十六茶@買い物バージョン捕獲

2007.04.18


十六茶には縁があるのか、これまでの3本全部オンエア初日に捕獲してる。ららららっきー。

滝翼露出大作戦3日目は「いいとも」「はねとび」「音楽番付」。新潟では「音楽番付」未放送なので録画隊に依頼したわ。うーむ。私、かなり本気(笑)。

柴田さんが翼の後姿を見て「たくましくなった」と言った「笑っていいとも!/タッキー&翼」。それ、太ったからではないよね(笑)。たしかに、がっしりしてきたなーと思う。"名曲を熱唱・1983年のヒット曲"は「杏里」と回答してくれたおかげで、連行されてふてくされる2人を残せたし、申し訳ないけどもふぃーふぃーの歌をばっさりと切り落とすことができてよかった。"胸キュンセリフ"は、ぎゃーーーっっっ、どゎーーーっっっの連続だったんで、早く幕を下ろしてくれリアクションくらいしか覚えてない(笑)。だめだ、テレるーぅ。

続きまして、「滝沢、天才だな」の「はねるのトびら・ほぼ100円ショップ/タッキー&翼」。パーフェクトではないか。そういう星の下に生まれたんだなと改めて思ったよ。対する翼はだーめだめ(笑)。選んだ商品の金額が半端だったり、往生際が悪かったり、同じチームだってのにきっちりと決めてくる滝沢に舌打ちしたりと、翼だめワールド炸裂。翼のだめさは婦女子の心を適確についてくるよなー。これも一種の才能だよね。滝沢がパーフェクトだから翼のだめさが光る。翼がだめだから滝沢のパーフェクトが目立つ。コンビとして、これ以上ないバランスだわ。

ボロ泣きした「バンビ~ノ!・1」。私、恋愛抜きの職業ものが好きなんで、しっかりと残そうと思ってたんだけどさ。さすが岡田惠和脚本、精神的に痛い。イタイではなく痛い(こんなところに書くのも何ですが、私が井ノ原の映画を見に行かなかったのは時間がなかったからではなく(いや、それもあったけど)岡田原作だったことと、いしだあゆみの演技が苦手だったから。そのダブルパンチに井ノ原が勝てなかったのだ)。何度、「マツジュン頑張れ」と言ったことか(笑)。何度、画面から目を逸らしたことか。いつ裏切るのかとその動向に注目していた与那嶺@北村一輝に癒されるとは思わなかったよ。

香取@佐藤隆太は単細胞なのでそのうちころっと変わるとして、ねっとりオーラを放ってた妹尾@向井理。こいつがしゃかりきに画面に出てきたら、いくらマツジュンのビジュアルが史上最高だとしても見るの止める。演じ手としては誰よりも成功してるんだけど、そのくらい嫌だ。あと、支配人の美幸@内田有紀だな。商談をまとめてきたみたいなセリフがあったけど、とてもそんな才能に長けてるとは思えないんだよなー。頭弱そう、みたいなさ。よって、与那嶺と桑原@佐々木蔵之介のシーンもいただけないと。だからと言って、美幸を外すと疑惑まで5秒前(笑)になりかねないし。難しいな、ここ。市村正親は文句なし。香里奈はサイボーグ。マツジュンはバンビ~ノそのもの。

エンディング後に流れた「喰いタン2」のCMに心底和んだわ。よかった、涼介がおバカで。





 * Recent Entries