Coming Century/Tour '01 Around Asia

2001.12.04 国立代々木競技場第一体育館 スタンド南Bブロック 1階3列

2001.12.04


6日からがつんと振り返られたのはこの私。振り替えられてばっかりだよ。とほほ。
ステージの形は夏とほぼ同じ。
上下に分かれたメインステージ、中央にハケ口、右側に移動式のスクリーン、らせん階段は秋田と同じ。
席はメインステから2番目に遠いBブロック。前から3列目だったことだけが救いかな。


OVERTURE
さすが、規模が1万人クラス。レーザー光線が飛び交い、歓声も大きい。


Ash to Ash
メインステ上段にカミ登場!!
薄い幕は代々木もあったけど、秋田ほどもどかしさはなかった。
衣装は赤のダウン上下+サングラス。
森田さんだけ黒の帽子。そしてなぜかその下にバンダナ。頭に乗っけるのはひとつにしとけ。


Kick off!
左右花道(右=森田、左=三宅・岡田)を走りながらセンターステに移動。
カミコンで、初めてステージを走る姿を見たわ。そこで夏コンと同じダンスを。
秋田では埋もれて見えなかったけど、今日はばっちり。
ラスト付近でバクステに移動し、そこからサッカーボールをキック!!(もはやお約束)


Born to run
イヤモニをつけてなかったらしく、森田さんと健ちゃんがおそろしくズレていた。
岡田で何とか軌道修正したって感じかな。
南スタンドBブロ正面にきたのは健ちゃん。やっぱり健ちゃんちゃんはかわいい。
そのすぐあとに岡田が。かっこいい(ただいま空前の岡田ブーム到来中)。


LOOKIN' FOR MY DREAM
森田さんは北側のみでメインステに走り去ってしまった。私、この代々木3日間南しか持ってないんだけど(笑)。
岡田を軸に健ちゃんが肩乗り、森田さんがブランコ乗りをするカミセンシーソー(勝手に命名)、
今日は普通に終わる。


タイトル不明
スクリーンに映し出される森田さんのアップから映像スタート。
オレンジのパーカー+半パンに身を包んだ森田さんがドリブルしたり、
ボールを右人差し指でくるくると回したりしたあと、
ボールを右横に投げるとスクリーン右端からボールが飛び出し、
ステージに現れた岡田がキャッチしてバスケダンスを続ける。


WHAT'S COOL?
ダンスソロはここで当たり。
頑なに帽子を被る男・森田剛。脱げたんだから、被りなおさなくてもいいじゃん。
ここから「MISS YOU TONIGHT」までの流れ、すごく好きだな。


SUPER FLY
歌ってる健ちゃんの後ろで、ソファーに座りながら何かしらやってる森田さんと岡田。
今日は「ソファーに後ろ向きに座ってる森田さんのおしりを、ぺしっとたたく岡田」でした。


OVER DRIVE
腰が入った岡田は代々木でも健在。


MISS YOU TONIGHT
森田さんがソロのためハケたあと、健ちゃん+岡田+ダンサーさんで繰り広げるペンライトダンス
(照明を消して、スティック状のペンライトを持ってダンスする)。
秋田はメインステだったので綺麗だったんだけど、代々木ではセンターステでだったので、
ファンのペンライトと同化しちゃってイマイチだった。もったいなひ。


最後の言い訳(徳永英明)/森田
きました。崩壊の森田さんソロ。遠い(涙)。電気スタンドをかちっとつけるを見落としたもんね。
しかし、姿はちっこくても声はちゃんと聞こえてくる(当たり前)。
立ってるだけで精一杯だった「一番遠くにいくよー」に続く胸がどきどきポイントは、
「わかりあぁえないー」の「ぁ」。
そのうち泣き出すんじゃないかと思うくらい、感極まってしまった。


I CAN/岡田
なのに、岡田に持ってかれてる(笑)。皮の指なし手袋(白)してたんだね。初めて気づいたよ。


Wild Style
バクステに森田さん健ちゃん登場!! そして、やっと森田さんが南スタンドに!!


SHODO


MC
微妙な空気のMC。とまどうカミ、とまどう会場。


MC-1 帰ってきました
 「帰ってきましたね、代々木に」
 「帰ってきましたねー」
 「夏のV6のコンサート以来ですね」


MC-2 誕生日おめでとう!
嬉しそうに切り出したのは岡田。

 「えー、21歳になりました!!」
 「おめでとー!!」
 「あのですね、香港でこの2人がケーキを用意してくれたんですよ。
   そのケーキにね、"ジュンちゃん誕生日おめでとう"って書いてあったんですよ」

岡田、すごく嬉しそう。

 「そろそろね、呼んでくれてもいいと思うんですよ」
 「何が」
 「准って」
 「今更やだよ」
 「俺ね、ずっと下の名前で呼ばれてたんよ。上で呼ばれたことないの」
 「それならお客さんに呼んでもらえばいいじゃん。せーの」
 「ジュンちゃーん」
 「准一なんて稲川ジュンイチじゃあるまいし」
 「稲川淳二だろ?」
 「!」

マジボケだったらしい(笑)。

 「俺がフォローしないとね。桜新町に焼肉屋があってすごくおいしいんだよ」
 「そんなこと、ここで聞いてもしょうがないんですけど」

確かにフォローになってないけど、誰あろう森田さんをフォローしてあげてるのに。


MC-3 ドラマやります!/岡田
次は告知。岡田、忙しいわね。

 「えー、ドラマやります! 12月28日に"忠臣蔵1/48"が放送されます」
 「ひとり増えてるよ」
 「(あわてて)1/47です。木村くん主演で」
 「デコは隠れんの?」
 「床山さんも大変だね」
 「カツラつけるとき、これですかーって言われた」

と、岡田苦笑い。

 「前髪あるやつとないやつがあって、ないのはハゲててちょこんとちょんまげが乗ってる」

そうなので、元服前と元服後があるんだね。楽しみ、楽しみ。


MC-4 ドラマやります! その2/岡田
またしても岡田(岡田レポのようだ)。

 「もうひとつドラマやります。
   来年1月19日から"木更津キャッツアイ"と言いまして嵐の桜井翔くんとやります」
 「おおっ」(みたいな反応)
 「僕の役は死ぬんです。あ、言っちゃった」
 「え? 死ぬの?」
 「最後までいるけど、末期ガンを宣告されるの」
 「お前、最終回しゃべったってこと?」
 「あのー、あのー、忘れてください」

しまったって顔してる岡田がめちゃくちゃかわいかった。
その横で我関せずといった表情の森田さんに「全然興味ないやろ」と振ると、「うん」ときっぱり(すてきー)。


MC-5 GOタリモ、デビュー!
いよいよ、デビューとなったGOタリモ&ミニカレー。
森田さんが「明日デビューですよ」と言うも、反応が薄ーい会場に「シカトかよ」とすねる森田さん。
とてもかわいいてよろしい。
見かねた健ちゃんが「今日のお客さん、ちょっと違うね。時差があるね」とフォロー(フォローか? )。

 「もっとキラキラした目で見てほしいんだよね」
 「ギラギラね」

確かにちょっと違う空気だった。一般発売チケットだったからかな?
気を取り直して「明日デビューしますんで、よろしくお願いします」と挨拶。


MC-6 「いいとも!」出ました
生ならではの「いいとも!」話。

 「俺見たよ」
 「俺見てない。何話したの?」
 「カレーの話」
 「俺、電話したんだよね。そしたら留守電になってさ。
   おっかしーなーってもう1回かけたら留守電になったんだよ」
 「赤い電話のボタンすぐに押したもん。ヤな予感がして」
 「何だよ、それ」
 「タモさんのサングラス外せとか言うかと思ってさ」

カレー王国の冠が重くてそれどころじゃなかっただろうけど、何かしらやってほしかったかも。


MC-7 お前のオーラ
ミミセンの準備のためにハケようとする岡田に、

 「お前、自分の宣伝するだけでハケるのかよ」
 「そんなキッパリと終わらせねーで、何かここにお前がいたオーラを残してけ」

と絡むモリケンズ。
あまりにも唐突だったらしく、
素でオロオロする岡田に森田さんが「悪かった、アドリブやってごめんなさい」と謝り、
岡田もホッとしたようすでハケていった。


MC-8 ドラマやります! その3/森田
会場を無視してトークする2人。

 「ドラマやります。2月19日から"君を見上げて"が放送されますんで、みなさん見てください」

みなさん、と言ってるくせに、しっかりと健ちゃんに向かって言ってた。不思議な男だ、森田剛。

 「ゴウはどっちなの?」
 「え?」
 「見上げる人なの?」
 「何が」
 「君なの? 見上げる人なの?」
 「君じゃないです」
 「それじゃ、しろっ、見上げる人なんだ」
 「何言ってるんでしょうね、この人やだ」

健ちゃん、君(黄身)にかけて「白身」って言おうとしたね。


GET SET…GO!/ミミセン


燃えろ!紅ショウガ/ミミセン
スクリーンに「もっと盛り上がってください!」の文字が。ミミセンテロップ部隊はカミコンでも活躍。


ナニガナンデモ/ミミセン


僕の告白(パンクバージョン)/ミミセン・Encore
ハケる寸前に

 「代々木公園で待ってるよ」

と一言(代々木3日間、全部変えてきた)。


SPEEDER'S HIGH
着替えまでのつなぎ映像は、一言で言えば「バイオハザード」。
ステージが広かったせいか、岡田のスパイダーマンっぷりがUP。


silver bells
首をかたむけてろうそくの火をフッと消したところが本日一番の燃えポインツでした。


SEXY MOTHER FUCKER/三宅
およそジャニコンで聞いたことのない歓声が。いやー、本当に色っぽい、艶っぽい、なまめかしい。
とにかくそれ系の単語が全部当てはまるよ。それくらいすごい。


タイトル不明
森田(黄色のジャンプスーツ)=南側クレーン、岡田(赤)=北側のクレーン。
やっと森田さんだよ、森田さんだよ、森田さんだよーだ。
健ちゃん(オレンジ)は北側の花道近くから登場し、センターステ近くでよじのぼる。


TOP CHECKER
秋田では、白のバスローブ+サングラスで熱唱してた井ノ原@VTR。
そのまま使うのかと思いきや、新たに撮ってきてた。
原宿の駅をズームアップすると、ラジカセ片手に「Say Yo!!」と熱唱する井ノ原が。
通勤途中のサラリーマンたちに歌いかけ、たどり着くのはもちろん代々木第一体育館。
だだっ広い敷地内で熱唱したあと「待ってろよ、カミセン!!」と中に入ろうとすると、
黒スーツのSPにとっ捕まって、引きずられるように追い出されてた。
秋田に続いて、まったくカミを見れなかった。井ノ原、最高。


I'm Happy Man


Yo!You!!
「セクシータイム」なフラフープはここだった。
そうだよな、本編ラストにイベントなんてやらないよね。
岡田が投げたフラフープを見事に潜り抜ける健ちゃんに対して、潜らせてもらえない森田さん。
フラフープを持った岡田を追いかけてらせん階段を上り、メインステ上段に。


小枝
森田さんの「おい、待てよー」のセリフつき。


KISS YOU,KISS ME
メインステ右→左でダンス。この振り、好きだ。


HAPPY TOGETHER!


終わらない歌を歌おう(BLUE HEARTS)
ダイブこそなかったけど、花道からアリーナB下に飛び降りた森田さん、ファンの子に抱きつく。
腰抜かしそうにしてたなー。いーなー。


リンダリンダ(BLUE HEARTS)


WISHES -I'll be there-(20th Century)
ガッとなってる会場を一瞬で静めるね、これ。


大丈夫


Encore/EXIT
走り回るカミ、飛ぶボール、回る色紙。どれもこれも縁なし(涙)。


Encore/Theme of Coming Century
やっと岡田が来た。健ちゃんも来た方だと思う。本当に森田さんは来なかった。


微妙。
ホールクラスからいきなりアリーナクラスになったことで、
カミとファンが最後までとまどってたって感じがした。
健ちゃんの「今日のお客さん、ちょっと違うね」がすべてを現してたと思う。
南側、本当に森田さんは来なかったな。いっそ、すがすがしいくらいに。
ま、しょうがないわね。そんな日もあるわ。



 * Recent Entries