春だもーん

2009.02.28


滝沢@演舞城会見を確保するために「ズムサタ」と「めざど」を録ったら櫻井@ヤッターマン直撃インタビューとユニコーンのシークレットライブが釣れた。ヤッターマンだけにヤッター。全部切り取るもんね。明日だけど(笑)。

5月までNON STOP RIDER決定

2009.02.27


エスミールを救ってあげたい空気に包まれていた「ぐるぐるナインティナイン・グルメチキンレース10ゴチになります!/櫻井翔」。一騎打ちとなってしまった船越さんが気の毒だったけど、江角を勝たせてあげたかったなー。気の毒と言えば、矢部もそう。今日に限ってニアピン賞が出ないだなんて。櫻井は安心して見ていられるジャニーズナンバーワンなので、ジェスチャーゲームも含め(笑)ゆったりと見てられたわ。ふふふ。

starring大野だった「MUSIC STATION/矢野健太 starring Satoshi Ohno」。歌ってるときはあんなに堂々としているのに、どうして終わったとたんにすすっと席に行ってちまっと座るんだろう。ファンならずとも、心がくすぐられるではないの(笑)。

もしかして、と仕掛けた「フジテレビ開局50周年特別企画・ボクらの心に流れる歌」。結構な勢いで流れたね<Jのみなさん。当時の映像じゃなかったのはV@MUSIC FOR THE PEOPLEとTOKIO@LOVE YOU ONLYだけかな。懐かしい(髪型から見て98年じゃないかと)運動会映像も見ることができて満足。

捕獲×捕獲

2009.02.26


「黄金伝説録ったんだー」とうきうきしていたら母親に「春日くん出るの?」と聞かれた(何だか同級生みたいだ)。最近は春日はもちろん若林も好きよ。うひょ。

なんてことはまあ置いといて、捕獲しましたことよ!! カミング戦隊ゲキビジュレンジャーを!!

―――黄金の味のボトルが変わりました。


「どこ?」
「変わった?」
「うめぇ!!」


―――このあたりが微妙に。


「変わった?」
「どこ?」
「うまい!!」
「変わったんだ」


「どこ?」と聞くも食べるのに夢中な森田さん。
ただただ「うまい」を連発する健ちゃん。
「変わったんだ」とちらりボトルを見る岡田。

すげー。正しくカミセン。ほんと、エバラ食品さまには足向けて寝られないわ。ありがたやありがたや。

城島版「僕と彼女と彼女の生きる道」だった「4夜連続ドラマ・血液型別オンナが結婚する方法♪O型」。妻がいて、娘がいて、プロポーズがあって、と萌えの嵐だったんじゃないかな。ストーリーは4話中、一番弱かったけども。王道中の王道だったA型のがトップチェッカーだな。次回があるとするならば、男子目線でサクセスバージョンというのはどうだろう。ジャニに揃っているではないの。

A型=森田(79年2月生まれ)
O型=三宅(79年7月生まれ)
B型=光一(79年1月生まれ)
AB型=剛(79年4月生まれ)

79年生まれの引きの強さを感じるわ。30歳記念にひとつ。

ネタのない水曜日

2009.02.25


それは私が「キイナ-不可能犯罪捜査官-」を見てなかったから。




エバラ@カミ新バージョンが流れただなんて!!




速攻で「どーも☆キニナル!」と「黄金伝説」を予約したわ。

私に剛つんを!! 健ちゃんを!! 准くんを!!

ネタのない火曜日

2009.02.24


改めて思い知る「学校へ行こう!」の存在。

超絶出遅れ女

2009.02.23


今朝、やいやいと仕度をしながら「めざましテレビ」を見ていたら、嵐の新曲CM@J-Stormが流れた。「おー。来週発売かー。って、ええええええええーーーっっっ」と何もしていないことにようやく気づき、あわててありとあらゆるところにアクセスしたけど、すべて初回限定盤1(狙うはもちろんタイムボカンPV)の予約は終了していたわ。がっくり。週末、いつものCD屋さんに行ってみるよ。よよよ。

大人の事情とわかっていても大阪に行くなら新幹線だよね、の「4夜連続ドラマ・血液型別オンナが結婚する方法♪A型」。一緒に見ていた母親が「あの子(夏美役)山田麻衣子って言うんだ」とつぶやいたので「森田さんが山田麻衣子を好きなのに山田麻衣子は岡田が好きだった、というドラマがあったよ」と言ったら「健ちゃんのお父さんが所さんのやつ?カミセンで出たよね」と返ってきた。さすが母親、基準が健ちゃん。

web clapお返事

2009.02.23


またまたお返事が遅れました。申し訳ありません。

2月10日17時台のtakutakuさん。
ホメていただいてありがとうございます!!
レポを書いた甲斐があります。本当に嬉しいです。ふふふ。
トニコン、ほんとに楽しかったですよー。期待を裏切りませんね、トニは。私も次が楽しみです。

鳴らしてくださった方々。
ありがとうございます。励みになります。

かもめ第三小学校5年3組

2009.02.22


坂本くんなる子がいるのね。どんな生徒なのかなー。長野くんや井ノ原くんもいるのかしら。

髪の短さはこのくらいが限度かな、の「TV STATION・V6の主張@vol.236/坂本昌行」。今回は"2009年のV6"で決まりでしょう。誰か教えてあげて。健ちゃんが50歳になったとき、坂本くんは58歳なんだよと。石投げれば60歳なんだよと。「抱きしめてあげる」っていう言い方いいなー。実現するといいなと思うし、きっとそうなると思う。健ちゃんは50歳になってもかわいいよ。きゃは。

「SHOCK」600回当日に600回を迎える。これもまた運命、の「新堂本兄弟/南沢奈央」。ぴーぴぴっぴっぴっぴーの「ジェットコースター・ロマンス」を小学生の頃によく聞いていたと言われ、なんとも言えない顔をしたキンキが大気圏をブチ抜くほどにかわいかった。


「ほんとに暗い子なの」
「お家大好き」


の会話もね。

まっすー@RESCUEの「強いの?」に萌えた

2009.02.21


ぽやーーーんと見ていた「CDTV」で「VIBES@DVD」映像が流れた。とっさに、

「森田さん!!」
「違った!!岡田!!」
「じゃないわ!!健ちゃん!!」

と画面に手を振ったわ。正解は坂本くんなんだけども(笑)。

30歳

2009.02.20


森田さんが30歳。森田さんが30歳。森田さんが30歳になりましたことよ!!

鼻血を出していた森田さんが(半熟卵だけど)
やっぱり鼻血を出していた森田さんが(毎度おジャマしまぁすだけど)
とんでもない攻撃をかました森田さんが(Vの炎だけど)
真似っ子不良だった森田さんが(ひとつ屋根の下2だけど)
竹刀持ってた森田さんが(PU-PU-PU-だけど)
毎回かっちーんときていた森田さんが(俺たちの旅1999だけど)
将棋さしてた森田さんが(月下の棋士だけど)
バンコクが消えないうちに歩いた森田さんが(君を見上げてだけど)
携帯をばっきりと折った森田さんが(ランチの女王だけど)
鎖につながれた森田さんが(マシーン日記だけど)
過去を背負ってた森田さんが(COSMIC RESCUEだけど)
超絶ついてなかった森田さんが(Hard Luck Heroだけど)
思いっきりすっ転んでた森田さんが(激情だけど)
魔物の中の魔物だった森田さんが(荒神だけど)
タイムスリップした森田さんが(零のかなたへ-THE WINDS OF GOD-だけど)
純粋に神を信じていた森田さんが(ホールドアップダウンだけど)
ヒガシに振り回されてた森田さんが(喰いタンだけど。あ、これは実際もそうか)
雪の中を彷徨い歩いた森田さんが(IZOだけど)

30歳になりましたことよ!!

私にとっての森田さんは不動の四番バッターだ(森田さん野球苦手だけど)。これからも私の心にときにはヒット、ときにはホームラン、そしてときには場外をかましてほしいわ。

森田さん、誕生日おめでとう。
あなたの30歳がすばらしいものになりますように。

「やりやがったなー」の詳細が早く知りたいです。来年の大河の以蔵役だったりしてね<一度書いてみたかった。

さて、この良き日、残業を1時間で切り上げてケーキを買いに行ったら閉まってたって言うね。何てこと!! 何てことなの!! このまま引き下がるわけにはいかなかったので別のところで買ったわ。うひひ。ちなみに写真撮ったんだけど、何か暗いのでupは控えました。まだまだおニュー携帯に慣れてないのね。あはは。

森田チームに三宅チーム、デリバリに岡田とカミセン揃い踏み!! だった「VVV6・東京VシュランⅡ/青山スイーツ:森田・オアシズ vs 三宅・榮倉奈々」。カミコンやって!!(どさくさ)

黙々と食べていた森田さん、「榮倉さん、かわいいよ」とすると言ってしまう健ちゃん(もちろん「健ちゃんもかわいいよ」と画面に向かって言いました)、ハイテンションだった岡田とストライク満載だったけど、


「ゴウ、うめーよ」
「だろうな(にやり)」


で、すべてフッ飛びました。にゃは。

おめでとうおめでとう

2009.02.20


森田さんが、森田さんが、森田さんが30歳になりましたことよ!!

新知識階級クマグス・夜景

2009.02.19


実はまだ見てもない。無理だわ。うん。

雪国ケンミントークに深くうなずく

2009.02.19


明日はケーキを買って帰ろうかと。

nanaco初チャーーージ

2009.02.18


感動(笑)。

ただいま「タイノッチ・バッティングセンターで野球の試合Ⅱ」を見てます。これ大好きだ。

これからの予定

2009.02.17


5月までNON STOP RIDERになりそうです。きゃほーい。

路面凍結

2009.02.16


明日もすごそうだから早めに家を出るとしよう。うん。

仕事終わりが22時半だったので「スマスマ」すら見れませんでした。今週中にチェックできたらいいんだけど。あ、中居のドラマが決まったね。私、ラブコメ苦手なんだよなー。がくり。

トニコンDVDを見ると安心する

2009.02.15


どうも出力の調子が悪く、いきなり画面が真っ暗になるという現象を起こしていたHDD@滝沢くん。「やれるだけやってだめなら修理だな」と思いながら配線し直してみたら、かっちりと映ったっていうね。独身レベルがまた上がった気がする(笑)。というわけで一日中、編集と移動を繰り返してました。「クマグス」と「堂本兄弟」を全部焼いたぜ。明日からは長瀬関係に着手したい。やるずぇぇぇーーーっっっ。

光ちゃんと剛の協力タッグに全力で応えてくれた「新堂本兄弟/大泉洋」。何ていい人なんだ<洋ちゃん。月イチで来てほしいくらいよ。そしてそのたびに瞬き対決をやってちょうだい。

もちろん予定などない

2009.02.14


明日のトニコン@秋田に行きたくて探してたんだけど、動くのが遅すぎてだめでした。ううう。

何だかんだ言って真剣に見てる「RESCUE-特別高度救助隊-4/発火ガス大量発生!!横浜地下、全焼か!?史上最大の救出劇」。上がる炎がコンサートに特攻に見えたりとか、大地@中丸が不動@山本裕典をひとりで助けに行くだろうと誰もが思ったよなとか、大八木教官@山下真司不死身すぎとか、まあいろいろとあったけど、それでも感動したわけで。私、わりとこういうアツいドラマ好きみたいだ。うひょ。

今回、初めてまっすーを「かっこいい」と思ったよ。私の中でまっすーは「かわいい」カテゴリなのだ。そして今日をもって「こっそり応援しちゃうリスト」に登録されましたことよ。いつの日にかNEWSコンに行く機会が訪れたら、まっすーのうちわを持つわ。

先週、先々週のを見てないので「銭ゲバ」はHDD@岡田くんに任せてトニコンDVDを見る。トニの意向に反してコメンタリのを見たよ。思うままに話すトニに勝利を感じたわ。すっごく楽しかった。一番楽しかったのは紛れもなく本人たちだろうけど(笑)。今度からVコンもトニコンもカミコン(言霊!!)も

限定盤特典=MCセレクション・スペシャルインタビュー・企画(EX:ナポリタン全集)、
通常盤特典=コメンタリ

にすればいいのに。比較的手が出しやすい通常盤にコメンタリがあったら、鬼に金棒だと思うんだけどな。Vコンの場合、さすがに6人でとなると「ゴウくん、しゃべってーーーっっっ」状態になりかねないので(この叫び声、聞かなくなったなー)トニ、カミ、トニカミ混合(EX:坂本・岡田、長野・森田、井ノ原・三宅)で録ってセレクションしてさ。

さて。楽しみのひとつだった滝翼 in 「Running to the top(SAMURAI)」。坂本くんの「嬉しいよね、後輩来てくれるの。また来てくれねーかな」を聞いて「それならこれをやればいいじゃないの!!」と思ったわ(←来たよ)。




春のジャニーさん祭り!! そーれそれそれお祭りだ!!




ゴールデンウィークあたり(非常に具体的)に東京ドームでコンサートやっちゃいなよ。人数が多いとカウコンみたいなことになってしまうので、1日目=TOKIO・キンキ・V・嵐・滝翼、2日目=それ以降にデビューしたグループとに分けて、地方在住者にも優しい14時~19時の公演時間でどうだろう。セットはともかく、衣装は既存のものがどさりと残ってるんだからそれで。「あー、あれ2004年のだ」と思い出すのもなかなか楽しいと思うの。

さすがに5時間は長いので休憩時間を設けて、その時間帯は出演してるグループがやらせてもらってるCMを片っ端から流せばいい。そうすればスポンサー料も入るし。うふふ。

これを書いてる間、常に心の中にあったのは、




妄想しようぜ!!(by長瀬智也)




でした(笑)。

今日もDISC 3を見た

2009.02.13


森田さん焼けてるなー、の「VVV6・東京VシュランⅡ/釜飯:坂本・美川憲一 vs 森田・チュートリアル」。何か「うめぇ!!」の記憶しかないんだけれども(笑)。

一方の坂本くんは美川憲一のフォローに徹してたね。それもまたかっこよす。

そしてデリバリ健ちゃん。物怖じせず大変によろしかったんだけど、それよりも次回予告の榮倉奈々と笑い合う姿に度肝を抜かれたわ。まったく違和感なし。これこそがキセキ。

新知識階級クマグス・UMA/ダニ/言い訳

2009.02.12


コアすぎてネタがないのかと心配になった(笑)「新知識階級クマグス・UMA/ダニ/言い訳」。何と3本立てですよ。

1本目=UMA
○未確認生物だそうです。
○ネッシー!!ツチノコ!!このあたりは有名だよね。
○ジャッカローブがエレキングに見える。
○妖精来たーーーっっっ。
○妖精を見たジャニは慎吾、長瀬、岡田の他にいるのかな。
○何となく手越は見てそうだ(笑)。あと大倉くんも(笑)。


「未確認生物は捕まってはいけない」


○名言。

2本目=ダニ
○予想通り固まる坂本くん。
○ダニ学会なんてあるのか。
○ダニってどこにでもいるのね。おおお。
○「このダニ何のダニ」がなかなかの名曲。
○「聞きたいことはないですか?」と振られる森田さん。


「ないっすねー」


○きっぱりしすぎてすてき。


「(ダニは)全然かわいくないです」


○真っ向否定(笑)。
○ダニで熟成させたチーズ登場。
○チーズは好きだけど、ダニで熟成はちょっとなー。
○と思ってる間に、ちょっとずつながらも食べるブイシックスのみなさん。


「美味しいものを作ってくれてるって考えたらいいヤツらだよね」


○いついかなるときも前向きだな<井ノ原。

3本目=言い訳
○石川県の言い訳に笑う健ちゃんがかわゆす。

できれば、1回につき1テーマがいいなー。

「SHOCK」チケ到着

2009.02.12


私名義なんでね。これ以上は書くまい。行けるだけで幸せだもの。

ようやくトニコンDVDを見る。時間がないのでDISC 3だけね。いついかなるときも特典からよ(笑)。

まずは短かったけど、死ぬほど満足した「トニセンぶらり旅-盛岡-」。シャツの柄はともかく、髪の毛すとーーーんの長野くんがど真ん中でいろんなものを投げたくなったわ(なぜに投げる)。しっかりとセット、しっかりと衣装の石割り桜より右隅でひたすら焼肉の方が断然すてきだ。坂本くんも井ノ原も。あ、井ノ原の桜の思い出がまたしても長野くん絡みで笑ったわ。どんだけ一緒にいるんですかと。

次、2009のを見てしまったんで何か変な感じがした(笑)「20th Century LIVE TOUR 2008"オレじゃなきゃ、キミじゃなきゃ"DOCUMENT FILM」。坂本くんの本番直前掛け声全集(全部じゃないか)がすごくおもしろかった。さすが、かの有名な「聞こえない挨拶は挨拶じゃない」を残した男だわ。こんなときでも「こんにちは」に「こんばんは」ですよ。井ノ原の「お父さんたちがゴルフに行ってきゃっきゃきゃっきゃ言ってる感じ」は言い得て妙。ところどころにはさまれたインタビューも二重マル。

最後は貴重すぎて泣きそうになった「トニセン会議中-Road to LIVE 2009&Making of 2008 DVD-」。井ノ原は打ち合わせの段階から裏シェルター状態なんだなー。トニコン@新潟2009で言ってた通り(コンレポに書くの忘れた)長野くんは髪の毛さわってるね。グローブ座での打ち合わせは坂本くんと井ノ原が観劇した日なのかな。その場にいたんだけど、見えなかったからさー。公演後の長野くんは当たり前だけどちょっと疲れてるね。こういう姿、まず見せないので新鮮だった。そして移動中@クリスマスイブ。何かむなしいというか、らしいというか。坂本くん、怪しいラッパーみたいだ(笑)。

で、ですね。私、うっっっすらと映ってるっぽい。きゃー。

貴重な休日

2009.02.11


これをもぎとるために一昨日、昨日と残業したわけですわ。次の休みは日曜日。土曜出勤なの。ちっ。

HDD@岡田くんをがしがしと整理した今日、

○携帯
○トニコンDVD
○化粧水
○ザ・テレビジョン

を買いました。今月どころか来月も何も買えないよ。ひー。

携帯@三宅くんは前回に引き続きPにしました。ボタンの位置が微妙に違うし予想候補機能が超バージョンアップしてるので、慣れるまで時間かかりそう。とにかく時間を見つけて自分なりにカスタマイズするぜー。

トニDVDはよんどころない事情によりまだ見てないの。明日、Disc3だけでも見れたらいいな。

フラゲできてません

2009.02.10


お店が開いてる時間に帰れなかったって言うね(涙)。明日にはかならず。

フラメンコについて熱く語る翼がすてきだった「笑っていいとも!テレフォンショッキング/今井翼」。しかし。しかしだ。髪型はいただけない。いただけないぞ、翼!! 私、黒髪で長めな頃がどストライクなので、短髪+裾金のダブルはちょっとねー。タモさんが予想以上に食いついてきた翼のフラメンコは、去年の10月この目で見ることができてほんとによかったし、進化しているそれをまた見れたらいいなと思ってる。

今月のアイドル誌はつなぎ一発で決めました。似合うなー。森田さんなー。うひひ。というわけで「POTATO」。サイドの刈り込み(芝うじゃないんだから)もいい感じで伸びてきてるね。ヒゲがなきゃ、もっといいのにね!!(20代ラスト月でも注意)

テキストは海外でタクシーに乗った話にふれますか。友達が寝ちゃって、その自由さを恨んだとあるけど、昔昔のその昔、坂本くん、長野くんとスノボに行ったとき、岡田がテストで誘ってもらえなかったあのスノボに行ったとき、帰りの車の中で森田さんが寝ちゃって、家がどこなのか聞いてなかったから大変だったという過去があることをお忘れか(笑)。まあ、それは置いといて森田さんは随所にA型が見えるよね。「具体的に?」と聞かれると、すぐには答えられないわけだけれども(笑)。30代に入る森田さんを私も楽しみにしてるよー。どう変わりたいのかはわからないけどさ。やりやがったな秘密が解禁になる日をどきどきしながら待ちたいと思います。ふふふ。

次、デキ上がりすぎな「TV STATION・V6の主張@vol.235/岡田准一」。こちらも変わりたい願望ですよ。岡田の方は何となく想像つくかなー。うん。「みんなが先生」は10周年ミュージアムで言ってたね。森田さんの「先生になった覚えはありません」込みでよく覚えてる。グループに対するスタンスが岡田の中で形になったというか、がっちりと固定されたというか。メンバーとどんどん会って話をしてちょうだい。それをほんの少しでいいので教えてもらえると嬉しいな。

明日の「いいとも」は翼です

2009.02.09


帰宅→夕食→フォーラム会議→コンレポ修正→掃除のコースを終えたら23時になってた。これからB判定をくらったキメを取り戻すために美容マスクをしながらHDD@岡田くんを編集したいと思います。「テレステ」と「POTATO」の感想は明日。絶対に明日。ふふふ。

up×up×up

2009.02.08


誤字脱字、間違い、レイアウト、一切気にせずにupしました。うひひ。昨日買った「テレステ」、今日買った「POTATO」、肌診断については明日にでも。

ほとんど画面を見なかった「新堂本兄弟/浜田ブリトニー」。申し訳ないけど、興味がわかなかったわ。

rinriのいちばんどきどきした日-Show must go on!!-

2009.02.07


これまでの仕事疲れ、そして地元開催というダブル攻撃にぐっすりと寝た。ほんとに一度も起きず、がっつりと寝た。あまりにも寝すぎたのか、化粧の手順を間違えたって言うね(笑)。

というわけで、新潟県民会館にGo!!

坂本姉さん、坂本姉さんとは15時半に新潟駅、坂本姉さんとは17時に県民会館で待ち合わせだったので(そう。全員坂本姉さんなのであった)ちょっと早めに家を出て服や鞄を物色したり、大人用、子供用を用意された(笑)「ヤッターマン」の前売りを買ったりしたわ。ストラップもらっちゃった。わーいわーい。

15時半に坂本姉さんたちと合流してちょっとだけまったりしたあとバスで県民会館に行き坂本姉さんと合流。荷物を置いてすぐパンフとトートバッグを購入したわ。キーホルダーなー。私にはちょっとヒットしなかった。ごめんね、坂本くん。

さて、トニコン。ぜーーーんぶレポに書いたからなー(笑)。でも、これで終わると今日のタイトルが意味不明になっちゃうか。「どきどきした」のはVTRの前振り、「Show must go on!!」は長野くんが叫んだのです。ふふふ。

20th Century/LIVE TOUR 2009 HONEY HONEY HONEY

2009.02.07


OVERTURE
Know-body Knows
BLAZING AGE
MAGMA
tap-dance
Running to the top
挨拶
LOOKIN' FOR MY DREAM
ジンクス
MISS YOU TONIGHT
X.T.C beat
HAVE A SUPER GOOD TIME
夏のメモリー
夏のかけら
Lonely Holy Night
silver bells
SPEEDER'S HIGH
強くなれ
Life goes on
スタートライン(東京のみ)
MC
長野博の秘密・友情偏
そばいにるよ/長野
Sing!/坂本・井ノ原
SUNDAY,SUNNYDAY
days-tears of the world-
雨の夜と月曜日には(リクエスト)
Through the blue
DANCE!!-Make The Party High-
Don't Stop The Refrain
オレじゃなきゃ、キミじゃなきゃ
Darling
☆Knock Me Real(新潟~熊本)
☆red(東京)
HONEY
1st.Encore/20 sensation
1st.Encore/Shelter
1st.Encore/Gravity Graffiti
Ending
2nd.Encore/挨拶
3rd.Encore/HONEY

1st.Encore/20 sensation
1st.Encore/Shelter
1st.Encore/Gravity Graffiti
Ending
2nd.Encore/スピリット(V6)
2nd.Encore/グッデイ!!(V6)
3rd.Encore/HONEY

20th Century/LIVE TOUR 2009 HONEY HONEY HONEY

2009.02.07 新潟県民会館/1階 20列

2009.02.07


初日ならではの緊張感。初日ならではのハプニング。そして初日ならではの動揺(笑)。
そんな初日を地元で、新潟で迎えることができるなんて思いもしなかったよ。
ステージはメインステ(中央にせり上がるステージ×3)、開閉式の階段、その奥に出入口、上段ステージ。
スクリーンは上から下りてくるものと可動式ボックスタイプ。
席は1階20列の右側。ちょっと遠かったけど、アリーナクラスにくらべたら断然近かった。


OVERTURE
上から下りてきていたスクリーンに映し出されたのは本人たちのアニメ。avexサイトの似顔絵に似てるかも。
坂本=S、長野=N、井ノ原=I(あれ?Yだったかな)がプリントされた白のトレーナーに、
紺のズボンという衣装で、すいすいすーと夜の空を飛び回るトニ。
途中、井ノ原のズボンが脱げて(笑)パンツ姿になる場面も。
トニセン飛行隊(勝手に命名)が「WISHES」「Precious Live」「Screaming!!」と描かれた看板を掲げた会場
(というより劇場の方が合ってるかも。街並みがブロードウェイっぽかった)に入ると、
その当時の映像がアニメの中のスクリーンに映し出される。
あまりの懐かしさに涙が。そして久し振りのアヒル三太郎に会えて感涙(笑い泣きか)。
そう言えば「Screaming!!」の会場から出てきたときのアニメ、坂本くんが三太郎のカツラをつけていた気がする。
「VIBES」の看板会場を見つつ飛んで行き、最後は「HONEY HONEY HONEY」と描かれた会場に吸い込まれる。
こんなに長く「OVERTURE」について書いたの、初めてだ(笑)。


Know-body Knows
メインステ。
去年のVコンに続き、こちらも新曲で来ましたよ。
私、流れた「NEXT GENERATION」の録音に失敗してるのでお初でした。
アニメがかわいかっただけに、階段奥の出入口からすっと現れた
本物のかっこよさが尋常ではなかったわ。きゃー。きゃー。
衣装は黒のコート+黒のパンツ。黒のコートは金スマ中居のをきらきらさせた感じ。
坂本=ロングコート、長野=ファー付きロングコート、井ノ原=ショートコートでした。


BLAZING AGE
メインステ。
おなじみのイントロに発光する新潟県民会館。
1番→2番ではなく、1番Aメロ(井ノ原)→1番Bメロ(長野)→2番Aメロ(坂本)→サビというスタイル。


MAGMA
メインステ。
3曲目に炎というのがVの中で流行ってるのかしら。
森田ソロコンに続いてこちらもスクリーンに炎炸裂。
超絶かっこよかったんだけど、どんどこダンスがなかったんだよねー。
今回、ほとんどがオリジナルの振り付けだったのにー。
多分、ここでコートを脱ぎました。インナーは白の半袖+赤のショートストール。二の腕きらり☆


tap-dance
メインステ。
君はタップ踏むために登場ですよ。
タップシューズに履き替えて、3人でタップ踏んじゃったよ、おい。
坂本くんはともかく井ノ原が予想以上に踏めていた印象。
きちんとクラップしてたし、その手が綺麗だった。
坂本くんはクラップしてなかったんだけど、そういう仕様だったのかな。
長野くんは顔に「ド緊張」と書いてあったわ。
全員がタップできるグループもそうないと思う。トニの武器がまたひとつ増えたね。


Running to the top
メインステ。
私の記憶が確かならば、タップシューズのまま突入したはず。違ったらごめんなさいな。
去年の演出がよほど気に入ったのか、最後の最後にまた「SAMURAI♪」ですよ。
最初は参加していた坂本くん、あまりにもノリノリな長野くんと井ノ原に、
途中から右手で「どうぞ、ごらんください」状態だった。
これで今年もまた東京公演に滝翼が来ること間違いなしだな。
ちなみに私はいつも滝翼とは1日ずれます(笑)。


挨拶
トニだなーと(笑)。

○「こんばんばー。20th Centuryでーーーす!!」からスタート。
○「初日ですよ」とテンション高めな井ノ原。
○「前回からそんなに経ってないよね?」と聞く坂本くん。
○経ってませんよ。

「初日でしか見ることができないものもあります」

○この言葉、坂本くんに跳ね返っちゃったね(笑)。
○タップシューズを履き替えたいと思います。
○階段にちょこんと黒のダンスシューズが(笑)。
○まず履き替える坂本くんと長野くん。
○その間、ひとりで話す井ノ原。
○履き替え完了。
○と思ったら、またくるっと背中を向ける坂本くんと長野くん。
○赤のストールを外し忘れたらしい(笑)。
○続いて履き替える井ノ原。

「この前掛けも外さないと」

○前掛けって(笑)。
○その最中もピンスポが当たる井ノ原。

「あの、ピンスポいらないです」

○履き替え完了。
○井ノ原の発案により自己紹介をすることになりました。

「一番年下の井ノ原快彦です」
「二番目に年下の長野博です」
「城島茂と間違えられる坂本昌行です」

○「間違えられる」で大爆笑となったので。

「坂本昌行です」

○と二度言った。
○「よかったよ、二度言って」とホメる井ノ原。
○タップやっちゃいました。
○「PLAYZONE以来です」と振り返る井ノ原。

「長野さん、最初はひどかったですよね。こんなでしたもん(実演)。リハビリみたいでしたよ」
「コンサートのリハーサルをリハって言うんですけど、
   長野君はリハーサルではなくリハビリでした」

○誰が上手いことを言えと(笑)。

「笑えないでしょ」

○たしかに。
○今回のコンセプトは「ちゃんとやろう」です。

「前回のDVDを見たらちゃんとやらなきゃと思って」

○と言っても「前回もやってたんですよ」と自分で自分をフォローする井ノ原。
○リハでは「俺たち何をやってるんだ」と落ち込んだこともあったらしい。
○そのたび「大丈夫!!俺たちジャニーズ!!」と奮い立たせたらしい。
○そうよ!! ジャニーズよ!!
○新曲歌います。
○「2月11日に発売されるDVDに特典でついてます」とさらりと告知する井ノ原。
○「井ノ原くんが作った"春を待とう"も入ってますね」とこれまた上手い長野くん。
○自分が作った歌ということで思い出したのか、「選ぶ前に飛べ」の話になる。

「岡田はよかったーって言ってくれたけどー」

○夏コンでみんな「いい」って言ったじゃないさ(笑)。

「俺の心の中の声が聞こえなかった?心の中で俺はハグしたぜ」
「心の中でよかったよ」

○次に行きたいと思います。

「カミセンの曲とか歌いたいと思います」

○来たーーーっっっ。。

「いやーーーっっっって人がいたね」
「真面目に歌いますんで!!」

○カミ曲をやってみて、改めて難しいと思ったらしい。

実は最初、長野くんが話してないなーと思ったんだよね。
だからこそ余計にあの振りが刺さったんだと思う。


LOOKIN' FOR MY DREAM
上段ステ。
イントロ聞いた瞬間、泣きました(笑)。
私、この歌大好きなの!! この歌=カミコンなの!! それをトニコンで聞くというね。
ちょっと複雑だったけど、すぐにそんな気持ちもフッ飛んでったわ。
だってトニが「教室の片隅」なんだもの。うひひ。
そしてここからカミ曲の間にV曲、トニ曲、コンビ曲を入れてのメドレースタート。怒涛よ。


ジンクス
メインステ。
トニコン定番中の定番=ジンクスの時間がやってまいりました。
こうやって聞くと、トニの声も年齢に合わせて低くなってきてるんだなーと思ったわ。
坂本くんだけがハケて着替えに。


MISS YOU TONIGHT
上段ステ・階段。
イントロで「Yeah!!Yeah!!Yeah!!」をする気フルチャージだったのになかった。ちぇ(笑)。
井ノ原@サビ→長野@サビ→間奏→坂本@ラップ(でいいの?健ちゃんパート)の流れ。
歌い終わった井ノ原が着替えるためにハケると着替えていない長野くんが現れ、
長野くんがハケると坂本くんが着替え完了で登場。
坂本くんのラップ(しつこいようだけど、ラップでいいの?)ちょっと遅れ気味な気がした。
坂本くんがメインステに行くと左右から可動式ボックススクリーンが現れ、
坂本君の前で重なり合った次の瞬間、長野くんに代わるという演出はここだったかなー。
「おおお。ショッキーーーング!!」と思いました。
衣装はデザイン一緒の青のベルベットスーツ。


X.T.C beat
メインステ。
ドアプレイはここでいいのかな(記憶力低下しすぎ)。
3枚のドアが出てきて、ジュニアがそれをくるっと回して誰もいないことを客席に見せ、
次にそのドアを開けるとトニがいたっていうドアプレイ(左=坂本、中=長野、右=井ノ原)。
右側ドア担当のジュニアがタイミングを間違えて開けてしまい、
井ノ原の半身が見えてしまうハプニングも。
ずっと気になってた健ちゃんパートは長野くんが担当。
ここで気づいたのが坂本くんだけ帽子を被ってないということ。
初日だけに忘れたのか、最初から被らない設定なのかわからない。


HAVE A SUPER GOOD TIME
メインステ。
おいおいおいおい、「ハバスパ」来たーーーっっっ。
私がトニに歌ってもらいたいカミ曲ナンバーワンソングの「ハバスパ」が来ちゃったんですーだ。
「頼む!!ジャンプして!!」と呪詛レベルで願ったのに、残念ながらサビのに。ううう。


夏のメモリー
メインステ。
久し振りに聞いたなー。サビのみだったので変な掛け声演出がなかった。こっちも残念。


夏のかけら
上段ステ。
ちょっと待ってちょうだい。
たしかに雪はないけど、2月に「夏のかけら」ですかと(「夏のメモリー」もだけど)。
カミが「冬のかけらにして歌おうかって話もした」みたいなことを言ってたのを思い出したわ。
振りはちゃんとカミバージョン。


Lonely Holy Night
メインステ。
冬だもんね。4月になったら変更するかな? 森田さんが言うところの泡(笑)は降りませんでした。


silver bells
メインステ。
来ると思った。もはやセットって感じ。
森田さんといいトニといい、みんなこれ好きだね。森田さんソロコンのとき、
Vで歌うこれは大人、カミで歌うこれは切なく、そして森田さんだけだと超絶甘い。
と書いたんだけど、トニバージョンは年齢が放つ重みがあった。うーむ。上手く書けん(笑)。


SPEEDER'S HIGH
メインステ。紗幕あり。
井ノ原→長野→坂本の順で、「MAGMA」と同じ1番Aメロ→1番Bメロ→2番Aメロ→サビでした。
上スクリーンと可動式ボックススクリーンにはパート担当者のバストアップが。
井ノ原が歌い終わってゆっくり振り返ると長野くんになり、
長野くんがゆっくり振り返ると坂本くんになる。
これが収録されたアルバム発売当時、坂本くんが「この曲ほしかったねー」と言ってたよね。
「念願かなってよかったね」と思ったんだけど、よくよく考えてみたらVコン@2002で歌ってた。
私。あんまりだ(笑)。


強くなれ
メインステ。紗幕上がる。
意外な選曲その1。これ系を選ぶのはカミだと思ってたからさ。
ここで衣装を替えたはず。基本は白のエナメル、インナーがオレンジ。
坂本=ダウンベスト(裏地=オレンジ)+パンツ(ポケットなし・横に細い二重線)
長野=パーカー+パンツ(腿あたりに蓋付きのポケット。太い線)
井ノ原=つなぎ+オレンジのTシャツ
そしてジュニアも着替えたんだけど、この衣装Vコン@2000の黒とオレンジの上下だよね。
相変わらず物持ちがいいな、この事務所(笑)。



Life goes on
メインステ→せり上がるセンターステ。
左=坂本、中=井ノ原、右=長野。
「綺麗さ~♪」のあと「ふぅっ」が一緒にやれて幸せ。ずっとやりたかったのだ。



MC
この演出は心臓に悪い。

○せり上がったまま終わったので。

「高いところから失礼します」

○これが第一声でした(笑)。
○「下げてもらってる間に座っていただいて」とMCをお知らせする井ノ原。
○「あれ(挨拶)からずっと歌って踊りました」と報告する井ノ原。
○ブラボー!! ブラボー!!
○「ただでさえ暑いのにこんな衣装でね」とダウンをひらひらさせる坂本くん。
○4月5月は相当キツいんじゃないかな。
○「トニコンの衣装はスパンコールが多いんですよ」と口にする井ノ原。
○なぜなら。

「失った輝きを衣装でカバーするんです」

○何てこったい(笑)。
○トニコンはMCの打ち合わせを一切していないそうです。
○「(打ち合わせを)した方がいい?」と客席に聞く井ノ原。
○反応薄かったり(笑)。。
○「Hey!Say!JUMPとか10人いるわけでしょ?」と話を広げにかかった井ノ原。
○「この中でHey!Say!JUMPのコンサートに行ったことがある人ー?」と聞く坂本くん。
○結構いた。

「出してもらったことがあるんだけど、今誰話してんの?って感じだった」

○当時を再現してわたわたする井ノ原がかわいい。

「俺たちも昔そうだったよね」

○振り返り大作戦。
○「Youたち、だめだよ」と言われたとかます井ノ原。
○誰に言われたか丸わかり(笑)。
○坂本くんによれば「三文字で言うとひどい」。
○坂本くんは「You、農協みたいだよ!!」と言われたそうだ。
○会場大爆笑。
○ジャニーさん(笑)。

「あの人きっと農協のことわかってねーよ」

○うん。そう思う(笑)。
○今日一番の笑いに、

「身を削って笑いを取ってます」
「身を粉にしてね」

○何だかとってもトニらしい(笑)。
○井ノ原はMCから会場の笑い声を抜いてみたことがあるそうで。

「全然おもしろくなかったよ」

○「みなさんの笑い声込みでMCと言うかね」とここまではよかった井ノ原。
○「昔はみなさんも若かったし…」とうっかり口をすべらす井ノ原。
○おい!!(笑)
○「学生のみなさんがね、卒業して社会人になり、すてきな女性になってね」と言葉を選ぶ井ノ原。
○選ぶ前に飛ぶんじゃなかったのか(笑)。
○会場から「田吾作!!」の掛け声が。
○聞こえなかったらしく、軽く流す井ノ原。
○もう一度「田吾作!!」が。
○今度は聞こえたらしく「有吉がね」と続ける井ノ原。
○「俺、見てた」と加わる坂本くん。
○「岡田はどうしたってゴリラ」と言ったのは誰だっけ。
○「ゴウは…」と言う井ノ原に「兵藤ゆき」と即答する坂本くん。
○「昔言われてたよね」と思い出す井ノ原。
○うん。言われてた。

「俺(収録現場に)いなくてよかったー」

○本心だな(笑)。
○さあ、問題の部分がやってまいりまいた。

「ここで長野からみなさんに話があります。
   みなさんにとって、そして僕たちにとって大事な話です」

坂本くんと井ノ原がハケて、長野くんがセンターに進む。
これなー。
多分、トニは解散とか脱退とかそっちを連想させたかったんじゃないかと思うんだよね。
2000年-2001年のトニコンでもそんな感じのネタやったしさ。
でも、あの頃とは状況が違う。100パーセント結婚にしか結びつかないんだよ、Vファンはさ。

「もしかしたらトニコンができないんじゃないかと思いましたが、
   困難を乗り越えることができました」

このあたりで結婚もしくは病気かと思った。
ここで、すっとハケる長野くん。へ? 核心の言葉は?


長野博の秘密・友情編
「長野博の秘密」は私が勝手につけた。「友情編」はテロップあり。
「ああ、ネタか…」とわかったときの会場の空気。トニは気づいたかな。
張り詰めていたいたものが一気に緩んで、みんなVTRを見ながら大笑い。
私、このネタ振りについては赤点をつけるわ。一昨年、あの場所にいたからなおさら。
これについては以上です。はい、切り替え切り替え。
VTRは、長野くんとともにいつも楽屋のお弁当が消える。
不思議に思っていた坂本くんと井ノ原が目にしたのは
4、5歳の女の子と赤ちゃんをおんぶしながらお弁当を手売りしている長野くんだった。
どうやら長野くんには借金があるらしく(具体的な金額はわからず)
それを返済するために働いていた。
坂本くんと井ノ原はバンドメンバーやスタッフのみなさんにカンパを募り、
集まったお金をカンパと書いた箱に入れて長野くんに渡す。
これで安心と思っていたら、飲み屋から長野くんに「仮面舞踏会」が聞こえてくる。
不審に思った坂本くんと井ノ原が中に入ると、
そこには2人のおじさま(髪の毛が薄い人ともっさりしてる人)と飲んでいる長野くんがいた。
ここで映像と同じ格好の坂本くんと井ノ原が登場。
映像の長野くん@すでに撮影済みと会話をするんだけど、もちろん噛み合うわけがなく。
「そうかもね」を連呼する長野くんに、

「かもね、かーもね」
「そうかもね」

ネタ来たーーーっっっ。まさかシブがきネタに遭遇するとは思わなんだ。
理由を言わない長野くんに、

「そのハゲ、お前の彼氏か?」

と坂本くんが暴走すると、

「そうかもね」

と返す長野くん。

「どっちがどっち?」

とかます井ノ原の頭を坂本くんが小突いたわ。当たり前だ(笑)。
坂本くんと井ノ原がハケると、映像の長野くんがパスケースを取り出す。
そこには家族の写真(妻はいず)と坂本くん、井ノ原と写った写真が入っていた。
数日後のテロップVTRのあと、ステージに去年のジャージ衣装に身を包んだ坂本くんと井ノ原が登場。
ハンガーにかけられた長野くんのピンクジャージを見つける。

「あいつの稽古着…」

ええええええええーーーっっっ。稽古着だったのーーーっっっ???
「もういい!!」と見放す井ノ原に、
長野くんは借金を返すためにあの店で働いていたと真実を伝える坂本くん。
すると。

「それなのに~♪」

とか何とか井ノ原が歌い出した(笑)。いきなりミュージカルだよ(笑)。
しかも坂本くんまで本域で歌い出したものだから会場大爆笑。
VTRに戻り、娘ちゃん、赤ちゃんとお蕎麦屋さんに入った長野くんが
手持ちがないのでかけそばを1杯注文するも
2杯、3杯と配膳されるので顔上げると、そこには板前の格好をした坂本くんと井ノ原がいた。
娘ちゃんを置いて部屋を飛び出した長野くんはデパート(だと思う)に行き、
何かを注文したあとカンパ箱を差し出す。


そばいにるよ/長野
上段ステ→メインステ→空中。
赤ちゃんをおんぶしたまま上段ステに現れた長野くん、「Show must go on!」と叫びながら
(まさか光ちゃんより先に、
しかも新潟で聞くとは思わなかった)衣装を脱ぐと赤と緑のTU-YU-衣装となる。
メインステでジュニアと1番を歌ったあと、可動式ボックススクリーンの後ろに引っ込んだ次の瞬間、
電飾ハーネス、赤と緑地に銀でVマーク、周りにマルちゃんマークのマントをつけた長野くんが
ぐいーんと吊り上がってくる。
その横のブランコには同じTU-YU-の衣装を着た赤ちゃんが(笑)。
最後、マントを外し、滝沢並みに回転するのかと思ったら、まったく回れなかったって言うね(笑)。

「おい!!おい!!」

○坂本くんと井ノ原登場。
○衣装はゴールドスーツ。

「今年もこれに一番金がかかってるんだよ!!早く下りてこいよ!!」

○するすると下りてくる長野くんと赤ちゃん。
○しかし。

「止めて。30センチ手前で」

○ほんとにぴたりと止まる。

「(ハーネスが)痛いんだよなー」

○言い終わらないうちに一緒に下りてきた赤ちゃんが坂本くんにがつんと当たる。
○デキ過ぎだ(笑)。

「あーいい子でちゅねー」

○赤ちゃん言葉来たーーーっっっ。
○赤ちゃんにキスしたーーーっっっ。
○井ノ原によると、長野くんに借金があったらおもしろいということでこのネタになったらしい。

「帝劇で飛んでるからあると思われてるだろうけど、このハーネス特注だからね」

○命を預かるものだから専用になるんだろうな。
○「もう1回、回ってみて」という井ノ原のリクエストに応える長野くん。
○しかし、やっぱり回れず(笑)。

「リハーサルから1回も回れてねーじゃねーかよ!!」

○あらら。

「息子(男の子だったのか)が寝る時間なので」

○長野くんが着替えに行くことに。
○あ、特注マントを忘れてる。

「忘れ物だぞ」(手渡し)
「持ってきてくれよ」

電飾ハーネスだけが浮き上がる長野くんに笑ったわ。


???/坂本・井ノ原
メインステ。

「どうやって長野くんを戻すかってことなんですけどー」

と言いつつ、坂本くんと井ノ原のデュエット。
本人たちの「僕たちがこういう曲めずらしいんですけど」の言葉通り、聞いたことのない感じ。


SUNDAY,SUNNYDAY
メインステ。
「やっぱりこっちがいい」と戻ってくる長野くん。
この新曲、「サンデーサイレンス」に聞こえて「馬?馬なの?」と何度も思った(笑)。


days-tears of the world-
メインステ。
ハモるトニをいかんなく発揮するのかと思ったら、坂本くんが「ちょ、ちょ」と止まってしまう。
ええええええええーーーっっっ。途中からやり直すも、今度は入れず。

「どきどきしてる」

頑張れ!!お父さん!!

「何事もなかったようにやろう」

と巻き戻すことになり、何とか乗り越える。


雨の夜と月曜日には(リクエスト)
メインステ→客席→メインステ。
去年まではお客さんをステージに上げたけど、
今年はディナーショーみたいにトニが客席に行くことに。
その前に。

「どうもすみませんでした」

坂本くん、土下座の巻。

「みなさん、すてきな大人の女性なんでね。さわらずに僕たちを見つめてください」
「股間はやめてね」
「おい!!(笑)」
「最初が肝心なんでね。お願いします」

坂本=右、長野=中、井ノ原=左の通路に下り、1階の真ん中あたりまで進む。おおお。近い!!
これだけではなくファンとのふれあいに。最初は長野くんが近くにいた男性にマイクを向ける。

「どちらからいらしましたか?」
「埼玉県です」
「誰といらしたんですか?」
「長野くんです」(多分「誰のファン?」と聞き間違えたんだと思う)
「こっちが彼氏か!!」
「ハゲてる方じゃなかったんだ!!」
「ハゲてるって言うなよ!!ヅラかもしれないだろ!!」
「ヅラならわかるよ!!」
「さらっと言うな!!(笑)」

次は井ノ原→新潟県在住の女性。
最後は坂本くん→埼玉県在住の女性。

「さっきから僕の顔を見て笑ってますけど、何がおかしいんですか?」
「見上げてるからじゃない?」

井ノ原(笑)。
ふれあいのラストはリクエストを取ることに。ディナーショーなのでリクエストリストがありました。
ここはもう長野くんの彼氏(笑)しかいないということで先程の男性に。
Vの歌は全部好きだと言う男性が選んだ曲は「雨の夜と月曜日には」でした。
おおお。これまた懐かし。


Through the blue(English Version)
メインステ。
英語バージョンいいねー。


DANCE!!-Make The Party High-
メインステ。
白のシャツ+サスペンダー(自信なし)+黒と白のストライプパンツ+蛍光黄色の手袋のトニ
(井ノ原のみ+黒の帽子)と、衣装に蛍光黄色のラインが入ったジュニアで暗闇ダンス。
トニコンだー。
ここでバンドとジュニアの紹介。バンド名は違ったけど、フケセンのみなさんですな。


Don't Stop The Refrain
メインステ。
Vコンではなかなかお目にかかれないんだよね、この曲。
トニそれぞれのパートのとき、担当外の2人+ジュニアでひもと手袋で似顔絵を作る。
長野くんはウルトラマン、坂本くんのは丸い輪が出てきました(笑)。


オレじゃなきゃ、キミじゃなきゃ
メインステ。
ごろんごろんはジュニアが担当。
長野くんにすぱんと斬られて倒れ込むところでは坂本くんが_l ̄l○になってた(笑)。


Darling
意外な選曲その2。
ジュニア(ピンクと黒の衣装、Vコン@2003で見たような)が持ってきたロングコートを羽織る。
坂本=黒、長野=赤、井ノ原=青でした。
多分、ここだと思うんだけど、スイングするジュニアを見てズッキーホーンの人たちもスイング。
それを見た初参加のギターの方もやってた。


Knock Me Real
メインステ。
来たーーーっっっ。ノッキン来たーーーっっっ。これがなければトニコンじゃないやい。
がっつりと踊り倒したわ。汗かいたー(笑)。


HONEY
メインステ→上段ステ。
ラストは新曲。盛り上がっていいねー。覚えられそうな振り付けなので、定番に加わるかも。

「新潟最高!!」

で上段ステからトニが消えて本編終了。


1st.Encore/20 sensation
上段ステ→メインステ。黄色とグレー(スパンコールが散りばめられている)の
斜めボーダーフード付きジャージに身を包んだトニ登場。何か立入禁止みたいだった(笑)。
前回同様、「20th Century ごごーごー♪」のリフレインあり。ただしパート分けはなかった。


1st.Encore/Shelter
メインステ。今回もコントですよ。
「ばいばーーい」とハケようとする長野くんと井ノ原を「ちょっと待て、お前ら」と止める坂本くん。

「俺はまだ失敗分を取り返してないんだよ!!」

引っ張るあたりが実に上手いぜ、坂本くん。

「まだ燃え尽きてないんだよ!!」

スクリーンに現れたのはシェルターの歴史。封印したのは政府レベルの次元だったらしい(笑)。
イントロでジャージを脱ぎ捨てる坂本くん。そうよ!! シェルターはこうでなくちゃ!!
サビで長野くんと井ノ原もバックダンサーに加わり、観音ぐるぐる。
ぐるぐる来たーーーっっっ。何でこんなにテンション上がるんだろうね、「Shelter」って。


1st.Encore/Gravity Graffiti
メインステ。
これまた懐かしい。久し振りにぶんぶんと手を振ったわ。楽しーい。


Ending
リハ風景や借金VTRのメイキング映像+エンドロール。


2nd.Encore/挨拶
トニを帰してなるものか!! とそりゃもう大きいコールが飛び交う新潟県民会館。
その声に応えて出てきてくれましたよ。

「楽しかったーーーっっっ???」

「楽しかったーーーっっっ」と全力で答えました。


3rd.Encore/HONEY
まだまだ帰さないよ!! の新潟県民会館。
止むことのない声と拍手にトニ登場。バンドのみなさんも登場。やってくれるんだ!!

「曲、用意してないんだよね。"HONEY"でいい?」

ということで二度目の「HONEY」。
幕が下り切るその瞬間までトニとジュニアは手を振ってくれたわ。

「初日が新潟でよかった!!」

ありがとう!!


楽しい!!
トニコンの感想、これしか書いてないじゃんと言われそうだけど、ほんとなんだから仕方ない。
カミ曲を含め懐かしめの曲で構成されてるのでもう少し最近のがほしいとも思ったけど、
楽しさが勝つので問題なし。
次は何と5月ですよ。その前に探すかも(笑)。

初日ーーーっっっ

2009.02.07


夢にまで見た~初日の夜~♪

というわけで、トニコン@新潟です。地元だよー。

楽しんできまーーーす!!

滝沢秀明/滝沢演舞城(2009.03.29-04.25)

2009.02.07


東京:新橋演舞場
 3月29日(日) 18:00
 3月30日(月) 13:00 18:00
 3月31日(火) 13:00
 4月01日(水) 13:00 18:00
 4月02日(木) 13:00 18:00
 4月03日(金) 13:00 18:00
 4月04日(土) 13:00 18:00
 4月05日(日) 13:00
 4月06日(月) 13:00 18:00
 4月07日(火) 13:00 18:00
 4月09日(木) 13:00
 4月10日(金) 13:00 18:00
 4月11日(土) 13:00 18:00
 4月12日(日) 13:00 18:00
 4月13日(月) 13:00
 4月14日(火) 13:00 18:00
 4月16日(木) 18:00
 4月17日(金) 13:00 18:00
 4月18日(土) 13:00 18:00
 4月19日(日) 13:00 18:00
 4月20日(月) 13:00 18:00
 4月21日(火) 13:00
 4月23日(木) 13:00
 4月24日(金) 13:00 18:00
 4月25日(土) 13:00 18:00




Recent Entries