月末だったけど、それほど忙しくもなく

2013.02.28


相葉くん、ごめんね!! 負けますように!! と思いっきり祈った「とんねるずのみなさんのおかげでした・食わず嫌い王決定戦:相葉雅紀 vs 多部未華子」。引き分けで満足よ。だって、相葉くんは孤独だったけど、私たちは4人の「A・RA・SHI A・RA・SHI おーいぇー♪」が見れたんだものー。うふふー。早く大野の登板にならないかなー。そして負けないかなー。と、決まってもいないうちから負けを願ってみる(笑)。

向井くん@笑コラ忘れてたー!!

2013.02.27


森田さんの「鉈切り丸」キャストが発表になったねー。あっちゃこっちゃからかき集めてきたものをまとめてみた。

PARCO&THE TOKYO GLOBE presents INOUE RESPECTS SHAKESPEARE 2013
いのうえシェイクスピア「鉈切り丸」

○原作=W.シェイクスピア
○脚本=青木豪
○演出=いのうえひでのり

○キャスト
  森田剛   =源範頼
  成海璃子  =巴御前
  生瀬勝久  =源頼朝
  若村麻由美 =北条政子
  渡辺いっけい=梶原景時
  木村了   =和田義盛
  須賀健太  =源義経
  秋山菜津子/千葉哲也/山内圭哉/須賀健太/宮地雅子/麻実れい ほか

○大阪・オリックス劇場  =2013年10月11日(金)~10月27日(日)
○東京・東急シアターオーブ=2013年11月07日(木)~12月01日(日)

生瀬さんや千葉さん、山内さんの名前にテンション上がったけど、何と言っても健太だよね。ナポリタンから6年、舞台で共演だなんて!!(胸熱) しかも兄弟だなんて!!(胸熱) ヒガシも喜んでるに違いないわ。もう楽しみすぎてどうにかなりそう(笑)。

井ノ原一族の長がぷんすか(笑)

2013.02.26


朝からカニを食べまくる健ちゃんが超絶かわいかった「ガチャガチャV6/幻の絶品カニを調査せよ@三宅」。うっすらヒゲだってかわいいのよ。「たまに」だからいいの。「うっすら」だからいいの。「毎回」とか「がっつり」じゃなかったらいいの!!(怒りスイッチ作動) ミルクカニ漁師さんの「三宅くんが東京からせっかく来てくれたから」もよかったけど、巨大ガニ漁師さんの「いくつ?15歳?」が本日のど真ん中でした。やーん。

のんきな私

2013.02.25


ゆるゆると起き、ゆるゆると仕度し、きびきびと家を出て、東京麺通団で妹と昼食を取り、新宿駅で「また再来週!!」と別れた。うん、順調。15時過ぎに東京駅着。これも順調。休みをもらったので仕方なく(←正直な私)会社へのお土産を買った。もちろん順調。15時32分発の上越新幹線で新潟に。ここも順調だと信じて疑わなかったというのに。「Oh!My!Goodness!」を聞きながらのんきに「SHOCK」感想を書いていたら新幹線が止まったので「駅に着いたかー」と窓を見たらあれ? 途中? というか、電気消えてる。あれ? と???状態。車内アナウンスでようやく地震があったと知り、カーブでもないのに新幹線が斜めってるのに気づく。ひょえー。当然、暖房も切れたから足元から冷えてくるし、斜めってるし、これはどうしたものかと思ってるうちに通電、17分後に運転再開、12分遅れで新潟駅着となりました。気が引き締まったよ。

D.I.S.ノート作ればよかったのにー(笑)の「三宅健のラヂオ」。アルバムOVERTUREの「Oh!My!Goodness!」を言ってるの、corin.さんの娘ちゃんだったとはね。岡田のうっすら女形(笑)はこれから確認したいと思います。ふふふ。

今日のJohnny's web/にこにこ健゜(その191)

2013.02.24


そのリハの様子はコンサDVD特典になるんですよね? ふふふ。

笑顔が絶えなくて何より。

rinriのいちばん先手先手で行動した日-初めての至近距離-

2013.02.24


あれは忘れもしない「MステSP」の日。Vを出してほしかったとハンケチを噛み締めた日。「SHOCK」の当落確認ができると知ったのでダイヤル×ダイヤルの末、聞こえてきたアナウンスは、

「02…」

は? 02? 03じゃないの?

「05…」

05? え? ちょっと待った!!(リアル再現)

博多と大阪があるとはいえ、帝劇2か月に恐れをなして第3希望まで書いたあげくに「いつでもいい」に○を付けた私のうすらばか!! 取れたのは魔の2日目、ド平日の2月5日18時公演。その2日前に森田舞台東京楽日で上京してるんですけど!!

3日(日)→ウィルヴィル東京楽日
4日(月)→出勤
5日(火)→SHOCK(有休)

なんて体力的に無理なんですけど!!

3日(日)→ウィルヴィル東京楽日
4日(月)→有休
5日(火)→SHOCK(有休)

なんて3日も有休取れないんですけど!! あまりの絶望に(まさしく私はゲートでした@仮面ライダーウィザード)年内は考えないことにしようそうしよう、と放棄。

で、年が明けて重い腰を上げたんだけど、キンキ関係のチケ交換が久し振りすぎてどの掲示板を使えばいいかわからないときたもんだ。それならもうこれしかないとツイッターに掲示したら、女神様、もしくは私がゲートなので仮面ライダーウィザードが現れてくだすったのです!! さすが最後の希望!! シャバドゥビタッチヘンシーーーン!!

というわけで(rinriのいちばんシリーズ最長の書き出し)、東京にGo!!

切符を買った時点ではいくら2月でも後半だし悪天候と言っても大寒波並みじゃないよねと信じて疑わなかったというのに、荒れた荒れた。新潟県内、正常に動いてるのは新幹線のみ。とにかく先手先手で行こうと早めに動き、何とか13時20分に東京駅着。広がる青空に、ほんと同じジャパンなのかな思わずにはいられなかったわ。

すぐに弟宅に行き、遅めの昼食というか早めの夕食を詰め込んで満を持して帝劇に。きゃーーーっっっ。座長ーーーっっっ。デジカメ忘れてごめんねーーーっっっ。家を出る10分前までは鞄に入れないとーと思ってたのよーーーっっっ(トリアタマ…)。と心の中であやまりつつ入場。携帯であっちゃこっちゃと撮り、軽やかに階段を上がって写真チェーーーック。気づけば甲冑ばまり買ってる私。だって去年は去年!! 今年は今年だもの!! とは思うものの甲冑ばかりになるのもどうかと思ったので、今年の渾身の1枚はNo.2にしました。コウイチ&オーナーを囲んでの「明日の未来へ~♪」があれば迷わず買ったのにー。というか、美波里様のは売らないんですかと。あと、山本くんのを買おうか悩んだわ。久し振りに出てきた愛すべきおばかさんが気になるのだ(笑)。

席は1階前方の最右端(今回は列を伏せてみた)。帝劇に通うようになってよろっと13年、こんなに前に座ったの初めて!! 近い!! サイドなんてすぐそこ!! 女神様、ありがとうございます!! 感謝の気持ちでいっぱいです!!

では、大幅に変えてきた「SHOCK」の感想にまいりますか。

まずはリカ、サントス・アンナちゃん(名前がごっちゃになってアントスちゃんと言ってしまう私を許してほしい)。演技は二重マル。とくに2幕の「リチャード三世」での王妃は圧巻。「これが殺戮の見本!!」のあとの異常な笑い方に鳥肌が立ったよ。歌は上手いんだけど、光ちゃんの声を相性が悪いって感じ。がちっとはまらないんだよなー。あと、アンナちゃんのリカで初めて思ったのが「誰かリカをだまらせろ」でした。「リカが何か言うとかならずこじれるから口を開かせるな」って。それこそメイサの頃からリカのセリフなんてほとんど変わってないのにね。不思議。

次はオーナー、前田美波里さん。締まるねー。きゅっと場が締まる。歌、ダンスともにエレガントで、セリフに説得力がある。オーナーの化学反応は嬉しい限り。

次はヤラ、屋良くん。光ちゃんも最後の挨拶で言ってたんだけど、ほんとに一回りも二回りも大きくなってここに帰ってきてくれた。殺陣のスピード力は見事としか言いようがないわ。光ちゃんとすり代わる「リチャ」もよかったな。私、前のライバル役のときは「それまでの屋良くん」があまりにもインプットされすぎてて上手く飲み込めなかったんだけど、今回は丸飲みです(ごくり)。

次は4U。これまでの町田と米花くんの役割を足して2で割ったのが福田くんと辰巳くん。これまでの4Uのを松崎くんと越岡くんがやったって感じかな。いつもひとまとめなので今回はひとりひとり行こうじゃないの。福田くんはたまに秋山に見えることがあって、何かこう来るものがあったということは置いといて、ラストの「コウイチを桜の木の下に運ぶ」ですごく優しい表情でコウイチに語りかけてたんだよね。それ見たら一気に防波堤決壊。返事が来ることはもうないとわかっているのに、それでも語りかける姿がほんとによかった。辰巳くんはコウイチに真剣を渡してしまったあと、大袈裟にありがちなところを絶妙に抑えてたのが好印象。松崎くんはブロードウェイ散策で光ちゃんに飛び蹴りをくらうほど「SHOCK」でも愛されてるね(笑)。越岡くんは一歩退いて屋良くんチームを見守ってた感じ。そして4人全員に言えるのが、初参加の山本くん&岸くんと肩を組んだりハイタッチしたりととにかくコミュニケーションを取ってたこと。米花くんと町田がそうだったようにね。

次は山本くん。ほんとに踊れる子なんだと再確認。コウイチが化けて戻ってきて(今年の私も正直者)一緒に「Higher」したあとに4回もバク宙をかましたのはすごかった。殺陣はまだまだだけど、回を重ねたらもっともっと動けると思う。

次は岸くん。勝利くんに似てるなというのが第一印象の岸くんはいくつなのかな。4U+山本くんにくらいついていく姿におばちゃんの胸は熱くなりました。最後、コウイチを見送るシーンで結構えぐえぐと泣いていて、感受性豊かなんだなーとおばちゃんの胸は熱くなりました(二度目)。

最後はコウイチ、光ちゃん。ヤラの「刀を真剣に換えたのは俺」を聞いたとき、かすかにうんうんとうなずいたところが私のハイライトでした。すべてを受け入れる度量の大きさがコウイチを通して見えてきたんだよね。ああ、かっこよす。

よし。あとは気になったところを羅列で。まだまだ書くのよ!!

○ヤラ→リカの指輪はビバリーヒルズで購入。
○ビバリング、ビバリンゴとダジャレを連発するヤラん&4U。
○オーナー美波里登場。


 「ヤラトモユキさん!!」


○「SHOCK」で初めてフルネームを聞いたわ(笑)。
○そう来るとは思わなかったらしく、笑いを噛み締めるヤラ(笑)。
○毎年毎年「SOLITARY」のかっこよさは異常。
○銃弾に倒れたままなかなか起き上がらないコウイチ。
○掃除のおばちゃん登場。
○ピストルを見ておどろくおばちゃん。


 「小道具だよ」
 「江東区?」
 「小道具」
 「後頭部?」
 「後頭部?」
 「大丈夫」


○いい(笑)。
○ヤラの去り際の「Show must go onかよ」が錦戸くんの声で再生される私の脳内。
○ヤラが放った矢をばしっとつかむコウイチがかっこよすぎる。
○だから私は甲冑に萌える。
○1幕ラスト、下りてくる紗幕に「ああ、あの世とこの世に分かれてしまった」と今年も思いました。
○2幕スタートはヤラから。うん、しっくり。
○光ちゃんのリチャ!! 久し振り!!
○「リチャ ちゃ ちゃ ちゃって CRY CRY CRY CRY CRYING!」と心の中で歌う私。
○屋良くんとシンクロして代わるところ、いいねー。
○雨降る中、コウイチの病室を見つめるヤラ。
○傘を持って迎えに来たユウタ。
○何と、私の真横が立ち位置でした。
○おおお!! かわゆす!!
○傘を受け取らずに去るヤラ。
○おおお!! 風が来た!!
○至福。
○のんき(笑)にコウイチ登場。


 「え!?客席に若い子がいても俺のファンであることは稀!?失礼な!!」


○拍手が起きる帝劇(笑)。
○フクダ&タツミ登場。
○「フクちゃん」と呼ぶコウイチ。
○「コウちゃん」と呼ぶフクダ。
○「お前、コウちゃんって呼んだな」と突っ込むコウイチ。
○そして。


 「コウイチも結構年だよ」


○大拍手が起こる帝劇(笑)。
○すちゃっと左手を上げて応えるフクダ(笑)。
○「Higher」にコウイチたちが加わり、とっても嬉しそうなリョウタとユウタがかわいい。
○基本的に岸くんは一生懸命でかわいい。
○「コウイチお前はもう死んでいる」(またこれを書くー)でおろおろする岸くんもかわいい。
○これからも頑張るんだよ!! 見てる人がかならずいるから!!
○コウイチ=白、ヤラ=黒のバトルダンス(勝手に命名)がすばらしい。
○2人のピルエットを見て「知念くん出てくれないかなー」と思ったのはここだけの話。
○初めて間近で見たラダー。改めてすごさを実感。
○息を引き取ったコウイチに語りかけるフクダに涙。
○結構長く泣いていたのがタツミとユウタ。

終演後、女神様とたくさん話し、「また会いましょう!!」と約束して別れました。

いい出会い。いいSHOCK。いい一日。

Oh!My!Goodness!(2013.02.20発売)

2013.02.24


omg!
小さい子特有の、ちょっと舌足らずな「Oh!My!Goodness!」で広がったのはいろいろな色、いろいろな味の飴が詰まったキャンディーマシン。いろいろな曲が詰まってるアルバムに相応しいOVERTURE。


Supernova
一昨年のVコンからずっと私たちはこの曲の音源化を望んでいたわけですよ。期待が無限大に高まるのに十分な時間待っていたわけですよ。つまり聞き終わったその瞬間、満足度が半端なく訪れ、そこで集中力が途切れる恐れもあるわけさ。それでも事実上の一発目に持ってくるこの強気がすばらしい。そして私たちの期待に120パーセント応えてくれていてニクイったらありゃしない。これ1曲で新潟-東京間を往復できるわ。それくらい好き。


BING♂(Produce by Yoshihiko Inohara)
愛すべきバカソング。「Supernova」の次にこれを持ってくる三宅健のセンスに震えたわ。間奏の「びんびんびーーーん!!」「ご」はコンサでコールだよねー(笑)。そしてそこの歌割りは、
びんびんびーーーん=井ノ原、ご=岡田
びんびんびーーーん=坂本、 ご=三宅
びんびんびーーーん=井ノ原、ご=森田
びんびんびーーーん=坂本、 ご=井ノ原
びんびんびーーーん=井ノ原、ご=長野
で合ってるかな(ラストの「ご」は坂本くん)。
背伸びしたい年頃を通り過ぎ、かっこつけたい時期をくぐり抜けると、こういういい意味でのおふざけ曲をかっこよく歌えるんだよなー。年を重ねるのって悪くない。


Sexy.Honey.Bunny!
シングル曲を飛ばさずに聞いてほしいという健ちゃんの願いが叶ってる。あれほど聞いたのに飛ばさないもの。過去のシングルの中でも屈指のインパクトだから浮いてもおかしくないのに、ちゃんとアルバム曲になってる。それだけアルバム全体の個性が強いんだろうね。


Maybe(Produce by Go Morita)
区切りの5曲目はアコギでスタート。緩急の付け方が抜群すぎるわ。私にはきつい歌詞を持つこれをプロデュースしたのが森田さんというめぐり合わせに感じるものがあったりして。入り込んだら絶対に泣くのでさらっと聞きたい曲。


only dreaming
これはもうここっていう。ここしかないっていう。改めて聞いて難易度の高さを思い知ったわ。発売当時は歌詞がリンクしすぎてたから(私と、ではなくね)ちょっと避けてたんだけど、今は穏やかに聞ける。


D.I.S.(Produce by Yoshihiko Inohara)
ネット用語で合ってるのかな。80年代っぽい曲調に何か安心感。西寺さんによると「ディスコソング」。クラブじゃなくてディスコなんだね。だから懐かしいのか(笑)。


エキゾチック・トリップ(Produce by Yoshihiko Inohara)
何だかとてもスペイシーサウンド。気がつくと頭の中でサビが鳴り響いてるくらいの中毒性あり。エキゾチックというタイトルからなのか、「アジア料理をただひたすら食べるブイシックス」という絵が浮かびました(笑)。


バリバリBUDDY!
これまた浮かない。初めて聞いたとき、あれほどおどろき笑ったのにこのアルバムでは浮かない。キノシタさんの「みんなBUDDYです。バリバリです!」がすべてだなー。とにかくバリバリに楽しい!!


大人Guyz(Produce by Ken Miyake)
ポップでノリがよく、PVは超絶にかわいくて満足至極。そして身に染みるというか、身に覚えがあるというか(笑)。服じゃないけどね。うん。お前たちだよ!! っていうね。うん。さすが大人買いする人たちはハイヤーだぜ!!


ROCK YOUR SOUL
こんなにハードダンサブルなシングルって何年振りかなー。ブイシックス、王道中の王道。鉄板中の鉄板。声が甘い人が多いというのに、こういうゴリゴリ感、ほんとによく似合うね。


線香花火(Produce by Hiroshi Nagano)
王道のあとには穏やかな曲を持ってくる。決して突っ走らず、ちゃんと足元を見てる曲順にもう一度これを書くわ。三宅健のセンスに震える。優しくて切ないメロディーがすごく長野くんらしい。


親愛なる君へ(Produce by Go Morita)
拝啓、HIKARIさんですよ!! お久し振りですよ!! 隠れた彼らの可能性をもっと引き出してほしい。HIKARIさんの曲、ほんと好きだわ。イントロのピアノとコーラスだけで勝利宣言できるもの。バラードではなくアップテンポなのがまたいいですなー。


kEEP oN.
これに限らず、corin.さんは「コンサート」というワードを使ってるし西寺さんは号泣したいそうなので、同じ日に見れたらいいなー。シングルは1回しか聞かなかったというくらい、私との相性があまり……なのに飛ばさずに聞いてる。曲順ってほんとに大事なんだね。


orz…
空白の4分間の何と長いこと!! そして待ったあとに出てくるわちゃわちゃの何とかわいいこと!! タイトル案を出した森田さん、手厳しいですなー(笑)。エンリピ(by三宅店長)するとENDINGとOVERTUREがつながってるとの発見があって、最後の最後まで楽しめるね。


総評
珠玉の一枚。ちょっと話が逸れるかもしれないけど、このアルバムのインタビューで「自分たちはアーチスト」というフレーズが一度も出てきてないんだよね。あくまでもアイドルが出したアルバム。アイドルであることに誇りを持ち、アイドルである大前提で作ったアルバム。だからズレもなければ、ブレもない。作家さんたちのライナーノーツもVに対して、そして曲に対して愛があふれていて、V音楽活動の集大成と言ってもいいんじゃないかな。

さすが2月

2013.02.23


「CDジャーナル」を探す旅の途中で購入した「TVガイド」。表紙のVサインが何だか新鮮(笑)。そして剛健が安定の双子。くいっとあごを上げてる健ちゃんのかわいさは異常。

メインページ、まずはソロコーナー感想を一行で。もちろん年令順よん。

坂本=「プロの歌手なので」と言い切るところがかっこよすぎる。
長野=18年目も落ち着かないブイシックスが大好きです。
井ノ原=「過去に戻りたくない」はすごく井ノ原らしい。
森田=「声を削るのが苦しかった」から感じるのは優しさ。
三宅=偶然が偶然を呼べば、それはきっと必然なんだよ。
岡田=「メンバーが幸せなら自分も幸せ」が嬉しい。

クロストークは森田さんは若いイメージ(坂本昌行さん41歳)、岡田は中2で止まってる(森田剛さん34歳)とのことなので、健ちゃんに対してもそんなところでしょう(笑)。コンサを見終わったあとに「Oh!My!Goodness!」って言いたいし、きっとそれができるはず。だってVコンなんだもの!!

さて。ようやく私の衝撃タイムがやってまいりました。すべては女神様が現れてくだすったおかげです。明日の天気が結構悪いのでどきどきなんだけど、どにかくどんなに時間がかかってもいいから開演に間に合いますように!!

では、帝劇に行ってきまーーーす!!

派閥疑惑の払拭?と穿ってみる(笑)

2013.02.22


次週の「Mステ」はスマと嵐の夢の共演とな!!(公式発表) 「共演」というからにはコラボ的なものがあるんだよね? 期待してもいいんだよね?

久し振りのアンテナショップのような気がする「ノンストップ!One Dish/エビカリマヨ」。勧められたビールを「残念ながら断る理由がないんですよ」とぐびぐび飲む坂本くん。ほんと美味しそうに飲むよねー。最近、ビールに食指が伸びないんだけど、トライしてみようかな(笑)。キッチンスタジオは合わせ調味料の味見の仕方にうっとりしました。やーん。

「CDジャーナル」どこで買おう……

2013.02.21


ブイシックス第三の刺客・井ノ原登場!! の「ぐるぐるナインティナイン・グルメチキンレース・ゴチになります!14/井ノ原快彦」。負け顔だの、目が小っちゃいだの、ジャニーズではかっこ悪い方だの、話し出せば電車が走るだの、持ってないと言われるだの、試しに選んだBの封筒には1,000円しか入ってなかっただのと散々だったけど、2位だったもんねー。何だかんだ言って持ってるんだもんねー。物真似については見なかった聞かなかったことにしておきます(笑)。

問題は羽鳥さんの「ブイシックス強い!!」ですね。そうですね。たしかに、岡田は1位でしかもピタリ賞、長野くんと井ノ原は2位と好成績だよ。でもさ、ブイシックスはその名の通り6人いるわけですよ。つまりまだ半分しか出てないわけですよ。残りの3人に森田剛と三宅健がいるわけですよ(笑)。ほんとにVが強いのかどうか検証するためにも、坂本くん、森田さん、健ちゃんを出してください。お願いします。

今日のJohnny's web/Oh!My!Goodness!site(Message/坂本)

2013.02.20


絶対だな!! 連絡するんだな!! 待ってる!! 私、待ってるから!!

このアルバムが軸になる今年のVコンが楽しみすぎて毛玉吐きそう。ほんとにほんとにほんとに楽しみ!!

34歳

2013.02.20


森田剛=冬の舞台=大寒波の方程式が鉄板になりつつある(あ、大寒波は私だけか。そっかそっか)2013年、秋に新作をやるだなんて、森田さんもすっかり舞台の人になってしまったなー。「荒神」のとき「早く千穐楽が来ないかな」と思ってたのがウソみたい(笑)。

森田さん、誕生日おめでとう。
あなたの34歳がすばらしいものになりますように。

まずはVコンだ!! 届いたチケは眺めがいいものばかりだぜ!! ふふふ!!

あら、ヒゲだわ、の「TV STATION・V6の主張@vol.339/森田剛」。まさかこんな書き出しをするなんてね(笑)。この髪型、すごくかっこいいしすごく似合ってるけど、とにかくトビヘアが直球ド真ん中なのでそのままVコンに突入してほしいんだよなー。そのトビちゃんをやってる間は「リフレッシュをしない、疲労がたまってるくらいがちょうどいい」と言ってるけど、きっと実行したんだろうなー。

さて。ようやく「Oh!My!Goodness!」が手元にやってまいりました。きゃっふー!! nano@坂本くんに取り込んでる間、「Supernova」と「大人Guyz」のPVを見たわ。このほとばしる思いを今ここにぶつけないで、いつやるんですかと。というわけで、まずは「Supernova」の感想から。もうひとりひとりやっちゃうもんねー。年令順にねー。

坂本くんはエロティックとかエロチシズムとかとにかくそれ系の言葉をがっさりとかき集めても足りないくらいですよ!! 女の子の耳元への手の添え方がもうもうもう!! とても虫にびびる人と同一人物とは思えない!! タイヤの芯を曲げちゃって軽くへこんだ人と同一人物とは思えない!! ぜぇぜぇ。叫びすぎた(笑)。これぞ滲み出る男の色気。きゃー。

長野くんは女の子とまったくノータッチなのはどうしてなんですかと。岡田と坂本くんを促したと思ったら踊り出したのはどうしてなんですかと(PVだからです)。長野くんのこと好きだっていう女の子と絡ませてもよかったのにー。

井ノ原は白シャツ!! 通路で右手を壁、左手を腰に当ててるのなんてスタイル抜群すぎて目を見張ったわ。

森田さんはヒゲが邪魔ですね。ですね。ですね。たったさっき「あら、ヒゲだわ」と思った私がかわいそうですね。ですね。ですね。森田さんのバカ!! でも好き!!(鉄壁のお約束) PVの森田さんは何かさらっとしてる感じ。女の子の腰を抱いてるのですらさらっとなんだよなー。

健ちゃんは超絶中性的。女の子と抱き合ってるのを見ても、このあと何かある気がまったくしないというか。

岡田はオープニングのよりエンディングでのにやっと笑ったあと小首を傾げるのが好きだわー。そして坂本くんがエロなら岡田は生々しかった。手つきとかね。

一方の「大人Guyz」。こっちはユニで行くわ。まずはカミ。妖精のトップに君臨して早17年。そろそろ次世代が頭角を現すんじゃないかと思ってたんだけど、あまりのかわいさに「10年先も100年先だって変わらずにお前たちがトップだよ!! キングオブ妖精だよ!!」と握り拳をブチ上げました。とくに森田さんをひょいっと持ち上げてカートにぽん、健ちゃんをこれまたひょいっと持ち上げてカートにぽんの岡田ね。あれは血が沸騰するよね。4年前のカミコン@仙台のとき、岡田は
一番上がゴウくん、次が同い年の俺、末っ子健ちゃん
みたいなスタンスだったけど、今は、
一番上が俺、次が双子のゴウくんと健ちゃん
になったような気がしないでもない(笑)。

トニは物心がついたときにはもう一緒にいた幼なじみの雰囲気。トニになると末っ子モードになる井ノ原が好物なので超満足です。

とにかく「Supernova」はひたすらにかっこよく、「大人Guyz」はひたすらにかわいい。




これぞまさしくギャップ萌え!!




わかってらっさる。

今日のJohnny's web/Oh!My!Goodness!site(Message/長野)

2013.02.19


「長野です」が井ノ原の声で再生されたのはなぜなんですかと(笑)。

「どれもこれも良い曲なんだよなぁ~」に早く激しく激しく激しく同意したい!!

さすがはロケドル

2013.02.19


ぽややーーーんとテレビを見てたら見知った顔がどどどーーーん。お? や? 坂本……くん? 坂本くん!! 坂本くんだよ!! と目が見開いた「ZIP・1000円バイヤーズ/坂本昌行」。教えておくれよ、公式。「ZIP」は月-金録画にしてるから手元には残せたけどさー。ほら、心の準備ってものがあるじゃない。ね。ね。ね。坂本くんのプラモ好きは有名だけど、ここまで(汚れとか溝とか)こだわってたとはね。タイヤの芯が曲がったのはご挨拶として(笑)ほんと器用だな。


 「テレビの前でプラモを作る日が来るとは思わなかった」


うん。私たちもその姿を朝から見る日が来るとは思わなかった(笑)。

あ、これも残しておこう。桝アナ、「坂本さん、男の子って感じでしたね」をありがとう。

坂本くんが新潟に来てただなんて!! の「ガチャガチャV6/伝説の酒造り職人に学ぶ日本酒の秘密@坂本」。プラモを作る坂本くん、ほろ酔いの坂本くんを同じ日に見るとは思わなかったわ。何てすばらしい日なのかしら!! さすがは森田剛聖誕祭前日。ふふふ。

今日のJohnny's web/Oh!My!Goodness!site(Message/井ノ原)

2013.02.18


思いっきり遊んでるアルバムがハイクオリティなのがすごく嬉しい。

早く来い来い!! Oh!My!Goodness!

楽曲に対して健全でいたい

2013.02.18


私は、私たちは知っている。三宅健が33歳、今年の夏には34歳になることを知っている。だけどだけどだけど、とてもじゃないけど三十路には見えない!! 大学を卒業したばかりと言われたら信じるレベル!! 恐るべし、三宅健!! の「月刊Songs/長野博・井ノ原快彦・三宅健」。いや、長野くんだって井ノ原だって世間一般の同年代よりずとずっと若いよ。でもさ、健ちゃんがもう尋常じゃないんだよ。すごいわ、ほんと。

一昨年のアメリカ珍道中の帰りの飛行機の(「の」の連続すぎる)中で井ノ原と健ちゃんがとにかく話しに話したっていうエピはいろいろなところで聞いたけど、まさかこんなハイレベルのアルバムを生み出す取っ掛かりだったとはね。たしかに、自分たちがここまで関われば数あるプロモーションで的確に、そして細部に答えられるもんね。その象徴が135ページの「セルフライナーノーツ」なんじゃないかな。そのライナーノーツで一番衝撃だったのが「Supernova」。岡田が忙しかったから簡単な振り付けだっただなんて!! 雰囲気で持っていっただなんて!! 全然気づきませんでしたわ。にゃは。

健ちゃんは「ネクジェ」に対抗意識を燃やしすぎ(笑)の「三宅健のラヂオ」。メンバー全員、全曲フルサイズ歌って、最適なのを選ぶってほんとすごいことだよね。それぞれのフルサイズをCD化したものを特典にしてボックス売りしてもよかったのにー。ここでかけてもらえないかな(ハガキ出してみる?)。なんてことをつらつらと思ってたら、ひょっこりとまっすー来たーーーっっっ。ラジオには派閥ないんだっけ。って最近、派閥を気にしすぎだな。私な。まっすーへのお礼参りは22日の金曜日なのね!! 何時からなんだろ。調べないとー。

今日のJohnny's web/Oh!My!Goodness!site(Message/森田)

2013.02.17


「お風邪」にひっくり返りました。お風邪よ、お風邪。トビちゃんボイスで「お風邪」なんて言われたらひいてなくても発熱しますよ!! ああ、かわいい。かわいいったらかわいい。

いけない!! お風邪に全神経が集中してる!! 健ちゃんが安定の店長なら、森田さんは安定の言葉エコロジスト。今回は6行、117文字ですよ。おすすめの「Maybe」は入り込まないようにしないとって思ってる。がっつりと持っていかれたら泣くよ、私(笑)。

今日のJohnny's web/にこにこ健゜(その190)

2013.02.17


見にきてくれても構わなくてよ!! むしろ、来て来て来て!!

うちわを作ってみたくなった

2013.02.17


だけど、きっと完成することはないと思う(笑)。

来るべき帝劇&代々木のために美容院に行ってきたわ。予約の段階ではカット&カラーだったんだけど、切らずに変化をつけたくなったので&パーマもやってもらっちゃった。まきまきー。まきまきー。私まきまきー。担当のよしださんとはそろそろ3年のお付き合いになるんだけど、前回やっとコアなジャニファンだとカミングアウツしたんですね。今日は開口一番「ブイシックス、新潟に来ますね」だったわ。もちろん「行きます」と即答したわ。「CM見て、すぐにrinriさんのこと思い出したんですー」だなんて嬉しいじゃないの。うひょ。そこから4時間、いろいろなジャニ話をして、綺麗にしてもらって、と至福でございました。ほんと、人に何かをしてもらうのって気持ちがいいし、疲れが取れるよねー。

涼次@松岡もタイムスリップ……? 平成のシェフ……? の「必殺仕事人2013」。それでもいいのよ!! 何でもありよ、あり!! そんなキュイジーヌ松岡と若い女子(志乃@桜庭ななみ)との絡みはそそられるね(変態上等)。聖は玉栄だったのかな。ヒガシは殺陣、所作と完璧。次代の時代劇スターだわよ。で、だ。前回は「桃太郎侍」「遠山の金さん」「三匹が斬る!」、今回が「水戸黄門」「大江戸捜査網」「長七郎江戸日記」。ということは、次回は「暴れん坊将軍」、もしくは「江戸を斬る!」、はたまた「大岡越前」かな。

坂崎さん@トランペットの記憶がまったくなかった「新堂本兄弟/THE ALFEE」。一応、自分の過去日記を探りに行ったら感想書いてあったしね!! 剛の「はいっ!!」にはふれてなかったしね!! 何てこったい。あほんだらすけ。昔からの付き合いなので、キンキがのびのびしてるのがいいね。アルフィーのみなさんも甥っ子に接してるみたいな感じがして見てて和んだよ。

抑えきれない情熱が暴れ出したので、明日仕事だっていうのに「Mラバ」の「スパノバ」を見る。坂本くんのステップ前進がキレッキレすぎて見惚れる。そして「back and side♪」ですちゃっと右斜め下を指差す森田さんがすてきすぎて見惚れる。このままだとテンション上がりすぎて眠れないからストップしたかったんだけど、何十回見ても岡田の前髪が伸びてくれないのでVコンDVDに手を出したよ。

前髪!!
首傾げるの反則!!
髪を耳にかけるのずるい!!
井ノ原そこ代わって!!
香水の付け方が艶かしい!!

明日、ちゃんと起きれますように(笑)。

今日のJohnny's web/Oh!My!Goodness!site(Message/三宅)

2013.02.16


店長来たーーーっっっ。安定の販促上手ーーーっっっ。そして安定の「ごぉ」表記ーーーっっっ。

残念ながらフラゲはできないけど(だってamazonなんだもの)エンリピの旅にはがっつりと出る所存よ、店長!!

キスマイ全国ツアー!!

2013.02.16


どうする!! どうするの、私!!

吹雪の中、買いに行った「日刊スポーツ・Saturdayジャニーズ/長野博」。「美味博愛」が発売されることは知ってたけど、26日がすぐそこまで来てることにまったく気づかなかったっていうね。私。疲れてる(笑)。愛用品のカメラは新しく買ったんだよね? 新幹線に忘れちゃったやつ、出てきたって聞かないし。その下のプラベ写真、表情がやわらかくてすごくいいなー。健ちゃんにデジカメ取られるとろくなもの撮らないから軽くケンカ(笑)するって言ってたのは2005年だっけ。いつか、メンバー撮影によるアルバムブックレットとかやってくれるといいな。

次は、amazonに頼んだ「オリスタ/V6」。ほんとだー、表紙に長野くんの右手がかわいい。ぱあって感じできゅるきゅるするー。森田さんと健ちゃん=絶賛双子状態に挟まれた岡田はその2人よりも年上に見える(笑)。もちろんビジュアルは全員最高値。ぱらららーーーんとめくってメインページに。ソロパートは一行感想、いつものごとく年令順で。

坂本=3DのCGソフトを使ってるだなんてにわかには信じられません
長野=岡田プレゼンツの枕は使ってるのかな
井ノ原=「井ノ原がいないと…」はあのときかなーと勘繰る私
森田=いたずらをしなくなった自分は「落ち着いてきた」だなんて大人になっちゃった(笑)
三宅=健ちゃんは空っていうイメージがある
岡田=関西弁もっと聞かせておくれーな

一行でまとめられなかったので、ここで坂本くんの「リーダー」について。「リーダー」はあだ名だと思ってるってあったけど、坂本くんはそのものだよ。引っ張っていくとか、まとめ上げるだけじゃないと思うんだよね。この人がいるから安心していろいろなことができる。何かあったら助けてくれる。坂本くんはそういうタイプ。

スペシャルインタビューは今回も読み応えたっぷる。ほんと「オリスタ」に外れなしだわ。ここ最近ずっと井ノ原が仮歌やってるね(仮歌で思い出すのが「Next 100 Years」をB'Zの稲葉さんが仮歌やってくれて、結果みんなそれっぽくなったこと。長瀬なんてまんまだったもんなー。ってカッコ書きが長いよ)。正直なところ、Vは音楽に対しては作る側ではなく伝える側だと思ってたから、ここまで踏み込んで楽曲作りをするとは思わなかったし、それができる環境を整えてるなんて考えもしなかったんだよね。だから、ほんとにびっくりしたし、すごく嬉しかった。メンバーの想いがぎゅっと詰まってるアルバムが発売される。これ以上の幸せはないよ。

「月刊Songs」も届けてもらったんだけど、これはジャニネタがないときにするわ。うひひ。

今日のJohnny's web/Oh!My!Goodness!site(Message/岡田)

2013.02.15


「元気かな?」に天井ブチ抜くほど萌えました。元気です!! 元気ですとも!!

「ではリハーサルに戻ります」にメートル振り切るひど萌えました。戻っちゃって!! できれば、私も連れてって!!

ワインをしこたま飲む

2013.02.15


しかし、あまり酔わず。ふむ。

服装が春めいてきたね、の「ノンストップ!One Dish/カリカリ衣のカキフライ」。そっか、もうすぐ一年になるのか。早いね。ほんと早い。ロケは店先でおでんを食べてる坂本くんをじっと見る姉弟ちゃんがかわいくてかわいくて。いつの間にか酔ってきたネコがかわいくてかわいくて。それらを見つめる坂本くんがパパでパパで。きゃー。うっとりー。キッチンスタジオはわざとらしくアルバム宣伝カットインですよ。させてもらえるなんてありがたいよねー。スタジオのみなさんに食べてもらうための、


 「生で作れるように頑張ります」


楽しみにしてるよーーーっっっ。

キョウリュウジャーにゴーグルブラックが出るだとぉぉぉぉぉぉ!!!!!!

2013.02.14


井ノ原の「ゴチ」予告をまんまと見逃しました(涙)。

同僚と長電話

2013.02.13


玉森くんの「anan」を買おうかどうしようか悩んでるうちに次号が発売になったっつー。

1本目が少年で2本目が十代

2013.02.12


「兄弟」楽しみーーーっっっ。硝子!! ガラス!!

やっぱり「しゃらららー♪」が流れた「ガチャガチャV6・バレンタインチョコ特集@長野」。やろうよ、セクゾン。このバレンタイン独占市場に殴り込もうよ。「キミからのチョコだけがほしい♪」みたいなさ(凡人なんて所詮こんなもんよ。うむ)。いけない!! 話が逸れた!! チョコ専門バイヤーに「さすが」と言われた長野くんが終始楽しそうで何よりでした。シャンパントリュフ食べたいーーーっっっ。

「図書館戦争」の前売り購入

2013.02.11


ポストカードもらえたー。わーいわーい。鬼教官・岡田だわー。

仕事やら悪天候やら何やらで延びに延びていた「髑髏城の七人」を見てきたわ。捨之介@小栗旬の男気、天魔王@森山未來の狂気、蘭兵衛@早乙女太一の妖気が三位一体となってて圧巻だったわ。私のド真ん中、右近さんは今回もラブリー。「IZO」で森田さんに綺麗にびんたをかましていた千葉さんは今回もおすてき。そして小池栄子が誰よりもかっこよかったわ。次の「シレンとラギ」も絶対に見に行くー!!

泣いたもん(笑)

2013.02.10


香水どこ行ったーーーっっっ、の「Music Lovers/V6」。もういろいろありすぎてまとめられないので羅列します。るるる。

○見慣れた宣材なのにテンション上がりすぎて震える(笑)。
○アバン(で、いいんだっけ)でメーターが振り切れる。
○つまりこの時点で泣いている状態(笑)。

愛なんだ
○「またこれか…」と思ってしまう「愛なんだ」がこんなに嬉しいとは。
○私、枯渇してたんだな。ブイシックスにな。
○本振り来たーーーっっっ。
○わちゃわちゃ→リーダーいじり→やんわりと突き飛ばす。
○Vだよー(号泣)。
○歌う前に衣装について書かないと(きりっ)。
○満点です。
○余計なもの(ストールとかストールとかチェーンとか)がなくてすっきりー。
○肩の憲章もいいし、色合いもシックで二重マル。
○よし。
○坂本くん、将校さんみたい。つまりすてき。
○長野くん、やせたんじゃない?頬がこけてる。
○井ノ原!!あさイチ振り!!
○「消えてしまうのかい♪」のタイミングを合わせる森田さんと岡田に叫びそうになる。
○にこっと笑う森田さんがかわいすぎて困る。
○この生き物、私にください!!大切にしますから!!
○岡田の前髪が戻りつつあります。
○岡田の前髪についてはそろそろ国宝にしてもいいと思います(真剣)。
○「だめだめだめ♪」の森田さんがかわいい!!ヒゲもないしね!!
○ありがとうトビーアス。恩は忘れないわ。
○にこにこと歌う井ノ原に和む。
○ミスターフォトジェニック三宅健さん、安定のかわいさ。
○健ちゃん健ちゃん、どうしてそんなにかわいいの。
○「知りたい ふれたい 見つけたい♪」でずさーっと前に出てくるのはカミ!!
○きゃーーーっっっ。かみんぐせんつりーーーっっっ。
○「かなえたい♪」で森田さんの指差しが入りました。
○私、萌えつきて灰になりそうです。
○続いて前に出てくるトニ。
○きゃーーーっっっ。とにんぐせんつりーーーっっっ。
○森田さん後姿、井ノ原と目を合わせてるね。
○井ノ原が笑ってるんだもの、きっと森田さんも笑ってる。
○「はじめることが♪」ではっきりとななめ後ろを向く健ちゃん。
○坂本くんに何かあったのかな。
○くるんくるんくるんと回るブイシックスのみなさん。
○わちゃっとする→歩く→振り向く→歩く→振り向く。
○だけど、歌詞は「振り向かない♪」。
○私、これまでのファン生活の中でこんなにも「愛なんだ」について前のめりになったの初めてだわ。

ジャニーズ秘話を大告白
○まず衣装ね。
○森田さん優勝。次が井ノ原。
○岡田はちょっとむきっと見える。
○長野くんは寒色すぎ。ストール(トークなのでOK)の色、暖色にすればよかったのに。
○坂本くんはほどよく。
○健ちゃんは、THE三宅健。
○長野くんのジャニーズ入りは27年前。
○27年…。セクゾンはもちろん、キスマイも生まれてないんじゃ…。ひょえー。
○長野くんのお姉さんがモッくんのファンだったんだよね。
○仲間ー。仲間ー。
○面接のあれ(A4用紙)が届いた長野くん。
○知ってるということは井ノ原も。
○坂本くんもうなずいてるね。
○で、だ。そこの剛健!!
○首ひねってるよね。通知なしってこと?
○長野くんの同期はアツヒロ。


 「光GENJIより先なんです」


○スマよりも大先輩。


 「超兄さんです」


○ですね(笑)。
○1987年、坂本くん入所。
○坂本くんが入ったのは高校を辞めるために理由付け。
○なのに「金八」オーデ通ったのに「学校に行きたいから」と蹴った坂本くん。
○どういうことですのん。
○「親に対する説得材料」と言った坂本くんに
 「そんな甘いもんじゃないんだよ」と言い放つ井ノ原(笑)。
○坂本くんのジュニア時代が想像できない眞鍋かをりに「このままんです」と説明する井ノ原。
○「長めのパンチパーマあてて」と盛る井ノ原(笑)。
○ここで岡田が坂本くんの伝説を披露。


 「ジャニーさんが唯一坂本くんにだけ敬語を使うとか」


○うん。わかる気がする。
○井ノ原の入所は1987年。
○「ガラスの十代」の映像来たーーーっっっ。
○クラスの誰にもジュニアだと言ってなかった井ノ原。
○森田さんの入所は1992年。
○オーデションに行った森田さん、井ノ原を指して、


 「ジュニアのレギュラーっていう感じで」


○レギュラー(笑)。
○上手すぎて。
○父兄さん(さん付けな森田さん。ほんと言葉がていねいだよね)にお茶を配る井ノ原がらしすぎて。
○健ちゃんも1992年。
○入って2日後にスマコン出演。
○厚生年金会館ですよ。そんな時代もあったよねと。
○中居にマイクを向けられた健ちゃん。


 「僕、ビッグになるんでー今のうちにファンになっておかないとー損しますよー」


○すげー!!
○そりゃジャニーさんも「あいつイカしてる」って言うわ。

V6大ヒットメドレー
○まずは「Darling」。
○ もう10年も前の作品になるだなんて…。
○引きで「Pinとこーない♪」を押さえたカメラさんGJ!!!!!!
○続いて「Believe Your Smile」。
○おー、サイドがあったのね。
○やーーーだーーー!!これも本振り。いつ以来だろ。
○「すれ違いも♪」の森田さんのカウントの取り方が好きだな。
○お次は「MUSIC FOR THE PEOPLE」。
○ぎっと変わる顔つきにぐっとくる私。
○しかしこの狭い通路でよくこの振りができるよね。
○来ました「TAKE ME HIGHER」。
○ぷしゅーではなくどごーんがよかったな(無理ですよ)。
○サビの三宅→森田を見て「双子…」とつぶやく簡単なお仕事。
○そしてこれも本振り。わかってる!!
○アウトロも本振りだなんて何年振りだろ(こればっか)。

ジャニーズ秘話SP
○岡田の入所は1995年。
○言わずと知れた「元気が出るTV・ジャニーズ予備校」。
○何と応援していた眞鍋さん。
○高田の純じぃに早朝バズーカをかまされていた岡田。
○何たる経験値(笑)。
○デビューするにあたり上の人たちがいる合宿所に移ることになった岡田。
○送別会来たーーーっっっ。
○BGMはもちろん「夢物語」ですよ。
○カミセン部屋に移ることになった岡田を送別してくれた滝沢と翼。


 「怖いね、あっち、って。頑張ってって」


○ぎゃーーーっっっ。かわいすぎーーーっっっ。
○この話、滝翼から聞いてみたいわ。
○カミセン部屋=地獄部屋、にうなずく剛健。おい(笑)。
○結成裏話です。
○ジャニーさんに電話相談された坂本くん。
○「坂本どうしよっか」と言われた坂本くん。
○そうね。きっと幹部(笑)。

Supernova
○ス!!パ!!ノ!!バ!!
○「It's gotta be you…♪」を聞くだけで血が沸騰するわ。
○今ならきっと海だって割れるよ(モーゼかと)。
○ぎゃーーーっっっ。ノー帽子の森田さんのスパノバ!!
○ス!!パ!!ノ!!バ!!(しつこい)
○衣装は三つ揃い。いいねー。
○今回の衣装、ツアー用なんだってね。道理で踊りやすそうなわけだ。
○井ノ原を軸にして前に出てくる岡田がかっこよすぎて。
○「もうやめようぜ勘違い♪」の森田さんの目が漆黒に濡れていて綺麗。
○「汗ばむカラダ♪」の健ちゃんが艶かしい。
○「隠してるような♪」の井ノ原と健ちゃんの声を合わさり具合が絶妙。
○「夢のような♪」でステップ前進の坂本くんが完璧。
○アーーーンド、スタイルの良さが際立ってる。
○そして長野くんとのツーショで「Mcu amore♪」。
○四十路の魅力がフルスロットル。
○今の2人で「まだまだ」やってくれないかな。
○「今夜見つけた答え♪」それはあなたたちです!!
○サビ前、森田→森田・井ノ原・岡田→森田・井ノ原・岡田・坂本・三宅→6人の流れがいい!!
○サビはもうかっこいいにつきる。それ以外、浮かばない。
○あ…れ?香水どこ行ったーーーっっっ。
○どこ行ったーーーっっっ。

ジャニーズ秘話SP
○最後にすんごいのが控えてましたことよ。


 「(ブイシックスに)健が最初に決まってて」
 「聞いたの?」
 「ジャニーさんに直接」
 「直接?」
 「ブイシックスやらない?って言われて、
   ゴウは入らないの?って聞いたら入らないってジャニーさん言ってて」


○次よ、次。



 「じゃあ、やりたくないって言って」


○眞鍋さんの「かわいい!!何それー!!」は視聴者全員の叫びです。
○18年目の真実にショックを受ける坂本くん。
○つまり。




ブイシックス・真の黒幕=三宅健




いやー、楽しかったわー!! 「ライブ=挑戦」をこの目で見られる幸せをありがとう。

あっという間の一年

2013.02.10


すべて決着させた「特命戦隊ゴーバスターズ・50/永遠のキズナ」。13年前に亜空間に飛ばされた人間は戻ってこない、という設定を最後まで貫き通したのがすごくよかった。陣@松本寛也ですら消滅なんだもんなー。小林靖子の本気を見たよ。

本気と言えば、今回も主人公(=ヒロム@鈴木勝大)に十字架背負わせたね。「オーズ」のときも映司@渡部秀にも人外に行かせかけたし、見てないけど「シンケンジャー」は当主(=丈瑠@松坂桃李)が影武者だったんだよね。最大の敵のバックアップデータが自分(ヒロムです)の体にあるだなんて、ドエスとしか言いようがないわ。ほんと容赦なし。

夏にメサイアがカードとしては残ったものの消滅してしまったときはこれからどうするんだろうと思ったけど、エンターさん@陳内将ががっつりとラスボス化してくれたので最後まではらはらどきどきわくわくでしたわ。

次の「獣電戦隊キョウリュウジャー」は様子見かなー。サンバで変身に心惹かれるの(笑)。

大学合格おめでとう!!

2013.02.09


ジャニーさんの推薦文が気になるのー。

超遅ればせながら「金田一少年の事件簿・香港九龍財宝殺人事件」。動機は復讐。次々と起こる殺人。まあまあ意外な犯人。勘違いで関係ない人にまで手にかける。と金田一ワールド前回で何よりでしたわ。涼介、こういう飄々とした役、合ってるね。連ドラになったら髪を結ばなくてもよくってよ。ふふふ。そんな私にイチオシーンは佐木@有岡くんがラン@川口春奈のタトゥーをカメラに収めていたことを気づいたところ。あまりにもかわいくて、しばらくリピっちゃった。




Recent Entries