の長野くんと井ノ原登場の「TV LIFE・V6:Six Synchro Stars」。長野くん、いいなー。健ちゃんからそんなかわいいメールもらえて。本気中の本気でうらやましいし、28歳でこんなかわいいメールが書ける健ちゃんがすこぶるかわいい。そして、森田さんがノーリアクションなのもらしくていい(いいのか)。長野くん、曲作りについて井ノ原に聞いてるけど、それはあれかな、いつか来るかもしれないボツネタ選手権@NEXT GENERATIONのバツゲームに備えてかな。シンガーソングパクチーの坂本くんはすでに3曲作ってるし、長野くんも作ってみればいいのに。

次、青のバラが似合いすぎな「TV STATION・V6の主張@vol.203/岡田准一」。何でこんなにかっこいいのかねー。文句なしだよ。「学校へ行こう!」について言ってるんでちらっと書いてみるけど、ドラマの撮影が終わったらロケに出てはどうだろう。そろそろロケる岡田が見たいよ。

最後はVコン@名古屋密着の「MYOJO」。去年に引き続き、いい仕事しますなー。先に書いておくわ。健ちゃん、赤なのね、と(笑)。

13年目を迎え、ジャニの中でもベテランの位置にいるであろうブイシックスのみなさんでも、カメラを向けられるとVサインをしてしまうのね(笑)。井ノ原だけしてないのかーと思ったら、151ページ左下でしてた。今回、いかに健ちゃんと岡田が磁石状態だったのか、ここで証明されてるね。肩組んでVサイン×2、がしっと抱擁、マイク交差で熱唱と出てる出てる。その2人+長野くんの「かわいい俺たち」のキャプがついたショットいいなー。東山=坂本くん、健太=井ノ原、森田=森田さんのナポもいいし、ソロショットもいいし、いやもうとにかく全部いい。オフショットも抜群で、とくに149ページ上のなんて写真集の表紙みたいじゃないのさ。そうよ、これを表紙にしたツアー写真集を出せばいいのよ。

テキストはただひとつ。森田さん、昔は無計画だったよね(笑)。

詩吟はこれしか知らない、の「新堂本兄弟/中島知子」。話のリズムがよくて、本当におもしろかったなー。眼鏡に激萌えした剛はこういう感じが好きそう。光ちゃんはパスモをもらってきょとんとしたところがかわいかった。「乗ろうと思えば乗れる。でも乗り方わかんない」ということは現段階では乗れないってことよね(笑)。

がつがつとラベル印刷

2007.11.24


50枚くらいあった(笑)。

久し振りに脳年齢チェックをしたんだけど、「76歳」という結果に心臓止まりそうになったよ。「すみません、間違えました」って、そんなものもプログラミングされてるとはねー。恐れ入ったわ。本当の結果は「28歳」でした。光ちゃんたちと同い年。空しい(笑)。

ところで、「FF4」がニンテンドーDSで出ると知ったのが昨日というあまりにも遅咲きな私ですが、ソフトはともかく自分用のDSを手に入れるのもどうやら遅くなりそうだわ。これから滝翼魂振り込み、ミラコレ、おNEWアイシャドウセット発売が控えてるんだよね。靴もほしいしさー。でも。でもでもでも。「FF4」やりてーーーっっっ。ミスト村とかボスキャラ出現時のBGMがすんげー好きなんだよーーーっっっ。思えば、これがやりたいがためにスーパーファミコン買ったんだったな(プレステは「FF7」がやりたくて買ったFF大好き女)。DSで対応できるようになるなんて、本当に技術は進んでるんだね。

で、「来年、絶対に買ってやる!!」と握り拳を突き上げていたら、階下から「郵便来てるよー」の声が。そーーーれはもしかしなくても東の女神・メルチェ先生からのブツ!! 転がり落ちる勢いで階段を下り、それをがっちりとつかんで階段を駆け上がり、どきどきで開封したらそこにはきらーーーんとDVDが。平成たち応援CM@12パターン、Vコン@サプリ、キンキ@音楽番付、翼@少年倶楽部(笑)来たーーーっっっ。来たったら来たーーーっっっ。

先輩@CMは早速プレイリストでつないだわ。うぉー、見応えあるぜー。コメントの間にはさまれるアクションは各自で考えたのかな。6人の中で一番年上な井ノ原先輩の動きが一番へんてこりんってどういうことよ(笑)。その次の櫻井先輩があまりにも大人でくらくらしたよ。まったく動かずに腕を組む森田先輩は黒目でけー。ヒゲいらねー。出番だ!! 修正液!! よし!! かわいい!!

もう少しすると、今度は西の女神からフライヤーが届くんですー。東西の女神様、本当にどうもありがとう。

Vコン@福岡前に倒したシーン来たーーーっっっ、の「SP・Episode Ⅱ-3/元総理を救出せよ」。とにかく薫@岡田がかっこよすぎて困る。

「大丈夫ですよ。無茶はしてませんから」
「やっといてもらいたいことがあるんですよ」
「だから撃つなって言ったんだよ」

そのたびに「かっこいいーーーっっっ」が響き渡るんだな(笑)。17日2部で言ってた通り元総理編が完結したわけだけども、正直ちょっと拍子抜けした。えれー強そうに見えた金田@北村有起哉があっけなくて余計そう思ったのかも。

薫の両親刺殺事件のときにちび薫の側に立ってた高校生、どうやら尾形@堤真一みたいだね。当たったー(笑)。

今日のワールドカップバレー・男子

2007.11.23


日本 0-3 ロシア

今日も申し訳ないけど、ぼろ負けすると思ったのさ。どうしてどうして善戦したねー。負けはしたけど、自信につながったと思う。今年の男子バレーはおもしろいわ。

今日のJohnny's web/283(11月23日)

2007.11.23


いつからそんな呼び方をするようになったのかしら。あまりのおどろきに携帯落とすかと思ったよ(笑)。

超久し振りにDVDラベル印刷をした

2007.11.23


それはなぜか。インクを買ったから(笑)。

「2時っチャオ」を見てたら「恋空」に出てる三浦春馬が出てた。お気に入りのセリフがあるとかでそれが流れたんだけど「指輪は買ってやれないけど、代わりに宇宙にある星を全部やるよ」とか何とかで、思わず「いらないよ!!」と言ってしまった(笑)。私。恋愛に向かない女。なーーーんてことは、もうずっと前からわかってたんだけども。うひひ。

もしかして、と思って仕掛けた「はなまるマーケット・はなまるカフェ/大倉忠義」。大倉くん、本当にいい人だね。「森田剛くんに憧れて」ですよ。アンダルシアも喜んでるさ(意味不明)。ヒガシと仲がいいみたいだし、そのうち東山会(あるんだろうか。ありそうなんだけど)で森田さんと会うかもね。いい機会なんで書くけど、渋谷と村上が舞台やるじゃん。あれ、どうして松原舞台って言われてるの? 松原さんって方が噛んでるの? すんごく不思議。

今日のワールドカップバレー・男子

2007.11.22


日本 3-0 アルゼンチン

ほんとにほんとにほんとーーーに申し訳ないが、負けると思ってたんで開始早々寝ちゃったんだよね。起きたら第1セット取っててびっくりし、そこからブッちぎりに応援したわ。やー、久し振りに見応えのある試合だったねー。あの二段トスを打ちぬいた石島はすばらしいの一言。2007年のワールドカップと言えばこれ、と語り継がれるだろうな。

何となく

2007.11.22


わかってたんだよね。だから「まことに残念ですが…」と聞こえてきてもあまり動揺しなかった。帝劇枠が当たるとも思えないんで、来年の帝劇詣はなさそうです。よよよ。

牛肉の中でもこの部位が一番嫌いだったりする「VVV6・東京VシュランⅡ/タン塩:坂本・ハリセンボン vs 三宅・千原ジュニア」。美味なものを食べたことがないからかもしれないけどさ。仙台行ってもスルーしちゃうんだよね<タン。

「タン塩がぷるぷるってどういうこと?」と健ちゃんは言っていたけど、私にしてみれば「28歳にもなってこんなにかわいいなんてどういうこと?」だ。いやいや、びっくりしました。かわいすぎだ<三宅健。「三宅、コノヤロー」と言ったハリセンボンの近藤春菜は、自分より4歳上なんて思ってないに違いない。一方の坂本くんは焼いてあげ、取り皿に乗せてあげるというエスコートっぷり。いいなー。坂本くんが焼いたブツなら食べるよ。……多分(笑)。

来週はスイーツ。兄貴が映ったその瞬間から絶対にその隣にいると思ったし、本当にいたんで「ゴウいたーーーっっっ」と叫んじゃったよ(笑)。

今日のJohnny's web/V6 TOPICS

2007.11.21


Johnny's web@ブイシックス担当のみなさんはニーズをわかってるね。MCとナポリタンが独立だもの(笑)。これだけ詳細なものがあれば、私は書かなくてもいいかな。

さーーーむーーーいーーーっっっ

2007.11.21


ついに雪が降りましたがな。今年は大雪になるのかな。母親には「勝手に雪かきしないでよ」と釘をさしておいたわ(笑)。

櫻井の「はねるのトびら」はちらりと見ただけなので、ジャニな話題が……あ!! FNS!! FNS出るんだった(私が出るみたいだ)。ワールドカップバレーの歴代スペシャルサポーター勢揃いなんだね。うわー。楽しみー。その当時の映像を出してもらっても一向に構わなくてよ。久し振りに坂本くんの「あの男たちがやってきた!!」が聞きたいわ。私には「あのお友達がやってきた!!」に聞こえてたんだけどね。ふふふ。Vには「HONEY BEAT」歌ってほしいなー。盛り上がるTOKIOと嵐、それを見て笑うキンキが見たい(←そこかと)。

今日のワールドカップバレー・男子

2007.11.20


日本 0-3 オーストラリア

キャロルを見て、なぜか「健ちゃんみたい」と思ったのはショナイの方向で(笑)。

完敗だったね。完全に負けた。あそこでポイントを取っていればとか、あのブロックがアウトじゃなかったらとか、そういうのが一切ないんだもの。どこを切り取ってもオーストラリアというかキャロルは強かった。うん。

本気で改築を考える初冬(笑)

2007.11.20


日本×オーストラリアにがっくりしたからではないけど、「学校」を見る気力が起きなかったんで、昨日まとめたVコン@2007を見て、@2006を見て、@2004を見た。この@2004と@2006は市販されてないんだよね。@2004はともかく@2006はあきらめられない。何とかならないかなー。あのOVERTUREがもう一度みたい。あの限界レッドゾーンがもう一度見たい。モモとたわむれる森田さんがもう一度見たい。とにかく全部もう一度見たい。

ブイシックス・ザ・シャキーン

2007.11.20


確率統計を出してみました(大好きなんだな。確率統計な)。

会 場日 付東 山健 太森 田
代々木 09.28三 宅岡 田森 田
 09.29 1部井ノ原三 宅森 田
 09.29 2部井ノ原岡 田森 田
 09.30岡 田坂 本森 田
福 岡 10.07長 野岡 田森 田
仙 台 10.13坂 本長 野森 田
北海道 10.20井ノ原三 宅森 田
大 阪 10.26岡 田長 野森 田
 10.27 1部坂 本井ノ原森 田
 10.27 2部井ノ原岡 田森 田
 10.28井ノ原長 野森 田
名古屋 10.30岡 田三 宅森 田
 10.31坂 本井ノ原森 田
代々木 11.17 1部井ノ原岡 田森 田
 11.17 2部長 野岡 田森 田
 11.18東 山長 野森 田

○組み合わせは全40通りで、出たのは10通り(オーラス除外)。
○最多登場は岡田で9回、次が井ノ原の8回。
○東山=井ノ原、健太=岡田の組み合わせが最多の3回。
○なのに東山=岡田、健太=井ノ原は一度もなかった。
○東山=坂本くんのとき、健太はトニのどちらか。
○健ちゃんは井ノ原と岡田しか組んでない。

0東 山健 太森 田合 計
坂 本3回018.75%1回006.25%00回000.00%04回025.00%
長 野2回012.50%4回025.00%00回000.00%06回037.50%
井ノ原6回037.50%2回012.50%00回000.00%08回050.00%
森 田16回00100%16回100.00%
三 宅1回006.25%3回018.75%00回000.00%04回025.00%
岡 田3回018.75%6回037.50%00回000.00%09回056.25%

次にベスト5。

東山:
1.井ノ原(6回/37.50%)
2.坂本 (3回/18.75%)
2.岡田 (3回/18.75%)
4.長野 (2回/12.50%)
5.三宅 (1回/ 6.25%)

健ちゃん、初日にやっただけなんだね。貴重だったんだわー。

健太:
1.岡田 (6回/37.50%)
2.長野 (4回/25.00%)
3.三宅 (3回/18.75%)
4.井ノ原(2回/12.50%)
5.坂本 (1回/ 6.25%)

森田さんが初日に言った「俺の希望は岡田の健太」が魔法になったのか、岡田4割バッター。しかも本家登場のオーラスはやらないという引きの強さ炸裂。

ちなみに私は東山はすべて別、健太は長野くんと岡田のみでした。それがこれ。

東山:
○坂本(10/13仙台)
○長野(11/17代々木2部)
○井ノ原(11/17代々木1部)
○三宅(9/28代々木)
○東山(11/18代々木)

健太:
○長野(10/13仙台、11/18代々木)
○岡田(9/28代々木、11/17代々木1部、代々木2部)

終わってからもこうして楽しめるいい企画だったなー。できれば全部DVDに入れてほしいよ。私に健ちゃんの健太を!!

テンプレ変更

2007.11.20


もはや秋ではない

タッキー&翼/CONCERT TOUR 2008(2008.01.12-03.23)

2007.11.19


大分:iichikoグランシアタ
 1月12日(土) 18:00

長崎ブリックホール
 1月13日(日) 13:00 16:30

鹿児島市民文化ホール
 1月14日(月) 12:00 15:30

ウェルシティ広島(広島厚生年金会館)
 1月19日(土) 14:30 18:00

山口:周南市文化会館
 1月20日(日) 12:00 15:30

宮崎市民文化ホール
 1月26日(土) 14:30 18:00

佐賀市文化会館
 1月27日(日) 12:00 15:30

ウェルシティ札幌(北海道厚生年金会館)
 2月03日(日) 13:00 16:30

長野県県民文化会館
 2月09日(土) 14:30 18:00

新潟県民会館
 2月10日(日) 13:00 16:30

ウェルシティ金沢(石川厚生年金会館)
 2月11日(月) 13:00 16:30

滋賀:ひこね市文化プラザ
 2月16日(土) 14:30 18:00

徳島:鳴門市文化会館
 2月17日(日) 12:00 15:30

和歌山県民文化会館
 2月23日(土) 14:30 18:00

京都会館第一ホール
 2月24日(日) 13:00 16:30

埼玉:川口総合文化センターリリアメインホール
 3月01日(土) 14:30 18:00

栃木県総合文化センター
 3月02日(日) 13:00 16:30

群馬県民会館
 3月09日(日) 13:00 16:30

仙台サンプラザホール
 3月16日(日) 12:00 15:30

神戸国際会館こくさいホール
 3月22日(土) 14:30 18:00

福岡サンパレスホール
 3月23日(日) 13:00 16:30

今日のワールドカップバレー・男子

2007.11.19


日本 3-0 韓国

これを見た限りで、もしかしたらいいところまで行くかもしれないと思ったし、昨日(スポーツ番組も見なかったんで→)負けたことが信じられなかった。しかし、男子は良く言えばスピード&パワー、悪く言えば大味だなー。

今日はカニ鍋

2007.11.19


美味しかった。カニ大好き。

「めざにゅー」で森田わっしゃわっしゃが流れたと知り、そこで初めて予約していなかったことに気づいてがっつりと落ち込んだ私を救ってくれたのは10月から突如として始まった「ミヤネ屋」。ばっちり森田さんの表情まで撮ってるだなんてすばらしい!! 司会者がどなたかすら知らないけど、すばらしい!! 健ちゃんと岡田のくるくるーんを流してくれた「スッキリ!!」もすばらしい!! 掻き集めたら8分半あったよー。よっしゃよっしゃ。

堀北の使い方の贅沢さにびっくりしているところへ、メルチェ先輩から「滝翼来たよ!!」なるメールが飛んできた。あら? たしかさっきメールが飛んできたけど、日付だけ見て年末年始のチケ到着日だと思ってすぐに閉じちゃったんだよね。もしかして!! と思い、そのメールを見たら、




タッキー&翼全国コンサートツアー開催決定!!




の文字が。いやっっっほーーーい!! 新潟来るよーーーっっっ。楽しみが増えるっていいね。ふふふ。

rinriのいちばん両手を突き上げた日-愛とメールは反比例-

2007.11.18


1パーセントでも森田先輩に遭遇するチャンスがあるのなら、どんなにあれでもフジテレビを見ようではないかという並々ならぬ意気込みで挑んでいたら8時59分、ついに、ついに、つーーーいーーーにーーー、




森田先輩のCMが流れたわ!!




バンザーーーイ! バンザーーーイ!! バンザーーーイ!!! あまりの嬉しさに内容はほとんど覚えてないんだけど(本末転倒)、とにかくすてきだったことはたしかよ。うひょ。あ、もちろん脳内修正液を使わせていただいたわ。慣れたもんだ(笑)。

そんな岡田の誕生日の今日は、超久し振りのえみさんとデーティング&オーラス。時間が取れなかったら、さいたまスーパーアリーナに行ってSho Sakurai の赤手帳(こっちが日本語)を買おうかと思ってたんだけど、フタを開ければ11時半にいつもの場所で落ち合うことになっていた。ふふふ。なのに私、遅刻したのねーん。東京駅のロッカーが軒並み塞がってたんで、これはもう困ったときのあそこしかないとちょっと遠くに置いたのよ。ここ本気で穴場なんだよね。空いてないことがまずない。

昨日、グッズ売り場が長蛇の列だったんで、まずそれを買いに行こうということになり、これまでのことをがつがつと話しながら代々木に。えみさんは長野くんのうちわ、私は森田さんのクリアファイルを買いました(先輩CM効果じゃないよ!!)。すてきー。うひょー。その後、いつものアジアンカフェに行き、またもどっさりと話す。出会ってから8年、大事な部分はお互い変わってなくて、本当に楽しかったなー。キャッチフレーズ「愛とメールは反比例」も生まれたしさ(笑)。

15時過ぎにそこを出て(2時間半もいたりした。ききっ。そしておごってもらっちゃった。ありがとう)、満を持して代々木に。着席しても「仮面ライダー電王」や「ウルトラマン」について熱く語っているうち(オタクだな。私らな)「Voyager」のイントロが流れたわ。「ええ!? もう!?」と言ったのは私です。時計見てなかったのねん。

今日の席はえみさんが取ってくれた北1階Bブロ7列。「レフトの女王」の名前を返上しようかしら(笑)。バクステが近かったおかげで、森田ソロのラストをしっかりとこの目に焼き付けてきたわ。本気ですてきだった。森田さーーーん。

その森田さんを頭をわっしゃわっしゃと撫で回したうらやましい男が登場した話の前に。やはり今回はこれから行かなくては。そう、もちろん、




岡田、27歳の誕生日おめでとう!!




岡田が27歳だなんてねー。そりゃ、オカダンディーにもなるわな(笑)。
あなたの27歳がすばらしいものになりますように。「SP」期待してる。

もちろん、代々木でも盛大にお祝いを。

1.A2サイズくらいのバースデーケーキがポップアップ口から登場。
2.上がり切らないうちに健ちゃんと長野くんがろうそくに点火。
3.「Happy Birthday」を「准ちゃん」で歌う。
4.お祝いコメントVTR
5.岡田への手紙

これが岡田27歳のお祝いフローチャート(1~3はミニMC、4~5はメインMCにて)。岡田に気づかれないように動いたそうだけど「気づかれないようにやってるなー」としっかり気づいていた岡田@さすがSP。

イチゴで「27」と描かれたケーキ、なぜかろうそくは13本。


「食べてもいいよ」


と言われ、岡田がイチゴをひとつぱくっ。


「ステージでイチゴ食った人、初めて見た(笑)」


大丈夫。私、何度か見てるから(笑)。なんてことを思っていると、岡田の横から健ちゃんが手を伸ばしぱくっ。美味しかったらしく、もうひとつぱくっ。


「あと2つ食べたら21歳になっちゃうよ(笑)。…何でろうそく13本なんだろ」
「ブイシックスが13年目を迎えたからじゃないの」


さすがだな。健ちゃんな。

続いて、お祝いコメントVTR。「木更津」で共演した櫻井からはバレーボールを一緒に見たとき「昔は楽しかったね」みたいな思い出話をしたけど、考えてみれば4年のズレがある。次は合宿所で同じ部屋だった剛。ぼそぼそと話してるので、音声を最大限にしているせいかさーさーという音も聞こえてた。「枚方から出てきて」から始まった剛コメントは長かったらしく、合計15分カットされてた(笑)。次は「D×D」「タイガー&ドラゴン」で共演した長瀬。「ではみなさん、ご唱和ください」のあと「タイガータイガー、おめでタイガー」。最後は「SP」で共演した堤さん。「岡田くん、わーい」だの「ずっと友達でいてね」だのとかわいいコメント炸裂。終わった瞬間、森田さんのうひょひょ笑いが鳴り響いたよ。


「もっとクールな人かと思ってた」
「堤さんは毎年差し入れしてくれるんですよね」
「高級バナナね」


最高にして最大に笑ったのが岡田への手紙。読んだのは長野くんだったんで、「坂本くんからかもよ」と推察する我々。岡田が高校を卒業するときも書いてたしさ。

「お元気ですか?」から始まった手紙には、

○テレビで元気な姿を見ると、こちらまで元気になります(岡田ぎくっ)
○大阪公演で会えたときは嬉しかったです(岡田???状態)。
○デブじゃないのに、デブデブって言われると言ってましたね(岡田動揺)。
○あなたの成長がとても楽しみです(最初「あなちゃ」と言ってしまい、会場爆笑)。

みたいなことが書かれてあり、最後に




V6・長野博




で大爆笑。最初はお母さんかと思った岡田、「そう言えば、本番前に何か書いてたー」と気づき、手渡された手紙を本気で読み始める(笑)。いや、本気で笑ったわ。涙出たもん。


「この手紙で泣かなくてよかったな」


ほんとだね(笑)。

誕生日イベントも一段落したところで、わっしゃわっしゃ男の登場ですよ。オーラスだから来るんじゃないのーとささやかれていたあの男ですよ。まずはいつもの通りに出演者ジャンケン。負けていく健ちゃん、井ノ原、岡田の嬉しがり方が半端なかったのはこのせいだったのか(笑)。坂本くんが「俺、ヒガシくんだよな。DVDにヒガシくんで残るんだよな」と嬉しがったのはヒガシがやれるからではなく、最後の、そして隠れた外れくじだったからなのか(笑)。

スタンバってる3人をポップアップ口からのぞき込む井ノ原、健ちゃん、岡田もいつも通りだからって、今やっと気づいた。このとき、ステージにいる3人はポップアップ口をのぞき込みながら「うわっ。にらんだ」とか「コナンだー」とか「顔上げろよ」とか言うのに、待機組はほとんど声を出さないんだよね。今ツアー5回入ったんだけど、声を出したのはオーラスの長野くんだけ。「めずらしい。声出した」って思ったんだもん。だから今日、そこにヒガシがスタンバイしてたとしても、声を出さなくてもいいシステムを作り上げてたから、何の違和感もなかったんだな。そこまでちゃんと計算してたってことか。すばらしい。

そして、すっとポップアップ口から現れ、颯爽と身を翻したのは、

東山=東山
森田=森田
健太=長野






本家2/3・ザ・シャキーン




ですよ!! 来たーーーっっっ。来たーーーっっっ。ヒガシ来たーーーっっっ。本物が来たことにより、長野くんと森田さんの気合が違う。すげーなー。これが先輩だよなー。健ちゃんも「ヒガシ(呼び捨て。もちろんその場に本人はいません)すげーな」って言うわな(笑)。

この企画をやると決めたときから最後にヒガシに出てもらおうと夏に頼みに行ったところ、快諾してくれたそうだ。ヒガシは本当に器がおおきく、そして空気が読める男だね。MCを壊すことなく、しっかりと全員と話して去ってったわ。書いたんだけど、えれー長いからコンレポに譲る(笑)。いや、森田さんだけ書いておく。


「こいつ全然しゃべらないんだよ。俺がああだよな、こうだよなって言うと"そうですね"、
   また話し掛けると"はい"。終わり。俺はコミュニケーションとってるんだけどね」


と言いながら剛をとっ捕まえ、わっしゃわっしゃと頭を撫でる。森田さん、されたい放題。無表情(笑)。

もうひとつ。


「ゴウに電話したんだよ。"俺俺"って」


以下、電話。

「俺俺」
「誰だよ」
「だから俺だって」
「誰だよ!」
「喰いタンです」
「おはようございます!!」

「すべて本当の話です(メンバー・会場大爆笑)俺、電話なのにお辞儀したからね」


「"WAになっておどろう"ではこうやって手を振るから!」と言いながら、ヒガシは去っていったのであった。そしてその「WAになっておどろう」のとき、招待席に行った井ノ原に促されて一緒に1階席を駆け上がり、Vロードをあくまでもメインは井ノ原だと言う感じで後ろを歩き、バクステに到着したところで長野くんと合流、3人でセンター花道を肩を並べて爆進(ちなみにこのとき森田さんもバクステにいたんだけど、長野くんに何やら耳打ちをしたあと、さささっとその場を離れた。さすが羊)。メインステ到着後、「ありがとう!!」と行って(ピンクに光ってたんで多分→)ペンライトをアリーナA3に投げ込んで去っていったのであった。いやー。本当にヒガシはかっこいいわ。

ヒガシが去り、まずは1回目のアンコールが終了。次はもちろんあれしかない!! あれをやってくれ!! と祈りながらの2回目は、

「こればっかりは僕だけでは決められないんです。長野さん!!」

というわけで、長野くんを納得させるために一体となって声を出す代々木第一体育館。そう言えば昔、会報で「アンコールは絶対にやらないといけないわけじゃない」みたいなことを長野くんが言ってたよなーなんてことを思い出したりして。そして聞こえてきたイントロは、




TAKE ME HIGHER




来たーーーっっっ。テイクミ来たーーーっっっ。と両手を突き上げて喜んでいると、健ちゃんと岡田が何やら耳打ちしてる。そんな2人をちらちらと見るトニ、南側階段を上がろうとしたのに戻ってきた森田さん。来るか!! 本振り!!




そして6人同時に本振りスタート!!




発光するほどわき上がる代々木第一体育館。そして帰すわけにはいかないと、Vがハケ出す前に「もう一回! もう一回!!」とばっちりそろえる代々木第一体育館。ここで帰ったら男がすたる、ステージ上で本気で会議するブイシックスのみなさん。


「じゃあ誕生日の岡田さんから」
「はい。では愛なんだ!!」


というわけで「愛なんだ」を慣行。さすがにここでのもう一回は揃わなかったんだけど、健ちゃんが投げキスをしない。




続いた!! 続いた!!




しかし新幹線の関係でタイムリミットがすぐそこまで来ていたため、Vが出てくるまでの間に席を離れて北側の2階通路に移動。おお、お仲間どっさり。だよね、ぎりぎりまでいたいよね。3回目の「本気がいっぱい」では通路にいたみなさんも一緒に「Hey!」で飛び上がっていたわ。もちろん、私と、そして付き合ってくれたえみさんもね。最後に健ちゃんがアップとなり、右に顔を傾げての投げキスを見た次の瞬間、みんな一斉にダッシュ! ダッシュ!! ダッシューズ!!! 私とえみさんも「坂本くんはすごい。あれだけのコンサートやれるんだもの」と息も絶え絶えに言いながらダッシュ。おかげで無事に乗れました。

ところが、今回はこれで終わらないんですねー。「ワールドカップバレー男子」の録画を忘れたということは、延長もスーパーアリエールということも忘れてるわけよ。うちのHDD@岡田くんは延長機能がついてるんだけど、「新堂本兄弟」はそれができない録画体系にしちゃってるわけさ。つまり30分延長したら、まるっと残らないの。そしてまたこんなときに限って電車が遅れるんだよね。録画隊にメールしたし、バレーの結果を教えてくれためるこ先輩からの嬉しい申し出もあるけど、やはり自分でも最大限にやれることはせねばなるまいと思い、ビデオの予約すらできない母親に電話、「まずテレビの電源を入れて」から始まり、「入力切替で入力1にするの」「星と月マークがついてるボタンあるでしょ」「カウンター動いてる?」「動いてない方で赤の録画ボタン押すの」と約4分もの間、遠隔操作して何とかベタ録りしてもらったわ。ゲストを教えてもらって、ちょっとがっかりしたのはショナイの方向で。

初日に井ノ原の結婚発表があって、今年はどうなるんだろうと本気で心配したし、私が好きなVが見れなくなったのならお暇をいただこうかとも思ったんだけど、時間が経つにつれて私も落ち着いたし、井ノ原も空気を読むようになったし、何よりVは変わらない。変わってなんかない。私が好きなVがちゃんとそこにいた。そして今、やっと今、初日に発表してもらってよかったと思った。全部含めて、本当にいいツアーだったな。

みんなみんなお疲れさま。また来年!!

rinriのいちばん体感した日-三宅健は三宅犬-

2007.11.17


「アッコにおまかせ」に合わせてたんだけどねー。ちらりと映ったらしい坂本くんはもちろん、光ちゃんですら見てなかったっていう。私。どんだけだよ。みっちゃん暖簾でも名前見つけられねーし(笑)。森田さん、健ちゃん、岡田はすぐわかったのにー。というわけで、明日のワイドショーに期待。結構仕掛けたよ。

「大相撲中継に三宅健ちゃんが」というメールをいただいたので(ありがとうございます!!)早速見たら、健ちゃん映る映る。いつもよりいい位置にいたねー。半袖からのぞく二の腕に過剰反応しちゃったよ(笑)。

カメラ目線で「好きだよ」来たーーーっっっ、の「とくばん/滝沢秀明」。過去映像流すとき、かなりの確率でトリオ・ザ・シャキーンあるよね。よきことかな、よきことかな。メインの滝沢はジャニ映像コメント要員ですよ。何て豪華。「義経」で使ったカチンコが100万円にはびっくり。一ノ谷、屋島、壇ノ浦3合戦の回だけでも残しておきたかったな。

光ちゃんの前髪が長すぎる!! の「新堂本兄弟/8周年記念旅行・韓国弾丸ツアー 前編」。切れー。切れー。切れー。


「大橋…」
「巨泉?」
「巨泉。おいっ。お前!!言うつもりでいたのに!!」
「ボケつぶし!!」


がおもしろかったなー。めずらしく何度もリピしたもん。「やっちまった!!」な光ちゃん、「隣のお前!!」な剛がストライクすぎる。

書きたいなーと思っていること

2007.11.17


○土曜日の行動記録。
○日曜日の行動記録。
○Vコン@代々木 17日1部レポみたいなもの。
○Vコン@代々木 17日2部レポみたいなもの。
○Vコン@代々木 18日レポみたいなもの。
○ブイシックス・ザ・シャキーンの確率。
○今日のワイドショー。

しかし、眠さのために頭がぽやーんとしてるのでこれにて。

V6/LIVE TOUR 2007 Voyager-僕と僕らのあしたへ-

2007.11.17 国立代々木競技場第一体育館 2部 スタンド北Kブロック1階9列

2007.11.17


完全真横のKブロック。アリーナ最前よりも前の位置。
重低音が足元から響き、ドライアイスが出れば涼しく、特効が鳴れば耳がきーんとする、
別名・体感ブロックは隠れた部分が見れるというお楽しみ付きです。


OVERTURE


Voyager
ラスサビに上がっていくシックスボックスは、スタッフがひょいっとフックにかけていた。
最後はやっぱり人の手よね。


Over Drive
長野くんがミリ単位で遅れ気味ラップ。


LIVE SHOW
最後のジャンピングもいいね。惜しむらくはやっぱり歌詞かな。
申し訳ないけど、明日平均年齢30.8歳になるグループには合わない。


HONEY BEAT
真横から見る「HONEY BEAT」もいいねー。


MUSIC FOR THE PEOPLE
バック転後、坂本くんがなかなか起き上がらなくてどきっとした。
そしてこのあと、しばらく左腕固定状態だったんで悪化したかもと不安になる。


BEAT YOUR HEART
私、ここでやっと気づいたの。森田さん、北にあんまり来ない(号泣)。


愛のMelody


MC
ここからして長かった1部を反省してか、さっくりと進行。

 「アルバム買っていただけましたかー」

とかそれくらいかな。


シュガー・ナイトメア
1部では「僕とつきあってください!!」と絶好調だった健ちゃんがおとなしい。
表情まで硬いんでどうしたんだろうと思ったら、
この曲を作ってくれたthe pillowsのさわおさんが来てくれてたんですね。

 「さわおーーーっっっ」
 「失礼だろ!!」
 「さわおーーーっっっ」
 「お前もかよ!!」

最後まで健ちゃんの緊張は取れず、普通に「シュガー・ナイトメア」でスターツ。ええーーーっっっ。
いつもなら井ノ原と肩を組んでにこにこ笑いながらカメラに近づくのに、今回はその笑顔すら硬かったよ。


NO "FIN"/岡田
6人でいるときはまったく思わないのに、ソロになるととたんに男臭いんだな。
もちろんオカダンディー炸裂。にやりと笑ってたわ。


ROCK THE HOUSE/Coming Century
バンバン上がる主人公は萌えまくる3分割(右=三宅、中=岡田、左=森田)の
センタースクリーンが見えないので(涙)右スクリーンで確認。
ここは絶対にマルチアングルで!! 頼む、avex!!


Gram-8/20th Century
いつもなら「打点が高いわー」と感心するトニ@ポッポアップだけど、1コンサートこなしてるので低かった。
仕方ないよね。
この曲、イントロも好きだし、Aメロ、Bメロも好みなんだけど、肝心のサビのツメが甘いんだよなー。
もったいない。


Time's on my side/坂本
さすがリハ中、声が伸びる伸びる。上のキーも楽々出てたし、坂本くんは本当に上手いわ。


My life/長野
岡田が後ろに飛び降りるとき、ちょうどピアノの音が鳴るのと同時に着地するんだね。計算されてるんだなー。
やっぱりバックを務める森田さんはすてきだわーと見ていたら、
あら? 左手が動いてないっていうか、ずっとズボン押さえてる。壊れたのかな。
上段ではちゃんと踊ってたんで、ささっと直したと思われる。


Life goes on
もちろん駆け上がっていくカミは見れず。
着替えのため遅く出てくる長野くんはこの曲が終わる頃にやっと駆け上がるんだね。


RAINBOW


ジャスミン


MC
ミニMCのときはおとなしかった健ちゃん、ここでは三宅犬に大変身(笑)。

○まずはこれから、タオルケット話(笑)。
○健ちゃんは三角帽子+長いシャツで寝てるイメージを持っている岡田。
○ヨーロッパの子供ですかと(笑)。
○健ちゃんはモンチッチのぬいぐるみを抱き締めて寝てるイメージを持っている井ノ原。
○あー、それうちの健@末弟が持ってた(笑)。名前はダイスケ。
○真っ向否定する健ちゃんに「健ちゃんの部屋とか行ったことないから」と話をふくらませる井ノ原。
○「俺は坂本くん家に行ったことない」と上手い具合に自分から話題を逸らす健ちゃん。

 「どこに住んでるの?」
 「こんなところで言えるわけねーだろ!!」
 「じゃあ最寄り駅でいいよ」
 「言えないって!!」
 「番地、番地は?」
 「森田さん!!(首輪を)つけておいてください!!」
 「すぽって首輪を取っちゃうんですよ」

○「長野くん家にも行ったことない」とあっさり長野くんに移る健ちゃん。
○「俺、あるよ」と加わる井ノ原。
○長野くん家の近くで早朝ロケがあり、前日に泊めてもらったんだって。
○「長野くんはベッド、俺はその下に布団敷いてもらった」と細かな説明をする井ノ原。
○「長野くんの実家に行ったことあるよ」とめずらしく参戦した森田さん。
○この話、好きだよなー(笑)。

 「俺も行ったことある。長野くんの部屋の壁紙がバラなんだよな」
 「俺の前に姉ちゃんが使ってたからね」

○ここから長野くんのお父さんの話に。
○井ノ原によると、長野くんのお父さんは神に一番近いんだそうだ。

 「俺が行ったとき、スシとってくれるって言ったんだけど遠慮したの。
   そしたら本当に頼んでくれなかった(笑)」
 「本当は待ってたと(笑)」
 「はい(笑)」
 「長野くんのお父さん、プリティ長島に似てるんだよ。来てると"あ、プリティだ!!"ってすぐわかる。
   なのにお父さんは息子のことがわかってなくて、俺のことばっか見てるの」
 「そうなんだよ、うちの父親、俺が近くに行っても井ノ原見てんの(笑)」

○お父さん話が出ればお母さん話が出るのは当然なわけで(笑)。
○来ました、ブイシックスの母・坂本くんのお母さん話。
○「みんなのところに来た?」とこれまた嬉しそうに話し始める健ちゃん。

 「"進海丸"のときも"殺人者"のときも来てくれたんだけど、"まあくんには内緒ね"って、
   色紙を2枚出してきたんだよ。だからそれにサインしたらまた"まあくんには内緒ね"って…ハグした」

○坂本くんの表情がみるみる変わっていく。
○どっちが先に抱き締めたかが問題らしい。

 「それによってはこのあとこれ(指で×を作る)だから」
 「坂本くんのお母さんだよ。俺、されるがまま」

○井ノ原と実践する健ちゃん@棒立ち。
○されるがままよりも、やっぱりお母さんは「まあくん」と呼んでるのね。ふふふ。

 「健ちゃん、内緒の話なんだろ?」
 「あ、そっか。みんなインターネットに書かないでね。ブログにも書かないで」
 「そうじゃなくてリーダーに内緒ってことだろ(笑)」

○坂本くん話は続きます。
○「ALL SHOOK UP」のCMに遭遇した井ノ原。

 「昨日、部屋を掃除してたらリーダーの声が聞こえてきてさ(超胡散臭い顔をしながら)
   "ご期待ください!!"って」

○気に入ったらしく、連発する井ノ原。
○テンション上がったのか「IZAMも出るんだよね」と言い出す。
○「尾藤さんがプレスリーなんでしょ?」とまで言う。
○「え?尾藤さん、ほんとに出るの?」と乗っかる健ちゃん。

 「森田さん!!(健ちゃんを)ちゃんとつないどいてください!!」
 「自分で(鎖を)噛み切っちゃうんですよ(笑)」

○最後は「出るよ!!IZAMも出る出る!!」とキレる坂本くん。
○坂本くんは本当にいじり甲斐がある人だな。
○さて、ナポリタンの時間がやってまいりました。
○やっぱり最初に勝ち上がる岡田。強すぎ。

 「俺、さっきもやったのに…」

○うん。知ってる(笑)。
○健ちゃんも勝っちゃった。健ちゃんの健太が見たいのにー。ううう。
○結果は、

東山=長野
健太=岡田
森田=森田

の、これまたこんな組み合わせあったっけチーム誕生。

○実はジュニアが来ています。

 「カトカンと野澤くんが来てくれてるんですよ。お前ら、1部もいたんだよな」

○野澤くんは9月にも来てるんだってね。どんだけVが好きなのかと(笑)。
○マイクがないので地声で挨拶することに。北側端までしっかり聞こえてたよ。

 「いいねー。一生懸命で」

○野澤くんは「親指さがし」のとき、健ちゃんの子供時代をやってました。

 「あのときは(身長が)こんなだったのに抜かれた(笑)」

○健ちゃん、並ぶでない(笑)。


愛しのナポリタン/ブイシックス1/2・ザ・シャキーン
長野くんのヒガシはばりばり昭和風(笑)。
前髪を上げて帽子を被ってるんで、健ちゃんに「萩原流行みたい」と言われてた。
ノリノリでやってるのに「内緒です」になると、とたんにおとなしくなる岡田@健太健在(笑)。


○おおっと、忘れていました。
○「学校へ行こう!」で言っていた健ちゃん=曙の説明があったんだった。
○お父さんと相撲を見ていた井ノ原。
○相手力士が土俵から出ているにもかかわらず、それでも押す曙を見た井ノ原。
○もうオチはついてるのにそれでも押す健ちゃんみたいだ、と思った井ノ原。

 「すみません、こんなところで説明して(笑)」

○ちなみに初発表だったらしい(笑)。


way of life
さっきまでおばかさんだったのに、きっちりとスイッチを切り替えるのがすごいわ。
まったく踊らないので(さすがにこれで「踊れ」とは言えない)みんな手を胸に当てたり、
ちょっと上げてみたりしてるんだけど、井ノ原だけが棒立ち。
井ノ原ってこういう系統のとき、あんまり動かないよね。


BRAND NEW DAY,BRAND NEW LIFE
「way of life」からすぐに突入するため、必然的に衣装は黒スーツなままなわけで。
つまりVoyager改造Tシャツが消えてしまったわけで。改造Tシャツがかわいかっただけに残念だわー。


夕暮れオレンジ/三宅
真横からがっつり、そりゃもう本気でがっつりと見たわ。横顔もいいなー。


ハジマリ
実は私、CDの長野くんソロがかなり苦手でさ。その理由が「ちょっと舌足らずだから」なんだよね。
長野くんでこんなこと感じたことなかったんだけど、この曲に限ってそうなんだよなー。
今回5回聞いたけど、5回ともそうじゃなくてほっとしたし、それじゃどうしてCDはそうなったのか不思議。


Candy/森田
楽しみすぎて発熱しそうな勢いの森田さんによるツンデレ説明。
最大ポインツはもちろん「好きな人を~」なんだけど、1部は「みなさんを想って」だったのに、
2部は「みなさんのために」だった(涙)。
いや、「みなさんのために」でも十分なんだけど、何せ「みなさんを想って」を聞いちゃったからさー。


I・N・O=NUT KID/井ノ原
そうだ、書くの忘れてた。井ノ原、髪切ったというか、パーマかけたよね。
ふんわりというよりも、ハンブルボーイをやわらかくしたようなくるんくるんって感じだった。


サンダーバード-your voice-
井ノ原の足が90度までしか上がらず。


Believe Your Smile


Darling


Can do!Can go!
台宙は概ね成功。


僕と僕らのあした
健ちゃんによる紹介はしみるわ。


1st.Encore/グッデイ!!(歌いわけ変えました)
今回も昌行子だった(笑)。


1st.Encore/WAになっておどろう
井ノ原が「GLAYのJIROくんも一緒にー」と言ったような気がするんだけども。来てたのかな。
もはやデフォなのか、健ちゃんと岡田ががしっと抱き合ってた。
三宅健28歳。岡田准一26歳。何ら違和感なし(笑)。


1st.Encore/特別な夜は平凡な夜の次に来る
違和感のない2人は健ちゃんのマイクで1フレーズ熱唱。


2nd.Encore/愛なんだ
「ああ、また"本気がいっぱい"かー」と思ったのは私です。
サビでやっと「うぉ!!"愛なんだ"だ!!」と気づいたっていうね。どんだけー(笑)。

V6/LIVE TOUR 2007 Voyager-僕と僕らのあしたへ-

2007.11.17 国立代々木競技場第一体育館 1部 スタンド北Gブロック1階9列

2007.11.17


約2か月振りの代々木、1か月振りのVコン。うーん、新鮮(笑)。
セットの変更点は待機エリアに「Voyager」の電飾看板が設置されたくらいかな。
席は3年振りの北1階。入って右に曲がるのが不思議だった(笑)。


OVERTURE
「Voyager」のイントロ部分でしかないから非常に短い。
暗転して「おおお!!始まる!!」と思った次の瞬間には、
ゆっくりとメインステ階段を上がってきてるんだよね。


Voyager
バックライトのみなので、6人のシルエットがすごく綺麗。
それぞれ特徴のある立ち方してるよなーと改めて実感したりして。
ラスサビの「We go the extra mile」のあと右手をすーっと上げるのと同時に、
これまたゆっくりと上昇するシックスボックスには「V6」の文字が(やっと読めた)。


Over Drive
森田さんを頂点としたトライアングルがとてもいい。
「Over Drive♪」でのジャンプはサンチェ先生の何者でもないな。


LIVE SHOW
森田さんによる「Feel me Feel you♪」は、指の差し方といい、膝の曲げ方といい、完璧中の完璧。
気づくと森田さんを見てるんだよね(笑)。これぞ森田マジック。
でもヒゲはいーーーらーーーなーーーいーーーっっっ。


HONEY BEAT
代々木、仙台では間に合わなかった健ちゃん@白手袋がしっかりと両手にはまっていた。よかったね。


MUSIC FOR THE PEOPLE
バック転後の起き上がり、坂本くんが気持ち遅かったような。


BEAT YOUR HEART
北Vロード=長野・岡田、南Vロード=井ノ原・三宅、センター花道=坂本・森田。
健ちゃんと岡田が逆かもしれない。


愛のMelody
メインステまでの移動、やっと誰がどこに乗ってるかわかったよ。遅いな(笑)。
右トロッコ=長野・森田・三宅、左トロッコ=坂本・井ノ原・岡田でした。


MC
めっきり寒くなりました。

 「外は寒いけど、ここは熱いよねー。上の方、熱くないー?」
 「熱ーーーい!!!」
 「下の人たち、風を送ってあげてください」

といういつもの会話のあと、時間がないというのに、

 「タオルケットを毛布に変えるタイミングがわからないんだよ」

と話を振ってしまい、結論が出ないまま刻々と時間がすぎる(笑)。最後は、

 「あとでまた話しますんで、森田さん覚えててください」

と森田さん任せに(笑)。


シュガー・ナイトメア
いつの間にか、曲振りを担当することになっていた健ちゃん。
「僕とつきあってください!つきあってください!!つきあってください!!!」
と複数ではなく単数で叫ぶ。
きゃーーーっっっ。

 「全然、振りになってねーし」
 「1万2000股かよ」

に笑った。
坂本くんと岡田、井ノ原と健ちゃんが肩を組んで歌っていたので、
長野くんと森田さんも挑戦(笑)したものの、森田さんがテレるのか長野くんの方を見てなかった。
テレ屋さんねー(笑)。


NO "FIN"/岡田
来ました。メインセンターステに腰掛けてにやりと笑うオカダンディーですよ(笑)。
前は歓声が上がる会場に???状態だったけど、今はわかってて笑ってるよね<岡田。


ROCK THE HOUSE/Coming Century
バンバン上がる夜の主人公に私のテンションもバンバン上がりました。
このときの健ちゃんの手つきと胸元は絶品だ。
スクリーンにがっつりと映してくれたカメラマンさん、ありがとう。


Gram-8/20th Century
やりたい放題トニングセンチュリー。ここのトニは本気中の本気でかっこいいな。
坂本くんはラスト。吹き付ける風になびく前髪に卒倒するかと思ったよ。
ありがとう、「ALL SHOOK UP」(地毛でリーゼントにするんだって)。
長野くんはサビ前のソロ。ちょっとうつむき加減がたまらん。
井ノ原はラスサビ前のソロ。菱形前ステでがっつりと構える姿がいい。


Time's on my side/坂本
左肩にサポーターあり。
ここはもう安心エリアなのでね。いつもゆったりと聞いてます。


My life/長野
Vってすごいなー。バックダンサーもメンバーって最高の強みだよなー。
そしてそれに徹する姿が本気でかっこいい。長野くんごめんね。森田さんばかり見てしまった。
「強く」で両手を前に突き出し、ぐっと握るところが最高。


Life goes on
フェンス際に設置された待機エリアに集まるカミに、ブチ上がるテンションを押さえられないでいると、
あら?カミがいなくなった。姿形が見えなくなった。
Vロードににょきっと現れた森田さんを見るまで、
本気でもみくちゃになって立ち止まってるんだと思ったよ(笑)。


RAINBOW
レインボーに輝くVロードを見るのが好きだな。
手を振りすぎたのか、シャツがアウトしてしまった健ちゃん。一生懸命入れてた(笑)。


ジャスミン


MC
ニノも参加し、1時間くらい話してました。

○もちろん「こんにちは、ブイシックスでーーーす!!」からスタート。
○すぐに平成たちがかわいい話に。
○とにかく「かわいい」と言う岡田。
○しかし「歳が離れすぎてるから何を話していいかわからなかった」と言う岡田。
○ついには「坂本くんはすごいよ。俺らと話してくれて」と坂本くんを絶賛する岡田。
○勢い止まらず「櫻井すごいんだよ。メモとか取ってるんだよ。Bクイック日本とか」と櫻井までほめ出す岡田。
○「俺らはしてたかってことだよ」という岡田に、

 「メモ取るって意味わかんない」
 「だよねー」

○剛健だなと(笑)。
○当時を思い返し「寝てましたね」とうっかり言ってしまう森田さん。
○わき上がる「ええええええーーーっっっ」に、 「だってさ!試合動かなくてさ!」と反論する森田さん。
○「岡田とか学校終わってから来て、夜遅くまでやってたから眠かったよな」と井ノ原がフォロー。
○「映っちゃって"岡田起こしなさい!!"って電話が来るんだよな」まで言ってしまう。
○副社長だな(笑)。
○ここで絶好ポイントと踏んだ井ノ原から「今日は嵐の二宮が来てくれてます」と紹介が。
○ブイシックスタクシー(という名のトロッコ)出動。ニノを乗せてメインステに。
○ニノの後ろポケットからのぞくキーホルダーにさわる健ちゃんがとてもかわいい。
○ジュニア時代、「Vコンが一番楽しかったです」と抜かりないニノ。
○「どうして?」と食らいつく井ノ原に「怒られなかったから」と即答(笑)。
○「キンキだと次はこうしてみようかって光一くんが言うんですけど、
 ブイシックスは出番だよー、はーい、で終わりだったので」がその理由。
○うわー、光ちゃんの名前出たよー(笑)。
○「(嵐の)コンサート前にはブイシックスを聞くんです」とこれまた嬉しいことを言ってくれるニノ。
○「Very Best」買いました発言に「Voyager買えよ」と坂本くんがぴしゃり。
○買えよじゃなくて、あげなさいよ(笑)。
○「Very Best」を聞きながら振りを起こし、最後に大野が「over」で泣くらしい(笑)。
○「そして僕たちは果てしない夢を描きに行くんです」と「over」の歌詞を言う頭のいいニノ。
○岡田と大野は同い年なので、大野がブイシックス、岡田が嵐ということもあり得た。
○「そうなると岡田がドラム缶に入って極楽って言うんだ」とちゃんとCMを見てる長野くん。
○「トレードしたらおもしろいですよね」とナイス発言をするニノ。
○「坂本くんがKAT-TUNとかね」とナイスすぎる発言をするニノ。
○「きっと、ぼろぼろになって帰ってくるよ」と腕をさする井ノ原(笑)。
○「田中とか怖ぇーんだよな」と人のこと(略)な坂本くん。
○本当は相葉くんと来る予定だったんだって。

 「でもあの子、大阪で舞台やってるんで来れないんですよ」
 「なのに約束したの?」
 「自分のスケジュールを把握してないんです」
 「うちにもいますよ」(森田さんを見る)
 「………………俺かよ!!健かと思ってた(笑)」

○嵐における岡田ポジションはマツジュンと言い残し、またもやブイシックスタクシーで帰っていくニノ。
○「森田さん、そろそろタオルケットの…」と待ち切れずに言い出す井ノ原。
○「タイミング計ってましたよ」とまったくそんな風には見えない森田さん。
○「その話は2部で…」とうっかり言ってしまい、会場から「ええーーーっっっ」と言われる長野くん。
○森田さんの結論=今日(笑)。
○さすが代々木、告知がありましたことよ。
○坂本くん舞台に続き、森田さん舞台の台本も読み切った岡田。
○「セリフが泣けるんだよ」と言い、「なんにもねぇ。なくなっちまった…」と真似をする。
○そんなセリフがあるだなんて!!(涙)
○「台本にさ、坦々麺が…」とバツが悪そうに切り出す健ちゃん。
○!と気づいて「あれお前か!!」と叫ぶ森田さん。
○新しく来た台本に坦々麺を汁を飛ばしてしまったらしい。
○「台本は綺麗に使いたいんだよ!!」とのたまう森田さんにA型を見た。
○坦々麺のフタ(?)を開けて置いたら、その下に台本があったらしい。
○ちなみに、その坦々麺は健ちゃんが頼んじゃやつじゃないそうだ(笑)。
○さあ、やってまいりました。なーーーぽりったんっの時間です。
○早々と勝ち上がってしまい、天を仰ぐ岡田。
○健ちゃん、坂本くんも勝ち、井ノ原 vs 長野くんとなる。
○自由街道を突っ走る健ちゃんを止められるのは井ノ原しかいない、
 と思っている坂本くんの期待も空しく、井ノ原が勝ってしまい、

東山=井ノ原
健太=岡田
森田=森田

の、こんな組み合わせあったっけチームとなる。

○坂本くんが手を焼くほどの発言もないまま着替え完了(笑)。


愛しのナポリタン/ブイシックス1/2・ザ・シャキーン
井ノ原。胡散臭い(笑)。最高に胡散臭くて非常に好み。
ちょっと歌詞がおぼつかなかったけど、胡散臭さで帳消しだ、帳消し(笑)。
岡田の「内緒です」は地団太を踏みたくなるくらいテレてたわ。


○「久し振りなんでどきどきした」のは井ノ原。
○あれ? 出て来た坂本くん、長野くん、健ちゃんが黒のスーツ着てる。
○来たな、新曲!!!
○「曲がってるよ」と長野くんのネクタイを直してあげる健ちゃん。
○あんまり好きな表現じゃないんだけど、これしか浮かばなかったので書く。
○新婚かと(笑)。
○「似合いすぎー」とけたけた笑い出した健ちゃんの視線の先にいたのは坂本くん。
○長野くんと健ちゃんは白シャツ+ネクタイなのに坂本くんは黒のラメシャツでノーネクタイ。
○ダイレクトに「ホストみたい」って言った気がする<健ちゃん。
○「こういうの、似合っちゃうんだよね」と言ってしまう坂本くん。
○うん。似合っちゃう(笑)。
○着替え完了の井ノ原、森田さん、岡田@みんな白シャツ+ネクタイ。
○坂本くんを見て「なーーーんだよ、それ」と笑い出す井ノ原。
○というわけで新曲となり、MC終了。


way of life
しっっっとりと歌い上げるブイシックスのみなさん。ラストの転調するところとか好きだなー。
「SP」で聞いたときは、あまりインパクトがないというか、
正直に言えば地味の一言しかなかったけど、こうやって生で聞くといいね。


BRAND NEW DAY,BRAND NEW LIFE
新曲が入ってしまったので、健ちゃんによる紹介がなくなってしまった。
ここおもしろいって聞いてたから楽しみにしてたんだよね。ちょっとショック。
サビ部分が簡単な振り付けなんで早速一緒にやってみたわ。うきっ。
そうだ。井ノ原が歌詞を忘れたんだった。にかっと笑う井ノ原がかわいかったな。


夕暮れオレンジ/三宅
最初の「きーみーのなみだーが~♪」の「み」の部分が半分フラット。そこがまた切ないんだなー。


ハジマリ
今年の核はここだと思う。しっかりと生歌勝負。
スクリーンに映る写真@撮影者=健ちゃんがちょっと変わってた。
撮られてる意識がないって感じのが多くて「写真集出してくれ」と本気で思ったよ。


Candy/森田
「"Candy"歌います」とそりゃもうストレートにスタート。

 「覚えてきてくれましたか?」
 「はーーーい!!」
 「あそこ(スクリーン)にも歌詞が出ますんで」

その次の瞬間、ぱっと歌詞が出ると、

 「タイミングいいですね」

とにっこり。

 「みなさんが歌う部分はピンクになってます」

森田さんによる淡々とした説明が終わり、ついにあれが来たわ。

 「好きな人を想いながら歌ってください」

来たーーーっっっ。来たーーーっっっ。来たーーーっっっ。
もちろん「ゴウくーーーん!!」と叫びましたがな。うひひ。叫んじゃったー。うふ。
そしたら。そしたらそしたらそしたら。

 「僕もみなさんのことを想って歌います」

死ぬかと思った。そんなこと言う人だったっけ。
本人もびっくりしたのか、「ねーむれないの~♪」は森田さん担当なのにマイク下げちゃったのよね。
苦笑いする森田さんがえれーかわいかった。
やっぱり好きだ。森田さんが好きだ。ブッちぎりに好きだ。


I・N・O=NUT KID/井ノ原
何が嬉しかったって、井ノ原が楽しそうに歌ってたことなんだよね。
初日は会場のテンションがガタ落ちしてて、今まで見たことのない不安いっぱいな顔してたからさ。
ただ、白幕演出はちょっとね。ふぁっさーと下りてくるのは綺麗なんだけどさ。


サンダーバード-your voice-
発売以来、かならずセットリストに組込まれてるよね、これ。


Believe Your Smile
ぎりぎりバックを務めてるのか、ニノの足がリズムを刻んでいるのを確認(笑)。


Darling
頭上に井ノ原。


Can do!Can go!
台宙が見れるのは嬉しいんだけど、後半戦もいいところまで来てるからやっぱり心配になる。
今回は森田さんがちょっと後ろにふらっと行ったくらいで成功。本気でよかった。


僕と僕らのあした
10年以上一緒にやってきた思いがこの曲の中に凝縮されてると思う。大事に歌ってるのがすごくいいね。
初日や仙台ではENDINGとして独立していた映像がこっちに組み込まれてた。
登場順も変わってたんだけど、忘れちゃったよ。

V=坂本(残り←本当にごめん)
o=岡田(Junichi Okada)
y=井ノ原(Yoshihiko Inohara)
a=ファン(Fan)
g=森田(Go Morita)
e=三宅(Ken Miyake)
r=長野(Hiroshi Nagano)

がいいんじゃないのかなーなんて思ったのが原因(笑)。


1st.Encore/グッデイ!!(歌いわけ変えました)
井ノ原に紹介されての坂本くん@ちぇきらーは完全裏声。ちょっと坂本昌行子(←懐かしい)になってたよ(笑)。


1st.Encore/WAになっておどろう
センタートロッコで移動している岡田に「二宮ーーーっっっ」と言われたニノも一緒にらんららーらー。
最後は健ちゃんと岡田ががしっと抱き合う。


1st.Encore/特別な夜は平凡な夜の次に来る
抱き合ったまま「今年は~♪」と歌いだす健ちゃんと岡田。あんたたち、どんだけ(笑)。
かと思えば、長野くんは「かんぽさーーーん!!」と井ノ原@Vロードに手を振る。
メインステに戻った井ノ原が「私事ですみません」と言い出したときはどきっとしたけど、
「長野さん、ありがとうございます」にほっとしたわ。私。過敏すぎ(笑)。


2nd.Encore/本気がいっぱい
ごめん。ちょっとがっくり来た。


惜しい。
仙台では大丈夫と思った後半が、代々木になるとあともう一声なるんだよなー。
Believe Your Smile → Darling → Can do!Can go!がおなじみすぎるからかな。
Believe Your Smile → Rainbow → Can do!Can go!とか、
Don't Stop The Refrain → Rainbow → Can do!Can go!でもよかったと思う。

web clapお返事

2007.11.17


16日23時台の方。
はい。出ました。放送日は2001年4月12日です。「VVV6」のスタート日です。
自分でもびっくりしたんですが、すらっと放送日が出てきました。どうしたんだろ(笑)。
石橋・長野 vs 木梨・坂本で、坂本くんがパクチーを当てられて負けました。
当時の日記を読み返してみたんですが、長野くんが嫌いなものは書いてませんでした。
何だったんだろ。さすがにそこまでは覚えてませんでした(笑)。




Recent Entries