rinriのいちばん降られた日-今年も極上に楽しい!!-

2017.04.09


このところずっと暖かったのに気温がぐんと下がってしまい、厚手のコートにしようかとも思ったけど、いや東京は春、桜だって咲いている、予定ので大丈夫、よーいやさーーー!!(これは言いたいだけ)

というわけで、いつもより1本遅い新幹線(それが取れたから)で東京にGo!!

新潟駅のホームでまったりと待っていたら、反対側に現美新幹線が滑り込んで来て超絶テンションが上がり、がっしゃがっしゃと撮りました。かっけー。現美かっけー。絶対に乗ろう。そうしよう。

11時28分に東京駅着。軽くお昼を済ませて有楽町駅に。そう。今年もそこから歩いて演舞場に行ったのだ。どっっっしゃ降りだったけど!! Yahoo!の!! Yahoo!のー!! Yahoo!のーー!! Yahoo!のーーー!!(しつこい)天気予報=東京@曇を信じて折り畳みを持って行かなかったので(何て素直なのかしら)コンビニに飛び込んで買ったわよ。でもこれが正解だった。なぜなら、どっっっしゃ降りだったから!!(二度目) 折り畳みでは目も当てられない状態になったと思う。

演舞場前でちーちゃん、えっちゃんと合流して入場。すぐに2階に駆け上がり、グッズ売り場の前に立つ。おー!!




ポスター全力100パーで買い案件!!

しかし雨!!





買いたい。けど濡れる。ほしい。でもよれる。これを繰り返し、結局見送りました。このときは(笑)。パンフ、クリアファイル、オリジナルフォトを買って着席。A5判はいつ出ますかー。

席は、えっちゃんが取ってくれた2階右列。キングオブライトの女王(キングなのかクイーンなのかはっきりしろって感じだ)の爆誕である。たしかに見切れたときもあったけど、そこはモニタが華麗にカバー。ここに書いちゃえ。"OVERTURE"で釣りレール(もっといい言い方はないのかと)が見えたので、おっと!! これは!! と思っていたら、スタッフさんが現れ、どん!! という音とともに、




座長登場。




ぎゃーーーっっっ。久し振りに近いーーーっっっ。ぎゅっいーーーんと飛んで行った滝沢はとんでもなくかっこよかった。あのエリアにいた女子全員ときめいていたわ(断言)。

では、「滝沢歌舞伎」の感想を。まとめるつもりが、あれもこれもと書いてたらほとんどレポになった(笑)。よーいやさーーー!!(これはほら貝)


【第一部】

オープニング/OVERTURE・春の踊り・いにしえ
よーいやさーーー!!(これは本物)


オープニング2/OVERTURE・Maybe
こんなに激しく踊るものだったのね……(感涙)。今の髪型好きだけど、大好きだけど、そろそろ変えてもいいのよ!! と思っている私ですが、前髪がこの「Maybe」そして後程の「MASK」でとてもいい働きをしているので「ありがとう前髪」と心の中で拝んでいました(笑)。あああ、かっこいい……。バックは林くんと佐久間くん。27歳、24歳と並ぶと健ちゃんがちゃんと30代後半の体つきになってるんだなーと実感できる。Vコンではなかなか沸いてこない感情だよね。しっかりばっきり大人の男でかっこいい……。


滝沢&三宅/蒼き日々
新曲!! 歌詞もメロディーラインも振り付けも超好み!! 改めて書くけど、滝沢と健ちゃん、ほんとぴったりだよね。身長といい、ビジュアルといい。何よりも声。声の合わさり具合が抜群なんだよなー。さ。CD化。CD化しよう。してください。


4剣士
お初でございます!! 健ちゃんの立ち回りをこのボリュームで見れるだなんて、幸せすぎて毛玉吐きそう。さすがに板が倒れてばーんってやつ(調べない私)はやらなかったね。4剣士と言うわりに、滝沢、健ちゃん、室くんの三つ巴戦。対戦の方が見やすいかも。


お化け/こどもつかい
組み込まれてくると思ってた。私、ホラーが得意というわけでも、好きというわけでもないけど、そんなに怖くなかったというか、このくらいならまあ大丈夫かな。担当は林くん。今年も正確に場をつかんでいてお見事。


MASK/MASK DANCE
こんなに激しく(略)。これがYOSHIEさん振り付けの完成形!! 後生だから円盤化してください……。やっぱり健ちゃんは覇王で魔王で帝王でした。惜しむらくは椅子に付いてる羽根かなー。もっとふぁっさーとしてほしい。


変面
オペラグラスでガン見したわ。仮面とか変面とか好きだな。私な。


太鼓/太鼓導入・太鼓
プログラムには「回転」の文字も「腹筋」の文字もないのね(笑)。滝沢@太鼓、健ちゃん@大太鼓の上でタップ追加。タップ? うん、タップ。いや、タップというか、太鼓を踏み鳴らしてるのよね。正直に書けば、どの演目も眉間にしわな健ちゃんですが、その最たるがこれ。足に相当力を入れないと鳴らないんだろうね。

さて。やってきました。




腹筋太鼓の季節!!




掛け声勇ましくぐーーーるぐると回る滝沢と健ちゃん。上半身を起こしながら叩き続けるすの、林くん、室くん、ジュニアたち。

「なぜ回るのか」
「そこに太鼓があるから」

違うな(笑)。

「理由なんていらない。回りたいから回るんだ!!」

これだ(笑)。とにかく「すげー」「回ってるー」「すげー」「ふっきーーーん」の繰り返しでした。しかし、滝沢と健ちゃんの体つきの何と色気のあることよ。長野くんの言葉を借りれば、

「若いうちには身につけられないものだから」

だね。


DANCE/浮世艶姿桜
DVDでしか見れなかった「艶姿桜」!!(大号泣) 最高か!! 最オブ高か!! そうよ。これこそが国宝。電飾セグウェイも楽しいね。


滝沢一座/楽屋・Boogie Woogie Baby・化粧
仕切りは、すのから林くんと室くんに変更。まだちょっと硬いかな。滝沢が用意したすのの新曲「Boogie Woogie Baby」は振付=五関先生、衣装=健ちゃん。衣装についていつもぎゃーぎゃー騒ぐ私ですが、健ちゃんが担当したということ抜きにしても好きな感じでした。微妙に違ってて、シルエットが綺麗で、ダンスが映えるスーツ。

化粧は、黙々と手を動かす健ちゃんの真剣な表情にうっとり。滝沢(ちょっと見切れたのでモニタ頼り)は相変わらずのスピードで、常に健ちゃんより一工程、下手したら二工程先に進んでた。去年は結構あった会話も今年は少なめ。羽二重姿から浮かんだのか、

 「2人で瀬戸内寂聴さんを…」
 「違います(笑)」
 「え?違うの?とくとくと説くのかと」

ちょっと(笑)。

 「春ですね」
 「そうだね…加湿器片づけたよ」
 「(滝沢歌舞伎は)どうですか?」
 「楽しいよ」
 「うそくさい!!(笑)」
 「ほんとだよ(笑)」

このくらいでした。回数を重ねたら増えていくパターンだな。おっと。これも残しておきたい。健ちゃんを扇いでるジュニアっこは誰? ぱたぱたと扇ぎながら「Boogie Woogie Baby」を口ずさんでてすっごくかわいかったんだよね。


滝沢歌舞伎/白浪五人若衆・傾き踊り・桜門 滝沢五右衛門・車引 三宅丸・道成寺 蛇退治・白拍子の舞・大蛇登場・蛇との戦い
ワイドショーで見たときこそ「健ちゃん…すっぴんのがかわいい…」などと、その辺に転がってる男みたいなことを口走った私ですが、生で見たら、かわいいでやんの!! ちゃんと女でやんの!! きー!! いやいや、眼福でした。


【第二部】

鼠小僧、夢小判~笑いあり、涙なし~
冒頭に仙吉@健ちゃんと次郎吉@滝沢の幼少シーンが加えられてた。これにより兄弟設定がより生きたって感じ。というか、滝沢が健ちゃんを「兄貴」って呼ぶだなんて萌えの嵐だよね……。

そして今年もおまるちゃん@深澤くんで決まり。

 「おまるです!!」

って出てきた瞬間、大向うさんに「待ってました!!」って言ってほしかったもん。頼みたいくらいよ。鼠@滝沢との屋根での攻防があっさり、つまりはきっと台本通りなのは幕が開いてからまだ4日かそこらだからだよね。もっと長くなりますように。そしてウォーターバトル(なぜに英語)での、

 「女と男のLOVEと書いて これを革命と読みます!!」

革命来たーーーっっっ。来ちゃったーーーっっっ。

 「この永遠のテーマは、Girl loves Boyから始まるのです。そして革命時代!!いや江戸時代!!」

我慢できずに大笑いしてしまったわ。

 「悲しい夢も涙も捨てないでそっと青春の小箱につめて」

小箱来たーーーっっっ。来ちゃったーーーっっっ。

去年は宮館くんの同心と岩本くんの岡っ引きのキャラ設定がちょっと似通ってたけど、今年は岩本くんがストーリーテラー(スマートでとてもよい)になったから宮館くんが一手に引き受けた結果、よりわかりやすくなった感じ。その宮館くん、阿部くんが立て続けに噛んでしまい、次シーンのバカ殿@佐久間くん(この表現で間違いない)が、

 「(鼠小僧が)怖いよ怖いよー。今日はみんな噛んでて怖いよー」

と入れてきたのはほんとに上手かった。

林くんの岡っ引きは二重マル。渡辺くんのわんこはただひと言「ずるい」です(笑)。もったいなかったのは室くん。キャラの位置、もう少し何とかならなかったかなー。鼠 vs 奉行所だけにしていた方が見やすいと思うの。仙吉親分は今年もおすてきでございました。そして今年も出てくるとステージがぴりっと締まる。これが21年選手の力……!!


カーテンコール/ラインナップ・WITH LOVE・Love
「Love」でようやく健ちゃんの眉間からしわが消えました。去年はただただ祈るばかりのフライングも、今年はみんな笑顔。つまりは多幸感しかない新橋演舞場。紗幕が下りてからのアイドルジャンプ(昔、坂本くんが失敗したやつ←すぐ引き合いに出される人)も楽しそうで何よりだったな。


総評
今年も極上に楽しかったー!!

終演後、「やっぱりポスター買うわ…」とふらふらとグッズ売り場に吸い込まれ、手にしたのは私です。いぇい。どこかでお茶をと思ったんだけど、「歌舞伎」が去年より長くなったので演舞場を出たのが16時すぎ、近くの喫茶店は軒並み混雑、新幹線の時間がわりとそこまで、のトリプルコンボだったので、有楽町でちーちゃん、えっちゃんと別れて東京駅に。17時40分発の新幹線で新潟に帰りました。今日からスタートの「みんなの手話」は今週中にかならず見るーん。



 * Recent Entries